ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(い)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)





(イオウトウ)
医王湯
=補中益気湯《内外傷弁惑論》
(イオウサン)
易黄散
《傳青主女科》
「山薬、芡実、黄柏、白果、車前子」
(イオウトウ)

易黄湯
[1-1]《傳青主女科》《中薬臨床応用》
「芡実(炒)30g、山薬30g、黄柏6g、車前子6g、銀杏9g」
[1-2]《衷中参西録》
「芡実・山薬各15g、銀杏(打砕)12g、黄柏・車前子各6g」
(イオウコウ)

硫黄膏
《東醫寶鑑》
「生硫黄・白芷・栝楼根・賊粉各半銭、全蝎3、蝉退5枚、莞青7枚」を粉末にし、別に香油・黄蝋をまぜ、そこに薬末を溶かしこむ。就寝時と洗面後に少しずつ塗る。
(イオウサン)

硫黄散
[1]《東醫寶鑑》
「硫黄1両、焔硝半両」粉末にし、3回に分けて酒1杯を煎じて温かい時注入し、30分ごとに3回飲ませる
[2]《東醫寶鑑》
「硫黄(生)5両、杏仁2銭半、軽粉1銭」作末し酒で調合し、就寝時に塗り、朝洗う。
[3]《中薬臨床応用》
「硫黄、軽粉」等量を姜酒で練って外用。
(イキョウゲン)

飴薑元
《東醫寶鑑》
「黒糖1斤、乾姜(細末)4両」先に糖を溶かし、次に薑末を入れて混ぜて固まると食べる。
(イクイントウ)

育陰湯
《中薬臨床応用》
「石決明15g(先煎)、桑寄生18g、野菊花9g、旱蓮草18g、生地黄9g、熟地黄9g、茅根18g」《東醫寶鑑》
「山薬1両、半夏・天南星・白茯神・白朮・黄連(炒)・遠志・酸棗仁(炒)・ 柏子仁各6銭、竹茹・天麻・白附子(煨)・各5銭、犀角・羚羊角・白礬各3銭半、陳皮3銭2分半、全蝎3銭2分、辰砂2銭2分、牛黄1銭2分、麝香1銭、金箔24片を粉末にし、竹瀝に甘草膏を入れて鶏頭大の丸剤。毎回1丸を空腹時に淡姜湯で服用。
(イクコンタン)

育魂丹
《東醫寶鑑》
「山薬1両、半夏・天南星・白茯神・白朮・黄連(炒)・遠志・酸棗仁(炒)・柏子仁各6銭、竹茹・天麻・白附子(煨)・各5銭、犀角・羚羊角・白礬各3銭半、陳皮3銭2分半、全蝎3銭2分、辰砂2銭2分、牛黄1銭2分、麝香1銭、金箔24片を粉末にし、竹瀝に甘草膏を入れて鶏頭大の丸剤。毎回1丸を空腹時に淡姜湯で服用。
(イチカゲンショウキサン)

一加減正気散
《温病条弁》
「藿香梗・厚朴・杏仁・・茯苓皮各2銭、陳皮・大腹皮各1銭、神麹・麦芽各1銭半」
《温病条弁》《中医処方解説》
「藿香梗6g、厚朴6g、杏仁6g、茯苓皮6g、陳皮3g、神麹4.5g、麦芽4.5g、茵蔯蒿6g、大腹皮3g」
(イッカンセン)

一貫煎
《柳州医話》《中薬臨床応用》
=「益肝煎」
「北沙参9g、麦門冬9g、当帰身9g、甘杞子9~18g、生地黄18~45g、川 楝子5g」
(イッコウセン)

一甲煎
《温病条弁》
「牡蛎(生)60g」細末を8杯の水で3杯に煎じ、3回に分けて温服する。
(イッコウフクミャクトウ)

一甲復脈湯
《温病条弁》《中医処方解説》                        
=「加減復脈湯」  
「炙甘草18g、生地黄18g、白芍18g、麦門冬15g、阿膠9g、牡蛎」
(イチジケイキンサン)

一字軽金散
《東醫寶鑑》
・白芷・藿香・荊芥・旋覆花・石膏・防風各5銭、天南星・川烏(生)各2銭半、草烏1銭半」を切って日光で干し、粉末にして、毎回1字を茶清で調服。
(イチジサン)

一字散
[1]《東醫寶鑑》
「皀角7銭、雄黄2銭、生明礬・藜蘆各1銭、蝎梢7枚」を粉末にし、少しづつ鼻中に吹き入れると、痰を吐く。
[2]《東醫寶鑑》
「蜈蚣(全頭1条炙)・天麻・草烏各5銭、全蝎10個、白芷1銭、を粉末にし、毎回1字を発熱のときは茶清で調下し、悪寒するときは温酒で調下する。
(イッッスイコウ)

一酔膏
《東醫寶鑑》
「無灰酒2椀・真麻油4両」を柳の木20本で、かわるがわるかき混ぜると膏になる。
(イッスイフロウタン)

一酔不老丹
《東醫寶鑑》
「蓮花芯・生地黄・槐角子・五加皮各2両、没石子6個を石臼に入れてつき、絹袋に入れて清酒10斤と磁器内に入れて、春と冬は1ヶ月、秋は20日間、夏は10日間入れて連服する。
(イショウサンサン)

一笑散
《東醫寶鑑》
「川椒・巴豆1粒」粉末にして膏をつくり、ご飯で丸め、綿でくるんで牙孔に詰め込む。
(イッセイイン)

一清飲
《東醫寶鑑》
「柴胡3銭、赤茯苓2銭、・桑白皮各1銭、甘草5分、生姜3、大棗2」水煎服。
(イチネンキンガン)

一捻金丸
《東醫寶鑑》
「延胡索・茴香・呉茱萸・川楝子・木香各2両」を粉末にし、粳米糊で梧子大の丸剤。
(イチネンキンサン)
一捻金散
《東醫寶鑑》
「雄黄3銭、硼砂1銭、竜脳少し」粉末にし、蜜で調合して塗る。
(イッペイキン)

一坪金
=「坪金丹」
「熟地黄2両、地骨皮・蓮花芯・槐角子(酒に1日漬け・春秋3日・冬6日目に取り出し晒し乾燥)・薄荷各3両、没石子1両、人参・木香各5銭」作末し蜜で芡実大の丸剤。毎回1丸を温酒で1日3回飲む。
(イチリュウキンタン)

一粒金丹
《東醫寶鑑》
「川烏(炮)・炮附子・白附子(炮)各1両、白彊蚕。白(炒)・五霊脂・明礬(枯過)・没薬各5銭、朱砂・細墨(磨汁)・麝香各2銭半」粉末にし、墨汁でまぜ、1両を6丸に作って金箔で衣をし、毎回1丸を姜汁に酒半杯を混ぜて温服する。
[2]《東醫寶鑑》
「鴉片2銭半、阿魏1銭、木香・沈香各2分、牛黄2分半」沈香・木香・牛黄を粉末にし、鴉片・阿魏を丼によそって水を少しづつ注いで溶かした後、蜜を少し混ぜ緑豆大に丸め、金箔で衣をつけた後、毎回1粒を、痛むときは冷水で、冷えるときは温水で服用。
(イップクサン)
一服散
《東醫寶鑑》
「大半夏3個、杏仁7個、罌栗殻2個、烏梅2個、阿膠2片、紫蘇10葉、生姜10片、甘草1銭」作1貼し、水煎服。
(イチブツカテイトウ)

一物瓜蒂湯
《金匱要略》
「瓜蒂20箇」
右、以水1升、煮取5合、去滓頓服。
◎太陽中暍、身熱疼重、而脉微弱、此以夏月傷冷水、水行皮中所致也。一物瓜蒂湯主之。
《金匱要略》痓湿暍病脉證第二。
(イッポイッパツタン)
一補一発丹
《東醫寶鑑》
「赤茯苓1両、半夏・陳皮・柴胡・黄・蒼朮・葛根各7銭、常山3銭」を粉末にし、麺糊で梧子大の丸剤。白湯で70丸飲む。
(イチテイキンサン)
一捏金散
《東醫寶鑑》
「延胡索・川練肉・全蝎(炒)・茴香(炒)」粉末にし、毎回1銭を熱酒で調下する。
(イカンセン)
胃関煎
《方薬合編》
「熟地黄12g、山薬・白扁豆(炒)・白朮・乾姜(炒黒)各8g、炙甘草4g、呉茱萸2.8g」
(イコウサン)

胃効散
《世医得効方》
「五積散麻黄」
◎脾胃宿冷あり、腹内切痛、或いは外風寒に感じ、内生冷に傷つき、黄白色を泄瀉して止まず、或いは肝経寒を受け、面色青惨、厥して泄痢するを治す。
(イフウトウ)

胃風湯
[1-1]《和剤局方》
「白朮・・人参(去蘆)・白芍薬・当帰(去苗)・肉桂(去粗皮)・茯苓(去皮)各等分」
[1-2]《和剤局方》
「人参・茯苓・当帰・芍薬・・桂枝・白朮各等分、栗米100余粒」
[1-3]《東醫寶鑑》
「人参・赤茯苓・白朮・当帰・・白芍・桂皮・甘草各1銭、栗米1握り」水煎服。
[1-4]《方薬合編》
「人参・白朮・茯苓・当帰・・白芍・桂皮・甘草・栗各4g」
[1-5]《和剤局方》《勿誤薬室方函口訣》
「人参・茯苓・・桂枝・当帰・芍薬・白朮各等分、栗米100余粒」
[1-6]《和剤局方》《漢方後世要方解説》
「当帰・・芍薬・人参・白朮各3、茯苓4、桂枝・栗各2」
(イレイトウ)

胃苓湯
[1-1]《万病回春》
「蒼朮(米製)・厚朴(姜汁炒・陳皮・猪苓・沢瀉・白朮(去蘆)・茯苓(去皮) ・白芍薬(煨)各1銭、肉桂・甘草(炙)各2分」作1貼、生姜・棗子煎。
[1-2]《万病回春》《古今方彙》
「蒼朮・厚朴・陳皮・猪苓・沢瀉・白朮・茯苓・白芍薬(煨)各1銭、甘草(炙) ・肉桂各2分、生姜、大棗」水煎。
[1-3]《東醫寶鑑》
「蒼朮・厚朴・陳皮・猪苓・沢瀉・白朮・赤茯苓・白芍各1銭、肉桂・甘草各5分、生姜3片、大棗2枚」水煎服。
[1-4]《方薬合編》
「蒼朮・厚朴・陳皮・猪苓・沢瀉・白朮・茯苓・白芍・大棗各4g、肉桂・甘草各2g、生姜(ひねしょうが)3切れ」
[1-5]《古今医鑑》《漢方後世要方解説》
「蒼朮・厚朴・陳皮・猪苓・沢瀉・白朮・茯苓・芍薬各2.5、桂枝2.0、大棗・生姜各1.5、甘草1.0」
[1-6]《証治準縄》
「蒼朮・厚朴・陳皮・白朮・茯苓各1銭5分、沢瀉・猪苓各1銭、甘草6分、肉桂5分、生姜3片、大棗3個」
[1-7]《丹渓心法》
「平胃散+五苓散」
[1-8]《万病回春》《龍野ー漢方処方集》
「厚朴・陳皮・蒼朮・猪苓・沢瀉・茯苓各1銭、桂枝2分、甘草」
(イキョウゲン)
飴姜元
《東醫寶鑑》
「黒糖1斤、乾姜(細末)4両」先に糖を溶かし、次に姜末を入れて、固まると食べる。
(イケイトウ)

葦茎湯
[1-1]『千金』《金匱要略》
=「千金葦茎湯」
「葦茎2升、薏苡仁半升、桃仁50枚、瓜瓣半升」   
右四味、以水一斗、先煮葦茎得五升、去滓、内諸薬、煮取二升、服一升、再服、當吐如膿。
◎治有微熱、煩満、胸中甲錯、是為肺癰。
《金匱要略》肺痿肺癰嗽上氣病脉證治第七
[1-2]《備急千金要方》《中医処方解説》
「芦根45g、薏苡仁(生)30g、冬瓜仁24g、桃仁6g」水煎服。
(イケイゴウシジュントウ)
葦茎合四順湯
《勿誤薬室方函》《龍野一雄》
「葦茎・桃仁・冬瓜子・貝母・桔梗・紫菀各3.0、薏苡仁8.0、甘草2.0g」
◎微熱・喀血・咳嗽甚だしい者。《龍野ー漢方処方集》
(イコウサン)

異功散
[1-1]《小児薬証直訣》
「四君子湯+陳皮6g」
[1-2]《東醫寶鑑》
「人参・白朮・白茯苓・陳皮・甘草各1銭、生姜3、大棗2」水煎服。
「四君子湯+陳皮5g」《方薬合編》
[2]《東醫寶鑑》
「木香・当帰各3分半、桂皮・白朮・白茯苓各3分、陳皮・厚朴・人参・肉豆蔲(煨)・丁香各2分半、炮附子・半夏各1分半、生姜3、大棗2」水煎 服。
[3]《万病回春》《古今方彙》
「当帰・・人参・黄蓍・白朮・茯苓・訶子・半夏・附子各1銭、厚朴・肉桂各8分、丁香7粒」水煎。
(イコウシシンサン)
異香四神散
《仙伝済陰方》
「正気天香湯紫蘇葉・陳皮」
(イルイユウジョウガン)
異類有情丸
《東醫寶鑑》
「鹿角霜・亀板(酥炙)各両6銭、鹿茸(酒洗酥炙)・虎骨(酒煮酥炙)各2両4銭」粉末にし、雄猪脊髄9条に煉蜜を入れついて、梧子大の丸剤。空腹時に塩湯で70~80丸呑む。
(イヒサン)

皮散
《東醫寶鑑》
「皮(焙)・鼈甲(焙)各1個、磁石(砕いて醋淬7回)5銭、桂心3銭」粉末にし、毎回3銭を空腹時に、米飲で調下する。
(イショウレキオウガン)

已椒藶黄丸
[1-1]《金匱要略》
「防已・椒目・葶藶(熬)・大黄各1両」
右四味、末之、蜜丸如梧子大、先食飲服一丸、日三服、稍増、口中有津液、渇者加芒硝半両。
◎腹満口舌乾燥、此腸間有水気、已椒藶黄丸主之。
《金匱要略》痰飲嗽病脉證并治第十二。
[1-2] 《金匱要略》《勿誤薬室方函口訣》
「防已・椒目・葶藶・大黄各1両」
[1-3]《金匱要略》《龍野一雄》
「防已4.0g、椒目2.0g、葶藶2.0g、大黄1.0g」、或いは芒硝2.0gを加える。
(イカンガン)
已寒丸
《和剤局方》
「高良姜、蓽撥、乾姜、肉桂」
(イクイントウ)
育陰湯
《中薬臨床応用》
「石決明15g(洗煎)、桑寄生・旱蓮草・茅根各18g、野菊花・生地黄・熟地黄各9g」水煎服。
(イクリニンサン)
郁李仁散
《世医得効方》
「陳皮、郁李仁、檳榔子、茯苓、白朮、甘遂」
(イクリニントウ)

郁李仁湯
[1]《太平聖恵方》
「郁李仁・桑白皮・黒豆・橘皮・紫蘇子・茅根」
[2-1]《青木家方》 《勿誤薬室方函口訣》
「郁李仁7分、紫蘇子・防已・青皮・杏仁・茯苓各5分、大黄4分、白桃花4分、生姜」
[2-2]《青木家方》《龍野ー漢方処方集》
「郁李仁・茯苓・防已各4.0g、青皮・杏仁各3.0g、紫蘇子・大黄各1.5g、白桃花1.0g、干姜1.0g」
(イッシセン)
一枝箭
《寿世保元》《古今方彙》
「白芨・括楼根・知母・牙皀・貝母・乳香・金銀花・半夏・穿山甲(醋炒)各1銭半」酒煎じ温服。
(イチセイインシ)
一清飲子
《医学入門》《古今方彙》
「茯苓2銭、柴胡3銭、・桑白皮各1銭、甘草5分、生姜、大棗」水煎。
(イチワトウ)
一和湯
《済世全書》《古今方彙》
「当帰、、赤芍薬、生地黄、黄連、黄、黄柏、山梔子」水煎温服。
(イショウホウ)

痿証方
[1-1]《勿誤薬室方函口訣》
=「痿證方」「萎証方」に同じ。
「当帰・芍薬・杜仲・牛膝・黄蓍・蒼朮各少、地黄(大)、知母・黄柏各(小半)」
[1-2]《秘方集験》《漢方後世要方解説》
「当帰5、芍薬3、杜仲1、牛膝3、黄蓍2、蒼朮3、地黄4、知母3、黄柏1」
[1-3]《秘方集験》《龍野ー漢方処方集》
=「痿證方」「萎証方」に同じ。
「当帰・熟地黄各5.0g、牛膝・蒼朮・知母・芍薬各3.0g、黄蓍・杜仲・黄柏各1.5g」
(イズイトウ)
湯
《漫遊雑記》 《勿誤薬室方函口訣》
「・遺糧・当帰・・鹿角・木通・黄連・甘草」
(イソソクガン)

夷則丸
《東洞家塾方》
=「海浮石丸」
「海浮石・大黄・桃仁各等分」3味杵き篩い作末し、梧桐子大の糊丸。
(イネツトウ)
移熱湯
《東醫寶鑑》
「導赤散+四苓散」《方薬合編》
(イヘキトウ)
痿躄湯
《本朝経験》
「亀板・芍薬・・当帰・地黄・石決明」
(イリョウトウ)
遺糧湯
《中西深斉》《勿誤薬室方函口訣》
「遺糧・忍冬・大黄・荊芥・防風・・樸樕」
(インキョセイナイネツトウ)
陰虚生内熱湯
《東醫寶鑑》
「当帰・・蒼朮・陳皮各8分、白朮・麦門冬・沙参各7分、白芍・山梔子・天花粉各6分、玄参5分、黄柏3分、甘草2分、生姜3」水煎服。
(インシツキョウカツトウ)
陰湿羗活湯
《東醫寶鑑》
「蒼朮・藁本各2銭、羗活1銭半、防風・升麻・柴胡各1銭」水煎服。
(インブンセイヨウトウ)
陰分生陽湯
《東醫寶鑑》
「当帰1銭2分、陳皮1銭、白朮9分、白芍薬8分、蒼朮7分、甘草5分、姜3片」水煎服。
(インタントウ)
陰旦湯
《東醫寶鑑》
「桂枝2銭、黄・乾姜各1銭半、芍薬・甘草各1銭、大棗2」水煎服。
(インヨウトウ)
陰陽湯
《東醫寶鑑》
「水1杯に百沸湯1杯を合わせ、塩1合を混ぜて頓服。」
(インヨウノショホウ)
陰陽の処方
《東醫寶鑑》
「水蛭9匹」容れ物に入れて育て、7月7日になった時に取り出し、陰干しし「麝香・蘇合香少々」を入れて作末し、蜜を少し混ぜて餅に作る
(インヨウレンシュウセキタン)
陰陽煉秋石丹
《東醫寶鑑》
「陽煉と陰煉を朝夕に、それぞれ1服する。」
(インシュウセキホウ)

陰煉秋石法
《東醫寶鑑》
「人尿を水に入れてかき混ぜておく、清澄は捨て、濁ったものを取って置き、又そこに水を入れてかき混ぜ、清水は捨てること10数回し、匂いがなくなり香臭がただようと、厚紙の上にその濁水を広げて清水を捨て、残りを乾かして末にし、初めての子の乳に混ぜて、暑い陽で乾かすのと9回。白くなったものは、太陽の気を受け、陰煉秋石という。」
(インカンゲドクトウ)
咽疳解毒湯
《浅田家方》
「桔梗解毒湯黄蓍・芍薬+石膏・木通」
「遺糧8.0、・桔梗・木通各3.0、石膏10.0、大黄1.0、甘草2,0」
(インケイトウ)
茵荊湯
《竹中文慶》《龍野ー漢方処方集》
「茵蔯蒿・茯苓・沢瀉各6.0g、猪苓・白朮・鉄粉各3.0g、荊芥・蒲黄各2.0g」
(インチンガン)

茵蔯丸
《東醫寶鑑》
「瘴疸丸に同じ。」毎回5丸を温水で飲む。
瘴疸丸⇒「茵蔯・山梔子・大黄・芒硝・杏仁・常山・鼈甲・巴豆霜・豆豉」
(インチンンキップガン)
茵蔯橘皮湯
《東醫寶鑑》
「茵蔯一物湯+陳皮・白朮・生姜・半夏・茯苓各1銭」
(インチンキョウブトウ)

茵蔯姜附湯
[1]《東醫寶鑑》
「茵蔯一物湯+炮附子・乾姜(炮)各1銭」
[2] 《衛生宝鑑》《古今方彙》
「附子(炮)3銭、乾姜(炮)2銭、茵蔯1銭2分、草豆蔲1銭、白朮4分、枳実・半夏・沢瀉各5分、白茯苓・陳皮各3分、水2鐘、生姜5片」煎じて8分となし、冷えるを待って服す。
(インチンコウトウ)

[1-1]《傷寒論》
6両、梔子(擘)14枚、大黄(去皮)2両」
右三味、以水一斗二升、先煮茵蔯、減六升。内二味、煮取三升、去滓、分三服。小便當利、尿如莢汁状、色正赤、一宿腹減、黄從小便去也。(辨陽明病脉證平治第八)
◎陽明病、発熱、汗出者、此為熱越、不能発黄也。但頭汗出、身無汗、剤頸而還、小便不利、渇引水漿者、此為瘀熱在裏、身必発黄、主之。
◎傷寒七八日、身黄如橘子色、小便不利、腹微満者、主之。(巻第五 辨陽明病脉證平治第八)。
[1-2]《傷寒論》
6両、梔子(擘)14箇、大黄(破)2両」
右三味、以水一斗二升、先煮、減六升。内二味、煮取三升、去滓、分温三服。小便當利、尿如莢汁状、色正赤、一宿腹減、黄從小便去也。
◎陽明病、発熱、汗出者、此為熱越、不能発黄也。但頭汗出、身無汗、剤頸而還、小便不利、渇引水漿者、以瘀熱在裏、身必発黄、宜下之以湯主之。 (辨可下病脉證并治第二十一)
◎傷寒七八日、身黄如橘子色、小便不利、腹微満者、属証。
[1-3]《金匱要略》
6両、梔子14枚、大黄2両」
右三味、以水一斗、先煮、減六升。内二味、煮取三升、去滓、分温三服。小便當利、尿如莢汁状、色正赤、一宿腹減、黄從小便去也。
◎穀疸之為病、寒熱不食、食即頭眩、心胸不安、久久発黄、為穀疸。主之。 (黄疸脉證并治第十五)
[1-4]《傷寒論》《龍野一雄》
6.0g、山梔子1.4g、大黄2.0g」水480で先ずを煮て240に煮詰め、他薬を加え更に煮て120に煮詰め、1日3回に分服。
(インチンゴシュユトウ)
呉茱萸湯
《東醫寶鑑》
一物湯+呉茱萸・炮附子・乾姜(炮)木通・当帰各1銭」
(インチンゴレイサン)

茵蔯五苓散
[1-1]《金匱要略》
(末)10分、五苓散5分」
右二物和、先食飲方寸匕、日三服。
◎黄疸病、茵蔯五苓散主之。
《金匱要略》黄疸病脉證并治第十五。
[1-2]《金匱要略》《龍野一雄》
末2、五苓散1の割合で混和し、1日量6.0gを分3。」
[1-3]《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
6.0g、沢瀉・茯苓各4.0g、白朮・桂枝・猪苓各3.0g」
[1-4]《金匱要略》《勿誤薬室方函口訣》
「五苓散方中にを加う」
[1-5]《金匱要略》《東醫寶鑑》
1両、五苓散5銭」粉末にし、毎回2銭を米飲で調下する。
「五苓散+4g」《方薬合編》
(インチンサン)

[1]《聖済総録》《勿誤薬室方函口訣》
・柴胡・芍薬・茯苓・黄・麦門冬・山梔子・犀角・甘草・生姜・竹 葉・地黄」
[2]《張氏医通》《勿誤薬室方函口訣》
・荊芥・薄荷・連翹・麻黄・升麻・独活・白彊蚕・細辛・大黄・牽牛子」
[3-1]《東醫寶鑑》
・山梔子・赤茯苓・猪苓・沢瀉・蒼朮・枳実・黄連・厚朴・滑石各1銭、灯心一握り」煎服。
[3-2]《万病回春》《古今方彙》
・枳実・芍薬・厚朴・滑石・猪苓・沢瀉・蒼朮・赤茯苓・黄連各等分、燈心草」水煎。
(インチンサンモツトウ)
三物湯
《東醫寶鑑》
3銭、山梔子・黄連各2銭」水煎服。
(インチンシギャクサン)
茵蔯四逆散
《東醫寶鑑》
「茵蔯一物湯+・炮附子・乾姜(炮)・炙甘草各1銭」
(インチンンシギャクトウ)

茵蔯四逆湯
[1-1]《張氏医通》
「茵蔯蒿・炮姜各6g 炮附子・炙甘草各4g」
[1-2]《張氏医通》
18g、熟附子9g、乾姜9g、甘草(炙)3g」水煎服。
[1-3]《方薬合編》
「茵蔯・乾姜・炙甘草各4g 炮附子1~4g」
[1-4]《景岳全書》ー古方八陣ー
「茵蔯2両、炮姜1両半、附子(炮)1個、甘草(炙)」
[1-5]《医塁元戒》
「四逆湯+茵蔯」
「茵蔯2両、附子1枚、乾姜1両半、甘草(炙)1両」水煎。《古今方彙》
(インチンシシトウ)
茵蔯梔子湯
《東醫寶鑑》
3銭、大黄2銭、山梔子・枳実各1銭」水煎服。
(インチンシャオウトウ)
茵蔯瀉黄湯
《東醫寶鑑》
「葛根1銭半、・黄連(姜汁炒)・山梔子(炒)・白朮・赤茯苓・白芍・厚朴・木通・人参各1銭、木香7分、生姜3片」水煎服。
(インチンジュツブトウ)
茵蔯朮附湯
《医学心悟》《中医処方解説》
「茵蔯四逆湯加白朮」
(インチンダイオウトウ)

茵蔯大黄湯
[1-1]《万病回春》《古今方彙》
「茵蔯・大黄・枳実・山梔子・厚朴・滑石各等分、甘草減半、燈心草」水煎。
[1-2]《東醫寶鑑》
・山梔子・柴胡・黄柏・黄・升麻・大黄各1銭、草竜胆5分」水煎服。
(インチントウ)

茵蔯湯
[1]《備急千金要方》
《傷寒論》+黄・黄連・人参・甘草」
[2]《東醫寶鑑》
「茵蔯3銭、大黄・梔子各1銭」作1貼し、水煎服。
(インチンブシトウ)
茵蔯附子湯
《東醫寶鑑》
「茵蔯一物湯+炮附子・炙甘草各1銭」
(インチンブシカンキョウトウ)

茵蔯附子乾姜湯
[1]《衛生宝鑑》
4.8g 炮附子12g 炮姜8g、草豆蔲(とろ火で煮る)4g、白朮1.6g、枳実(麩と炒る)・製半夏・沢瀉各20g、茯苓・橘紅各1.2g 生姜5片」
[2]《東醫寶鑑》
「炮附子・乾姜(炮)各2銭、1銭2分、草豆蔲1銭、枳実・半夏・沢瀉各5分、白朮4分、白茯苓・橘紅各3分、生姜5片」水煎服。
(インチンブクリョウトウ)
茵蔯茯苓湯
《東醫寶鑑》
3銭、茯苓・猪苓・滑石・当帰・官桂各1銭」煎服。
(インケイトウ)
茵荊湯
《竹中文慶》
・荊芥・蒼朮・茯苓・猪苓・沢瀉・蒲黄・鉄粉」
(インヨウカウシュ)
淫羊藿酒
《中薬臨床応用》
「淫羊藿30g、米酒500g」20日間浸けて服用。
(インシンキシャガン)
引神帰舎丸
《東醫寶鑑》
「南星(牛胆製)2両、朱砂1両、附子(童便浸炮)7銭」作末し猪心血に草を入れ、梧子大の丸剤。萱草根煎じ湯で50丸づつ服用。
(インタンシンショウホウ)
引痰真捷法
《東醫寶鑑》
「冬に青魚胆に明礬を入れておいて、使うとき百草霜(炒)と塩少しを加え て、醋でまぜ、鴨の毛につけて痰を引き出す。」









TOPなおるナオル