ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(け)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




桂蓍湯 《本草彙言》
「桂枝湯+黄蓍・柴胡・人参」
桂姜草棗黄辛附湯 [1-1]《金匱要略》
桂枝3両、生姜3両、甘草2両、大棗12枚、麻黄2両、細辛2両、附子(炮)1枚」
右七、以水七升、煮麻黄、去上沫、内諸薬、煮取二升、分温三服、當汗出、如蟲行皮中即愈。
[1-2]《金匱要略》《漢方治療の実際》
桂枝・生姜・大棗各3、甘草・麻黄・細辛各2、附子0.6」
桂香丸 《東醫寶鑑》
「桂心1両、麝香1銭」作末し飯で緑豆大の丸剤。白湯で15丸飲み下す。
桂香散 [1-1]《医学入門》《古今方彙》 
「辣桂(桂枝)・川芎・当帰・細辛・菖蒲根・木香・木通・藜・麻黄・甘草各2分半、天南星・白各4分、紫蘇子1分、葱白」水煎。
[1-2]《東醫寶鑑》
「天南星(炮)・白各1銭、辣桂・川芎・当帰・細辛・菖蒲・木香・白藜 ・麻黄・甘草各7分、紫蘇葉7葉、生姜3片、葱白2茎」水煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「草豆蔲()・良姜(炒)・白朮・縮砂・炙甘草・生姜(切)・厚朴(姜製) ・大棗肉各1両、青皮(炒)・訶子肉各5銭、耳桂2銭半」水1杯で煎じて 乾かし、団子をつくって粗末にして、毎回3銭を沸騰湯に塩を少し入れて、 空腹時に服用。
桂枝黄蓍湯 (一名黄蓍桂枝湯・桂枝苦酒湯)《東醫寶鑑》
「黄蓍2銭半、桂枝・芍薬各1銭半、甘草1銭」を作1貼し好酒3分、水1杯半で煎服。
桂枝黄湯 《東醫寶鑑》
「柴胡2銭、石膏・知母各1銭半、黄・人参・半夏・甘草各1銭2分、 桂枝1銭」水煎服。
桂枝加黄蓍湯 《金匱要略》
桂枝3両、芍薬3両、甘草2両、生姜3両、大棗12枚、黄蓍2両」
右六味、以水八升、煮取三升、温服一升、須臾、飲熱稀粥一升餘、以助薬力、温服取微汗、若不汗更服。
《金匱要略》《漢方治療の実際》
「桂枝湯+黄蓍3」
桂枝加葛根湯 [1-1]《傷寒論
「葛根4両、麻黄(去節)3両、芍薬2両、生姜(切)3両、甘草(炙)2両、大棗(擘)12枚、桂枝(去皮)2両」
右七味、以水一斗、先煮麻黄、葛根、減二升、去上沫、内諸薬、煮取三升、 去滓、温服一升、覆取微似汗、不須啜粥、餘如桂枝法將息及禁忌。
[1-2]《傷寒論
「葛根4両、麻黄(去節)3両、甘草(炙)2両、芍薬3両、桂枝2両、生姜3両、大棗(擘)12枚」
右七味、以水一斗、先煮麻黄葛根、減二升、去上沫、内諸薬、煮取三升、去滓、温服一升。
[1-2]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「桂枝湯+葛根6」
桂枝加桂湯 [1-1]《傷寒論
桂枝(去皮)5両、芍薬3両、生姜(切)3両、甘草(炙)2両、大棗(擘)12枚」
右五味、以水七升、煮取三升、去滓、温服一升。本云桂枝湯、今加桂満五両。所以加桂者、以能泄奔豚氣也。
[1-2]《傷寒論
桂枝(去皮)5両、芍薬3両、生姜(切)3両、甘草(炙)2両、大棗(擘)12枚」
右五味、以水七升、煮取三升、去滓、温服一升。本云、桂枝湯、今加桂満五両、所以加桂者、以能奔豚氣也。
[1-3]《金匱要略》
「桂枝5両、芍薬3両、甘草(炙)2両、生姜3両、大棗12枚」
右5味、以水7升、微火煮取3升、去滓、温服1升。
桂枝加厚朴杏子湯 [1-1]《傷寒論
=「桂枝加厚朴杏仁湯」
桂枝(去皮)3両、甘草(炙)2両、生姜(切)3両、芍薬3両、大棗(擘)12枚、厚朴(炙去皮)2両、杏仁(去皮尖)50枚」
右七味、以水七升、微火煮取三升、去滓、温服一升、覆取微似汗。
[1-2]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「桂枝湯+厚朴1、杏仁4」
桂枝加芍薬湯 [1-1]《傷寒論
桂枝(去皮)3両、芍薬6両、甘草(炙)2両、大棗(擘)12枚、生姜(切)3両」
右五味、以水七升、煮取三升、去滓、温分三服。本云桂枝湯、今加芍薬。
傷寒論》《漢方治療の実際》
「桂枝湯」の芍薬を6とする。
桂枝加芍薬生姜人参湯 傷寒論
⇒「桂枝加芍薬生姜各一両人参三両新加湯方」。
桂枝(去皮)3両、芍薬4両、甘草(炙)2両、人参3両、大棗(擘)12枚生姜4両」
右六味、以水一斗二升、煮取三升、去滓、温服一升、本云桂枝湯、今加芍薬生姜人参。
桂枝加芍薬大黄湯 [1-1]《傷寒論
=桂枝加大黄湯
桂枝(去皮)3両、大黄2両、芍薬6両、生姜(切)3両、甘草(擘)12枚」
右六味、以水七升、煮取三升、去滓、温服一升、日三升。
[1-2]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「桂枝湯」の芍薬を6とし、大黄1を加える。
桂枝加朮附湯 [1-1]《吉益東洞》《龍野ー漢方処方集》
桂枝・芍薬・大棗・生姜各3.0g、白朮4.0g、甘草2.0g、白川附子1.0g」
[1-2]《吉益東洞》《漢方治療の実際》
「桂枝湯+朮4、附子0.5」
桂枝加朮附合強神湯 《本朝経験》《龍野ー漢方処方集》
桂枝・芍薬・大棗・白蚕各3.0g、白朮4.0g、甘草・棕櫚草各2.0g、紅花 1.5g、白川附子・干姜1.0g」
桂枝加附子湯 [1-1]《傷寒論
桂枝(去皮)3両、芍薬3両、甘草(炙)3両、生姜(切)3両、大棗(擘)12枚、附子(炮去皮破8片)1枚」
右六味、以水七升、煮取三升、去滓、温服一升。本云桂枝湯、今加附子、將息如前法。
[1-2]《傷寒論
=桂枝附子湯《東醫寶鑑》
桂枝・附子(炮)各3銭、白芍薬2銭、甘草(炙)1銭、薑5片、棗2枚」水煎服用。
[1-3]《傷寒論
「桂枝湯+附子0.5」《漢方治療の実際》
桂枝加竜骨牡蛎湯 [1-1]《金匱要略》
=「桂枝竜骨牡蛎湯」
「桂枝・芍薬・生姜各3両、甘草2両、大棗12枚、竜骨・牡蠣各3両」
右七味、以水七升、煮取三升、分温三服。
[1-2]《金匱要略》
=「白竜湯」《万病回春》
桂枝加苓朮附湯 《漢方治療の実際》
「桂枝湯+茯苓・朮各4、附子0.5」
桂枝甘草湯 [1-1]《傷寒論
桂枝(去皮)4両、甘草(炙)2両」
右二味、以水三升、、煮取一升、去滓、頓服。
[1-2]《傷寒論
桂枝(去皮)2両、甘草(炙)2両」
[1-3]《傷寒論》《漢方治療の実際》
桂枝4、甘草2」
桂枝甘草竜骨牡蛎湯 [1-1]《傷寒論
桂枝(去皮)1両、甘草(炙)2両、牡蠣(熬)2両、龍骨2両」
右四味、以水五升、煮取二升半、、去滓、温服八合、日三服。
桂枝活湯 《東醫寶鑑》
桂枝・活・防風・甘草各1銭半」水煎服。
桂枝去桂加茯苓白朮湯 傷寒論
「芍薬3両、甘草(炙)2両、生姜(切)・白朮・茯苓各3両、大棗(擘)12枚」
右六味、以水八升、煮取三升、去滓、温服一升、小便利即愈。本云桂枝湯、今去桂枝、加茯苓白朮。
桂枝去芍薬加蜀漆牡蛎竜骨救逆湯 [1-1]《傷寒論》《金匱要略》
桂枝(去皮)3両、甘草(炙)2両、生姜(切)3両、大棗(擘)12枚、牡蠣(熬)5両、蜀漆(洗去腥)3両、龍骨4両」
右七味、以水一斗二升、先煮蜀漆、減二升。内諸薬、煮取三升、去滓、温服一升、本云桂枝湯、今去芍薬、加蜀漆牡蠣龍骨。
[1-2]《傷寒論》《金匱要略》
=「救逆湯」=「桂枝去芍薬加蜀漆龍骨牡蠣湯」
[1-3] 《漢方治療の実際》
=「救逆湯」
桂枝・生姜・大棗・蜀漆各4、甘草2、牡蠣6、龍骨5」
桂枝去芍薬加皀莢湯 [1-1]《金匱要略》
桂枝3両、生姜3両、甘草2両、大棗10枚、莢(去皮炙焦)2枚」
右五味、以水七升、微微火煮取三升、分温三服。
桂枝去芍薬湯 傷寒論
「桂枝(去皮)3両、甘草(炙)2両、生姜(切)3両、大棗(擘)12枚」
右四味、以水七升、去滓、温服一升。本云桂枝湯、今去芍薬、將息如前法。
《傷寒論》《漢方治療の実際》
「桂枝湯ー芍薬」
桂枝救逆湯 《金匱要略》
桂枝(去皮)3両、甘草(炙)2両、生姜3両、牡蠣(熬)5両、龍骨4両、大棗12枚、蜀漆(先去腥)3両」
右為末、以水一斗二升、先煮蜀漆、減二升、内諸薬、煮取三升、去滓、温服一升。
桂枝苦酒湯 《東醫寶鑑》
=「桂枝黄蓍湯」
「黄蓍2銭半、桂枝・芍薬各1銭半、甘草1銭」を作1貼し好酒3分、 水1杯半で煎服。
桂枝五物湯 [1-1]《吉益東洞》《勿誤薬室方函口訣》
=「桂枝桔梗湯」
桂枝、茯苓、桔梗、黄、地黄」各等分。
[1-2]《吉益東洞》《漢方後世要方解説》
「桂枝4、茯苓8、桔梗3、黄4、地黄4」
[1-3]《吉益東洞》《漢方治療の実際》
「桂枝4、茯苓8、桔梗3、黄・地黄各4」
[1-4]《吉益東洞》《龍野ー漢方処方集》
「茯苓・乾地黄各4.0g、桂枝・桔梗・黄各3.0g」
桂枝四七湯 《東醫寶鑑》
桂枝・半夏各2銭、白芍(酒炒)11銭半、白茯苓・厚朴・枳穀各7分、人参・紫蘇葉・炙甘草各5分、生姜3、大棗2」水煎服。
桂枝芍薬知母湯
(桂芍知母湯)
[1-1]《金匱要略》
⇒「桂芍知母湯」
桂枝4両、芍薬3両、甘草2両、麻黄2両、生姜5両、白朮5両、知母4両、防風4両、附子(炮)2両」
右九味、以水七升、煮取二升、温服七合、日三服。
[1-2]《漢方治療の実際》
「桂枝・知母・防風・生姜・芍薬・麻黄各3、朮4、甘草1.5、附子0.5」
[1-3]《金匱要略》
「葛根加朮附湯ー葛根大棗+知母防風」
桂枝芍薬湯 《東醫寶鑑》
「桂枝1銭、赤芍薬・知母・石膏・黄各2銭」水煎服。
桂枝生姜枳実湯 [1-1]《金匱要略》
桂枝3両、生姜3両、枳実5枚」
右三味、以水六升、煮取三升、分温三服。
桂枝石膏湯 《東醫寶鑑》
「石膏・知母各3銭、黄2銭、桂枝1銭」水煎服。
桂枝湯 [1-1]《傷寒論
桂枝(去皮)3両、芍薬3両、甘草(炙)2両、生姜(切)3両、大棗(擘)12枚」
右五味、咀三味、以水七升、微火煮取参升、去滓、適寒温、服一升、服已須臾、熱稀粥一升餘、以助薬力、温覆令一時許、遍身微似有汗者益佳。不可令如水流離、病必不除、若一服汗出病差、停後服、不必盡剤。若不汗、更服、依前法。又不汗、後服小促其間、半日許令三服盡。若病重者、一日一夜服、周時觀之、服一剤盡、病證猶在者、更作服。若汗不出、乃服至二、参剤。
[1-2]《傷寒論》
「桂枝(去皮)3両、芍薬3両、生姜3両、甘草(炙)2両、大棗(擘)12枚」
右5味、以水7升、煮取3升、去滓、温服1升。
[1-3]《漢方治療の実際》
「桂枝・芍薬・大棗・生姜各4、甘草2」
[1-4]《傷寒論》《方機》
「桂枝、芍薬、生姜、各3両。大棗12枚。甘草2両。5味、咀(ふそ)し、水7升を以て微火に煮て3升を取り、滓を去り、寒温に適し1升を服す。
[2]《東醫寶鑑》
「枳殻1両、桂枝5銭」作末し、毎回2銭を姜棗湯で調下する。
桂枝二越婢一湯 傷寒論
=「桂婢各半湯」
桂枝(去皮)・芍薬・麻黄・甘草(炙)各18銖、大棗(擘)4枚、生姜(切)1両2銖、石膏(碎綿嚢)24銖」
右七味、以水五升、煮麻黄十二沸、去上沫、内諸薬、煮取二升、去滓、温服一升。本云、當裁為越婢湯、桂枝湯、合之飲一升。今合為一方、桂枝湯二分、越婢湯一分。
桂枝二麻黄一湯 傷寒論
桂枝(去皮)1両17銖、芍薬1両6銖、麻黄(去節)16銖、生姜(切)1両6銖、杏仁(去被尖)16箇、甘草(炙)1両2銖、宜桂枝二麻黄一湯。
右七味、以水五升、先煮麻黄十二沸、去上沫、内諸薬、煮取二升、去滓、温服一升、日再服。本云桂枝湯二分、麻黄湯一分、合為二升、分再服。今合為一方、將息如前法
桂枝桃仁湯 [1-1]《婦人大全良方》
「桂枝湯+桃仁・地黄」
[1-2]《東醫寶鑑》
「桂皮・赤芍薬・生乾地黄(酒洗)各2銭、甘草(炙)1銭、桃仁30、姜3、棗2」水煎服。
桂枝人参湯 [1-1]《傷寒論
桂枝(別切)4両、甘草(炙)4両、白朮3両、人参3両、乾姜3両」
右五味、以水九升、先煮四味、取五升。内桂、更煮取三升、去滓。温服一升、日再夜一服。
[1-2]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「桂枝4、甘草・朮・人参各3、乾姜2」
[1-3]《東醫寶鑑》
「桂枝・甘草各2銭、人参・白朮・乾姜各1銭」水煎服。
[1-4]《傷寒論》
「人参湯+桂枝」《大塚敬節》
桂枝茯苓丸 [1-1]《金匱要略》
桂枝・茯苓・牡丹(去心)・桃仁(去皮尖熬)・芍薬各等分」
右五味、末之、煉蜜和丸如兎屎大、毎日食前服一丸、不知、加至三丸。
[1-2]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「桂枝・茯苓・牡丹皮・桃仁・芍薬各等分」作末し、煉蜜で丸とし、1日3回、1回3服用
桂枝茯苓湯 《勿誤薬室方函口訣》
「桂枝茯苓丸+車前子・茅根・大黄」
桂枝附子湯 [1-1]《傷寒論
桂枝(去皮)4両、附子(炮去皮破)3枚、生姜(切)3枚、大棗(擘)12枚、甘草(炙)2両」
右五味、以水六升、煮取二升、去滓、分温三服。初一服、其人身如痺、半日許復服之。三服都盡、其人如冒状、勿怪。此以附子、朮、併走皮内、逐水氣未得除、故使之耳。法當加桂4両。此本一方二法。以大便、小便自利、去桂也。以大便不、小便不利當加桂。附子三枚恐多也、虚弱家及産婦、宜減服之。
[1-2]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「桂枝4、附子0.5、生姜・大棗各3、甘草2」
桂枝附子去桂加朮湯 (白朮附子湯)《金匱要略》
「白朮2両、附子(炮去皮)1枚半、甘草(炙)1両、生姜(切)1両半、大棗6枚」
右五味、以水三升、煮取一升、去滓、分温三服、一服覚身痺、半日許再服、三服都盡、其人如冒状、勿怪、即是朮附並走皮中、逐水氣未得如故耳。
桂枝麻黄各半湯 [1-1]《傷寒論
=「桂麻各半湯」
桂枝(去皮)1両16銖、芍薬・生姜(切)・甘草(炙)・麻黄(去節)各1両、 大棗(擘)4枚、杏仁(湯浸去皮及両仁者)24枚」
右七味、以水五升、先煮麻黄十二沸、去上沫、煮取一升八合、去滓、温服六合。本云桂枝湯三合、麻黄湯三合、併為六合、頓服、将息如上法。
[1-2]《傷寒論》《漢方治療の実際》
=「桂枝麻黄各半湯」
「桂枝3.5、芍薬・生姜・甘草・麻黄・大棗各2、杏仁2.5」
桂枝竜骨牡蛎湯 桂枝・白芍・竜骨・牡蛎・生姜各3両、甘草2両、大棗12枚」
桂枝竜牡湯 《中薬臨床応用》
「桂枝9g、竜骨30g(打砕先煎)、牡蛎30g、桑椹15g、金桜子12g、白芍薬12g、生姜9g、大棗15g、甘草(炙)6g」水煎服。
桂朮湯 《東醫寶鑑》
「桂皮1銭半、白朮・麻黄・細辛・甘草各1銭、枳殻・乾姜各7分半、姜3片」水煎服。
桂婢各半湯 《東醫寶鑑》
「石膏2銭、桂枝・芍薬・麻黄各1銭、甘草3分、生姜3、大棗2」水煎服。
桂附湯 [1]《東醫寶鑑》
桂枝・炮附子」各2銭。煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「附子(炮)3銭、肉桂1銭、黄柏・知母各5分」煎服。
[3]《東醫寶鑑》
「桂皮3銭、附子(炮)2銭」作1貼し「姜3、棗2」を入れ水煎服。
桂附理中湯 《軒岐救正論》《古今方彙》
「理中湯+附子肉桂」
桂麻各半湯 《東醫寶鑑》
「麻黄1銭半、桂枝・芍薬・杏仁各1銭、甘草7分」を作1貼して「姜3、棗2」を入れ、水煎服。
桂苓飲子 《寿世保元》《古今方彙》
「猪苓・沢瀉・桂枝・甘草・黄柏・知母・白朮・山梔子・滑石・生姜・燈心 草24茎」水煎。
桂苓甘露飲 [1-1]《劉河間》
「茯苓・甘草・白朮・沢瀉・官桂・猪苓・石膏・寒水石・滑石」
[1-2]《東醫寶鑑》
「滑石2両、赤茯苓・沢瀉・石膏・寒水石・甘草各1両、白朮・肉桂・猪苓各5銭」を細末にし、熱湯で服用。蜜or姜湯を少し入れると良い。
[2]《東醫寶鑑》
「滑石1両、石膏・寒水石・沢瀉・白朮・乾葛・赤茯苓・甘草各5銭、人参・桂皮・香各2銭半、木香1銭2分半」を作末し、毎回2銭を白湯で 調下する。
[3]《寿世保元》
「五苓散+滑石・甘草」
桂苓五味甘草湯 《金匱要略》
「茯苓4両、桂枝(去皮)4両、甘草(炙)3両、五味子半升」
右4味、以水8升、煮取3升、去滓、分3温服。
桂苓五味甘草去桂加乾姜細辛半夏湯 《金匱要略》
「茯苓4両、甘草2両、細辛2両、乾姜2両、五味子・半夏各半升」
右6味、以水8升、煮取3升、去滓、温服半升、日3服。
桂苓元 《東醫寶鑑》
「桂心・赤茯苓」等分を作末し煉蜜とまぜ、1両を8丸につくり、毎回1丸服用
桂苓湯 《東醫寶鑑》
「桂皮・赤茯苓・当帰・川芎・赤芍薬・莪朮・三稜・桑白皮・檳榔・蒼朮・大腹皮・瞿麦・青皮・陳皮・甘草各5分、子・大黄()各2分半」を作1貼し「姜3」を入れ水煎服。
桂苓白朮散 《東醫寶鑑》
「滑石1両、寒水石・石膏・沢瀉・甘草各5銭、白朮・白茯苓・人参・桂枝各2銭半」作末して、毎回3銭を白湯or水で調下する。
桂霊散 《東醫寶鑑》
「桂心・五霊脂・良姜(炒)・厚朴(製)」各等分を作末し、熱い錯湯で1銭を服用。
荊黄湯 [1]《東醫寶鑑》
「大黄(酒炒)・荊芥穂・防風各2銭」水煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「荊芥4銭、大黄1銭」水煎、空腹時に服用。
荊黄解毒湯 《方読便覧》
「黄連解毒湯+荊芥地黄」
荊芥散 《東醫寶鑑》
「荊芥穂」作末し毎回1銭を、童便1杯で調合して熱服する。
荊芥湯 [1]《東醫寶鑑》
「川椒・白塩・露蜂房各1銭、葱白3茎」煎じて、熱いうちにうがいをし、冷えたら吐き出す。
[2-1]《三因極一病証方論》《古今方彙》
「荊芥半両、桔梗2両、甘草1両、生姜」水煎。
[2-2]《東醫寶鑑》
「桔梗2両、甘草1両、荊芥穂5銭」を粗末にし、毎回4銭に生姜3片を入れて、水煎し徐々に服用。
[3]《雑病翼方》
「荊芥」
荊芥連翹湯 [1-1]《万病回春》《東醫寶鑑》
「荊芥・連翹・防風・当帰・白芍・川芎・柴胡・枳穀・黄・山梔子・白・桔梗各7分、甘草5分」水で煎じて食後温めて服用。
[1-2]《万病回春》《古今方彙》
「荊芥・連翹・防風・当帰・川芎・白芍薬・柴胡・枳殻・黄・山梔子・白・桔梗各等分、甘草半減」水煎。
[2]《東醫寶鑑》
「荊芥・柴胡・川芎・当帰・生地黄・赤芍・白・防風・薄荷・山梔子・黄・桔梗・連翹各5分、甘草3分」水煎服。
《漢方治療の実際》
「当帰・芍薬・荊芥・連翹・防風・川芎・柴胡・枳実・黄・梔子・白・桔梗各1.5、甘草1」
[3-1]《一貫堂》《漢方後世要方解説》
「当帰・芍薬・川芎・地黄・黄・黄連・黄柏・山梔子・連翹・荊芥・防風・薄荷葉・枳殻・甘草各1.5、白・桔梗・柴胡各2」
[3-2]《一貫堂》《中医処方解説》
「黄連・黄・黄柏・山梔子・当帰・川芎・熟地黄・白芍薬・連翹・荊芥・薄荷・防風・柴胡・白・桔梗・枳殻・甘草(炙)各2g」水煎服。
[3-2]《一貫堂》《龍野ー漢方処方集》
「当帰・芍薬・川芎・熟地黄・黄連・黄・黄柏・山梔子・連翹・防風・薄荷葉・荊芥・甘草・枳殻各1.5g、柴胡2.0g、白・桔梗各2.5g」
荊槐散 《東醫寶鑑》
「荊芥穂・槐花(炒)」等分。作末し、牙歯にぬる。
荊蘇湯 《東醫寶鑑》
「荊芥穂・紫蘇葉・木通・橘紅・当帰・辣桂・石菖蒲各1銭」水煎服用。
荊桃承気湯 《本朝経験》
「荊芥、桃仁、大黄、芒硝、甘草」
荊蓬煎元 《東醫寶鑑》
「三稜((酒浸3日)・莪朮((酒浸3日)・夏には1日目に取り出し、巴豆肉38粒と石器で炒り、黄色くなったら巴豆は捨て、湯水に漬けて白いのは捨てたもの3両、木香・枳殻・青皮・茴香(炒)・檳榔各1両」作末し麺糊で緑豆大の丸剤。姜湯で30~50丸飲む。
荊防解表湯 《時氏処方学》
「荊芥 紫蘇葉 杏仁 防風 赤茯苓 白+ 陳皮 建麹 葱白 生姜 煎服」
荊防敗毒散 [1-1]《万病回春》《古今方彙》
「防風、荊芥、活、独活、柴胡、前胡、薄荷、連翹、桔梗、枳殻、川芎、茯苓、金銀花、甘草、生姜」水煎。
[1-2]《万病回春》《漢方後世要方解説》
「防風・荊芥・独活・活・柴胡・前胡・連翹・桔梗・枳殻・川芎・茯苓・金銀花各1.5、生姜・薄荷葉・甘草各1」
[1-3]《万病回春》《龍野ー漢方処方集》
「荊芥・防風・独活・柴胡・前胡・薄荷葉・枳殻・川芎・桔梗・金銀花・連翹・茯苓各2.0g、甘草・干姜各1.0g」
《漢方治療の実際》
「防風・荊芥・活・独活・柴胡・前胡・薄荷・連翹・桔梗・枳実・川芎・ 茯苓・金銀花・甘草各1.5、生姜3」
[2]《証治準縄》
「荊芥穂・防風・活・前胡・柴胡・枳穀(麩炒)・桔梗・赤茯苓・川芎各4g、人参・甘草各2g生姜3片」水2杯で8分に煎じ、空腹時に服用。
[3]《東醫寶鑑》
「活・独活・柴胡・前胡・赤茯苓・人参・枳殻・桔梗・川芎・荊芥・防風各1銭、甘草5分」水煎服。
[4]《摂生衆妙方》《中薬臨床応用》
「荊芥・防風・活・柴胡・前胡・枳殻・茯苓・桔梗・薄荷各6g、川芎・甘草各3g、生姜2g」水煎服。
《摂生衆妙方》
「荊芥、防風、活、独活、川芎、柴胡、薄荷、前胡、桔梗、枳殻、茯苓、甘草、生姜」
経験烏鬚酒 《東醫寶鑑》
「毎年の冬の10月の壬・癸日に東向の枸杞子2升を搗いて、好無灰酒2升と磁器内に入れて21日たったら開封し、生地黄3升を添えて入れてかき混ぜ、紙で三重に口を封じ。立春30日前に開けて空腹時に1杯づつ温めて飲む。
経験二防飲 《東醫寶鑑》
「熟地黄・人参各1銭、白朮・黄蓍・当帰・川芎・白芍薬・杜仲・各7分、防風・防已・活・牛膝・甘草各5分、附子(童便浸3日炮)7分」作1貼して「姜3、棗2」を入れ水煎服。
経験方 [1]《活人心統》
「沈香、紫蘇葉、白豆蔲、柿蔕」
[2]《活法機要方》
「地楡、蒼朮」
[3]《簡便単方》
「白朮、車前子」
経効瘧丹 《東醫寶鑑》
「真阿魏・雄黄各2銭半、朱砂1銭半」沸騰湯で阿魏を泡立たせ、雄黄を粉にして混ぜ、麺粉で梧子大の丸剤。
頸淋巴結炎方 《中薬臨床応用》
「浙貝母18g、夏枯草15g、生地黄15g、玄参15g、牡蛎(生)30g(先煎)」水煎服。
瓊玉膏 《朱丹渓》
「生地黄10.24kgを臼に入れて突いて汁を絞り、人参細切り960g・白茯苓細切り1.92kg・精製した白蜜6.4kgを磁器に入れ、油紙を五重にし、その上に厚い布でかぶせて堅く密封して銅鍋に入れる。そして底にきれいな木で橋渡しておいて、煮立ってもふきこぼれないようにしておいて、桑の木で3昼夜煮る。煮詰まると熱湯を注ぎ入れ、煮終わったら磁器を取り出し、又その上に濾紙で堅く密閉して、一昼夜井戸に吊しておく、そしてこれを取り出して、又前法のごとく一昼夜煮込む。これを少し取り出して、まず神に捧げた後、一日に2~3回、1~2匙温酒で服用する。酒を飲めない人は、百沸湯で服用する。精製するときは鉄器を使わないこと。」
瓊脂膏 《東醫寶鑑》
「生地黄20斤を蒸して汁を取り、滓を去る。白蜜2升を煮て泡を捨てる。生姜2両を蒸して汁を取り、滓を去る。まず先に弱火で地黄汁を沸かし、そこへ鹿角膠1斤を入れ、次に真酥油1斤・蜜・生姜汁を入れ煎じ、飴のようになったら磁器に貯蔵。1~2匙づつ温酒で調下する。
鶏黄散 《東醫寶鑑》
「卵の白身は捨て、黄丹1銭を入れて振って厚紙でくるみ、塩泥で固く封をし、火で焙って作末し、毎回2銭を米飲で調下する。
鶏肝散 《南京中医学院験方》
「炉甘石24g(制) 赤石脂・滑石(飛)・胡黄連・各20g 辰砂16g青黛12g 石決明40g 雄鶏肝1個
鶏血藤湯 《中薬臨床応用》
「鶏血藤15g、半楓荷30g、当帰15g、牛膝9g、楓香寄生15g、海風藤15g、豆姜15g」水煎服。
鶏清元 《東醫寶鑑》
「大半夏(生)」を末にし「鶏子清」で梧子大の丸剤。少し乾くと猪苓筴で混 ぜ、弱火で炒り、猪苓末は養薬の為器中に貯蔵し、白茯苓の煎じ湯で空腹時に30~50丸飲む。
鶏舌香散 《東醫寶鑑》
「丁香100枚、白芍薬(酒炒)2両、良姜1両、甘草(炙)5銭」作末し毎回2 銭を陳米飲で調下する。
鶏蘇散 《東醫寶鑑》
「鶏蘇葉・黄蓍・生黄・阿膠・白茅根各1銭、麦門冬・桔梗・蒲黄(炒)・貝母(炒)・桑白皮・甘草(炙)各5分、生姜3片」水煎服し、黄丹を鼻孔に注ぎ入れる。
《傷寒標本》
「薄荷3g(後下)、甘草(生)3g、滑石18g」水煎服。
鶏腸散 《東醫寶鑑》
「鶏腸(焼)・牡蠣粉・白茯苓・桑蛸(蒸)各5銭、辣桂・竜骨各2銭半」作し毎回2銭に「姜3片、棗2枚」入れ水煎し空腹時に服用、or作末し1銭を米飲で調服する。
鶏頭丸 《東醫寶鑑》
「雄鶏頭の焼いたもの、鳴蝉焼いたもの3、大黄()or甘草(炙)各1両、当帰・川芎・遠志・麦門冬各7銭半、木通・黄蓍各5銭」作末して蜜で緑豆大の丸剤。空腹時に米飲で5丸づつ1日3回服用。
鶏内全散 《東醫寶鑑》
「の胆袋・黄皮の陰干しして細末したもの各1銭、緑豆粉3銭」を生蜜で丸剤にし、口中で噛み下す。
鶏散 《東醫寶鑑》
「鶏1具、鶏腸1具、猪(炙焦)1箇」作末し1銭づつ酒で服用。
鶏鳴丸 《東醫寶鑑》
「知母(炒)4両、旋覆花・陳皮・馬兜鈴・麻黄・甘草(炙)各1両、桔梗・人参各5銭、阿膠珠・款冬花・五味子各4銭、杏仁・子(炒)・半夏(製)各3銭」作末し蜜で梧子大の丸剤。毎回1丸を烏梅・姜・棗の煎じ湯で1日3回噛み下す。
鶏鳴散 [1]《備急千金要方》《漢方治療の実際》
「大黄1、当帰・桃仁各4」
[1]《備急千金要方》
「大黄 当帰 桃仁」
[2-1]《時方歌括》《朱氏集験》
「檳榔、橘皮、木瓜、呉茱萸、紫蘇葉、桔梗、生姜」
[2-2]《証治準縄》《中薬臨床応用》
「檳榔21g、陳皮・木瓜各30g、呉茱萸6g、紫蘇葉9g、桔梗・生姜15g」粗末にし水煎し3~5回に冷服。
[3]《三因極一病証方論》
「大黄40g(酒蒸)、当帰尾12g、桃仁27粒(炒める)」以上を酒で煎じて、鶏が鳴くときに服用
[4]
「大黄、杏仁」
鶏鳴散加茯苓 《漢方治療の実際》
「檳榔4、木瓜・生姜角3、橘皮・桔梗各2、蘇葉・呉茱萸各1、茯苓4」
鶏鳴散加苓 《時方歌括》《漢方後世要方解説》
「茯苓5、檳榔4、木瓜・生姜各3、橘皮・桔梗各2.5、蘇葉・呉茱萸各1」
鶏矢醴散 《東醫寶鑑》
「鶏糞(白いもの)・大黄・桃仁各等分」作末し毎回2銭を姜湯で調服する。
舌香散 《東醫寶鑑》
「丁香100枚、白芍(酒炒)2両、良姜1両、炙甘草5銭」を作末し、毎回2銭を陳米飲で調下する
啓膈散 《医説》
「沙参 丹参 茯苓 川貝母 欝金 縮砂仁殻 荷葉蒂 杵頭糠」
啓峻湯 《張氏医通》《古今方彙》
「人参・黄蓍・当帰・白朮(炒枯)各1銭5分、陳皮8分、甘草(炙)5分、肉桂5分、茯苓1銭5分、乾姜(炮)4分、肉豆蔲・沈香各8分、附子(炮)1銭5分」水煎温服。
啓脾湯 [1-1]《万病回春》《古今方彙》《漢方後世要方解説》
「人参・白朮・茯苓・蓮肉・山薬各3、山子・陳皮・沢瀉各2、甘草・生 姜・大棗各1」(煎服or蜜丸)。小児1日量。
[1-2]《漢方治療の実際》
「人参3、朮・茯苓各4、蓮肉・山薬各3、山子・陳皮・沢瀉各2、甘草1」
[1-3]《万病回春》《古今方彙》
「人参・白朮・茯苓・蓮肉・山薬各1両、山子・陳皮・沢瀉・甘草(炙)各5 銭、生姜、大棗」水煎。或いは細末となし、蜜丸となす。
啓脾元 《東醫寶鑑》
「甘草1両半、人参・白朮・青皮・陳皮・神麹・麦芽・縮砂・乾姜(炮)・厚 朴各1両」作末し蜜で丸め、毎回1両で10丸つくり、米飲で1丸づつ噛み下す。
軽効散 《東醫寶鑑》
「柴胡2銭、大黄・当帰・赤芍薬・犀角各1銭、甘草5分」水煎服。
却労散 《婦人大全良方》
「芍薬6両、黄蓍・甘草・人参・当帰・茯苓・地黄・五味子・阿膠各3両、生姜、大棗」水煎。
(→人参養栄湯《聖済総録》)
下血湯 [1-1]《金匱要略》
「大黄2両 桃仁20枚 虫20枚(熬去足)」
右三味、末之、煉蜜和為四丸、以酒一升、煎一丸取八合、頓服之、新血下如豚肝
下気円 《勿誤薬室方函口訣》
「辰砂、乱髪霜、大黄、紫檀、莎草」
下虫丸 《東醫寶鑑》
「乾蝦蟇(灰)3銭、苦楝根皮・貫衆・木香・桃仁・蕪・檳榔各2銭、鶴虱1銭、軽粉半銭、使君子肉50個」作末し糊で麻子大の丸剤。毎回10~20丸を肉汁で飲む。
下虫散 《東醫寶鑑》
「使君子肉・檳榔各1銭、大黄5分」作末し、苦練根の煎じ湯で調下する
下乳方 《中薬臨床応用》
「通草6g、穿山甲(炙)9g、王不留行9g」水煎服。
外科蟾酥丸 《外科正宗》
「蟾酥、軽粉、銅緑、枯礬、寒水石、胆礬、乳香、没薬、麝香、雄黄、蝸牛、朱砂」
外染烏雲膏 《東醫寶鑑》
「五倍子(製)5銭、銅(未製)2銭、明礬・白塩各1銭半、 没石子2箇」を黄色くなるまで炒って、作末して濃い茶で調合し、重湯が黒くなったら使う。
解欝湯 《医学入門》《東醫寶鑑》
「柴胡・黄連・黄・地骨皮・黄蓍・生地黄・熟地黄・白芍」等分。水煎服。
解欝調胃湯 《万病回春》《古今方彙》
「陳皮(塩水洗)・白朮各1銭、川芎6分、茯苓1両、当帰尾1銭2分、神麹・麦芽各7分、桃仁4分、赤芍薬(酒)8分、甘草(生)4分、香附子8分山梔子(塩水炒)各1銭2分、生地黄(姜汁攪拌・晒)8分、生姜」水煎熱服。
《東醫寶鑑》
「梔子(塩水炒)・当帰(酒洗)各1銭2分、白朮・陳皮・白茯苓各1銭、赤芍薬(酒浸)・生乾地黄(酒洗)(姜汁炒)・香附米各8米、神麹(炒)・麦芽(炒)各7分、川芎6分、桃仁・甘草(生)各4分、姜3片」水煎服。
解欝和中湯 《万病回春》《古今方彙》
「赤茯苓・香附子(童便炒)・枳殻・山梔子各1銭、半夏・前胡各8分、神麹・黄連・紫蘇子・厚朴(姜炒)各7分、陳皮1銭2分、青皮(醋炒)5分、甘草(生)4分、生姜」水煎温服。
《東醫寶鑑》
「陳皮1銭2分、便香附・赤茯苓・枳穀・山梔子(炒)各1銭半、半夏・前胡 各7分、黄連(姜汁炒)・神麹(炒)・厚朴・青皮・紫蘇子(炒)各5分、甘草4分、生姜5片」水煎服。
解肌湯 《外台秘要方》
「葛根湯+黄」
「葛根4両、麻黄3両、芍薬2両、黄2両、甘草1両、大棗12枚、桂枝1両」
解噤丸 《東醫寶鑑》
「黄連8両、生姜4両」を同時に炒って、姜を捨て黄連を取って作末し、陳米飲で梧子大の丸剤。70~80丸服用。
解語丸 《海蔵》《東醫寶鑑》
「白附子・石菖蒲・遠志・活・全蝎・天麻・天南星(牛胆製)・白彊蚕」等分を作末し、緑豆大の蜜丸。毎回50~70丸を姜湯で服用。
解語湯 《永類鈴方》
「桂枝7銭半、防風1両、独活半両、附子1両、羚羊角7銭半、甘草、酸棗仁1両、天麻1両」
《永類鈴方》《龍野ー漢方処方集》
「桂枝・独活・防風各3.0g、天麻2.0g、羚羊角末0.5g、甘草・白川附子各1.0g、 酸棗仁6.0g」
解酒化毒散 《東醫寶鑑》
「滑石4両、葛根1両2銭半、甘草7銭半」作末して冷水or熱湯で2~3 1日2~3回調服する。
解暑三白散 《東醫寶鑑》
「沢瀉・白茯苓・白朮各2銭を作1貼して生姜3片、灯心20茎を入れ、水煎服。」
解毒丸 [1]《東醫寶鑑》
「黄・黄連・山梔子・滑石・牽牛子各5銭」作末し、水で梧子大の丸剤。 温水で30~40丸服用
[2]《東醫寶鑑》
「板蘭根4両、貫衆(毛を去る)・青黛・甘草各1両」作末し蜜で梧子大の丸剤。青黛で衣を付け、精神が朦朧としたら中毒の症で、急いで15丸をかじって水で飲み下す。
解毒剤 《香川修徳》⇒参照「香川解毒剤」
解毒金花散 《東醫寶鑑》
「黄連・黄柏各2銭、黄・白朮・赤茯苓・赤芍各1銭」水煎服。
解毒散 《保赤全書》
「忍冬化毒湯《痘疹救逆方》ー牡丹皮桃仁茯苓ー防風」
解毒四物湯 《寿世保元》
「温清飲+地楡・槐花・阿膠・側柏葉」
《東醫寶鑑》
「黄・黄連解毒湯+四物湯」
解毒天漿散 《外科正宗》《古今方彙》
「括楼根2銭、防風・防已・皀角刺・白鮮皮・連翹・川芎・当帰・南藤・木 瓜・金銀花・蝉退・苡仁各1銭、甘草5分、山帰来2両」水煎。服するに臨みて酒を入れる
解毒湯 《漢方治療の実際》
=「香川解毒剤」
《東醫寶鑑》
「黄連・黄・黄柏・山梔子・連翹・槐花(炒)各1銭、細辛・甘草各5分」煎服。
解毒防風湯 《活法機要》《古今方彙》
「防風1銭半、地骨皮・黄蓍・芍薬・荊芥・枳殻・牛蒡子各7分半」水煎。
解毒雄黄丸 《和剤局方》
「雄黄 欝金 巴豆」
解毒雄黄元 《東醫寶鑑》
「雄黄・欝金各2銭半、巴豆(去皮)14粒」作末し、錯麺糊で緑豆大の丸剤。茶清で7丸を服用。
解熱下痰湯 《万病回春》《古今方彙》
「紫蘇子・白芥子・枳実・黄連・桔梗・楼仁・杏仁・烏梅・黄柏・甘草・生姜」水煎
解表升麻湯 《万病回春》《古今方彙》
「柴胡、消磨、藁本、活、防風、麻黄、蒼朮、陳皮、甘草、当帰、生姜、葱白」煎服。
解表徐煩湯 ⇒大青竜湯《傷寒論》
解表二陳湯 《東醫寶鑑》
「二陳湯+紫蘇葉・麻黄・杏仁・桑白皮・紫・貝母・桔梗各5分、姜3片」入れて煎服。
解酒化毒散 《東醫寶鑑》
「滑石4両、葛根1両2銭半、甘草7銭半」を作末し、毎回2~3銭を服用。
化痰清火湯 《東醫寶鑑》
「南星・半夏・陳皮・蒼朮・白朮・白芍薬・黄連・黄・梔子・知母・石膏各等分、甘草3分、姜3片」水煎服。
化斑湯 《東醫寶鑑》
「人参白虎湯に同じ」
血極膏 [1]《東醫寶鑑》
「大黄を作末して醋熬して膏をつくって鶏頭大に丸め、毎回1丸を熱酒にまぜ、就寝前に服用
[2]《東醫寶鑑》
「大黄を酒蒸し9回、それを9回晒したもの4両に、血竭・没薬各5銭を加えて丸剤。70~80丸を四物湯で服用。
血竭散 [1]《傷科補要》
「血竭・発灰・茅根・韮根」各等分
[2]《東醫寶鑑》
「蒲黄2銭、竜骨・明礬各1銭、寒水石()4銭、血竭5を作末して、少しづつ瘡上にまき、紙を貼る。
[3]《東醫寶鑑》
「血竭・牡蛎粉・髪灰」を等分に作末して、麝香を少し入れてツバで調合して塗る。
血府逐湯 《医林改錯》
「桃仁16g、当帰・生地黄・牛膝・紅花各12g、赤芍・枳穀各8g、桔梗・川芎各6g、柴胡・甘草各4g」
《医林改錯》《中薬臨床応用》
「当帰9g、川芎3g、生地黄9g、桃仁9g、紅花3g、柴胡6g、赤芍薬9g、枳 殻6g、牛膝6g、桔梗6g、甘草3g」水煎服。
血余帰母湯 《中薬臨床応用》
「乱髪霜9g、当帰(炭)9g、益母草15g、何首烏9g、生地黄18g、大棗8g」水煎服。
血余散 《東醫寶鑑》
「髪を皀角水で洗って、晒して乾かした後、白茅根の煎湯または醋湯で服用。
決明元 《東醫寶鑑》
「麦門冬・当帰・車前子各2両、青子・防風・枳穀各1両、蔚子・細辛・枸杞子・決瀉・生乾地黄・石決明・黄連各5両」を作末し、梧子大の蜜丸。空腹時に、麦門湯で50~70丸服用。」
決明散 《東醫寶鑑》
「石決明・草決明・黄・甘菊・木賊・石膏・赤芍・川芎・活・蔓荊子・甘草各7分、生姜5片」水煎服。
決明子湯 《中薬臨床応用》
「決明子(炒黄)9g、柴胡9g、黄連6g、淡竹葉9g、防風6g、升麻3g、細辛1.5g、菊花9g、甘草3g」水煎服。
決明夜霊散 《証治準縄》
「石決明、夜明砂、猪肝」
結陰丹 《東醫寶鑑》
「枳穀・威霊仙・黄蓍・陳皮・椿根・白皮・何首烏・荊芥穂各5銭」作末し、 酒糊で梧子大の丸剤。米飯に酢を少し混ぜて、50~70丸服用。
結核一方 《寿世保元》《古今方彙》
「黄1銭3分、枳実・紫蘇子・貝母・連翹各1銭、白芥子8分、海藻・香 附子・桔梗各7分、甘草3分」水煎、食後服用。
結毒喉癬一方 《広算記》
「桔梗・甘草各2銭、竜胆・射干各1銭、遺糧5銭、山豆根1銭」
右六味、牛黄を送下す。
潔矩三和湯 《医学正伝》《古今方彙》
「陳皮・甘草・紫蘇葉各7分、厚朴・白朮・檳榔子各1銭、海金砂4分、木通2分、生姜」水煎。
月華丸 天門冬・麦門冬・生地黄・熟地黄・山薬・百部・沙参・川貝母・阿膠・茯苓・獺肝・三七・桑葉・菊花を煮て膏にし、蜜で練って弾丸大
月季酒 《中薬臨床応用》
「月季花3g、当帰9g、丹参9g」適量の黄酒に浸けて服用。
兼金散 《東醫寶鑑》
「黄連・細辛」各等分に作末
兼済湯 《済世全書》《古今方彙》
=[汗症門]の「白竜湯」なり。
元戎四物湯 《王好古》
「当帰・白芍・川芎・熟地黄・桃仁・紅花」
元陰湯 [1]《本朝経験》
「六味地黄丸+黄連・白芥子」
[2]《本朝老医伝》
「六味地黄丸+白芥子・防風・黄蓍」
玄胡索散 [1]《東醫寶鑑》
「延胡索1両半、桂心・滑石・紅花・紅麹各5銭、桃仁30枚」を作末し、湯に浸した蒸し餅で梧子大の丸剤。錯湯で50~70丸服用。
[2]《東醫寶鑑》
「延胡索(炒)・当帰・蒲黄(炒)・赤芍・官桂各1銭、姜黄・木香・乳香・没 薬各7分、炙甘草・生姜7水煎服。
玄珠転苗丹 《東醫寶鑑》
「五味子8両、巴戟・遠志・枸杞子・山薬・白茯苓・肉蓉・百部根・杜仲・蛇床子・防風・柏子仁・菟絲子各2両」作末し蜜で梧子大の丸剤。
玄参散 《東醫寶鑑》
「玄参1両、升麻・射干・大黄(酒洗)各5銭、炙甘草2銭半」作末し、5銭を水煎し、温いうちに含んで、呑み下す。
玄参升麻湯 《活人書》《東醫寶鑑》
「玄参・升麻・甘草各3銭」水煎服。
玄参治咽湯 《中薬臨床応用》
「玄参12g、地黄(生)18g、沙参9g、玉竹9g、四葉参30g」水煎。
玄参貝母湯 《東醫寶鑑》
「防風・貝母・天花粉・黄柏(塩水炒)・白茯苓・玄参・白・蔓荊子・天麻・半夏(製)各1銭、甘草5、生姜3」水煎し食後服用。
玄参牝貝湯 (=消瘰丸)《医学心悟》《中薬臨床応用》
「玄参30g、牡蛎120g(先煎)、浙貝母30g」
牡蛎を4.5杯の水で2.5杯まで煎じ、玄参・貝母を入れて1杯まで煎じ詰め温服する。
玄菟固本丸 [1]《必用方》
「兎絲子(酒製)4両・熟地黄4両・生乾地黄4両・天門冬(酒炙)4両・麦門 冬(酒炙)4両・五味子(酒浸、芯を去る)4両・茯神(酒浸、芯を去る)4両・山薬(炒)3両・蓮肉2両・人参2両・枸杞子2両」を作末し梧子大の丸剤。毎回80~90丸、温酒または塩湯で服用。
[2]《東醫寶鑑》
「菟絲子1斤を酒に作って浄末8両、熟地黄・生乾地黄・天門冬・麦門冬・五味子・茯神各4両、山薬(微炒)3両、蓮肉・人参・枸杞子各2両」作末して梧子大の丸剤。温酒or塩湯で80~90丸飲む。
玄菟丹 《東醫寶鑑》
「菟絲子(酒浸)10両、五味子7両、白茯苓・蓮子肉・山薬各3両」作末し、別途に山薬末3両を作って、菟絲子漬けた酒で糊を作り梧子大の丸剤。空腹時に米飲で50~70丸飲む。
玄霜膏 「烏梅汁・梨汁・柿霜・白砂糖・白蜜・蘿菖汁各4両、生姜汁1両、赤茯苓8両を乳汁に漬け、乾かすこと9回・款冬花・紫末各2両」を土鍋に入れて煮て膏をつくり、弾丸大の丸剤。
玄霜雪梨膏 [1-1]
「雪梨60個を芯を取って皮をむいて汁を取ったもの・生藕・生地黄汁・麦門冬を煎じて汁を絞ったもの・生蘿菖汁・白茅根汁」以上の汁を良く濾過して炭火で煮、煉蜜1斤、飴糖8両、柿霜8両、姜汁半杯を入れて粥のように煮て、3~5匙ずつ、1日3回服用。
[1-2]《東醫寶鑑》
「雪梨60個の芯と皮は捨て、汁を取って20鍾子、蘿汁10鍾子、生地黄汁10鍾子、麦門冬を煎じて汁を取って5鍾子、生蘿葡汁5鍾子、茅根汁10鍾子」を濾過して滓を去り煮る、「煉蜜16両、飴糖8両、柿霜8両、姜汁半 杯」を入れ再び煮ると粥のようになって膏となる
玄白散 《万病回春》《古今方彙》
「大黄・生地黄・赤芍薬・当帰尾・檳榔子・牽牛子(赤痢には黒、白痢には白、赤白には黒白相雑し、兼ねて半生半炒を用いる)・枳殻・莪朮・黄連各2銭」水煎し空心に温服。
実丸 《東醫寶鑑》
「仁500個、七夕蓮花鬚・山茱萸各1両、白藜5両、覆盆子2両、龍骨5 銭」作末し蜜で梧子大の丸剤。空腹時に蓮肉を煎じた湯で60~70丸服用。
健胃保和元 《東醫寶鑑》
「白朮2両、枳実・山肉・橘紅・麦芽各1両、神麹・白豆蔲・木香各5銭」作末し、粳米飯で梧子大の丸剤。白湯で50~70丸服用。
健脾丸 [1]
「白参・白朮・陳皮・麦芽・山子・枳実」
[2]《東醫寶鑑》
「白朮5両、白茯苓・白芍・半夏(姜製)各3両、陳皮・神麹・山子・当帰(酒洗)・川芎各2両」を作末し、荷葉の煮た水で米糊をつくって梧子大の丸剤。白湯で100丸呑む。
《中薬臨床応用》
「神麹9g、山子9g、麦芽12g、陳皮6g、党参6g、白朮6g、枳実6g」水煎服。
健脾資生丸 《先醒斉医学広筆記》
「当帰、白朮、白扁豆、石蓮肉、実、茯苓、山子、山薬、神麹、苡仁、沢瀉、香、橘紅、白豆蔲、桔梗、甘草、麦芽、黄連」
健脾退翳丸 《中医雑誌1958年10月号》
「白朮・遠志肉各1両6銭、蒼朮・杭菊花・鶏金・白藜・蔓荊子・紅花・檳榔・莪朮・木賊・枳実・生地黄(炒)・三稜各1両2銭、使君子1両、蝉退8銭、竜衣・甘草各4銭、製大黄・養肝散各5両、清肝翳活血丸末4両。
健脾和胃湯 ⇒香砂六君子湯
健歩丸 《東醫寶鑑》
「防已1両、活・柴胡・滑石・瓜根(酒洗)・炙甘草各5銭、沢瀉・防風各3銭、苦参・川烏各1銭、肉桂5分」を作末し、酒糊で梧子大の丸剤。葱白・荊芥煎湯で70丸服用。
健歩虎潜丸 (=虎潜丸)《中薬臨床応用》【中成薬】
「虎骨、鎖陽、牛膝、熟地黄、当帰、白芍、桑寄生、黄柏、亀板」1日1~2回、6~9gづつ、食前にうすい塩水で服用。
健忘一方 《寿世保元》《古今方彙》
「当帰・生地黄・白朮・玄参各1銭、川芎・白芍薬・茯苓・知母(酒)・黄柏 (酒)・麦門冬・山梔子・甘草各5分、生姜」水煎。
建中湯 《活幼心法》
「人参2銭、黄蓍3銭、白朮・当帰各1銭5分、附子・乾姜・桂枝各1銭、丁香5分、甘草1銭」
建理湯 《勿誤薬室方函口訣》
「建中湯+理中湯」
建湯 (けんれいとう)《衷中参西録》
「生地黄 淮牛膝 杭白芍 柏子仁 生代赭石 生竜骨 生牡蛎 煎服」
堅中湯 《備急千金要方》
「半夏3両、大棗50枚、茯苓・芍薬・乾姜・甘草各3両、桂枝2両」右7味、本、大棗無く、大黄有り。
今、茯苓を以て之に代える。或いは当帰を加え、或いは呉茱萸を加える。
《備急千金要方》《漢方後世要方解説》
「半夏・茯苓各5、桂枝4、芍薬・大棗・乾姜各3、甘草1」
飲枳実丸 《東醫寶鑑》
「黒牽牛(子頭末)3両、枳実(麩炒)・半夏(製)・橘紅各1両」を作末し、麺糊で梧子大に丸め、毎回50丸を姜湯で服用。
痛元 《東醫寶鑑》
「延胡索1両、川練肉・茴香(炒)各5銭、白丑頭(未炒)・当帰・良姜・青皮・木香・烏薬各2銭半、全蝎(焙)7枚」を作末し、綿汁で梧子大の丸剤。焼縁灰で調合した酒で30~50丸を呑む。
痺解毒湯 《保嬰撮要》《古今方彙》
「痺消毒散《外科枢要》ー独活+皀角刺白鮮皮活」
痺消毒散 《外科枢要》
「痺湯[1]《楊氏家蔵方》ー黄蓍防風甘草+白・遺糧」
《外科枢要》《古今方彙》
「姜黄・独活各5銭、白朮・当帰各1銭半、赤芍薬1銭、白5分、山帰来」水煎。
痺湯 [1-1]《楊氏家蔵方》
「当帰・活・姜黄・芍薬・黄蓍・防風各60g、甘草20g 生姜」
[1-2]《済世方》
「当帰、芍薬、黄蓍、片姜黄、活、炙甘草、防風、生姜、大棗」
[2]《万病回春》《古今方彙》
「当帰・赤芍薬・荻・活・欝金・甘草(炙)各等分、生姜」水煎。
[3]《東醫寶鑑》
「大豆蘖1升」炒って作末し、毎回1銭を1日2回、温酒で調服。
[4]《医学心悟》《中薬臨床応用》
「海風藤12g、独活3g、活3g、桂心1.5g、当帰9g、2.5g、桑枝9g、乳香2.5g、木香2.5g、甘草(炙)1.5g」水煎服。
巻柏散 《東醫寶鑑》
「巻柏の東向きのもの(塩水で半日煮て、再び甘冷水で半日煮て焙乾)・黒牽牛子・甘遂・檳榔」作末する。五更初に、葱白湯の濃く煎じたもので、巻柏・牽牛子・甘遂各1銭、檳榔2銭を調服する。
捲廉散 《証治準縄》
「炉甘石4両、朴硝5銭、黄連(細砕し煎じ汁・去滓)7銭」まず炉甘石の粉末を坩堝(るつぼ)の内に入れ、口をあけたままで外が霞色になるまで焼き、次に黄連・朴硝を水浸し、それを吹き付けてからさらに乾燥させ、次に「膩粉(別磨)・砂(別磨)・白礬(半生・半吹き付け)・黄連(末)各5銭、青銅1両5銭、白丁香(別磨)・乳香(別磨)・鉛白霜(別磨)・青塩(別磨)・胆礬(別磨)各1両」前の薬といっしょに合わせて磨り、毎回少量、眼にさす。
牽牛散 [1]《普済本事方》
「牽牛子・木通・白朮・桑白皮・木香・肉桂・陳皮」
[2]《沈氏尊生書》
「牽牛子・大黄・檳榔子・雄黄」
[3-1]《証治準縄》
「白附子・白彊蚕・全蠍(並生)各等分」作末し毎回2銭を熱酒で調下する。
[3-2]《楊氏家蔵方》
「白附子、白蚕、全蝎」
[3-3]《楊氏家蔵方》《中薬臨床応用》
「製白附子6g、白蚕6g、全蝎3g」水煎服。
蜆子水 《東醫寶鑑》
「生きた蜆子を、5日間水に入れて置いて、毎日その水で手や顔を洗う」
減瘢散 《東醫寶鑑》
「鉛粉1両、軽粉2分半」細末にし。猪脂で調合して1日3回塗る。





関連情報
漢方薬(50音順)

漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候/病名)

漢方の証

漢方医学の分量

生薬

病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証

漢方書籍






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬