ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(こ)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




古庵心腎丸 《東醫寶鑑》
「熟地黄・生乾地黄・山薬・茯神各3両、当帰・沢瀉・黄柏(塩酒炒)各1両半、山茱萸・枸杞子・亀板(酥炙)・牛膝・黄連・牡丹皮・鹿茸(酥炙)各1両、甘草(生)5銭、朱砂1両」作末し蜜で梧子大の丸剤。朱砂で衣をつけて、空腹時に塩湯or温酒で100丸飲む。
牛黄丸 《東醫寶鑑》
「犀角(屑)2銭、牛黄1銭、金箔・銀箔各5片、甘草2銭半」を作末し、蜜で緑豆大の丸剤。毎回7丸を薄荷湯で服用。
牛黄金虎丹 《和剤局方》 《東醫寶鑑》
「雄黄(水飛)15両、白礬枯・天竺黄・牛胆・天南星(製)各2両5銭、天雄(炮)1両2銭半、膩粉(べにとおしろい)・竜脳各5銭、牛黄2銭半、を作末して煉蜜でまぜ、1両半を分けて10丸作り、金箔80斤で衣をつくって、毎回1丸を新汲水で和らげ潅下して、薬気がよく運行するようにし、しばらくして薄荷汁で再び1丸を溶かして、潅下するとすぐ治る。
牛黄散子 《東醫寶鑑》
「黒牽牛子末を春8分・夏9分・秋7分・冬1銭。大黄を春8分・夏9分・秋7分・冬1銭。檳榔を春8分・夏9分・秋7分・冬4分。甘草を春8分・夏9分・秋7分・冬4分」細末にし毎回3銭を五更時に、東南に向かって井戸水で調服する。
牛黄瀉心湯 (一名南極延生湯)《東醫寶鑑》
「大黄(生)1両、竜脳・朱砂(水飛)・牛黄各1銭」を作末し、毎回3銭、生姜汁に蜜をまぜて服用。
牛黄承気湯 《温病条弁》
「安宮牛黄丸2粒、生大黄8g(粉にする)。安宮牛黄丸は水にとかし、生大黄末をまぜ、まずその半分を飲み、治らない時にはさらに残りの半分を服用する。」
牛黄清心丸 《痘疹世医心法》
「牛黄、黄連、山梔子、欝金、朱砂」
【中成薬】《中薬臨床応用》
「牛黄・黄連・・山梔子・欝金・朱砂」
《万氏方》
「牛黄・黄連・・生梔子・欝金・辰砂」
牛黄清心元 [1]《医宗金鑑》《東醫寶鑑》
「山薬7銭、炙甘草5銭、人参・蒲黄(炒)・神麹(炒)各2銭半、犀角2銭、大豆黄巻(炒)・肉桂・阿膠(炒)各1銭7分、白芍・麦門冬・・当帰・防風・朱砂(水飛)・白朮各1銭半、柴胡・白茯苓・桔梗・杏仁・各1銭2分半、牛黄1銭2分、羚羊角・麝香・竜脳各1銭、雄黄8分、白蘞・乾姜(炮)各7分半、金箔120斤のうち40斤で衣を作り、作末したものは大棗20個を蒸して肉を取り入れた棗膏とまぜ、煉蜜を入れてまぜたもので、1両大の丸剤を10丸つくる。毎回1丸を温水で服用。
[2]《俗方》
「至宝丹・牛黄・洗心元・竜脳蘇合元・牛黄金虎丹」を「竹瀝・生姜汁・香 油・童便」で調合して潅下する。
牛黄通膈湯 《衛生宝鑑》
「調胃承気湯+牛黄」
牛黄定志丸 《丹渓心法》
「朱砂(水飛)・半夏(姜製)各2両、雄黄(水飛)・天麻・烏蛇肉・甘草各1両、琥珀7銭半、牛黄・竜脳・全蝎・白彊蚕(炒)・白附子(炮)・牛胆・天南星 各5銭、麝香2銭半」作末し、実大の蜜丸。毎回1丸を人参薄荷湯で、 かんで服用。
牛黄凉膈元 《東醫寶鑑》
「馬牙硝・寒水石(煆)・石膏(煆)各2両、甘草1両、牛胆南星7銭半、紫石英(煆)5銭、牛黄・竜胆・麝香各2銭半」作末し、1両を30丸に蜜丸。毎回1丸を薄荷湯でかみ下す。
牛膝散 《医学入門》《古今方彙》
「牛膝、羚羊角、檳榔子、芒硝、牡丹皮、防已、肉桂、甘草、赤芍薬」水煎温服。
《婦人大全良方》《古今方彙》
「牛膝・・朴硝・蒲黄各3両、桂心5銭、生地黄1銭、生姜」煎服。
《証治準縄》
「牡丹皮、桂心、、朴硝、補黄、当帰、生姜、生地黄」
牛膝湯 《証治準縄》《中薬臨床応用》
「牛膝・当帰」各等分、作末し1回6g水煎服。
《証治準縄》
「牛膝・当帰・各等分」作末し、1回6g水煎服。
《医学入門》《古今方彙》
「牛膝・瞿麦・赤小豆・当帰・木通各2分、滑石6分、葵子4分」水煎温服。
一方には、赤小豆なし。
牛膝木瓜湯 《東醫寶鑑》
「牛膝・木瓜各1銭、白芍薬・杜仲・枸杞子・黄松節・菟絲子・天麻各7分半、甘草5分」剉作1貼して「姜3片・棗2枚」入れ水煎服。
牛車腎気丸 《漢方治療の実際》
「八味丸+牛膝・車前子」
「地黄5、山茱萸・山薬・沢瀉・茯苓・牡丹皮各3、桂枝1、附子0.5、牛膝・車前子各3」煎服
《厳氏済生方》《中医処方解説》
⇒済生腎気丸=牛車腎八味丸
「八味地黄丸+牛膝・車前子15g」蜜丸。
《厳氏済生方》【中成薬】《中薬臨床応用》
⇒旧称「済生腎気丸」
「牛膝9g、車前子12g(包煎)、山薬12g、茯苓12g、熟地黄24g、山茱萸9g、牡丹皮6g、附子9g、肉桂3g(服)」水煎服。
牛車肉 《東醫寶鑑》
「紫河車・牛肛」等分に煮て、随時食べる。
牛珠七厘散 《中薬臨床応用》
「牛黄150mg,朱砂末・全蝎(炙)・天麻・黄連・瑪瑙末各8g、竜脳・胆南星・甘草各5g、金箔25枚」作末し、毎日0.2gを湯で服用。
牛榔丸 「牽牛子、檳榔子」
牛蒡解肌湯 《瘍科心得集》
「牛蒡子・連翹・荊芥・石斛・玄参各9g、山梔子・牡丹皮各6g、夏枯草12g、薄荷3g(後下)」
牛蒡芩連湯 《万病回春》
・黄連各2銭半、桔梗・石膏各1銭半、大黄・荊芥・防風・羗活各2分、連翹1銭、牛蒡1銭、甘草1銭」
《万病回春》《古今方彙》
(酒)・黄連各2銭半、桔梗・石膏各1銭半、連翹・牛蒡(炒)・玄参各1銭、大黄(酒)・防風・羗活各3分、甘草1銭、生姜」水煎。
牛蒡子飲 《万病回春》《古今方彙》
「牛蒡子・前胡・黄連・・連翹・白附子・玄参・赤芍薬各1銭、羗活・防風・甘草各5分」水煎。
牛蒡子湯 《医学入門》《東醫寶鑑》
「牛蒡子2銭、玄参・犀角・升麻・・木通・桔梗・甘草各1銭」水煎し、食後服用。
《外科正宗》《古今方彙》
「陳皮、山梔子、甘草、、牛蒡子、金銀花、括楼仁、括楼根、連翹、皀針、柴胡、青皮」水煎し酒を加え食遠に服す。
《漢方治療の実際》
「柴胡5、青皮・陳皮・梔子・・天花粉各2.5、連翹・牛蒡子・金銀花各2、角刺1、冬瓜子4、甘草1.5」
牛蒡湯 《沈氏尊生書》
「牛蒡子 升麻 黄薬子 玄参 紫浮萍 桔梗 甘草 天花粉」
《証治準縄》《中薬臨床応用》
「牛蒡子6g、荊芥穂6g、薄荷3g(後下)、防風6g、大黄3g、甘草(生)3g」水煎服。
五噎湯 《医学入門》《古今方彙》
「人参・白朮・茯苓・陳皮各1銭、枳殻・厚朴・甘草・乾姜・三稜・莪朮・神麹・麦芽各5分、訶子、桂心、木香、檳榔子、生姜、大棗」水煎。
五飲湯 《東醫寶鑑》
「旋覆花・人参・陳皮・枳実・白朮・茯苓・厚朴・半夏・沢瀉・猪苓・前胡 ・桂心・白芍・甘草各7分、生姜10片」
《方読便覧》
「六君子湯+五苓散+旋覆花・前胡・枳実・芍薬」
《医学入門》《古今方彙》
「人参・白朮・茯苓・甘草・枳実・厚朴・陳皮・半夏・猪苓・沢瀉・前胡・桂心・芍薬・旋覆花各等分、生姜」煎じ温服。
五瘟丹 《東醫寶鑑》
「黄連(生)・黄柏(生)・(生)・甘草(生)・香附子(生)・紫蘇葉(生)各1 両」を冬至の日に作末し、「錦門大黄3両」を濃く煎じて滓を去り、膏を 作って梧子大の丸剤。「朱砂・雄黄」で衣をし、再び金箔をかぶせ毎回1 丸を井戸水で飲む。
五液湯 《医学衷中参西録》
「山薬、黄蓍、知母、鶏内金、葛根、五味子、天花粉」
五黄膏 《東醫寶鑑》
「黄柏・黄連・・黄丹・大黄各5銭」を作末し、毎回1銭を蜜水で調合して膏薬
五黄散 《東醫寶鑑》
「黄丹・・黄連・黄柏・大黄・乳香」各等分に末にし、水で膏に作り、きれいな絹の上にひろげて傷口に貼り、1日1回取り替える。
五膈寛中散 《東醫寶鑑》
「厚朴・香附子各1銭半、甘草5分、青皮・陳皮・丁香・縮砂各4分、木香3分、白豆蔲2分」粗末にし「姜3、塩少々」を入れ水煎服。
五膈湯 《医学入門》《古今方彙》
「枳殻・青皮・天南星・半夏各1銭、白朮1銭2分、大腹皮8分、乾姜7分、麦芽6分、丁香・木香・草果各5分、甘草3分、生姜」水煎。
五加皮散 [1]《東醫寶鑑》
「五加皮2銭半、牛膝・木瓜各1銭半」作末し、毎回1銭を米飲で調下する。
[2]《東醫寶鑑》
「皮を作末し、酒で調合し、項骨の上に貼り、乾いたら貼り替える。
五癇丸 《東醫寶鑑》
「半夏(酒洗して焙)2両、白彊蚕(炒)1両半、天南星(炮)・烏蛇肉・白礬各1両、白附子5銭、麝香3銭、を別に作末し、朱砂2銭半を水を切り、全蠍2銭(炒)、雄黄2銭を別にきざみ、蜈蚣半条足(炙)・皀角各4両、を槌で砕いて水半升と白礬を少し入れて煮て乾かした後、細末にし姜汁麺糊で梧子大の丸剤。毎回30丸姜湯で服用。
五疳丸 《銀海精微》
「緑礬・夜明砂各120g、胡黄連20g、牛黄4g 蜜陀僧40g。以上を作末し、大棗肉でついて、丸薬にして、毎服、緑豆の大きさを30丸、重湯で飲む。」
五疳保童元 《東醫寶鑑》
「黄連・白頭・草竜胆・五倍子・青皮・夜明砂(炒)・苦楝根・雄黄・麝香・青黛・天漿子・熊胆・蘆薈・胡黄連各2銭半、蟾頭(炒黄)1枚」飯で麻子大の丸剤。1歳児は米飲で1~2丸服用。
五行湯 《東醫寶鑑》
「黄柏」を作末し、しめった紙でくるみ、黄泥で又くるんで、紐でゆわいて火であぶり、乾いた後薬末を取り出し、弾子大に丸め、綿でくるんで水に漬けて蒸し、温いうちにいぶして洗う
五玄散 《東醫寶鑑》
「藜蘆5銭、明礬2銭、猪牙・皀角・緑礬・赤小豆各1銭」を作末し、毎回1銭を漿水で調下する。
五虎丹 《陳協吉》
「黄升82g、軽粉40g、石膏240g(小便壷の中に1年以上浸し、流れている河川中に半年間浸して漂白したものがよい。)梅片20g、黄連40g、以上を極細末にし、磁製の瓶に密閉保存する。
五虎追風散 《晋南史全恩家伝方》
「蝉脱、天南星、天麻、全蝎、白蚕、朱砂」
五虎追風湯 《全恩家伝方》
「蝉退30g、製南星6g、天麻6g、全蝎(連尾)7個、白蚕(炒)7個」水煎し、毎日1剤を3日間連続服用。
五虎湯 《万病回春》《古今方彙》
「杏仁(炒)・麻黄各3銭、石膏5銭、甘草1銭、細茶1撮、桑白皮・生姜・葱白」水煎熱服。
《増補万病回春》
「麻黄、杏仁(炒)、石膏、甘草、細茶、桑白皮、生姜、葱白」
《漢方治療の実際》
「麻杏甘石湯+桑白皮3」
《東醫寶鑑》
「麻黄3銭、石膏5銭、杏仁2銭、甘草1銭、細茶一握り、桑白皮1銭半を剉作1貼し、姜3片、葱白1茎を入れ水煎服。
本、細茶あり、今必ずしも用いず《勿誤薬室方函口訣》
五虎二陳湯 《東醫寶鑑》
「石膏2銭、麻黄・杏仁・陳皮・半夏・赤茯苓各1銭、人参8分、甘草5分、木香・沈香各5分」剉作1貼し「姜3、葱2、蜜少々」を入れ少し煎じたあと、2香の汁を入れて調服する。
五香散 《仁斎直指方》
「五香湯《備急千金要方》+連翹・木通・続断・桑寄生・甘草」
五香湯 《備急千金要方》
・木香・乳香・丁香・沈香各1両」
[2-1]《千金翼方》
「五香湯《備急千金要方》-+麝香」
[2-2]《古今方彙》
「沈香、木香、丁香、乳香、麝香」水煎。
五香連翹湯 《医学入門》《古今方彙》
「連翹・竹根・大黄・桑寄生・独活・木通・升麻・丁香各7銭、木香(青)・沈香各2銭半、甘草(生)・乳香・麝香各1銭半」水煎熱服。思独を利するを以て度とする。
《薬師院伝》
「木香、沈香、丁香、麝香、連翹、黄蓍、升麻、木通、射干、独活、大黄」
《東醫寶鑑》
「大黄1銭、連翹・射干・独活・升麻・桑寄生・沈香・・木香・丁香・甘草各7分、麝香3分」水煎服。
五香連堯湯 《勿誤薬室方函》
「 連堯湯《本朝経験》+五香湯《備急千金要方》」
五子元 《東醫寶鑑》
「兎絲子(酒製)・韭子(略炒)・益智仁・茴香(炒)・蛇床子(炒)」各等分。作末し酒糊で梧子大の丸剤。糯米飲で50~70丸服用。
五子衍宗丸 《朱丹渓》《東醫寶鑑》
「枸杞子9両、菟絲子(酒浸)7両、覆盆子5両、車前子3両、五味子1両」搗いて蜜で梧子大の丸剤。空腹時に温酒で90丸飲み、就寝時に塩湯で50丸飲む。
五子十皮湯 《済世全書》《古今方彙》
「紫蘇子、菟絲子、大腹皮、車前子、葶藶子、茯苓皮、五加皮、牡丹皮、地骨皮、生姜皮、木通皮、木瓜皮、甘草皮、草果皮」水煎
五子湯 《中薬臨床応用》
「覆盆子・枸杞子・菟絲子・五味子・蓮子各5g」水煎or丸薬
五枝散 《東醫寶鑑》
「桃枝・桑枝・李枝・石榴・梅枝の東向きの小枝7茎を3寸の長さに切ったもの、青蒿一握り、苦練根(7寸)、生藍青7葉、葱白連根(洗い7分割)」を童尿2升半で煎じ、半分になったら滓を去って、「安息香・蘇合香・阿魏各1銭」を煎じて1杯にして、濾して「朱砂・雄黄・雷丸・柿白礬・硫黄各半銭」を作末、「檳榔末1銭、麝香2分半」を入れて調合し、2回に分服。毎月初旬の五更は空腹時に1服する。
五痔蒸薬方 《積山遺言》
「荷葉・薬(ドクダミの未開花)・甘草」粗末にし、分量はその時に随う。
先ず、嚢に入れ焼酎に浸し、3、5沸の後、病者をして安坐せしめ、肛門に前記薬を敷き、厚く被を覆い、頭上に及び(頭から夜着のようなものをかぶる)よろしく汗を取るべし。もし薬冷る時は、則ち薬末を少しばかり添え、罰に焼酎を2、3沸すること前法の如くし、蒸すこと一昼夜に3、4回。最も風寒を忌む。かくの如くすること、5、6日の間、煎じ湯には秦防風湯+蒼耳子(炒)を、毎日服すること、2、3度とある。」
五汁飲 《温病条弁》
「梨汁 薺汁 鮮葦根汁 麦門冬汁 鮮藕汁」
適当な量を凉服する。凉服を好まない者は重湯で温服。
五汁玉泉丸 《東醫寶鑑》
「黄連・乾葛・天花粉・知母・麦門冬・五味子・人参・生地黄・烏梅肉・当帰・甘草各1両」作末し、別に「人参・牛乳・砂糖・梨汁・藕汁を合わせ、蜜1斤半」を入れて煮て膏を作り、前記の薬末を入れて再び膏を作る、5~7回煮立ったら、毎5匙を1日2~3回米飲で調服する。
五蒸丸 《東醫寶鑑》
「青蒿(童便浸)・生地黄・地骨皮・石膏各1両、当帰7銭、胡黄連5銭、鼈甲1片」を作末し、梧子大の丸剤。
五蒸湯 [1]《外台秘要方》
「茯苓3両、葛根3両、知母2両、2両、石膏5両、竹葉2把、地黄3 両、粳米1合、甘草1両、人参2両」
[2]《医学入門》
「五蒸湯[1]《外台秘要方》+麦門冬」
[2]《医学入門》《古今方彙》
「人参・・知母・地黄・葛根・石膏・粳米・麦門冬各等分、小麦1撮、甘草半減」水煎。
[3]《東醫寶鑑》
「石膏2銭、生地黄・乾葛各1銭半、人参・知母・・赤茯苓各1銭、甘草(生)5分を剉作1貼し、竹葉7・粳米1合・小麦2合を入れ煎服。」
五豆湯 《東醫寶鑑》
「乾葛(切)・甘草(切)各1斤、貫衆8両、黒豆・黄豆・青豆・赤小豆各1両」を水5斗5升で12月8日に炒って滓を去り、磁器に漬けて封をして置いたのを、春と夏に開けて飲む。
五痔散 (一名五灰散)《東醫寶鑑》
「猪の左蹄甲・鼈甲・皮・露蜂房・蛇退」を焼いて作末し、まぜて毎回2銭に麝香少しを入れて、空腹時に服用。
五秀重明丸 《東醫寶鑑》
「甘菊花(開頭)500、荊芥穂500、木賊の節を去ったもの500、楮実500枚、川椒(開口)500粒」を作末し、弾子大の蜜丸。毎回1丸を茶清で服用。
五獣三匱丸 《東醫寶鑑》
「鹿茸(酥炙)・血竭・虎脛骨(酥炙)・牛膝(酒浸)・金毛狗脊(毛を焼いたもの)各1両を作末し、別に附子1個の皮をむいて芯を去ったもの、辰砂1両。まず木瓜1箇の皮をむいて中身を取り出して附子を入れて、附子末で封し、重湯で蒸して先の五獣末を入れて、実大に丸め木瓜酒でとかして呑み込む。
五生丸 《東醫寶鑑》
「天南星・半夏・川烏・白附子・黒豆各1両」作末し、
姜汁糊で梧子大の丸剤。毎回3~5丸、淡生姜湯で服用。
五瀉湯 《銀海精微》
「黄柏、知母、木通、山梔子、生地黄、甘草、黒参、桔梗、、防風」。熱がひどい者は羚羊角・犀角・黄連を加える。これらを粉末とし、毎服24~28g。食後煎服。
五炒川練丸 《東醫寶鑑》
「川練肉5両に1両は斑猫3個と炒り、1両は茴香3銭、塩5分と炒り、1両は破故紙3銭と炒り、1両は黒丑3銭と炒り、1両は蘿葡子1銭と炒り、同時に入れて炒った薬は捨て、茴香・破故紙・川練肉だけを取って作末し、酒糊で梧子大の丸剤。毎回50丸を温酒で調下する。
五精丸 《東醫寶鑑》
「秋石・鹿角霜・白茯苓・陽起石・山薬」各等分に作末し酒糊で梧子大の丸剤。毎回50丸服用。
五積散 [1-1]《蘇沈》
「蒼朮・茯苓・橘皮・白・当帰・厚朴・・芍薬・桔梗・半夏・枳実各4g、麻黄3.2g、桂枝・乾姜各2g、甘草0.8g」
[1-2]《東醫寶鑑》
「蒼朮2銭、麻黄・陳皮各1銭、厚朴・桔梗・枳穀・当帰・乾姜・白芍・白茯苓各8分、白・・半夏・桂皮各7分、甘草6分を剉作1貼して生姜3片、葱白3茎を入れ、水煎服。」
[1-3]《和剤局方-中寒門》《漢方後世要方解説》
「茯苓・陳皮・半夏・蒼朮各2、当帰・芍薬・・厚朴・白・枳殻・桔梗・乾姜・桂枝・麻黄・大棗・香附子・甘草各1.2」
[1-4]《和剤局方》《古今方彙》
「当帰・・白芍薬・蒼朮・厚朴・陳皮・茯苓・半夏・白・枳殻・桔梗各1銭、乾姜・官桂各5分、麻黄8分、甘草2分、生姜、大棗」水煎。
一方に茯苓なし。
[1-5]《漢方治療の実際》
「朮3、陳皮・茯苓・半夏・当帰各2、厚朴・芍薬・・白・枳実・桔梗・乾姜・桂枝・麻黄・大棗・生姜・甘草各1」
[1-6]《和剤局方》《龍野ー漢方処方集》
「当帰・・芍薬・白朮・陳皮・茯苓・半夏・白・枳殻・桔梗各3.0g、乾姜・桂枝各1.5g、麻黄2.5g、甘草1.0g、大棗2.0g」
五神湯 [1]《洞天奥旨》
「金銀花、牛膝、茯苓、車前子、紫花地丁」
[2]《東醫寶鑑》
「生藕汁・紫蘇汁・生地黄汁・白蜜各1杯、生姜汁半杯を入れて煎じ、半杯程度になったら、白麺(炒)を1銭づつ入れて服用。
五仁丸 [1]《世医得効方》
「桃仁 杏仁 柏子仁 松子仁 郁李仁 陳皮」
[2]《東醫寶鑑》
=「滋腸五仁丸」
「橘紅4両、桃仁・杏仁各1両、柏子仁5銭、郁李仁(炒)2銭、松子仁1銭2分半」を作末し、蜜で梧子大の丸剤。空腹時に50~70丸服用。
五仁湯 《中薬臨床応用》
「郁李仁9g(打砕)、麻子仁12g(研末)、括楼仁9g(打砕)、甜杏仁9g、柏子仁9g」水煎服
五仁橘皮湯 《通俗傷寒論》
「甜杏仁12g細末にする。松子仁12g、 橘皮6g蜜であぶる。郁李仁18g
桃仁8g(搗く)・柏子仁8g(搗く)」煎服
五仁潤腸丸 《山西省中薬成方》
「郁李仁、火麻仁、柏子仁、松子仁、桃仁、生地黄、陳皮、肉蓉、当帰、大黄(熟)」
五精丸 《東醫寶鑑》
「秋石・鹿角霜・白茯苓・陽起石・山薬」各等分。作末して酒糊で梧子大の丸剤。毎回50丸を服用。
五仙丸 《東醫寶鑑》
「大黄4両、皀角・雷丸・苦練根各1両、木香2銭を作末し、酒糊で梧子大の丸剤。茶清で30~40丸服用。」
五仙膏 《東醫寶鑑》
「大黄・角・生姜・生葱・大蒜各半斤」よく搗いて水煎し汁を取って滓を去り、また煎じて絹布に広げ、先に針で患部を刺してから貼る。
五退散 [1]《東醫寶鑑》
「穿山甲(炒)・川烏(炮)・甘草(炙)各5銭、蝉退・蚕退・蛇退(錯煮)・猪蹄退(炒)・荊芥穂各2銭半」を作末し、毎回2銭を塩湯で、食後服用。
[2]《眼科龍木論》《東醫寶鑑》
「蝉皮・蛇退・蚕退・烏卵殻・男子髪」各等分に焼いて作末し、猪肝を煎じた湯で1銭調服する。
五胆膏 《東醫寶鑑》
「青羊胆1枚、黄牛胆汁1合、熊胆2銭半、鯉魚胆7銭半、烏胆5枚、牛黄5銭」を作末し、先に諸胆をまぜた後、牛黄末とともに入れてまぜ、銀石器で弱火で煮て膏をつくる
五疸一方 [1]《寿世保元》《古今方彙》
「陳皮・白芍薬(炒)・神麹・麦芽・山子・白茯苓・石膏各1銭、厚朴7分、5分、蒼朮7分、白朮1銭半、甘草3分」水煎し熟して砂糖(少許)入れる。
[2]《寿世保元》《古今方彙》
「四苓湯+四物湯-+茵蔯・麦門冬・滑石・甘草」
五通膏 《東醫寶鑑》
「生地黄・生姜・葱白・蘿葡子・田螺肉」搗いて臍の上に貼る。
五藤飲 《中薬臨床応用》
「寛筋藤15g、絡石藤15g、鶏血藤15g、忍冬藤15g、海風藤15g」水煎服。
五灰散 [1-1]《東醫寶鑑》
「蓮蓬殻・黄絹・乱髪霜・百草霜・棕櫚皮」を焼いて「梔子(炒黒)・松煙墨・血竭」を加え細末にし3銭づつ生藕汁or蘿葡汁で服用。又は蜜で梧子大の丸剤。米飲で50丸服用。
[1-2]《沈氏尊生湯》
「蒲黄、血竭、山梔子、血余、蓮蓬殻、黄絹、棕皮、百草霜、京墨」
[2](一名五痔散)《東醫寶鑑》
「猪の左蹄甲・鼈甲・皮・露蜂房・蛇退」を焼いて作末し、まぜて毎回2銭に麝香少しを入れて、空腹時に服用。
五倍子散 《中薬臨床応用》
「五倍子」適量を蜂蜜で深黄色になるまで炙って細末にし、醋で練って軟膏にし、患部に塗布する。
五倍子煎湯熏洗方 《仁斎直指方》
「五倍子煎湯」
五倍子湯 《中薬臨床応用》
「五倍子5g、瓦楞子(煆)12g、白6g、訶子(煆)6g、鶏骨香12g、鶏内金15g、両面針9g」水煎服。
五皮飲 [1]《澹寮方》
「大腹皮・茯苓皮・陳皮・桑白皮・生姜皮」各1銭半、水煎服。
[2-1]《和剤局方》《古今方彙》
「五加皮・地骨皮・生姜皮・大腹皮・茯苓各1銭」水煎。
[2-2]《小児薬証直訣》
「五加皮、陳橘皮、茯苓皮、生姜皮、大腹皮」
五皮散 [1-1]《東醫寶鑑》
「大腹皮・茯苓皮・陳皮・桑白皮・生姜皮」各1銭半、水煎服。
[1-2]《中蔵経》《中薬臨床応用》
「茯苓皮15g、大腹皮9g、桑白皮9g、生姜皮6g、陳皮6g」水煎服。
五痺湯 《医学入門》《東醫寶鑑》
「羗活・白朮・姜黄・防已各2銭、甘草1銭、生姜7片」水煎服。
五百明洗剤 《中薬臨床応用》
「五月艾15g、百部15g、毛麝香15g、明礬15g」煎液で洗う。
五物解毒湯 《漢方治療の実際》
5、金銀花2、大黄1、荊芥1.5、菜3」
五物大黄湯 [1-1]《吉益東洞》
「大黄・桂枝・地黄・・甘草各6分」
[1-2]《吉益東洞》《龍野ー漢方処方集》
「大黄2.0g、甘草・桂枝・各3.0g、乾地黄6.0g」
[1-3]《吉益東洞》《漢方治療の実際》
「大黄1、桂枝4.5、地黄6、5、甘草1.5」
五物湯 《東醫寶鑑》
「黄蓍・桂枝・白芍各3銭、生姜7片、大棗3枚」水煎服。1日3回服用
五補丸 《東醫寶鑑》
「地骨皮・白茯苓・牛膝・熟地黄・人参各1両」作末して蜜で梧子大の丸剤。温酒or塩湯で50~70丸飲む。
五福花毒丹 《東醫寶鑑》
「玄参1両、桔梗8銭、人参・赤茯苓・馬牙硝各5銭、青黛2銭半、甘草1 銭、麝香5分、金箔・銀箔各8銭」作末し蜜で混ぜ、毎両を12丸に作り、金銀箔で衣をし、毎回1丸を1歳児には薄荷湯で溶かして、4回に分服。
五味安胎丸 《東醫寶鑑》
「当帰・・白芍薬各1両、白朮5銭」作末して、酒糊で梧子大の丸剤。茶湯で50~70丸飲む。
五味異功散 《小児薬証直訣》《古今方彙》
「四君子湯+陳皮」
五味五苓散 《万病回春》《古今方彙》
「猪苓・沢瀉・白朮・赤茯苓・肉桂・当帰・枳殻・牛膝・木通各等分、甘草半減、燈心草」水煎空心に服す。
五味子散 [1]《普済本事方》
「呉茱萸、五味子」
[2]《東醫寶鑑》
「五味子2両、呉茱萸5銭、を妙香と作末して、毎回2銭、空腹時に米飲で服用。」
五味子合剤 《中薬臨床応用》
「五味子・酸棗仁・山薬各9g、当帰6g、竜眼肉15g」水煎服。
五味子湯 [1]《聖済総録》
「麦門冬湯《金匱要略》-半夏、+五味子・款冬花・桂枝・桑白皮」
[2](⇒加味生脈散)《類証活人書》《東醫寶鑑》
「五味子3銭、人参・麦門冬・陳皮・杏仁各2銭を剉作1貼して、生姜5、大棗2を入れ水煎服。」
[3]《東醫寶鑑》
「五味子・附子(炮)・巴戟・鹿茸・山茱萸・熟地黄・杜仲(炒)各1銭」剉作1貼し「姜7片・塩少々」入れ水煎服。
[4]《東醫寶鑑》
「麻黄2銭、五味子・杏仁・橘紅各1銭半、乾生姜・桂皮・甘草各1銭、紫蘇葉3片」水煎服。
《傷寒活人書》《古今方彙》
「五味子(炒)半両、人参・麦門冬・杏仁・陳皮各2銭、生姜」水煎。
五味消毒飲 《医宗金鑑》
「金銀花、菊花、蒲公英、紫花地丁、紫背天癸」
《医宗金鑑》《中薬臨床応用》
「紫花地丁15g、蒲公英15g、金銀花15g、野菊花9g、紫背天癸9g」水煎服
五妙川練丸 《東醫寶鑑》
「川練肉5両」1両は「斑猫4箇」と炒り、1両は「茴香3銭、塩5分」と炒り、1両は「破故紙3銭」と炒り、1両は「黒丑3銭」と炒り、1両は「蘿葡子1銭」と炒り、同時に入れて炒った薬は捨て、「茴香・破故紙・川 練肉」だけを取って作末し、酒糊で梧子大の丸剤。
五拗湯 《東醫寶鑑》
「三拗湯+荊芥穂・桔梗各1銭」煎服。
五利大黄湯 《東醫寶鑑》
「大黄()2銭、・升麻・梔子・芒硝各1銭2分」水煎服。
五利湯 《備急千金要方》
「芒硝1両、升麻・各2両、大黄3両、梔子5両」
五淋散 《和剤局方》《古今方彙》
「赤茯苓6両、赤芍薬・山梔子各10両、甘草(生)・当帰各5両、3両
《漢方治療の実際》
「芍薬・梔子各2、茯苓6、当帰・甘草・各3」或いは更に、「地黄・沢瀉・木通・滑石・車前子各3」を加える。
《和剤局方》《龍野ー漢方処方集》
 「茯苓6.0g、芍薬・山梔子各1.5g、当帰・甘草・各3.0g」
《東醫寶鑑》
「赤芍・山梔子各2銭、当帰・赤茯苓各1銭、条黄・甘草各5分」水煎服。
五淋湯 《中薬臨床応用》
「赤茯苓18g、山梔子9g、6g、甘草梢6g、当帰9g、白芍12g」水煎服。
五輪湯 《済世全書》《古今方彙》
「人参5分、白朮・茯苓・芍薬(酒)・・生地黄・熟地黄(姜)。半夏・天麻各1銭、当帰1銭2分、黄連(姜)各8分、陳皮7分、防風・独活・羗活各6分、黄柏(酒)4分、天南星(姜)1銭半、甘草3分」水煎し、服するに臨み、「竹瀝・姜汁」を入れ温服。
五霊丸 《東醫寶鑑》
「五霊脂2両、川烏(炮)1両半、没薬1両、乳香5銭」を作末し水で梧子大       の丸剤。
五霊指散 [1]《東醫寶鑑》
「五霊脂・荊芥穂・防風・羗活・独活・穿山甲・骨砕補・草烏(製)・甘草節各5銭、麝香半銭」を作末し、毎回2銭を就寝時に温酒で調服する。」
[2]《東醫寶鑑》
「五霊脂末1銭」温酒で飲む。
五苓散 [1-1]《傷寒論》
「猪苓(去皮)18銖、沢瀉1両6銖、白朮18銖、茯苓18銖、桂枝(去皮)半両」
右五味、搗為散、以白飲和服方寸匕、日三服。
[1-2]《金匱要略》
「沢瀉1両1分、猪苓(去皮)3分、茯苓3分、白朮3分、桂(去皮)2分」
右五味、為末、白飲服方寸匕、日三服、多飲煖水、汗出愈。
[1-3]《傷寒論》《東醫寶鑑》
「沢瀉2銭半、赤茯苓・白朮・猪苓各1銭半、肉桂5分」を作末し、毎回2銭を白湯で調下、又は剉作1貼して水煎服。
[1-4]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「沢瀉5、猪苓・茯苓・朮各3、桂枝2」以上煎剤の1日量。
粉末として用いる場合は、以上の比率で作末し、混和して、1回1、1日3回、重湯で飲む。
五老還童丹 《丹渓心法》
「茯神1両・赤石脂1両・川椒(炒る)1両・朱砂(細研水飛)1両・乳香と燈 心をそいだのを各1両。乳香と朱砂は細末にし、鶏卵(黄身を除く)の中 に入れ、堅紙で密封して青絹に入れる。それを健康な婦人の腹で暖めた後、 朱砂は35日、乳香は49日目に取り出して、それをもう一度くだいて作末する。それと他の3種の細末と合わせ蒸棗肉で、緑豆大の丸薬をつくる
五労元 《東醫寶鑑》
「常山3両半、桃仁1両2銭、辣桂7銭半、淡豆豉3両半、烏梅肉2両半」日向で干して作末し、蜜で梧子大の丸剤。空腹時に温水で30~40丸飲む。
後七宝丸 「巴豆・鶏舌香各2.0、大黄3.2」
右三味、各別に細末にし、糊丸。
抗蕁湯 《中薬臨床応用》
「蛇退皮3g、蝉退6g、生地黄9g、牡丹皮9g、赤芍薬9g、荊芥穂(炭)6g、白朮9g、地膚子15g、紫根9g、蒼耳子9g」水煎服。
抗毒湯 《中薬臨床応用》
「貫衆9g、大青葉15g、板蘭根15g、紫根15g、山豆根9g、茵蔯蒿9g、桔梗6g、甘草6g」水煎し、毎日2~3回に分服
抗麻痺注射液 《鄭州中薬製薬廟》《中薬臨床応用》
「淫羊藿、桑寄生」等分。
口疳方 《方読便覧》
「三黄瀉心湯+承気湯+薄荷」
甲子湯 《原南陽》《勿誤薬室方函口訣》
「桂枝茯苓丸+甘草」
《漢方治療の実際》
「桂枝・茯苓・桃仁・牡丹皮・芍薬各4、甘草1.5、生姜3」
《原南陽》《龍野ー漢方処方集》
「茯苓4.0g、桂枝・牡丹皮・桃仁各3.0g、甘草1.5g、干姜1.0g」
「桂枝茯苓丸+甘草・生姜」
紅花散 《銀海精微》《中薬臨床応用》
「紅花・大黄各5g、連翹・紫根各6g、当帰・赤芍・生地黄各9g、甘草3g」水煎服。
《勿誤薬室方函口訣》
「連堯湯《本朝経験》-木通甘草+沈香・丁香・金銀花・欝金・木香・檳榔・大黄」
《保命集》
「紅花、荷葉、牡丹皮、当帰、蒲黄」
紅花子湯 《東醫寶鑑》
「紅花子1合」水煎服。
紅花四物湯 《朱氏》
「四物湯+紅花」
紅花当帰散 《東醫寶鑑》
「赤芍薬2両、劉寄奴1両2銭半、紫蔵・当帰尾・牛膝・蘇木・甘草各5銭、白芷・紅花・桂心各3銭半」作末し2銭づつ酒で調服する。
《寿世保元》《古今方彙》
「当帰8分、・赤芍薬・熟地黄・・香附子各6分、枳殻・延胡索各5分、小茴香(酒)・厚朴・柴胡・陳皮・三稜(醋)・莪朮(醋)・牛膝各4分、紅花3分、甘草2分、生姜」煎じ、兼ねて「八物湯」を服す。
紅花桃仁湯 《蘭室秘蔵》《古今方彙》
「黄柏・生地黄各1銭半、沢瀉・蒼朮・当帰尾・防已・防風・猪苓各1銭、麻黄・紅花・桃仁各5分」水煎。
紅升丹 《証治概要》
「朱砂、雄黄、水銀、火硝、白、」
紅雪通中散 《東醫寶鑑》
「朴硝8両、蘇木6銭、・升麻・羚羊角各3銭、赤芍・人参・檳榔・枳穀・竹葉・木香・甘草各2銭、山梔子・葛根・木通・桑白皮・藍葉・大青葉各1銭半、朱砂1銭、麝香5分、朱砂・朴硝・麝香を除いた諸薬を、細かく刻んで水2升5合で9合まで煎じて滓を去り、沸かした後、朴硝を入れて柳の木枝でかきまぜ、固まったら朱砂・麝香末を磁器内に入れて一晩おき、毎回1~2銭水で服用。
紅丹子 《東醫寶鑑》
「三稜・莪朮・陳皮・青皮各5両、胡椒・乾姜各1両」作末し、醋で煮た麺糊で梧子大の丸剤。礬紅で衣をつけて姜湯で50~70丸飲む。
紅綿散 《東醫寶鑑》
「明礬・海蛸各1銭、乾臙脂5分、麝香1字を切って、先に脂綿で耳の膿汁をふいて、かんじよりで薬末をつけて耳の中に塗る。」
香烏散 《中薬臨床応用》
「香附子・烏薬」等分を作末し、毎回3~6g服用。
香櫞湯 《中薬臨床応用》
「枸櫞皮(陳)6g、陳皮6g、3g、香附子9g、厚朴6g、党参9g、茯苓9g、神麹9g」水煎服。
香葛湯 《辻本》
「香蘇散+桔梗・葛根」
《東醫寶鑑》
「蒼朮・紫蘇葉・白芍・香附子・升麻・乾葛・陳皮各1銭、・白芷・甘草各5分、を剉作1貼して、生姜3・葱白2茎・豉7粒を入れ水煎服。」
《済世全書》《古今方彙》
「香附子・紫蘇葉・陳皮・青皮・葛根・甘草・生姜・大棗・葱白」水煎。
香橘飲 《東醫寶鑑》
「半夏(製)2両、陳皮・白茯苓・白朮各1銭、木香・縮砂(研)・甘草(炙)各5分、姜5片」水煎服。
香橘湯 《東醫寶鑑》
「香附米(炒)・半夏(製)・橘皮赫1銭半、甘草(炙)5分、薑5片、棗2枚」煎服。
香芎散 《中蔵経》
「石膏、、甘草、香附子」
「香芎湯-桂枝薄荷」
香芎湯 《儒門事親》《龍野ー漢方処方集》
「石膏10.0g、桂枝・各3.0g、香附子6.0g、薄荷葉・甘草各2.0g」
香薑散 《東醫寶鑑》
「生姜4両を切り、黄連2両と一緒に一晩つけて弱火で炒り、姜が紫色になったら姜を捨て、黄連を作末し、毎回2銭、茶清で服用。」
香膠散 《東醫寶鑑》
「魚膠(焼存性)に麝香を少し入れ、細末にして毎回2銭を、熱酒又は米飲で服用。
香殻丸 [1](一名加味連穀丸)《東醫寶鑑》
「黄連1両、枳穀・厚朴各5銭、当帰4銭、荊芥穂・木香・黄柏各3銭、皮1個を焼いて灰にしたもの」を作末し、麺糊で梧子大の丸剤。
[2]《東醫寶鑑》 
「青皮・陳皮各2両、枳穀1両、香附子7銭半、蘿葡子・木香・三稜・莪朮・神麹・麦芽・檳榔・枳実・山楂子・草果各5銭、半夏(製)1両2銭半、陳倉米1升、巴豆20個を黄色くなるまで炒って巴豆は捨てる。以上を作末し醋糊で梧子大の丸剤。
香砂枳朮丸 《張潔古》
「木香・縮砂仁・枳実(麩で炒る)各40g、白朮120g(土で蒸す)」
《摂生秘部》【中成薬】
「白朮・木香・縮砂」毎日2回、6~9g服用。
香砂二陳湯 《朱丹渓》《古今方彙》
「陳皮、香附子、茯苓、半夏、砂仁、神麹、甘草、生姜」水煎。
香砂平胃散 [1-1]《東醫寶鑑》
「蒼朮2銭、陳皮・香附子各1銭、枳実・各8分、厚朴・縮砂各7分、木香・甘草各5分、生姜3片」
[1-2]《寿世保元》《古今方彙》
「平胃散-枳殻+白朮茯苓」
[1-3]《東醫寶鑑》
「蒼朮・厚朴・陳皮・便香附各1銭、山楂肉・縮砂・枳殻・麦芽・神麹・乾姜・木香各5分、甘草(炙)3分、姜3片、蘿葡子(炒研)一握り」煎服。
[1-4]《万病回春》《古今方彙》
「平胃散+黄連山梔子呉茱萸-枳実木香」
[1-5]《万病回春》《古今方彙》
「平胃散+黄連山梔子白芍薬辰砂-枳実
[1-6]《万病回春》《古今方彙》
「香附子・砂仁・厚朴・蒼朮・陳皮・枳殻・山楂子・神麹各1銭、乾姜・甘草・木香(別研)各3分、生姜」水煎。
[1-7]《万病回春》《古今方彙》
「平胃散+青皮木香山楂子麦芽乾姜檳榔子-蒼朮」
[1-8]《万病回春》《古今方彙》
「香附子・陳皮・蒼朮各1銭、枳実・各8分、砂仁・木香・甘草各5分、生姜」水煎。
[1-9]《万病回春》《龍野ー漢方処方集》
「香附子・陳皮・白朮各3.0g、枳実・各2.5g、縮砂・木香・甘草各1.5g、干姜1.0g」
香砂養胃湯 [1-1]《増補万病回春》
「香附子、砂仁、蒼朮、厚朴、陳皮、茯苓、人参、木香、白朮、白豆蔲仁、甘草(炙)」
[1-2]《万病回春》《古今方彙》
「人参・木香各5分、白朮1銭、陳皮・茯苓・厚朴・蒼朮・砂仁・香附子各8分、白豆蔲7分、甘草(炙)8分、生姜、大棗」水煎
[1-3]《万病回春》《漢方後世要方解説》
「白朮・茯苓各3、蒼朮・厚朴・陳皮・香附子・白豆蔲・人参各2、木香・縮砂・甘草・大棗・生姜各1.5」
[1-4]《万病回春》《龍野ー漢方処方集》
「人参・木香各1.5g、白朮3.0g、陳皮・茯苓・厚朴・蒼朮・縮砂・香附子・甘草各2.5g、白豆蔲・大棗各2.0g、干姜1.0g」
《東醫寶鑑》
「白朮・陳皮・半夏・白茯苓各1銭、香附子・縮砂・木香・枳実・・厚朴・白豆蔲各7分、甘草3分、生姜3、大棗2」水煎服。
【中成薬】《中薬臨床応用》
「縮砂3g、党参12g、白朮12g、蒼朮9g、厚朴6g、陳皮3g、香附子6g、3g、茯苓9g、生姜9g、甘草3g、大棗8g」水煎服。
香砂六君子湯 [1-1]《内科摘要》《古今方彙》
「六君子湯+香附子、、砂仁」
[1-2]《東醫寶鑑》
「香附子・縮砂(研)・厚朴・陳皮・人参・白朮・白芍(炒)・蒼朮(炒)・山薬(炒)各1銭、炙甘草5分、生姜3片、烏梅1」水煎服。
[1-3]《名医方論》《中薬臨床応用》
⇒「健脾和胃湯」
「木香3g(後下)、縮砂5g、製半夏9g、党参9g、白朮9g、茯苓9g、甘草3g」水煎服。
[1-4] 《漢方治療の実際》
「人参・朮・茯苓・半夏各3、陳皮・香附子各2、大棗・生姜各1.5、甘草・縮砂・各1」
[1-5]《内科摘要》《龍野ー漢方処方集》
「半夏6.0g、陳皮・人参・白朮・茯苓・香附子各3.0g、・縮砂・大棗・生姜各2.0g、甘草1.5g」
香砂理中湯 《医燈》
「木香 縮砂仁 乾姜 白朮 人参 甘草」
「理中湯+木香・砂仁」
香砂和中湯 《寿世保元》《古今方彙》
・砂仁各1銭2分、白朮・蒼朮各1銭半、厚朴・陳皮・半夏・茯苓・枳実・青皮・神麹・山楂子各1銭、甘草3分、生姜」水煎。
香児散 《東醫寶鑑》
「麝香5分、葱白1根の汁、孩児茶3銭半、琥珀2分半」を作末し、百沸湯に葱汁を入れたもので、空腹時に服用。
香茸丸 《東醫寶鑑》
「乳香3銭、鹿茸(燎去し酥灸黄)5銭、肉豆蔲1両、麝香2銭」を細末にし、陳米飯で梧子大の丸剤。50丸を米飲で服用。
香薷飲 [1-1]《和剤局方》 
「香薷5g、厚朴6g、白扁豆(炒)18g」水煎服。
[1-2]《東醫寶鑑》
「香薷3銭、厚朴・白扁豆各1銭半」酒を少し入れ、水煎し冷服。
《和剤局方》《古今方彙》
香薷2両、厚朴・白扁豆(炒)・茯苓各1両、生姜、黄連(炒)を加えて「黄連香薷飲」と名づく。
香薷解毒湯 《寿世保元》《古今方彙》
「香薷・厚朴・白扁豆・山梔子・黄連・黄柏・各2銭」水煎。
香薷朮丸 《僧深集方》
「香薷、白朮」
香薷湯 《医方考》《東醫寶鑑》
「香薷3銭、白扁豆・厚朴・赤茯苓各1銭半、甘草5分」水煎服。
《医方考》《古今方彙》
「香薷、白扁豆、厚朴、茯苓、甘草」
香椒散 《東醫寶鑑》
「香附子・川椒・破故紙各2銭、蓽撥1銭」作末
香参丸 《種福堂公選良方》
「苦参、木香」
香蘇散 [1-1]《和剤局方》《中薬臨床応用》
「香附子6g、紫蘇葉6g、陳皮3g、甘草3g、生姜9g、大棗5g」水煎服。
[1-2]《東醫寶鑑》
子・紫蘇葉各2銭、蒼朮1銭半、陳皮1銭、炙甘草5分を剉作1貼し て、生姜3・葱白2茎を入れ、水煎服。」
[1-3]《東醫寶鑑》
「香附子3銭、紫蘇葉2銭半、陳皮1銭半、蒼朮・甘草各1銭」剉作1貼し「姜3、葱白2」入れ水煎服。
[1-4]《万病回春》《古今方彙》
「紫蘇葉2銭、香附子3銭、陳皮3銭、甘草5分、生姜、葱白」水煎。
[1-5]《和剤局方》《漢方後世要方解説》
「香附子3.5、紫蘇葉1.5、陳皮3、甘草1、生姜1」
大人1日量、食前1時間、3回に分けて温服。
[1-6]《漢方治療の実際》
「香附子4、蘇葉・陳皮各2、生姜3、甘草1.5」
[1-7]《和剤局方》
「香附子3銭、紫蘇葉2銭、橘皮3銭、甘草5分」水煎服。
香白元 《東醫寶鑑》
「青州白元子・青木香元前陰」等分に作丸して姜湯で30丸飲む。
香附瓜楼青黛丸 《東醫寶鑑》
「香附子・瓜楼・青黛」作末し実大の丸剤。毎回1丸を食後or就寝時に溶かして飲む。
香附丸 《東醫寶鑑》
「蒼朮3両、香附子1両、蘿葡子(炒)・瓜楼仁・杏仁・半夏各1両、・赤茯苓各5銭、3銭」作末し姜汁糊で丸剤。淡姜湯で50~70丸飲む。
香附芎帰湯 《沈氏尊生書》《中薬臨床応用》
「香附子9g、5g、当帰12g、白芍9g、艾葉(炒)9g、熟地黄30g、麦門冬9g、杜仲9g、橘紅3g、青蒿6g、甘草3g」水煎服。
香附散 [1]《東醫寶鑑》
「香附子(炒)1両、枳穀7銭半、当帰・各5銭、槐花(炒)・甘草各2銭 半」を作末し、毎回3銭に生姜3、大棗2を入れて煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「香附子」毛を除いて砕き、醋で半日煮て焙り、作末して、毎回2銭、空腹時に米飯で調服する。
《沈氏尊生書》《中薬臨床応用》
「香附子9g、山梔子6g、黄連3g、陳皮6g、法半夏6g」水煎服。
香附旋覆花湯 《温病条弁》
「香附子・旋覆花(布包)・茯苓・蘇子・製半夏各9g、薏苡仁15g、陳皮6g」水煎し3回に分服。
香朴飲子 《東醫寶鑑》
「香薷1銭半、厚朴・白扁豆・沢瀉・赤茯苓・陳皮・木瓜・半夏・人参・紫蘇葉・烏梅各7分、甘草5分、生姜3、大棗2」水煎服。
香朴湯 《万病回春》《勿誤薬室方函口訣》
「厚朴1両、木香3銭、附子7銭」
《万病回春》《古今方彙》
「厚朴1両、木香3銭、附子7銭半、生姜、大棗」水煎。
香螺膏 《東醫寶鑑》
「田螺3個、麝香少々」搗いて臍の上に貼る。
香稜丸 《東醫寶鑑》
「三稜・檳榔各3両、山楂肉2両、香附子・蘿葡子・枳実・枳殻・莪朮・陳皮・青皮各1両、黄連・神麹・鼈甲・麦芽・乾漆・桃仁・砂・縮砂・当帰尾・木香・甘草各5銭」作末し醋糊で梧子大の丸剤。白湯で30~50丸飲む
香苓散 《世医得効方》《古今方彙》
「五苓散+辰砂妙香散」を和ししくして、「天門冬・麦門冬」の煎湯を用いて空心に調服す。
香連丸 [1]《和剤局方》
「木香20g(とろ火で焼く)、黄連80g(去蘆)」
[2]《東醫寶鑑》
「黄連1両、呉茱萸5銭を水に浸して一晩おき、炒って呉茱萸は捨て、木香2銭半を作末し錯糊で梧子大の丸剤。空腹時に米飲で20~30丸服用。
[3]《兵部手集方》【中成薬】
「黄連60gを呉茱萸とともに炒り、呉茱萸を除いて木香15gを加え、作末して酢で丸にしたもの。
香連化滞湯 《寿世保元》《古今方彙》
「当帰尾・白芍薬(生)・黄連・・黄柏・檳榔子・木香・枳殻・滑石・大黄・甘草」水煎し空心に熱服す。
香連平胃散 《和剤局方》
「木香40g、黄連80g(姜汁で炒る)、蒼朮320g、厚朴200g(皮を去る)、陳皮40g (泡立てて浮白を去る)、甘草40g(刻んで炙る)」
降気湯 《元和紀用経》
⇒桑白皮湯[2]《東郭》のこと。
「桑白皮6両、呉茱萸3両」
《東醫寶鑑》
「香附子(製)・茯神・甘草各1銭」水煎服。
降心丹 熟地黄・当帰・天門冬・麦門冬各3両、白茯苓・人参・山薬・茯神・遠志(製)各2両、肉桂・朱砂各5銭」を作末し、梧子大の蜜丸。
降心湯 《東醫寶鑑》
「天花粉2銭、人参・遠志・当帰・熟地黄・白茯苓・黄蓍(蜜炒)・五味子・甘味子・甘草各1銭、棗2」水煎服。
行気活血湯 《東醫寶鑑》
「天花粉2銭、人参・遠志・当帰・熟地黄・白茯苓・黄蓍(蜜炒)・五味子・甘味子・甘草各1銭、棗2」水煎服。
行気香蘇散 [1-1]《万病回春》《東醫寶鑑》
「紫蘇葉・陳皮・蒼朮・香附子・烏薬・・羗活・枳穀・麻黄・甘草各1銭、生姜3片」水煎服。温めて服用。
[1-2]《御纂医宗金鑑》《龍野ー漢方処方集》
「紫蘇葉・香附子・麻黄各3.0g、陳皮・柴胡・白朮・・羗活・枳殻各2.5g、甘草・干姜1.0g」
[1-3]《万病回春》《漢方後世要方解説》
「香附子・陳皮・烏薬・羗活・各2.5、紫蘇葉・麻黄・枳殻各2、生姜・甘草各1」
《古今医鑑》は柴胡・蒼朮2.5を加う。
行軍散 《諸葛武候》
「牛黄・麝香・真珠・冰片・蓬砂各20g、雄黄32g、火硝1.2g、飛金20枚」
 以上を細末にする
行湿補気養血湯 《万病回春》《古今方彙》
「人参・白朮・茯苓・当帰・白芍薬・各1銭、木通・陳皮・厚朴・大腹皮・蘿葡子・海金砂・紫蘇梗各8分、甘草(生)・木香各3分、生姜、大棗」水煎。
《万病回春》《龍野ー漢方処方集》
「人参・白朮・茯苓・当帰・芍薬・各3.0g、木通・陳皮・厚朴・大腹皮・蘿葡子・海金砂・蘇葉・大棗各2.5g、甘草・木香・干姜各1.0g」
行湿補中湯 《寿世保元》《古今方彙》
=[鼓脹門]の「補記建中湯」なり。
行湿流気飲 《東醫寶鑑》
「薏苡仁2両、白茯苓1両半、蒼朮・羗活・防風・川烏(炮)・各1両」を作末し、毎回2銭を温酒又は葱白湯で服用。
行和芍薬散 《和剤局方》《龍野ー漢方処方集》
「芍薬6.0g、当帰・黄連・各3.0g、大黄2.0g、檳榔子・木香・桂枝・甘草各1.5g」
江鰾丸 《証治準縄》
「天麻・雄黄各1銭、蜈蚣2匹、江鰾・白彊蚕各5分、野鴿糞5分」以上を合わせて細末とし、それを2つに分け、片方は飯で桐の実大に丸め、朱砂を衣とする。片方は巴豆霜1gを加え、飯で桐の実大に丸める。朱砂薬20丸に対して、巴豆を加えたもの1丸の割合で服用する。
候氏黒散 《金匱要略》
「菊花40分、白朮10分、細辛3分、茯苓3分、牡蛎3分、桔梗8分、防風10分、人参3分、礬石3分、5分、当帰3分、乾姜3分、芎3分、桂枝3分」
右十四味、杵為散、酒服方寸匕、日一服、初服二十日、温酒調服、禁一切魚肉大蒜、常宜冷食、六十日止、即薬積在腹中不下也、熱食即矣、冷食自能助薬力。
喉癬湯 《華岡青州》
「桔梗・甘草各2銭、竜胆・射干各1銭、遺糧5銭、山豆根1銭」右六味、牛黄を送下す。
「結毒喉癬一方《広算記》」に同じ。
喉痛方 《中薬臨床応用》
「鹹竹蜂5匹、屈頭鶏9g、夏枯草15g、風栗殻6g」豚肉(赤身)と煮てスープを服用。
厚朴温中湯 《内外傷弁惑論》《東醫寶鑑》
「乾姜(炮)2銭、厚朴・陳皮各1銭半、赤茯苓・()各7分、木香・炙甘草各5分、生姜3、大棗2」水煎服。
《内外傷弁惑論》《中薬臨床応用》
「茯苓9g、厚朴・陳皮・乾姜各6g、木香(後下)・甘草各3g、2.5g」
厚朴丸 《東醫寶鑑》
「万病紫丸に同じ。毎回3~5丸姜湯で飲む。」
厚朴枳実湯 《東醫寶鑑》
「厚朴(姜製)・訶子皮(半生半熟)・枳実(麩炒)各2銭、木香1銭、大黄6分、黄連・炙甘草各4分」水煎服。
厚朴橘皮煎 《東醫寶鑑》
「厚朴3両、枳殻・乾姜・良姜各1両2銭、青皮・陳皮・肉桂・全蝎各7銭」作末し、醋糊で梧子大の丸剤。生姜橘皮湯で30~50丸飲む。
厚朴三物湯 《金匱要略》
「厚朴8両、大黄4両、枳実5枚」
右三味、以水一斗二升、先煮二味、取五升、内大黄煮取三升、温服一升、以利為度。
厚朴七物湯 《金匱要略》
「厚朴半斤、甘草3両、大黄3両、大棗10枚、枳実5枚、桂枝2両、生姜5 両」
右七味、以水一斗、煮取四升、温服八合、日三服。嘔者加半夏五合、下利去大黄、寒多者加生姜至半斤。
《金匱要略》《漢方治療の実際》
「厚朴6、甘草・大黄各2、大棗・枳実各2.5、桂枝1.5、生姜3」
厚朴生姜半夏甘草人参湯 《傷寒論》《龍野ー漢方処方集》
「厚朴・生姜(必ずひねショウガ)・半夏各8.0g、甘草2.0g、人参1.0g」
水400ccを以て煮て120ccに煮詰め3回に分服。
厚朴煎 《東醫寶鑑》
「厚朴・生姜各5両、白朮・神麹・麦芽・五味子各1両」を黄色になるまで炒って、作末し糊で梧子大の丸剤。米飲で100丸を服用
厚朴湯 [1-1]《医学入門》
「大承気湯+檳榔・良姜」
[1-2]《聖済総録》
「大承気湯+檳榔・良姜」
[2]《東醫寶鑑》
「厚朴・陳皮各2銭、赤茯苓・乾姜(炮)・甘草(炙)各1銭」水煎服。
[3]《東醫寶鑑》
「白朮2銭、厚朴1銭3分、陳皮・甘草各1銭、半夏(麺)9分、枳実8分、生姜3、大棗2枚」水煎服。
[4]《張潔古方》
「厚朴・白朮・陳皮・半夏麹・枳実・甘草」
厚朴人参湯 《外台秘要方》
「高良姜湯《備急千金要方》-桂枝+橘皮・人参・
厚朴半夏湯 《東醫寶鑑》
「厚朴3銭、人参・半夏各1銭半、甘草7分半、生姜7片」水煎服。
厚朴麻黄湯 《漢方治療の実際》
「厚朴4、麻黄3、石膏10、杏仁・半夏各4、乾姜・細辛各1.5、小麦10、五味子3」
《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
「厚朴・半夏各5.0g、麻黄・杏仁各4.0g、石膏10.0g、乾姜・細辛各2.0g、小麦14.0g、五味子3.0g」
厚朴麻黄湯加減 《中薬臨床応用》
「茯苓12g、杏仁9g、厚朴6g、麻黄・製半夏・甘草各3g、五味子・淡乾姜・細辛各1.5g」
厚腸丸 《東醫寶鑑》
「枳実・麦芽・神麹末各5分、橘紅・半夏・蒼朮・人参各3分、厚朴・青皮各2分」作末し、麹糊で麻子大の丸剤。温水で20~30丸飲む。
高枕無憂散 《東醫寶鑑》
「人参5銭、石膏3陳皮・半夏・白茯苓・枳実・竹茹・麦門冬・竜眼肉・甘草各1銭半、酸棗仁(炒)1銭」を2回に分けて、煎服。
《万病回春》《古今方彙》
「陳皮・半夏・茯苓・枳実・竹茹・麦門冬・竜眼肉・石膏各1銭半、人参5分、甘草1銭半」水煎し温服。
高良姜湯 《備急千金要方》《龍野ー漢方処方集》
「高良姜5.0g、当帰・黄連・各3.0g、大黄2.0g」
《外台秘要方》
「良姜・桂心」
孔子大聖枕中湯 《東醫寶鑑》
「亀板・竜骨・遠志(姜製)・石菖蒲」各等分を粉末。1回に2銭酒で服用。
洪辰丹 《東醫寶鑑》
「鹿茸(酥炙)・当帰・山茱萸各4両、麝香5銭」細末にし酒麺糊で梧子大の丸剤。温酒or塩湯で70~100丸飲む。
交加散 《東醫寶鑑》
「五積散1/2+敗毒散1/2」
交感丹 《東醫寶鑑》
「香附子1片を長流水に3日間漬け(炒)、茯神4両」作末し蜜で弾子大の丸剤。毎回1丸づつ降気湯で服用。
交解散 《東醫寶鑑》
「解飲子」に同じ
交泰丸 《韓氏医通》
「黄連、肉桂」
《東醫寶鑑》
「大黄を、当帰・紅花・呉茱萸・乾漆各1両煎じ湯で、一昼夜漬けて切って乾燥、酒でかき混ぜて乾かすこと9回蒸し9回晒して4両、黄連(姜汁浸黄土炒)・呉茱萸(湯泡炒)各2両、枳実1両、当帰尾(酒洗)1両3銭を作末し、姜汁で煎じた神麹糊で緑豆大の丸剤。白湯で70~80丸飲む。
交藤飲 《中薬臨床応用》
「夜交藤30g、酸棗仁15g、柏子仁6g、竜眼肉9g」水煎服。
控涎丸 「白彊蚕を姜汁に一晩漬けたもの・川烏・生半夏各15銭、全蠍7枚、鉄粉3銭、甘遂2銭半」を作末し、姜汁糊で緑豆大に丸め、朱砂で衣をつけ、姜湯で毎回15丸服用
控涎丹 [1-1]《三因極一病証方論》
「甘遂 大戟 白芥子」
[1-2]《三因極一病証方論》《中薬臨床応用》
「大戟・甘遂・白芥子」各等分。作末しカプセルに入れて、第1日目は1.5g、以後は0.3gづつ全量3gになるまで加え、「大棗8~15g」の煎液で早朝空腹時に服用。5~6日間用いる。
[1-3]《三因極一病証方論》《奥田謙蔵》
=「姑洗丸」
「甘遂・大戟・白芥子各等分」
右三味、各別に細末にし、煉蜜を以て混和し、丹と為す。
[1-4]《東醫寶鑑》
=(一名妙応丹)
「甘遂・紫大戟・白芥子」各等分に作末し糊で梧子大の丸剤。晒して乾燥後就寝時に、姜湯or湯水で7~10丸服用。驚痰には朱砂で衣をし、痛みが激しいと全蝎を加え、酒痰には雄黄を、臂痛に皮木魚子・桂心を、驚痰の重症の穿山甲・鼈甲・延胡索・莪朮を加える。
甲状腺腫方 《中薬臨床応用》
「海藻9g、昆布9g、海浮石12g、浙貝母9g、連翹12g、金銀花12g、玄参12g、白芍薬9g」水煎服。
更衣丸 《蘭台軌範》
「朱砂 蘆薈」
《先醒斉医学広筆記》《中薬臨床応用》
「蘆薈21g、朱砂15g」細末にし酒を少量垂らして丸剤。1回に3.5g服用。
更生丸 《素女方》
「茯苓4分、菖蒲4分、山茱萸4分、楼根4分、菟絲子4分、牛膝4分、赤石脂4分、乾地黄7分、細辛4分、防風4分、薯蕷4分、続断4分、蛇 床子4分、柏実4分、巴戟天4分、天雄4分、遠志皮4分、石斛4分、杜仲4分、肉蓉4分」搗いて篩にかけ、梧桐大の蜜丸。食前に3丸、1日3回
鈎藤飲 《幼科心法》
「釣藤鈎、羚羊角、全蝎、天麻、人参、甘草」
鈎藤散 ⇒釣藤散《普済本事方》
広朮化癖丸 《東醫寶鑑》
「木香5銭、代赭石(醋浸)当帰(炒)・朱砂(研)・枳殻(炒)・莪朮・三稜各2銭半、麝香・巴豆霜各1銭2分」作末し麺糊で麻子大の丸剤。
広朮潰堅湯 《東醫寶鑑》
「半夏1銭半、黄連・・厚朴・益智仁・・当帰各7分、陳皮・青皮・神麹・沢瀉・柴胡・甘草各5分、莪朮・升麻・呉茱萸各3分、紅花2分、姜3」水煎服。
広大重明湯 《東醫寶鑑》
「草竜胆・甘草・防風・細辛各1銭」大椀1杯半に、先に草竜胆を煎じて半量にし、そこに残りの3入れて又半量まで煎じ
広茂潰堅湯 《蘭室秘蔵》《古今方彙》
「厚朴・黄連・・益智仁・・当帰各5分、半夏7分莪朮・升麻・呉茱萸・甘草(生)・柴胡・紅花・沢瀉・神麹・青皮・陳皮各3分、生姜」水煎。
猴骨湯 《中薬臨床応用》
「猴子骨9g(先煎)、釣藤鈎9g、白芍薬9g、茯苓9g、蝉退3g、鶏内金6g、麦芽15g、甘草3g」水煎服。
猴棗散 【中成薬】《中薬臨床応用》
「猴棗、菖蒲、牛黄、竜脳」
絳礬丸 《漢方治療の実際》
「緑礬10、厚朴・陳皮・三稜・莪朮・黄連・苦参・朮各5、甘草2、水沙15」以上を細末とし醋糊で丸を作り、1回10を服す。
睾丸鞘膜積液方 《中薬臨床応用》
「小茴香3g、川楝子12g、木香3g、枳殻9g、白芍12g、黄柏9g、檳榔子6g、薏苡仁(生)24g、木通6g」
合歓湯 《中薬臨床応用》
「合歓皮30g、丹参15g、夜交藤15g、柏子仁6g」水煎服。
蛤丸 《東醫寶鑑》
「蛤一対(醋炙)、訶子肉・阿膠・生地黄・麦門冬・細辛・甘草各5分」作末し、棗実大の蜜丸。毎回1丸服用。
蛤湯 《中薬臨床応用》
「蛤1対、百部12g、紫9g、五味子1.5g、川貝母9g、杏仁9g、桑白皮9g」水煎服。
蛤粉丸 《東醫寶鑑》
「蛤粉・黄蝋」等分にして、蝋を溶かして粉を混ぜ棗子大の丸剤。
蛤胆片 《福建龍渓区方》《中薬臨床応用》
「海蛤殻粉280g、海浮石240g、海蜆粉240g、猪胆粉40g」細末を混和し1000錠の錠剤にする。1錠は0.8gである。毎日3錠づつ服用。
劫労散 《婦人大全良方》《古今方彙》
「白芍薬1銭、黄蓍・甘草・人参・茯苓・熟地黄・当帰・五味子・半夏(麹)・阿膠各4分、生姜、大棗」煎服。
藁蒼湯 《東醫寶鑑》
「藁本5銭、蒼朮1両」を粗末にし、毎回5銭、水煎服。
蒿芩清胆湯 《通俗傷寒論》
「青蒿・竹茹・半夏・赤茯苓・・枳穀・広皮・碧玉散」
皇帝塗容金面方 《東醫寶鑑》
「朱砂2銭、乾臙脂1銭、官粉3銭、烏梅肉5、小脳5、少々」細末にし就寝時に、ツバに混ぜて顔に塗り、翌朝温水で洗う。
膠密湯 《東醫寶鑑》
「連根大葱白3茎を水1盃で葱を煮たあと、葱は捨て、明阿膠珠2銭・蜜2匙を入れ、溶かして空腹時に服用。
後坎丸 《東醫寶鑑》
「四物湯4味各2両に知母4両、黄柏8両を塩水・人乳・蜜水清酒に4等分して漬け、一晩置いたあと知母・黄柏を取り出して日に晒し、夜露に当てること3昼夜、4物を入れて作末し、蜜で梧子大の丸剤。空腹時に塩湯で80~90丸飲む。
枯痔散 《黄済川》
「白砒素20g、雄黄・硼砂・倭硫黄各8g、明礬80g以上の薬物を別々につぶして細末とし、硫黄を除いた諸薬を混和して、素焼きの壷にいれ、壷の口を紙で蓋をする。(蓋の中央に直径1.5cmの穴を開けておく)炭火の上に壷を置いて焼く。黄色の煙が青色に変わり、煙の量が減って、音が均一になったら、(薬物が全部液化したら)さらに、中央の穴から硫黄を入れ、同時に火力をやや弱める。壷の中の音が消え、青色の煙が出なくなるのを待って、壷を降ろし、冷やしてから、薬物を取り出し、冷暗所で約1ヶ月保存し、その後に細粉末として応用する」
枯痔方 《東醫寶鑑》
「雄黄・硫黄・明礬」を等分に作末
枯礬散 《東醫寶鑑》
「明礬1銭、片脳5分」を作末し、薬水で洗ったあと少しづつ塗る。
姑洗圓 《東洞家塾方》
=「控涎丹」
「甘遂・大戟・白芥子各等分」杵きて篩い作末。梧桐子大の蜜丸。
姑洗丸 =「控涎丹」
「甘遂・大戟・白芥子各等分」
右三味、各別に細末にし、煉蜜を以て混和し、丹と為す。或いは糊にて丸と為すも亦佳なり。通常、1回1.0~3.0を生姜汁湯で服用。
故紙核桃方 《中薬臨床応用》
「補骨脂30g(研末)、胡桃肉60g(研爛)」蜂蜜で飴状
杞菊地黄丸 《小児薬証直訣》
「枸杞子、菊花、熟地黄、茯苓、山薬、沢瀉、山茱萸、牡丹皮」
杞菊地黄湯 《医級》《中薬臨床応用》
「枸杞子12g、甘菊花9g、熟地黄15g、茯苓9g、山薬12g、沢瀉9g、山茱萸9g、牡丹皮6g」水煎服。
黒玉丹 (一名烏玉丸)《東醫寶鑑》
「神応黒玉丹に同じ。」
黒元 《東醫寶鑑》
「当帰(酒浸)2両、鹿茸(酥炙)1両」作末し、烏梅肉で膏を作り、梧子大の丸剤。温酒で50~70丸飲む。
黒散 《備急千金要方》
「麻黄1分、杏仁2分、大黄1分」
黒散子 《仁斎直指方》
「棕櫚炭、血余炭、蓮蓬」
黒錫丹 《和剤局方》
「黒錫・硫黄各80g 金鈴子・胡蘆巴(酒炒)・木香・炮附子・肉豆蔲(煖)・破故紙(酒炒)・茴香・沈香(末)・陽起石(酒煮研)各40g、肉桂20g」
黒地黄丸 《東醫寶鑑》
「蒼(泄浸)1斤、熟地黄1斤、五味子8両、乾姜」を作末し棗肉で梧子大の丸剤。
黒参丸 《東醫寶鑑》
「玄参・天門冬・麦門冬」各等分に作末し、蜜で弾子大の丸剤。
黒神散 《和剤局方》
「黒豆 熟地黄 当帰 肉桂 乾姜 芍薬 甘草 蒲黄」
《済世全書》《古今方彙》
「当帰・・熟地黄・乾姜(炒)・桂心・蒲黄・香附子(便)・木香・青皮・黒豆」酒水各半にて煎服。
《東醫寶鑑》
「百草霜を作末し、毎回2銭を糯米飯で服用。」
《東醫寶鑑》
「百草霜・白芷」各等分に作末し、毎回2銭を清酒と童便各半杯に、麝香少々入れて熱くして2回服用。
黒聖散 《東醫寶鑑》
「蜘蛛(大)を瓜の葉で何回もくるみ、糸で結わえて炙って、黒色になったら取り出して作末し、黄丹を少し入れて、先に明礬・葱・胡椒の煎湯で、患部を洗って乾かした後に、黒聖散を塗る。」
黒豆湯 [1]《浅田家方》
「黒豆、桔梗、降下、大黄、甘草」
[2]《中薬臨床応用》
「黒豆30g、浮小麦30g」水煎服。
黒白散 《万病回春》《古今方彙》
「小麦、朴硝、白礬、五倍子、葱白」煎じたる湯にて頻りに洗う。
黒附湯 《東醫寶鑑》
「附子(炮)3銭、木香1銭半、白附子1銭、甘草(炙)半銭」切って2貼にし、姜5片を入れ水煎
黒奴丸 《東醫寶鑑》
「麻黄・大黄各2両、・釜底煤・芒硝・かまどの底墨・梁上塵・小麦奴各1両」を作末し梧子大の蜜丸。
黒龍散 《有持桂里》
「伯州散+沈香」
黒竜丹 《東醫寶鑑》
「五霊脂・当帰・・良姜・熟地黄各1両」を切って砂盒に入れ、塩泥とひもで堅く封をし、炭10斤で焼いて冷まして取り出し、「百草霜3銭、硫黄・乳香・没薬各1銭半、花蕊石(煆)・琥珀各1銭」を細研して入れ、醋麺糊で梧子大の丸剤。毎回1丸を姜汁・童便・温酒の中で細研して食べる。
穀神元 《東醫寶鑑》
「人参・縮砂・香附子・三稜・莪朮()・青皮・陳皮・神麹(炒)・麦芽(炒)・枳穀」等分を作末し、米糖で梧子大の丸剤。米飲で30~50丸服用。
穀神湯 《東醫寶鑑》
「穀芽4両」を洗って乾かし、作末し姜汁少し・塩少々を入れて餅をつくり焙って乾燥。そして縮砂・白朮(炒)・炙甘草各1両を作末し、塩湯で1 ~2銭服用。
穀精草湯 《中薬臨床応用》
「穀精草9g、荊芥穂6g、玄参6g、牛蒡子6g、菊花9g、連翹6g、白芍6g、桔梗3g、青子6g」水煎服。
穀疸丸 《東醫寶鑑》
「苦参3両、草竜胆1両、人参7銭半、梔子仁5銭」作末し牛胆で梧子大の丸剤。大麦粥で1日2回5~70丸飲む。
谷霊丸 《東醫寶鑑》
「黄蓍・人参・牛膝・当帰各1両、炮附子1個、熟地黄・白茯苓各5銭、杜仲・蒼朮・白朮・肉桂・枸杞子各3銭」を作末し、酒糊で梧子大の丸剤。人参湯で100丸呑む。
哭来笑去散 《東醫寶鑑》
「雄黄・乳香・胡椒・麝香・蓽撥・良姜・細辛」等分を作末
呉氏清絡飲 《温病条弁》
「鮮荷葉辺8g、鮮銀花8g、西瓜翠衣8g、鮮扁豆花1枝、絲瓜絡皮8g、竹葉心8g煎服」
呉茱萸湯 [1-1]《傷寒論》
「呉茱萸(洗)1升、人参3両、生姜(切)6両、大棗(擘)12枚」
右四味、以水七升、煮取二升、去滓、温服七合、日三服。
[1-2]《傷寒論》
「呉茱萸1升、人参2升、生姜(切)6両、大棗(擘)12枚」
右四味、以水七升、煮取二升、去滓、温服七合、日三服。
[1-3]《傷寒論》
「呉茱萸(湯洗7遍)1升、人参3両、大棗(擘)12枚、生姜(切)6両」
右四味、以水七升、煮取二升、去滓、温服七合、日三服。
[1-4]《東醫寶鑑》
=「三味参萸湯」
「呉茱萸3銭、人参2銭、生姜4斤、大棗2枚」剉作1貼し、水煎し温服する。
[1-5]《傷寒論》《中薬臨床応用》
「呉茱萸6g、生姜15g、党参12g、大棗8g」水煎服。
[1-6]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「呉茱萸4、人参・大棗各3、生姜6」
[2]《備急千金要方》《勿誤薬室方函口訣》
「呉茱萸湯《傷寒論》+半夏・桂枝」
[3]《東醫寶鑑》
「呉茱萸(揀浄)5銭」を白水で煮て滓を去り、塩を少し入れて煎服。
[4]《東醫寶鑑》
「川烏・細辛各7分半、呉茱萸5分、良姜・当帰・乾姜・肉桂各2分半」煎服。
[5]《東醫寶鑑》
「呉茱萸・厚朴・官桂・乾姜各1銭、白朮・陳皮・川椒(炒)各5分」剉作1貼し水煎服。
呉茱萸浴湯 《女科要旨》
「呉茱萸・木香・丁香・五味子各40g、蛇床子・杜仲各80g」を水で煎じ、熱いうちに燻洗する
胡黄連丸 《東醫寶鑑》
「胡黄連・黄連各5銭、朱砂2銭半」細末にし猪胆の中に入れ、淡漿水を砂銚に入れて煎じ、取り出して「蘆薈・青黛・蝦蟆灰各2銭、麝香1分」を入れて作末し、飯で麻子大の丸剤。米飲で3~20丸飲む。
胡椒湯 《中薬臨床応用》
「胡椒・緑豆」各等量。作末し1回6g服用
胡宣二連湯 《銀海精微》
「胡黄連2g、宣黄連4g」作末する。
胡麻散 《東醫寶鑑》
「胡麻2両半、苦参・荊芥穂・何首烏各1両、威霊仙(炒)・防風・石菖蒲・悪実(炒)・甘菊・蔓荊子・白藜(炒)・甘草各7銭半」を作末し、毎回2銭を薄荷湯で調下する。
胡蘆巴元 《東醫寶鑑》
「茴香(炒)3両、白丑頭2両、川烏(炮)・巴戟・呉茱萸各1両半、川楝子・胡蘆巴各1両」を作末し、酒糊で梧子大の丸剤。空腹時に20~30丸酒で服用。
故紙核桃方 《中薬臨床応用》
「補骨脂30g(研末)、胡桃肉60g(研爛)」蜂蜜で飴状にし、毎朝1匙、湯で服用。
固栄散 《東醫寶鑑》
「真蒲黄・地楡各1両、白芷5銭、甘草2銭半」を作末し、毎回4銭、温酒 で服用
固経丸 《婦人大全良方》
「亀板・芍薬・黄柏・・香附子・樗皮」
《東醫寶鑑》
・白朮・亀板各1両、椿根皮7銭、黄柏(炒)3銭、香附子(童便焙)2銭半」末にし、酒糊で梧子大の丸剤。白湯で50~70丸服用。
固下丸 《張子和》
「樗皮・白芍・良姜・黄柏」
固元丹 《仁斎直指方》
「蒼朮1斤を4つに分け、1つは小茴香・食塩各1両を用いて、かき混ぜな がら炒る。1つは川椒・補骨脂各1両を用いてかき混ぜながら炒る。1つは川烏頭・川楝子肉各1両を用いてかき混ぜながら炒る。1つは醇酢・老酒各半斤といっしょに炒り、そのあと乾燥する。以上諸薬を作末してから、酒で煮て、桐の実大の丸薬とし、毎回30~50丸を温酒又は酢湯で服用。
固歯散 《東醫寶鑑》
「大きいねずみを1匹(肉は捨て骨だけ)、川椒(炒)・乳香各2両、香附子(炒)・白藜(炒)・青塩各1両」を作末
固衝湯 《衷中参西録》《中薬臨床応用》
「白朮30g、黄蓍18g、山茱萸18g、白芍薬(生)12g、竜骨(煆)18g、牡蛎(煆)18g、茜草根(炭)6g、陳棕炭6g、烏賊骨12g」煎じ湯で「五倍子」の細末3gを服用。
固真飲子 《東醫寶鑑》
「熟地黄1銭半、人参・山薬・当帰・黄蓍(蜜炒)・黄柏(塩酒炒)各1銭、陳皮・白茯苓各8分、杜仲(炒)・甘草(炙)各7分、白朮・沢瀉・山茱萸・破故紙(炒)各5分、五味子10粒」水煎、空心に温服。
固真丸 《東醫寶鑑》
「乾姜4両、竜骨・当帰各2両、柴胡・白石脂各2両、黄柏・白芍各5銭」作末し、麺糊で梧子大の丸剤。白湯で20~30丸服用。
固精丸 《経験方》
「金桜子、牡蠣、竜骨、沙苑子、実、蓮鬚、蓮肉」
固本還晴丸 《東醫寶鑑》
「天門冬(酒浸して粘土のように)・麦門冬・生乾地黄(酒浸)各3両、人参・白茯苓・山薬・枸杞子各1両半、牛膝(酒洗)石斛(酒洗)・草決明(炒)・杏仁・甘菊・兎絲子(酒製)・枳穀各1両、羚羊角(屑)・防風・青子各8銭、五味子・甘草・黄連・白茯苓・各7銭」を作末し、梧子大の蜜丸。
空腹時に50~70丸服用。
固体健腸丹 《東醫寶鑑》
「熟地黄・山茱萸各3両、巴戟2両、菟絲子・続断(酒浸)・遠志(製)・蛇床子(炒)各1両半、白茯神・山薬(酒蒸)・牛膝(酒洗)・杜仲 (酒洗醋炒・去絲)・当帰身(酒洗)・肉蓉(酒浸)・五味子・益智仁(塩水炒)・鹿茸(酥炙)各1両、枸杞子3両、人参2両」作末し蜜で梧子大の丸剤。空腹時に塩湯or温酒で50~70丸飲む。
固湯 《中薬臨床応用》
「桑蛸9g、山茱萸9g、潼藜9g、当帰6g、黄蓍9g、茯神6g、蔚子9g、白芍薬9g、升麻3g」水煎服。
固本元 《東醫寶鑑》
「炙甘草3両、猪苓2両半、蓮花芯・黄連各2両、白茯苓・縮砂・益智仁・半夏(姜製)・黄柏(炒)各1両」湯浸蒸し餅で梧子大の丸剤。
固本酒 《衛生篇》
「生乾地黄・熟地黄・天門冬と麦門冬の芯を去ったもの・白茯苓各2両。人参1両。」を細切りにし、磁器に良い酒1斗を入れて、3日間漬けた後、1~2時間煮ると酒の色が黒くなってできあがる。
固腸丸 [1]《東醫寶鑑》
「竜骨・炮附子・明礬・訶子皮各1両、丁香・良姜・赤石脂・白豆蔲・縮砂各5銭、木香3銭」を作末し、錯糊で梧子大の丸剤。栗米飲で30丸服用。
[2]《東醫寶鑑》
「樗根白皮」を焙って乾かして作末し、粥で梧子大の丸剤。空腹時に米飲で20~30丸服用。
[3]《証治準縄》
「烏梅、肉豆蔲、訶子、罌栗殻、蒼朮、茯苓、人参、木香」
固腸湯 《東醫寶鑑》
「罌栗殻(錯炒)2銭、白芍1銭半、当帰・甘草(炙)各7分半、陳皮・訶子・乾姜各5分、人参・木香各3分」水煎服。空腹時に服用。
固中丸 《東醫寶鑑》
「蒼朮・肉豆蔲()各1両」を作末し、粥で梧子大の丸剤。空腹時に50~70丸服用。」破故紙(炒)1両を加えると固下丸になる。
固陽湯 《万病回春》《古今方彙》
「黄蓍・人参各2銭、白朮・茯苓・附子各4銭、乾姜・白姜各8銭、厚朴・良姜各3銭」水煎熱服。
虎骨丸 《東醫寶鑑》
「虎脛骨・生乾地黄・酸棗仁・白茯苓・肉桂・防風・当帰・・黄蓍・牛膝」各等分に作末し、蜜で梧子大の丸剤。、木瓜湯で10丸服用。
虎骨散 [1]《東醫寶鑑》
「虎骨(酥炙)2両、白花蛇肉・天麻・防風・牛膝・白彊蚕(炒)・当帰(酒浸)・乳香・桂心各1両、全蝎(炙)・炙甘草各2銭、麝香1銭」作末して、毎回2銭を温酒又は豆淋酒で調下する。
[2]《東醫寶鑑》
「自然銅・白附子・檳榔・羗活・白芷・各1両、地竜・没薬・雄黄各5銭」
[3]《聖済総録》
「虎骨、酒、生地黄」
虎骨酒 《東醫寶鑑》
「虎脛骨(炙黄して粉末)2両、羚羊角(屑)1両・白芍(細切り)2両、を酒5升に浸して、春夏7日・秋冬は倍。毎日空腹時に1杯飲む。
(史国公薬酒)《中薬臨床応用》
「虎脛骨・枸杞子・蒼耳子・秦艽・乾茄根(蒸熟)各120g、当帰・杜仲(姜汁炒)・牛膝(酒洗)・白朮(土炒)・鼈甲(酥炙)・防風・羗活・松節・蚕砂(炒)・各60g」粗末にし紗の布に包み、1500ccの白酒で密封して10日間つけ、濾過して氷砂糖500gを入れる。毎日1~2回15~30ccづつ服用
虎骨木瓜酒 《通行方》
「虎骨、桑枝、木瓜、玉竹、、川牛膝、当帰、天麻、五加皮、紅花、続断、白茄根、秦艽、防風」
虎潜丸 [1-1]《朱丹溪》
「黄柏、知母、熟地黄、亀板、白芍、陳皮、虎骨、鎖陽、当帰、羊肉」
[1-2]《東醫寶鑑》
「亀板・黄柏各4両、熟地黄・知母各3両、白芍薬・当帰・瑣陽各2両、陳皮・虎骨各1両、乾姜5銭」作末し酒糊で梧子大の丸剤。塩湯で70~90丸飲む。
[1-3]《医方集解》
「黄柏、亀板、知母、陳皮、白芍、熟地黄、鎖陽、虎骨、干姜」
[2](=健歩虎潜丸)【中成薬】《中薬臨床応用》
「虎骨、鎖陽、牛膝、熟地黄、当帰、白芍、桑寄生、黄柏、亀板」
虎翼飲 《賀川ー産論》
「小半夏加茯苓湯+橘皮・伏竜肝」
蜈蚣散 《医宗金鑑》《中薬臨床応用》
「蜈蚣6g、製南星7.5g、防風7.5g、魚膠9g」作末し毎日2回、6gづつ黄酒or湯で服用。
蜈蚣油 《東醫寶鑑》
「端午の日に蜈蚣を取って、竹筒に入れて陰干しにし、痔疾の発作が起きたら、1寸ぐらいに切って、焼いて麻油で調合して塗る。
琥珀膏 《東醫寶鑑》
「大黄・朴硝各1両」作末し、大蒜を搗いて膏を作って混ぜ、患部に貼る。
琥珀杞菊湯 《中薬臨床応用》
「琥珀2g(沖服)、枸杞子12g、菊花9g、女貞子12g、夜明砂9g、密蒙花9g、菖蒲5g」水煎服。
琥珀犀角膏 《東醫寶鑑》
「酸棗仁・茯神・人参各2銭、犀角・琥珀・朱砂各1銭、竜脳」細末にし、弾子大の蜜丸。毎回1丸を麦門冬の煎じ湯で服用。1日3回。
琥珀散 [1]《東醫寶鑑》
「琥珀(細末)」を「燈心草・薄荷」の煎じ湯で2銭服用。
[2]《漢方治療の実際》
「琥珀・海金砂各2、滑石3」以上を作末
[3]《東醫寶鑑》
「琥珀・滑石各2銭、木通・当帰・木香・欝金・篇蓄各1銭」を作末し、毎回3銭を蘆葦葉の煎じ湯で、空腹時に、服用
琥珀朱砂丸 《東醫寶鑑》
「琥珀・木香・当帰・没薬各4銭、乳香2銭、麝香・朱砂各2分半」作末し、水で実大の丸剤。毎1丸温酒で服用。
琥珀定志丸 《東醫寶鑑》 (琥珀定智丸)
「天南星8両、乾人乳(姜製)・人参・白茯苓・白茯神各3両、朱砂・石菖蒲・猪胆汁(炒)・遠志・猪胆を煮て乾かした後姜汁製各2両、真琥珀1両」作末し、梧子大の丸剤。就寝前に姜湯で50丸服用。
琥珀調経丸 《東醫寶鑑》
「香附米1斤で2包をつくり、童尿と醋に、9日間それぞれ漬けて、取り出してきれいに洗って、熟艾4両を入れ、まぶして再び醋5椀を土鍋に入れて煮る。それを乾かしたものに、・当帰・白芍・熟地黄・生乾地黄没薬各2両、琥珀1両を作末して加え、醋糊で梧子大の丸剤。毎回100丸を空腹時に、艾醋湯で服用。
琥珀通淋方 《中薬臨床応用》
「琥珀2g(沖服)、穿山甲(炙)12g、旱蓮草18g、冬葵子18g、木通9g、木香9g、猫鬚草18g、薺菜24g、大棗30g」水煎服。
琥珀湯 《山脇方函》
「琥珀1銭半、商陸2銭、反鼻5分、猪苓7分、丁香」
孤鳳散 《東醫寶鑑》
「白礬」細末にし、毎回1銭を水で服用。
杞苓丸 《東醫寶鑑》
「茯苓4両、枸杞子(酒浸)2両、菟絲子(酒製)・当帰各1両、青塩5銭」作末し蜜で梧子大の丸剤。空腹時に温水で50~70丸飲む。
葫芦巴散 《中薬臨床応用》
「葫芦巴15g、茘枝核15g、黄皮核15g、芒果核15g、竜眼肉15g、牛樹寄生30g、小茴香7.5g」毎回粗末15gを布で(包煎)。又は細末にし1.5~5g を生姜煎じ湯で服用。
芩求樗丸 《東醫寶鑑》
・白朮各3銭、樗根白皮・白芍・山茱萸各2銭半、白芷・黄連各2銭、黄柏1銭」作末し、酒枯で梧子大の丸剤。白湯で50丸服用。
芩朮丸 《東醫寶鑑》
3銭、白朮1銭半」水煎服。
芩朮湯 《東醫寶鑑》
「白茯苓・白朮・厚朴・青皮・乾姜(炮)・草果・半夏・甘草各1銭、姜3、棗2」水煎服。
芩心丸 《東醫寶鑑》
「条黄芩2両」に浸して1日乾かし、又浸して乾かす。7回繰り返す。それを作末し、醋糊で梧子大の丸剤。
芩柏樗皮丸 《東醫寶鑑》
・黄柏・樗根白皮・滑石・・海石・青黛・当帰・白芍」等分に作末し、醋糊で梧子大の丸剤。白湯で50~70丸服用。
芩半丸 《東醫寶鑑》
・半夏各1両」作末して姜汁糊で梧子大の丸剤。姜湯で70丸飲む。
芩連消毒湯 《東醫寶鑑》
「黄連・・柴胡・桔梗・・荊芥・防風・羗活・枳殻・連翹・射干・白芷・甘草各7分、姜3片」水煎し「牛蒡子1握り」入れ、再び「竹瀝・姜汁」を混ぜ服用。
芩連四物湯 《医方考》《古今方彙》
「当帰・・芍薬・熟地黄・・黄連・半夏各等分、生姜」
芩連半夏散 《東醫寶鑑》
1銭2分半、白朮・半夏各1銭、赤茯苓7分半、黄連・陳皮・当帰・梔子・枳殻・香附子・人参・蒼朮・縮砂・甘草各5分、姜7片」水煎服
混元丹 (一名紫河車丹)《東醫寶鑑》
「紫河車・人参各1両半、熟地黄・当帰・白朮・茯神各1両、木香・白茯苓各5銭、乳香・没薬各4銭、朱砂2銭、麝香2分」作末し酒糊で梧子大の丸剤。人参湯で50丸飲む。
滾痰丸 [1]《東洞家塾方》
=「南呂丸」
4銭、甘草・青石各2銭、大黄<捌銭>」
[2]《漢方治療の実際》
「大黄・各8、青石1、沈香0.5」以上を作末し米糊で丸とする。
[3]《東醫寶鑑》
「大黄(酒蒸)・各8両、青石・焔硝各1両を容器に入れ、蓋をして塩と泥をまぶして封をし、乾いたあと火で炙って、冷まして取り出すと石が金色になる。沈香5銭を作末して水をたらし、梧子大に丸め温茶で、就寝前に、40~50丸服用。
昆布丸 《証治準縄》
「昆布、海藻、蕪仁、藜子、枳実、麻子仁、訶子、黄蓍、木香、桃仁、菟絲子」
昆布消瘰湯 《中薬臨床応用》
「昆布9g、海藻9g、夏枯草15g、牡蛎30g(先煎)、柴胡6g、白芍薬9g、陳皮6g」水煎服。




関連情報
漢方薬(50音順)

漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候/病名)

漢方の証

漢方医学の分量

生薬

病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証

漢方書籍






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬