ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(く)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




空倉痘方 《勿誤薬室方函口訣》
「川芎、黄蓍、白、牛蒡子、桂枝、当帰、鹿茸、地黄、白朮、穿山甲」
空青元 《東醫寶鑑》
「防風・生乾地黄・知母各2両、車前子・石決明・細辛各1両、空青2銭」を作末し、蜜で梧子大の丸剤。空腹時に10丸茶清で服用。
苦酒湯 《傷寒論》
「半夏(先破如棗核)14枚、癀子(去黄内上苦酒着癀子殻中)1枚」
右2味、内半夏、著苦酒中、以癀子殻置刀環中、安火上、令三沸、去沸。少少含燕之。不差、更作三剤。
苦杖散 《東醫寶鑑》
「虎杖根1両」水5杯を1杯まで煎じ、滓を捨て、麝香・乳香を少し入れて服用。
苦参散 《東醫寶鑑》
「子(炒)5銭、苦参・黄連・瓜蒂・黄柏・大黄各2銭半」作末
苦参湯 《漢方治療の実際》
「苦参6」水500‹に入れて、煮て300‹とし、滓を去り、洗滌剤または湿布薬として用いる
《備急千金要方》
「三物黄芩湯乾地黄+生地黄」
苦練丸 《東醫寶鑑》
「苦楝子(酒浸)・茴香(炒)・当帰」各等分。酒糊で梧子大の丸剤。
苦練湯 《東醫寶鑑》
「苦楝根皮一握り(切焙)、麝香少々」水2杯で1杯まで煎じ、空腹時に飲む。
枸杞湯 《医学入門》《古今方彙》
「枸杞子・肉蓯蓉・茯苓各1銭、五味子7分、人参・黄蓍・山梔子・熟地黄・山茱萸肉・甘草各5分、生姜1片、燈心草1握り」
狗脊飲 《中薬臨床応用》
「狗脊9g、牛膝9g、海風藤9g、木瓜9g、杜仲9g、桑枝15g、秦6g、桂枝6g、熟地黄12g、当帰身9g、虎骨膠6g(溶解)」水煎服。
狗胆丸 《東醫寶鑑》
「五霊脂を作末して、狗胆汁で実大
狗米平胃丸 《東醫寶鑑》
「黄雄犬を数日飢えさせた後、生栗米を食わせ、その糞中の栗米を取って洗 い、韭白煎湯で粥を煮て、沈香2銭、平胃散末を入れて混ぜ、梧子大の丸 剤。
駆瘧湯 《東醫寶鑑》
「草果・青皮・人参・赤茯苓・半夏・厚朴・蒼朮・白朮・檳榔各1銭、良姜・甘草各5分」剉作1貼し姜5、棗2、梅1を入れ水煎服。
駆邪湯 [1]《医方問餘》
「桂枝2銭、乾姜・半夏・柴胡各1銭、蒼朮1銭半、附子7分、甘草」
[2](一名柴胡二朮湯)《東醫寶鑑》
「柴胡2銭、白朮1銭半、乾葛1銭3分、蒼朮1銭、陳皮7分、甘草5分」剉作1貼し、水煎し空腹時に服用。
駆暑益元湯 《寿世保元》《古今方彙》
「人参1銭2分、白朮1銭5分、五味子10粒、麦門冬・茯神・白芍薬(酒)各1銭、甘草(炙)5分、知母(酒)・陳皮・香各7分、黄芩(炒)3分、生姜」水煎。
駆風一字散 《東醫寶鑑》
「川芎・荊芥・川烏(炮)各5銭、羗活・防風各2銭半」を作末し、毎回2銭を薄荷湯で食後服用。
駆風豁痰湯 《済世全書》《古今方彙》
「天南星・半夏・天麻・防風・陳皮・茯苓・白殭蚕・川烏・羗活・蒼朮・甘草・生姜。水煎。服するに臨み姜汁を入れ温服。
駆風解毒散 [1-1]《厳氏済生方》《龍野ー漢方処方集》
「防風・連翹各5.0g、荊芥・羗活・甘草各1.5g、牛蒡子3.0g」
[1-2]《済世全書》《古今方彙》
「防風、荊芥、羗活、連翹、牛蒡子、甘草」各等分。水煎し食後服用。
[1-3]《漢方治療の実際》
「防風3、荊芥・羗活・甘草各1.5、連翹5、牛蒡子3」或いは桔梗3、石膏10を加える。
[1-4]《厳氏済生方》
「荊芥4分、防風4分5厘、独活6分、甘草、連翹3分、牛蒡子2分5厘」
駆風散 [1]《東醫寶鑑》
「草竜胆・防風各5銭、銅録3銭、五倍子2銭、竹葉一握り」粗末にし、毎回1銭を熱湯2合に入れ、うわみずを取って洗う。
[2]《東醫寶鑑》
「辰砂・蝎梢・当帰・草竜胆・川芎・梔子・大黄・羗活・防風・甘草各1銭」作末し、麝香少々入れて砂糖で実大の丸剤。毎回1丸を薄荷葉の蜜湯で溶かして飲む。
駆風上清散 《審視瑤函》
「黄芩6g、白5g、羗活・防風・柴胡各3.5g、川芎3.5g、荊芥2.5g、甘草1.5g」作末し、12gづつ水煎し食後服用。
瞿麦元 《峰普済方》
「人参・茯苓・当帰・瞿麦・大黄・芍薬・桂枝各半両、子2分」
瞿麦散 《東醫寶鑑》
「瞿麦を黄色く炒って作末し、鵝涎にまぜる
《中薬臨床応用》
「瞿麦9g、赤芍9g、茅根30g、地黄(生)18g、地骨皮6g、阿膠5g(溶解)」
瞿麦湯 《婦人大全良方》《古今方彙》
「瞿麦・赤茯苓・桑白皮・木通・葵子各2銭、車前子(炒)・黄芩・芍薬・枳殻各5分」水煎。
遇仙丹 《東醫寶鑑》
「黒牽牛子(半生半炒)頭末4両、三稜・莪朮・茵・檳榔各5銭」作末し、 毎回薬末4両を「白麺1両・角5銭」で煮た水で梧子大の丸剤。
藕汁膏 《東醫寶鑑》
「藕汁・生地黄汁・牛乳汁」に黄連・天花粉末を入れ、姜汁と白蜜で補い、 膏をつくって、少し削って舌の上において白湯で1日3~4回、徐々に送 下する。
藕汁散 《東醫寶鑑》
「生藕汁・生地黄汁・大薊汁各3合、生蜜半匙を調合
黒丸子 《経験方》
「沈香、木香、黄連、合歓皮、熊胆」
黒膏 《東醫寶鑑》
「生地黄2両6銭半、香1両6銭半、猪膏10両を合わせて煎じ、3分の1ぐらいになったら、滓を去って、雄黄・麝香各1分を作末して混ぜ、再煎して膏をつくって3つに分け、白湯に混ぜて調服。
九味安腎丸 (一名九味安神丸)《東醫寶鑑》
「胡蘆巴・破故紙(炒)・川練肉・茴香・続断各1両半、桃仁・杏仁・山薬・白茯苓各1両」を作末し、梧子大の丸剤。
九味羗活湯 [1-1]《病機気宜保命集》
「羗活、防風、蒼朮、細辛、生姜、川芎、白、生地黄、黄芩、甘草、葱白」
[1-2]《張潔古方》
「羗活、防風、白、生地黄、蒼朮、黄芩、細辛、甘草(生)、川芎、生姜、葱白」
[1-3]《此事難知》《古今方彙》
=「羗活冲和湯」
「羗活・蒼朮各2銭、防風・川芎各1銭半、白・生地黄・黄芩各2銭、細辛・甘草各3分、生姜、葱白」水煎。
[1-4](一名羗活冲和湯)《東醫寶鑑》
「羗活・防風各1銭半、蒼朮・川芎・黄芩・白・生地黄各1銭2分、細辛 ・甘草各5分を剉作1貼して、生姜3・大棗・葱白2茎を入れ、水煎服。」
九味柴胡湯 [1]《高階枳園》
「柴胡、黄芩、木通、当帰、梔子、沢瀉、地黄、車前子、甘草」
[2]《外科枢要》
「柴胡・黄芩各5分、人参・梔子・半夏・竜胆・当帰・芍薬各3分」
[3]《薛立斎十六種》《古今方彙》
「柴胡・黄芩各5分、人参・山梔子・半夏・竜胆・当帰・芍薬各3分、甘草2分」水煎。
九味茱連丸 《東醫寶鑑》
「蒼朮(炒)・黄連(炒)・黄芩(炒)・呉茱萸・陳皮・桔梗・茯苓・半夏各1両」 作末して神麹糊で梧子大の丸剤。20~30丸飲む。
九味清脾湯 [1-1]《厳氏済生方》
「橘皮、厚朴、白朮、半夏、柴胡、黄芩、茯苓、甘草、草果」各等分。
[1-2]《厳氏済生方》《古今方彙》
=「九味清脾飲」
「青皮・厚朴・白朮・半夏・柴胡・黄芩・茯苓・草果各等分、甘草」水煎。
[1-3]《厳氏済生方》《漢方後世要方解説》
「柴胡・黄芩・半夏・白朮各3、茯苓4、青皮・厚朴各2、草果・大棗・生姜各1.5、甘草1」
九味清心元 《東醫寶鑑》
「蒲黄2両半、犀角2両、黄芩1両半、牛黄1両2銭、羚羊角・麝香・竜脳 各1両、石雄黄8銭、金箔1200箔」を作末し、蜜で丸め1両で30丸つくり、金箔で衣をつけ毎回1丸を熟水で呑む。
九味半夏湯 [1-1]《飲病論》
「半夏、升麻、猪苓、橘皮、沢瀉、茯苓、柴胡、甘草、生姜」
[1-2]《漢方治療の実際》
「半夏・橘皮・甘草各3、沢瀉・茯苓各4、柴胡・猪苓各3、生姜・升麻各2」
九味檳榔湯 [1-1]《浅田家方》《漢方後世要方解説》
「檳榔4、桂枝・橘皮・厚朴各3、生姜・蘇葉各1.5、木香・甘草各1、大黄0.5」
(或いは大黄を去り、呉茱萸1茯苓5を加う)
[1-2]《浅田家方》
「檳榔子4g<粗末沖服>、厚朴4g、陳皮・桂皮各3g、紫蘇葉1.5g、木香・生姜・甘草(炙)各1g、大黄0.5~1g」
《漢方治療の実際》
「檳榔4、厚朴・桂枝・橘皮各3、蘇葉1.5、甘草・大黄・木香各1、生姜3」或いは呉茱萸1.0、茯苓3.0を加える。
九味理中湯 《東醫寶鑑》
「縮砂(研)・乾姜(炮)・紫蘇子・厚朴・桂皮・陳皮・甘草(炙)各1銭、沈香 ・木香各5銭」
九竜丹 《東醫寶鑑》
「枸杞子・金桜子・山子・蓮子・蓮花芯・熟地黄・実・白茯苓・当帰」各等分。





関連情報
漢方薬(50音順)

漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候/病名)

漢方の証

漢方医学の分量

生薬

病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証

漢方書籍






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬