ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(み)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




蜜脂煎 《東醫寶鑑》
「猪脂2斤」を煮てうわずみを取って、「白蜜1斤」を入れてまた煮て容器に入れて置くと膏になる。これを随時1匙づつ服用。
蜜丸 《東醫寶鑑》
 「蜜2~3両で飴を作り、角末2銭を入れてる
密陀僧散 《東醫寶鑑》
 「密陀僧」極く細く切って毎1銭づつ茶と服用する。また熱酒で飲む。
《外科正宗》《中薬臨床応用》
「密陀僧3g、雄黄12g、硫黄6g、蛇床子6g、軽粉1.5g」細末にし醋で練って外用。乾燥させて外用。
密蒙花散 《東醫寶鑑》
「密蒙花2両、羚羊角・・人参・覆盆子・地膚子・枸杞子・甘草各1両、蔚子・冥子・甘菊・槐花各5銭」作末し毎回2銭を米飲で調服する。
《和剤局方》
「密蒙花、石決明、木賊、潼藜、活、菊花」
《和剤局方》《中薬臨床応用》
「密蒙花、枸杞子、白藜、石決明、活、蔓荊子、菊花、木賊、青子」各等分を作末し、毎食後9gづつ、茶or湯で服用。
味麦益気湯 [1-1]《弁惑論》《龍野ー漢方処方集》
「人参・白朮・当帰・陳皮各3.0g、柴胡・升麻・甘草・五味子各2.0g、黄蓍4.0g、麦門冬10.0g」
[1-2]《弁惑論》《漢方治療の実際》
「補中益気湯+五味子3、麦門冬5」
未字号吹散 《咽喉経験秘伝方》
「雄黄1銭・朴硝5銭・硼砂2銭」細末にして、喉に吹き込む。
妙応丸 [1]《東醫寶鑑》
「檳榔1両2銭、黒牽牛頭末3銭、大黄・雷丸・錫灰・蕪・木香・使君子各1銭」作末し、葱白の煎じ湯で飲む。
[2]《東醫寶鑑》
「菟絲子(酒製)・桑蛸(酒炙)・川連肉各5銭、牡蠣()3銭、竜骨・辰砂・石菖蒲・白茯苓・益智仁・蓮肉・縮砂各2銭」粉末にし、山薬糊で梧子大の丸剤。昼は人参酸棗仁湯で50丸飲み、就寝時に糯米湯で50丸飲む。
妙応丹 《東醫寶鑑》
「生附子4個を皮と臍を去り、中を取り出して硼砂に入れて1両7銭になるようにし、麺でくるんで焼いた後、麺を去り、撥・木香・青皮・破故紙各3両半」作末し麺糊で梧子大の丸剤。生姜橘皮湯で30丸飲む。
《東醫寶鑑》
=「控涎丹」
「甘遂・紫大戟・白芥子各等分」作末し糊で梧子大の丸剤。晒して乾燥、就寝時に姜湯or湯水で7~10丸服用。
妙香丸 《東醫寶鑑》
「朱砂9銭、牛黄・竜脳・腑粉・麝香各3銭、巴豆(去皮・心膜)32個(炒って油を去り熱く溶く)、金箔9片を合わせて溶いて、煉黄6銭に白沙蜜少し入れて混ぜ、1両を30丸につくる。毎回1丸を米飲で飲む。
妙香散 《漢方治療の実際》
「黄蓍・山薬・遠志各4、人参・桔梗・甘草各2、鍼砂0.3、麝香0.1、木香2.5、茯苓8」以上を作末し混和して、1回1を服用。
明礬散 《東醫寶鑑》
「枯明礬・竜骨各3銭、黄丹2銭、乾胡粉(=臙脂)・軽粉各1銭、麝香5分」細末にし耳の中に、綺麗な紙にくるんで入れる。
明党湯 《中薬臨床応用》
「明党参15g、百部12g、麦門冬12g、五味子6g、白扁豆15g、天花粉12g、川貝母5g、旱蓮草15g、甘草5g」水煎服。




関連情報
漢方薬(50音順)

漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候/病名)

漢方の証

漢方医学の分量

生薬

病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証

漢方書籍






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬