ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(な)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




内金湯 《中薬臨床応用》
「鶏内金(炙)9g(研末沖服)、(炙)9g、竜骨()12g、浮小麦15g、甘草(炙)6g」水煎服。
内金鹿茸丸 《証治準縄》
「鶏内金、鹿茸、黄蓍、、五味子、遠志肉、牡蛎、、竜骨、附子」
内消散 《万病回春》《東醫寶鑑》
「陳皮・半夏・白茯苓・枳実・山肉・神麹・縮砂・香附子・三稜・莪朮・乾生姜各1銭を作1貼して、姜3片を入れ煎服。
《万病回春》《古今方彙》
「当帰尾・連翹・活・薄荷・桂枝・白・赤芍薬各1両、防風1両半、荊芥・細辛各8銭、藁本7銭半、・甘草各6銭」水煎。
内消升麻湯 《衛生宝鑑》
「内疎黄連湯[1]《保命集》芒硝梔子+枳実当帰甘草芍薬」
内消沃雪湯 《外科正宗》《古今方彙》
「青皮・陳皮・乳香・没薬・貝母・連翹・黄蓍・当帰・甘草(節)・白芍薬・白・射干・括楼根・穿山甲・金銀花・角刺各8分、木香4分、大黄2分銭」半水半酒にて煎じる
《寿世保元》《古今方彙》
「当帰、白芍薬、黄蓍、甘草節、射干、連翹、白、貝母、陳皮、角刺、乳香、没薬、穿山甲、括楼根、金銀花、木香、青皮」酒半水半で煎服。
内消瘰癧丸 《瘍医大全》
「天花粉、貝母、玄参、甘草、青塩、白歛、当帰、海藻、枳実、桔梗、大黄、薄荷、連翹、海粉、生地黄」
内疎黄連湯 《漢方治療の実際》
「木香・黄連・梔子・薄荷・甘草・大黄各1、当帰・連翹各3、芍薬・・檳榔・桔梗各2」
《保命集》
「黄連・・山梔子・当帰・芍薬・連翹・薄荷・木香・檳榔・桔梗各1匁、大黄2匁、甘草5分」
《外科正宗》
「黄連・・山梔子・当帰・白芍・連翹・薄荷・木香・檳榔・大黄・甘草」
「大黄2銭、連翹・赤芍薬各1銭半、黄連・・椰子・檳榔各1銭、木香・薄荷・桔梗・甘草各5分を作1貼し、水で煎服。
《外科枢要》《古今方彙》
「木香・黄連・山梔子・当帰・白芍薬・薄荷・檳榔子・桔梗各1銭、連翹・甘草・大黄各1銭半」水煎。
内托黄蓍散 《中薬臨床応用》
「黄蓍9g、当帰9g、6g、白朮9g、金銀花9g、角刺6g、天花粉6g、沢瀉6g、甘草3g」水煎服。
内托黄蓍湯 《蘭室秘蔵》《古今方彙》
「柴胡・連翹・肉桂・牛蒡子・黄蓍・当帰尾・黄柏・升麻・白・甘草各8分」酒水半々にて煎じる。
内托活湯 [1-1]《東醫寶鑑》
「活・黄柏(酒製)各2銭、黄蓍1銭半、防風・藁本・当帰尾各1銭、連翹 ・蒼朮・陳皮・甘草各5分、肉桂3分を作1貼し、水2杯、酒1杯で煎服。
[1-2]《蘭室秘蔵》《古今方彙》
「活・黄柏・防風・当帰尾・藁本各1銭、肉桂3分、黄蓍1銭半、連翹・甘草・蒼朮・陳皮各5分」酒水半々にて煎じ食前に服す。
内托散 [1-1]《万病回春》《漢方治療の実際》
=「千金内托散」
「人参3、黄蓍・・防風・桔梗・厚朴・桂枝各2、当帰3、白・甘草各1」
[1-2]《備急千金要方》《漢方後世要方解説》
「人参2.5、黄蓍・・防風・桔梗・厚朴・桂枝各2、当帰3、白・甘草各1」
[1-3]《万病回春》《古今方彙》
=「千金内托散」
「人参・黄蓍・当帰各2銭、・防風・桔梗・厚朴・白・甘草各1銭、木香・官桂各3分」水煎。
[2]《東醫寶鑑》
=「千金内托散+白芍薬」
「人参・黄蓍(塩水につけ蒸し焙)・当帰(酒洗)・厚朴(姜製)・桔梗・肉桂・・防風・白芍薬・白・甘草」各等分に作末し、毎回3銭を温酒で調服。
内托消毒散 《東醫寶鑑》
「金銀花・陳皮各3銭、黄蓍塩水炒・天花粉各2銭、防風・当帰・・白・桔梗・厚朴・穿山甲を黒く炒ったもの、角刺(炒)各1銭を作2貼し、毎2貼を酒と水を半分づつ入れて煎服。
内托升麻湯 《東醫寶鑑》
=「升麻托裏湯」
「升麻・乾葛・連翹各1銭半、黄蓍・当帰・甘草灸各1銭、悪実5分、肉桂3分、黄柏2分を水2杯で煎服。
《医学入門》《古今方彙》
「葛根・升麻・連翹各1銭半、黄蓍・当帰・甘草(炙)各1銭、鼠粘子5分、肉桂3分、黄柏2分」酒水半々にて煎服。
内托千金散 《東醫寶鑑》
「金銀花・人参・黄蓍・赤芍薬・当帰・・括楼根・白・桂皮・桔梗・防風・甘草各1銭を作1貼し、水で煎じてかすを取って、酒半杯を入れ、1日3回調服。
内托復煎散 《東醫寶鑑》
「蒼朮8両、防風1両、地骨皮・・赤芍薬・人参・白朮・黄蓍・桂皮・当帰・防已・甘草各5銭を切って、先に蒼朮を水5升で煎じ3升になったら朮をすくい出し、残りの薬材を入れ、また煎じて3~4杯になったら、1日3~4回飲み、前の蒼朮の滓を煎じて前法と同じ薬材を再び煎服。
《外科枢要》《古今方彙》
「地骨皮・・白芍薬・人参・茯苓・肉桂・黄蓍・防已・当帰・感ず・白朮各1両、防風3両、蒼朮1斤」先づ蒼朮を以て水煎し、渣を去り余薬を入れ再び煎じ汁を取り終日之を飲み、その渣を亦煎じ之を飲む。
内補黄蓍湯 《外科正宗》
「黄蓍・人参・当帰身・白芍・・熟地黄・遠志・麦門冬・肉桂・甘草・茯苓」
内補丸 《東醫寶鑑》
「熟地黄2両、当帰(炒)1両」作末し、蜜で梧子大の丸剤。空腹時に温酒で50~70丸飲む。
内補散 《備急千金要方》
「桂枝2両、白・人参・桔梗・・甘草・防風・厚朴各1両、当帰2両」
「+黄蓍」=内托散《備急千金要方》=「千金内托散」
《勿誤薬室方函口訣》
「当帰建中湯+地黄・阿膠」
内補鹿茸丸 《衛生宝鑑》
「鹿茸、菟絲子、藜子、、紫苑、蛇床子、黄蓍、、陽起石、白附子、官桂」
南瓜子粉檳榔煎 《成都中医学院経験方》
「南瓜子、檳榔子」
南極寿星湯 《寿世保元》《古今方彙》
「天南星、防風、蝉退、薄荷、甘草、白附子」水煎温服。
南星飲 [1]《東醫寶鑑》
「南星(大)1個、冬瓜仁・白扁豆(姜汁炒)各3銭」作末し、毎回2銭に「姜3片、防風少々」入れ水煎服。
《東醫寶鑑》
「太白天南星を切って煮て、泡を出した後焙乾、毎回2銭を服用するが、「大棗7枚、甘草少々」入れて同じく煎じて、食後3~4服
南豆花湯 《中薬臨床応用》
「南豆花9g、葛根12g、佩蘭9g、薄荷5g(後下)、杏仁9g、桔梗9g、野菊花9g、金銀花9g、甘草5g」水煎服。
南呂丸 《東洞家塾方》
=「滾痰丸」今甘遂を以て沈香に代える。
4銭、甘草・青石各2銭、大黄<捌銭>」右4味、搗き篩い作末し、梧桐子大の丸剤。
軟堅消積方 《中薬臨床応用》
「屈頭鶏9g、黄薬子12g、露蜂房9g、猪篭草18g、穿破石18g、北紫草12g、甘草(炙)5g」水煎服。
軟石膏丸 《東醫寶鑑》
=「痰丸」
「便香附1両、軟石膏7銭、半夏(製)・南星(炮)・梔子(炒)各5銭」作末し、姜汁に漬け、餅で梧子大の丸剤。姜湯で50丸飲む。
難知防風当帰散 《玉機微義》《古今方彙》
「四物湯芍薬+防風」
秘方 《東醫寶鑑》
「牛骨を煮て内髄1椀と煉熟蜜1斤の二味を濾過し、炒免1斤と炒乾末3再を入れてこねて弾子大の丸剤




関連情報
漢方薬(50音順)

漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候/病名)

漢方の証

漢方医学の分量

生薬

病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証

漢方書籍






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬