ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(り)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




利気丸 《東醫寶鑑》
「大黄(生)・黒牽牛子頭末各2両、香附子(炒)1両3銭、黄柏1両、木香・檳榔・枳殻・青皮・陳皮・莪朮・黄連各3銭」作末し水で梧子大の丸剤
利気保安湯 《済世全書》《古今方彙》
「柴胡、青皮、枳殻、香附子、欝金、木通、赤芍薬、山梔子(黒)、生姜」水煎。
利膈湯 [1-1]《名古屋玄医》《漢方後世要方解説》
「半夏8、附子0.5~1、山梔子3」
[1-2]《名古屋玄医》
「半夏6.0 附子0.6 梔子3.0」
[2]《東醫寶鑑》
「薄荷・荊芥・防風・桔梗・人参・鼠粘子(炒)・甘草各1両」作末して毎回2銭を沸湯で点服し、咽痛には白蚕を加える。
利膈湯加味 《勿誤薬室方函口訣》《龍野ー漢方処方集》   
「半夏8.0g、乾姜・甘草各3.0g、山梔子2.0g、白川附子1.0g」
利膈湯合甘草乾姜湯 《漢方治療の実際》
「利膈湯+甘草3、乾姜1.5」
利驚丸 《東醫寶鑑》
「黒丑頭末5銭、天竺黄・青黛・軽粉各1銭」を作末し、蜜で豌豆大の丸剤
利漿飲 《東醫寶鑑》
「青蒿(童便漬・一晩晒し乾燥)・柴胡・人参・黄・前胡・秦・甘草各2分、生梨1片、薄荷2葉、生地黄1寸」作1貼し、水煎服。
理気平肝散 《医学統旨》
「四逆散+烏薬・香附子・川・木香・青皮」
理中安散 《医学統旨》
「理中丸甘草+茯苓烏梅」
理中安蛔湯 《傷寒六書》《漢方後世要方解説》
「人参3、白朮・茯苓各5、烏梅・山椒・乾姜各2」
《傷寒六書》《漢方治療の実際》
「人参・蜀椒・乾姜各3、朮・茯苓各4、烏梅2」
《傷寒六書》《古今方彙》
「人参7分、白朮・茯苓各1銭、烏梅2分、花椒3分、乾姜(炒)5分」水煎温服。
理中加丁香湯 《医方考》《古今方彙》
「人参、白朮、乾姜(炒)、甘草(炒)、丁香」水煎温服。
理中加二味湯 《外台秘要方》
「理中湯+当帰・芍薬」
理中豁痰湯 《東醫寶鑑》
「白朮・白芍薬各1銭、人参・白茯苓・半夏(製)・瓜仁・陳皮・天門冬・麦芽(炒)各7分、黄(酒炒)・香附子(塩水炒)・黄連(姜汁炒)・桔梗各5分、枳実・甘草各3分」水煎し、滓を去り姜汁2匙・竹瀝6匙を入れて服用。
理中丸 [1-1]《傷寒論》
「人参・乾姜・甘草(炙)・白朮各3両」
右四味、篩、蜜和為丸、如鷄子黄許大。以沸湯數合、和一丸、研碎、温服之、日三四、夜二服。腹中未熟、至三四丸、然不及湯。湯法、以四物依兩數切、用水八升、煮取三升、去滓、温服一升、日三服。若臍上築者、腎氣動也。去朮加桂四兩、吐多者、去朮加生薑三兩。下多者還用朮。悸者、加茯苓二兩、渇欲得水者、加朮、足前成四兩半。腹中痛者、加人参、足前成四兩半。寒者、加乾薑、足前成四兩半。腹満者、加附子一枚。服湯後、如食頃、飮熱粥一升許、微自温、勿發掲衣被。
[1-2]《東醫寶鑑》
「理中湯の材料を作末して蜜で梧子大の丸剤。毎回1丸温水で化下する。
《傷寒論》《龍野ー漢方処方集》
「人参・乾姜・甘草・白朮各3.0g」
右の粉末を蜂蜜で卵黄大の丸剤となし、沸湯若干を以て1回1丸を溶解し服用。日中3~4回、夜2回服用。
理中湯 [1-1]《傷寒論》
「人参・白朮・甘草(炙)・乾姜各3両」
=人参湯《金匱要略》に同じ。
[1-2]《東醫寶鑑》
「人参・白朮・乾姜(炮)各2銭、甘草(炙)1銭を作1貼して水煎服。
[1-3]《三因極一病証方論》《古今方彙》
「人参・白朮・乾姜(炮)・甘草各等分」毎服4銭、水1盞を煎じて7分とし服す。
[1-4]《傷寒論》《中薬臨床応用》
「党参12g、乾姜2g、白朮12g、甘草(炙)6g」水煎服。
[1-5]《傷寒論》《漢方治療の実際》
=「人参湯」に同じ。
「人参・甘草・朮・乾姜各3」
[2]《傷寒論》《古今方彙》
「人参・白朮・乾姜(炒)・甘草(炙)各2銭半、生姜、大棗」水煎。
[3]《仁斎直指方》
「理中湯+厚朴茯苓」
鯉魚湯 [1]《備急千金要方》
「鯉魚100目斗、蒼朮、生姜、芍薬、当帰、茯苓」
先ず鯉を煮て、清澄8升を取り、残りの薬を入れて煎服。
[2]《崔氏》
「鯉魚、赤小豆」
六君子湯 [1-1]《和剤局方》《龍野ー漢方処方集》
「人参2.0g、陳皮・半夏各4.0g、白朮・茯苓各3.0g、甘草2.0g、大棗各2.0g、干姜1.0g」
[1-2]《和剤局方》《勿誤薬室方函口訣》
「人参、蒼朮、茯苓、甘草、半夏、橘皮」
[1-3]《医学正伝》
=「陳夏益気湯」
「四君子湯+半夏、陳皮、大棗、生姜」
[1-4]《医学正伝》《東醫寶鑑》
「半夏・白朮各1銭半、陳皮・白茯苓・人参各1銭、甘草(炙)5分、姜3、棗2」水煎服。
[1-5]《医学正伝》《漢方治療の実際》
=「四君子湯+陳皮半夏」
「人参・朮・茯苓・半夏各4、陳皮・生姜・大棗各2、甘草1」
六合湯 《東醫寶鑑》
「四物湯に莪朮・官桂」を等分に切して煎服。
六抑湯 《和田東郭》
「抑肝散白朮茯苓+芍薬」
立安散 《東醫寶鑑》
「白牽牛子頭末(半生半炒)2銭、当帰・肉桂・延胡索(炒)・杜仲(姜汁炒)・茴香(炒)各1銭、木香半銭」作末して、毎回2匙を空腹時に温酒で服用。
立効散 [1-1]《衆方規矩》《中医処方解説》
=「五味立効散」
「細辛2g、防風2g、升麻2g、竜胆草1g、甘草1.5g」
[1-2]《東醫寶鑑》
「草竜胆(酒洗)3銭、防風1銭、升麻7分、甘草(炙)5分、細辛3分」水煎し滓を去り、匙で患部を押さえふくませる。
[1-3]《漢方治療の実際》
「細辛2、甘草1.5、升麻2、防風2、竜胆1」
[2]《東醫寶鑑》
「青皮・陳皮・烏薬・乾姜・香附子・莪朮・三稜」各等分に醋煮して(焙乾)、粉末にして空腹時に、陳皮湯で2銭づつ服用。
[3]《東醫寶鑑》
「当帰・蓮花芯・白綿子・紅花・茅花各1両」切って紙にくるみ、塩で固めて密封した後、焼いて粉末にし麝香を少し入れ毎回2銭づつ温酒で空腹時に服用。
[4]《東醫寶鑑》
「黄連4両、呉茱萸2両」を水につけて炒り、呉茱萸は捨て、枳殻(麩炒)2両を作末して、毎回3銭を空腹時に黄酒で呑む。
[5]《東醫寶鑑》
「生姜(去皮)1両、大黄・甘草各5銭、黄瓜1箇」同時について、一塊を水半杯に七分ぐらい煎じて滓を去り、乳香・没薬末各1銭を入れて調服する。
[6]《東醫寶鑑》
「瞿麦4銭、梔子(炒)2銭、甘草2銭、連根葱白7箇、生姜7、燈心50茎」煎服。
[7]《東醫寶鑑》
「五霊脂(炒)」作末して、毎回2銭を温酒で調服する。
[8]《証治準縄》《古今方彙》
「山子(醋炒)、青皮(醋炒)、小茴香(炒)、枳実、蒼朮、香附子、山茱萸、山梔子(黒炒)、川楝子、生姜」水煎。
[9]《東醫寶鑑》
「蒲黄・生地黄・赤茯苓・甘草各1銭」水煎服。
立効方 《東醫寶鑑》
「蒿苣子・糯米各1合を細研して水1椀でかき混ぜ、次に甘草末1字を入れて水煎し、たびたび呑む。
立定散 《東醫寶鑑》
「大角1個を割って種子を去り、巴豆肉を入れ鉄線でくくり、炙黄して作末し、毎1銭に半夏・杏仁各1銭、香油を入れ、黄色くなるまで煮て細末にし、毎回柿餅1つに1銭づつ入れ、細かくかみ砕いて温水で送下する。
葎草汁方 《東醫寶鑑》
「葎草汁」2升絞り、酢2合を入れて空腹時に呑む。
劉寄奴湯 《中薬臨床応用》
「劉寄奴9g、骨砕補6g、延胡索6g」水煎服or酒で沖服。
竜急散 《中薬臨床応用》
「蛇退皮3g、急性子1.5g、蜈蚣1.2g、蒼朮1.2g」細末にし1日1剤を湯で服用。
竜急片 【中成薬】
「蛇退皮、急性子」
竜虎丹 《東醫寶鑑》
「草烏・蒼朮・白各1両」を童便と姜葱汁でこねて熱くして置き、乳香・没薬各3銭、当帰・牛膝各5銭を作末し、酒糊で梧子大の丸剤。毎回1丸を温酒で化下する。
竜虎湯 《東醫寶鑑》
「石膏2銭半、柴胡・黄連各1銭半、黄・知母・黄柏各1銭、梔子8分、半夏7分、粳米100粒、姜3、棗2」水煎服。
竜骨散 [1]《婦人大全良方》
「竜骨1両・当帰1両・香附子1両・棕毛灰5銭」を粉末にし、毎回4銭、空腹時に重湯にまぜて服用。
[2]《東醫寶鑑》
=「提肛散」
「竜骨・訶子各5銭、罌栗殻・赤石脂各4銭、没石子4個」作末して、毎回2銭を空腹時に服用。
竜骨湯 [1-1]《外台秘要方》《勿誤薬室方函口訣》 
「竜骨、茯苓、桂枝、遠志、麦門冬、牡蛎、甘草、生姜」
[1-2]《外台秘要方》《龍野ー漢方処方集》
=「龍骨湯」
「竜骨・茯苓・遠志各1.5g、麦門冬3.0g、牡蠣・甘草各4.0g、干姜2.0g」
[1-3]《外台秘要方》
「龍骨・桂枝・遠志・麦門冬・牡蠣各3.0、茯苓4.0、甘草1.5、生姜1.0」
龍生丸 《良筑》
「硫黄6.0、胡椒2.0」作末し、糊で作丸。1回2.0gを服用。
竜星丹 《東醫寶鑑》
「牛胆・南星・朱砂各2銭、黄・黄連各2銭、全蝎・防風・薄荷各1銭片脳・牛黄・麝香各3字、青黛1銭」作末し蜜で桜桃大の丸剤。再び朱砂で衣をし、毎回1丸を随時溶かして呑む。
竜蛻散 《東醫寶鑑》
「蝉退(焼く)1両、大蛇蛻(焼く)1条、滑石(炒)・冬葵子(炒)各1両」作末し、毎回1銭を温服。
竜石散 《東醫寶鑑》
「寒水石3両、朱砂2銭半、片脳2分」作末し患部に1日2~3回塗る。
竜胆丸 《東醫寶鑑》
「竜胆草・升麻・苦練根・防風・赤茯苓・蘆薈・油髪灰・青黛・黄連」各等分に作末し、猪胆汁に漬け、麻子大の丸剤。薄荷紫蘇湯で10~20丸呑む。
竜胆元 《東醫寶鑑》
「竜胆草・黄連・青黛・使君子」等分に作末し、猪胆汁に混ぜ、蘿葡子大の丸剤。10~20丸呑む。
竜胆散 [1]《東醫寶鑑》
「竜胆草・防風」各等分に粉末にし、毎回1銭を就寝時に、米飲で調合して服用。
[2]《東醫寶鑑》
「竜胆草・梔子仁各2銭、防風・川・玄参・荊芥・茵・甘菊・楮実子・甘草各1銭」作末して毎回2銭を食後茶清で服用。
竜胆瀉肝湯 [1-1]《薛立斎十六種》《古今方彙》 
「車前子・木通・生地黄・当帰尾・山梔子・黄・甘草各5分、沢瀉・竜胆各1銭半」水煎。
[1-2]《薛立斎十六種》 
=「龍胆瀉肝湯」
「竜胆1銭半、黄5分、当帰5分、沢瀉1銭半、梔子5分、車前子5分、木通5分、甘草5分、地黄5分」
[1-3]《薛立斎十六種》 《漢方治療の実際》
「車前子・黄・沢瀉各3、木通・地黄・当帰各5、梔子・甘草・竜胆各1.5」
[2]《医宗金鑑》《中医処方解説》
=「龍胆瀉肝湯」
「竜胆草・地黄(生)各9g、柴胡・黄・山梔子・当帰・木通・車前子・沢瀉各6g、甘草(生)3g」水煎服。
[3-1]《一貫堂》《漢方後世要方解説》
=「龍胆瀉肝湯」
「当帰・川・地黄・黄連・黄・黄柏・山梔子・連翹・薄荷葉・木通・防風・車前子・甘草各1.5、竜胆・沢瀉各2」
[3-2]《一貫堂》《龍野ー漢方処方集》
=「龍胆瀉肝湯」
「当帰・川・芍薬・熟地黄・黄連・黄・黄柏・山梔子・連翹・薄荷葉・木通・防風・車前子・山帰来・甘草各1.5g、竜胆・沢瀉・苡仁各2.0g」
[4]《東醫寶鑑》
「柴胡1銭、黄7分、甘草(生)・人参・天門冬・黄連・草竜胆・山梔仁・ 麦門冬・知母各5分、五味子7粒」水煎し空腹時に服用。
[5]《東醫寶鑑》
「竜胆草・柴胡・沢瀉各1銭、木通・車前子・赤茯苓・地黄(生)・当帰、山梔子・黄・甘草各5分」水煎し空腹時に服用。
竜胆湯 [1]《備急千金要方》
=「竜鬚湯」
「竜胆・釣藤鈎・柴胡・黄・桔梗・芍薬・茯苓・甘草各6銖、・大黄各1両」
[2-1]《万病回春》
「黄連・黄・梔子・当帰・陳皮・胆星各1銭、竜胆草・香附子各8分、元参7分、青黛・木香各3分、乾姜(炒黒)3分」作1剤生姜3片。
[2-2]《万病回春》《東醫寶鑑》
「黄連・黄・梔子・当帰・陳皮・牛胆・南星各1銭、草竜胆・香附子各8分、玄参7分、青黛・木香各5分、乾姜(炒黒)3分、姜3片、玄明粉3分」混ぜて服用。
竜騰飲 《賀川》
「龍騰飲」
「大黄5分、黄・黄連・川各1銭」
竜脳安神丸 《東醫寶鑑》
「白茯苓3両、人参・地骨皮・麦門冬・甘草各2両、桑白皮・犀角各1両、 牛黄5銭、竜脳・麝香各3銭、朱砂・馬牙硝各2銭、金箔35片」粉末にし蜜で梧子大の丸剤。金箔で衣をし毎回1丸、冬は温水、夏は冷水で服用。
竜脳飲子 《東醫寶鑑》
「梔子(微炒)1両2銭、甘草(蜜炙)6銭、石膏4銭、括楼根・縮砂各3銭、香葉2銭4分」毎回2~3銭を蜜で調下する。
竜脳黄連膏 《証治準縄》
「黄連半斤・竜脳1銭」
竜脳丸 《宣明論》
「当帰、竜胆、黄柏、黄連、黄、山梔子、大黄、蘆薈、木香、麝香、青黛」
竜脳鶏蘇丸 《東醫寶鑑》
「薄荷1斤、麦門冬4両、蒲黄・阿膠各2両、甘草1両半、人参・黄蓍各1両」を粉末にして、別に「柴胡・木通各2両」を半杯まで煎じ、前の薬を2晩漬けておいて、汁を取って蜜を適量入れて煮て、再び生乾地黄末6両と柴胡・木通汁を混ぜて、弱火で煮て膏になったら、豌豆大の丸剤。20丸づつ熱水で呑む。
竜脳膏 [1]《東醫寶鑑》
「竜脳1銭、仁(泥)2銭半、杏仁7箇」を搗いて、人乳を少し入れて膏を作って点眼する。
[2]《東醫寶鑑》
「薄荷葉1斤、甘草3両、防風・川・桔梗2両、焔硝1両、白豆30粒、縮砂5粒、片脳1銭」作末して、蜜で弾子大の丸剤。
[3]《東醫寶鑑》
「竜脳1分、椒目5銭、杏仁泥2銭半」作末し棗核大に丸め、綿でくるんで耳をふさいで1~2回換える。
竜脳川丸 《東醫寶鑑》
「薄荷葉5両3銭、桔梗1両半、川・防風・甘草各1両、白豆5銭、片脳3銭、縮砂仁2銭」作末して蜜に混ぜ1両を20丸に作る。毎回1丸を茶清で調服し、かんで飲み込む。
竜脳破毒散 《東醫寶鑑》
「芒硝4両、青黛・白蚕・甘草各8銭、蒲黄5銭、馬勃3銭、竜脳・麝香各1銭」作末して毎回1銭を水で調膏して、細かくかむとすぐ出血して治る。万一喉痺でないと自然に消える。
竜脳湯 《東醫寶鑑》
「縮砂2両、甘草1両半」作末し毎回半銭~1銭を茶清で調下する。
竜鳳元 《東醫寶鑑》
「山薬・菟絲子各2両、鹿茸(火燎酒浸炙)1両」作末して蜜で梧子大の丸剤。米飲で30~50丸呑む。
竜硫丸 《漢方診療医典》
=「龍硫丸」
「竜骨2.0、硫黄3.0」米糊で作丸。1回3g用いる。
流気飲子 《東醫寶鑑》
「大腹子1銭、陳皮・赤茯苓・当帰・白芍薬・川・黄蓍・枳実・半夏(製)・防風・甘草各7分半、紫蘇葉・烏薬・青皮・桔梗5分、木香2分半、姜3、棗2」水煎服。
硫汞丹 《東醫寶鑑》
「水銀8銭、生硫黄末2銭」を弱火で煮ながら柳の枝でかき混ぜ、醋を振りかけて砂粒ぐらいになったら、又研末して緑豆大の丸剤。
硫鯉丸 《東醫寶鑑》
「鯉の頭皮を去り、硫黄1両を肚の中に入れて、湿紙でくるみ、黄土で固く封をして火に炙って煙が尽きたら作末して、米糊で梧子大の丸剤。
了哥王湯 《中薬臨床応用》
「了哥王3g(先煎)、白芍薬12g、杉寄生18g、甘草5g、甜杏仁5g、杏仁5g」水煎服。
領金散 《東醫寶鑑》
「香附子(炒黒)4両、当帰尾1両2銭、五霊脂(炒)1両」粉末にし毎回2銭を醋湯で空腹時に調服。
良枳湯 [1-1]《療治大概》《漢方後世要方解説》
「茯苓・半夏各5、桂枝・大棗各3、甘草・枳実各1.5、良姜0.7」
[1-2]《療治大概》《龍野ー漢方処方集》
「茯苓・半夏各4.0g、桂枝・甘草・大棗・枳実各3.0g、良姜1.0g」
痛左に在る者、良姜を去り、呉茱萸を加う《勿誤薬室方函口訣》
良姜湯 《奇効良方》《勿誤薬室方函口訣》
「良姜・木香・檳榔・茯苓・人参各2分、肉豆・呉茱萸・陳皮・縮砂各半両、乾姜1銭」
《奇効医術》《龍野ー漢方処方集》
「良姜・木香各1.0g、檳榔・人参・縮砂・乾姜・肉豆各2.5g、茯苓・陳皮各4.0g、呉茱萸2.0g」
良附丸 《良方集腋》
「高良姜、香附子」作末し、生姜汁で作丸し、1回6g服用。
良方呉茱萸湯 《張介賓》
「呉茱萸・木瓜・食塩各2.0」
喨丸 《東醫寶鑑》
「香椿芽汁4両、人乳・白蜜・梨汁各4両」作末し重湯を煮た白湯で随時服用。
撩膈湯 《東醫寶鑑》
「東から伸びた桃枝梢・柳枝梢各1銭、甘草(生)2銭半、烏梅肉3枚、梔子仁2銭半」作し、漿水大盞1杯半で1杯まで煎じ、滓を去り2分し、空腹時に続けて飲んで、多く吐くことを原則とする。
療悪瘡犀角湯 《雀氏》
「五香湯《千金翼方》+犀角・升麻」
療婦人陰寛冷急小交接而快方 [1]《洞玄子》
「石硫黄2分、青木香2分、山茱萸2分、蛇床子2分」を搗いて篩にかけ粉末にし、交接する時に玉門の中に少し入れる。
[2]《洞玄子》
「石硫黄の粉末」
凉膈散 [1-1]《和剤局方》
「川大黄・朴硝・甘草各二十両、山梔子仁・薄荷(去梗)・黄各十両、連翹二斤半」粗末し、毎回二銭水盞入竹葉七斤蜜(少許)煎至七分去滓食後温服。
[1-2]《和剤局方》《中薬臨床応用》
「大黄(生)9g(後下)、芒硝9g(沖服)、山梔子9g、連翹9g、黄6g、薄荷3g (後下)、淡竹葉6g、甘草6g」水煎服。
[1-3]《東醫寶鑑》
「連翹2銭、大黄・芒硝・甘草各1銭、薄荷・黄・梔子各5分、青竹葉7斤、蜜少し」煎服し、半減したら硝を入れ滓を取って食べる。
[1-4]《和剤局方》《傷寒翼方》
「連翹、薄荷、大黄、朴硝、山梔子、黄、甘草」
右七味毎に一両と水一鐘と竹葉三方、同じく七分に煎じ、滓を去り生蜜少詳入れ、食後温服する。
[1-5]《和剤局方》《漢方治療の実際》
「薄荷・大黄各1、甘草1.5、連翹5、芒硝・桔梗・黄各3、梔子2」
[1-5]《和剤局方》《古今方彙》
「薄荷葉・甘草各8分、連翹1銭、大黄1銭半、芒硝1銭、桔梗8分、山梔子・黄各1銭」水煎し食後服す。
[1-7]《和剤局方》《漢方後世要方解説》
「連翹4、大黄・芒硝・甘草・黄・山梔子・薄荷葉各2、(竹葉1.5、生蜜2)煎服又は末として服す。
[1-8]《和剤局方》《龍野ー漢方処方集》
「薄荷葉・甘草・桔梗各2.5g、連翹・芒硝・黄・山梔子各3.0g、大黄2.0g~4.5g」
[2]《張氏医通》
「凉膈散《和剤局方》芒硝+麻黄・石膏」《方読便覧》
凉血解毒湯 《済世全書》《古今方彙》
「当帰、白、升麻、紫草、赤芍薬、桔梗、連翹、燈心草」水煎。
凉血清腸散 《医学統旨》
「乙字湯」に同じ。
凉血地黄湯 [1]《東醫寶鑑》
「活・防風・柴胡各1銭、生地黄・当帰各5分、知母・黄柏・荊芥・細辛・蔓荊子・黄・川・藁本・黄連・升麻・甘草各3分、紅花1分」水煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「知母・黄柏各1銭、熟地黄・当帰・槐花(炒)・青皮各7分」煎服。
[3]《外科大成》《中薬臨床応用》
「生地黄・地楡・天花粉各18g、当帰・赤芍薬・槐角各9g、荊芥6g、黄5g、黄連・枳殻・升麻・甘草(生)各3g」水煎服。
《寿世保元》《古今方彙》
「犀角(乳汁にて磨し服するに臨んで薬を内に入れor同じく煎ず)・生地黄・牡丹皮・茅根各2銭、柏葉3銭、黄柏(酒)5分、赤芍薬7分、黄連(酒)・知母・黄(酒)・玄参・天門冬各1銭」水煎。
《済世全書》《古今方彙》
「四物湯+白朮・人参・黄連・升麻・山梔子・玄参・甘草」水煎。
凉血飯 《東醫寶鑑》
「人参・黄蓍・黄連・地黄(生)・当帰・川・槐角・条・枳殻・升麻各1銭」煎服。
凉血抑火湯 《丹台玉案》
「三黄瀉心湯+当帰、芍薬、牡丹皮、地黄(生)、川」
凉驚丸 《東醫寶鑑》
「黄連1両、草竜胆・防風・青黛各3銭、竜脳5分半、牛黄・麝香各1字」作末し麺糊で栗米大の丸剤。毎回10~20丸を金銀を煎じた水で飲む。
凌霄花散 《東醫寶鑑》
「凌霄花・山梔子」各等分に作末し、毎回2銭を食後茶清で服用。
《張壁方》《中薬臨床応用》
「凌霄花9g、当帰尾9g、紅花9g、劉寄奴15g、赤芍薬6g、牛膝15g、蘇木9g、肉桂3g、白6g、甘草3g」水煎服。
苓甘姜味辛湯 [1-1]《金匱要略》
=「苓甘五味姜辛湯」
苓甘姜味辛夏仁湯 [1-1]《金匱要略》
=「苓甘五味加薑辛半夏杏仁湯」
「茯苓4両、甘草3両、五味子半升、乾姜3両、細辛3両、半夏半升、杏仁(去皮尖)半升」
右七味、以水一斗、煮取三升、去滓温服半升、日三服。
[1-2]《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
「茯苓4.0g、甘草・五味子・乾姜・細辛・杏仁各3.0g、半夏5.0g」
水400ccを以て煮て120ccに煮詰め1回20ccづつ1日3回服用。
苓甘姜味辛夏仁黄湯 [1-1]《金匱要略》
「茯苓4両、甘草3両、五味子半升、乾姜3両、細辛3両、半夏半升、杏仁半升、大黄3両」
右八味、以水一斗、煮取三升、去滓、温服半升、日三服。
[1-2]《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
「苓甘姜味辛夏仁湯+大黄3.0g」
苓甘五味姜辛湯 [1-1]《金匱要略》
=「薑辛湯」
「茯苓4両、甘草3両、乾姜3両、五味子半升、細辛3両」
右五味、以水八升、煮取三升、去滓、温服半升、日三服。
[1-2]《金匱要略》
=「苓甘五味薑辛湯」
苓姜朮甘湯 [1-1]《金匱要略》
「甘草2両、白朮2両、乾姜4両、茯苓4両」 
右四味、以水五升、煮取三升、分温三服。腰中即温。
[1-2]《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
「甘草・白朮各2.0g、乾姜・茯苓各4.0g」
水400ccを以て煮て120ccに煮詰め3回に分服。
[1-3]《金匱要略》
「茯苓6、乾姜・朮各3、甘草2」
苓桂甘棗湯 [1-1]《傷寒論》
=茯苓桂枝甘草大棗湯
「茯苓半斤、桂枝(去皮)4両、甘草(炙)2両、大棗(擘)15枚」
右四味、以甘爛水一斗、先煮茯苓、減二升、内諸薬、煮取三升、去滓、温服一升、日三服。作甘爛水法、取水二斗、置大盆内、以杓揚之、水上有珠子五六千顆相逐、取用之。
[1-2]《傷寒論》《龍野ー漢方処方集》
=「茯苓桂枝甘草大棗湯」
「茯苓8.0g、桂枝・大棗各4.0g、甘草2.0g」
水400ccを十分に攪拌し茯苓を煮て320ccに煮詰め、他の諸薬を入れて煮直して120ccに煮詰め3回に分服。
苓桂五味甘草湯 [1-1]《金匱要略》
「茯苓4両、桂枝(去皮)4両、甘草(炙)3両、五味子半升」
右四味。以水八升、煮取三升、去滓、分三温服。
[1-2]《金匱要略》
「茯苓6.0桂枝4.0五味子3.0甘草2.0」
[1-3]《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
「茯苓・桂枝各4.0、五味子・甘草各3.0」水320を以て煮て3回に分服。
[1-4]《金匱要略》
=「苓桂味甘湯」「茯苓桂枝五味甘草湯」「桂苓五味甘草湯」
苓桂五味姜辛湯 《金匱要略》《中薬臨床応用》
「茯苓15g、桂枝5g、五味子9g、乾姜3g、細辛1.5g」水煎服。
苓桂朮甘湯 [1-1]《金匱要略》
「茯苓4両、桂枝3両、白朮3両、甘草2両」
右四味、以水六升、煮取三升、分温三服、小便則利。
[1-2]《東醫寶鑑》
「赤茯苓2銭、桂皮・白朮各1銭半、甘草1銭」水煎服。
[1-3]《金匱要略》
「茯苓4.0g、桂枝3.0g、白朮・甘草各2.0g」
水240ccを120ccまで煮詰め3回に分服。
苓桂味甘湯 《金匱要略》
=苓桂五味甘草湯=茯苓桂枝五味甘草湯=桂苓五味甘草湯
「茯苓四両、桂枝(去皮)四両、甘草(炙)三両、五味子半升」
苓朮湯 《東醫寶鑑》
「白茯苓・白朮・厚朴・青皮・乾姜(炮)・草果・半夏・甘草各1銭、姜3片、 棗2枚」水煎服。
《東醫寶鑑》
「赤茯苓・白朮・乾姜・沢瀉・桂心各1銭」水煎服。
寮蛇半剣湯 《中薬臨床応用》
「徐長卿15g、蛇王藤、15g、半辺蓮15g、七星剣15g」3杯の水を1杯まで煎じ、適量の白酒を注いで熱い内に服用。
蓼朮健脾丸 《東醫寶鑑》
「蒼朮8両(2両は塩水浸・2両は米浸・2両は醋浸・2両は葱白炒)・人参・白朮・白茯苓・山薬(炒)・破故紙(酒炒)・枸杞子・菟絲子(酒製)・蓮肉各2両、川煉肉・五味子・牛膝各1両半、川椒(炒)・茴香(塩炒)・陳皮・木香・遠志各5銭」作末し酒糊で梧子大の丸剤。空腹時に塩湯で100丸呑む
緑豆飲 《証治準縄》《中薬臨床応用》
「緑豆60g、黄連9g、葛根15g、甘草5g」水煎服。
緑礬丸 《療治茶談》
「蒼朮(炒)・神麹・陳皮・厚朴(炒)・大棗各8匁、甘草5匁、緑礬(焼存性)4匁」細末とし、赤小豆2粒大の丸剤。1回に30丸、1日3回食後に服用。
《東醫寶鑑》
「五倍子(炒黒)・神麹(炒黄)各8両、鍼砂(炒紅腫淬)・緑礬(姜汁炒白)各4両」作末し、姜汁で煎じた棗肉を梧子大の丸剤。温酒で60~70丸を飲む。
緑袍丸 《東醫寶鑑》
「黄柏(蜜炙)1両、青黛3銭、片脳2分」作末し患部に塗り、つばを吐けばすぐ治る。
緑袍散 《焦氏喉科枕秘方》
「黄柏2両・青魚胆1両・人中白3銭・青黛3銭・梅片3銭・硼砂3銭」
藜芦湯 《中薬臨床応用》
「藜芦3g、天南星6g、蜈蚣3匹、地竜9g、杜仲12g、法半夏9g」水煎服。
林鐘丸 《東洞家塾方》
=「甘連大黄丸」
「大黄6両、甘遂・黄連各2両」杵き篩い作末し、梧桐子大の糊丸。毎服30丸白湯で送下す。
淋証一方 《寿世保元》《古今方彙》
「阿膠2両、猪苓・沢瀉・滑石・赤茯苓各1両、車前子5銭」水煎
《済世全書》《古今方彙》
「牙皀、滑石、竹葉、燈心草、皮硝(朴硝)」水煎し一宿を露し、次の朝早く温服する
淋巴腺結核方 《中薬臨床応用》
「羅漢果1個、浙貝母15g、山慈姑15g、風栗殻15g、千層紙9g、夏枯草9g」水煎服。




関連情報
漢方薬(50音順)

漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候/病名)

漢方の証

漢方医学の分量

生薬

病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証

漢方書籍






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬