ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(ろ)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




弄玉湯 《原南陽》
「茯苓・桂枝各4分、白朮2分、甘草・黄連各3分、木香・橘皮各2分」
貝養栄湯 [1-1]《温疫論》
「知母・花粉・貝母・括楼実・橘紅・白芍薬・当帰・紫蘇子」
[1-2]《温疫論》《勿誤薬室方函口訣》
=「呂貝養栄湯」
「括仁・貝母・知母・橘皮・芍薬・当帰・天花粉・蘇子・生姜」
炉甘石散 《東醫寶鑑》
「炉甘石を多少にかかわらず、先に童便で7回濾して、黄連を煎じた湯で淬すること7回、又、雀舌を煮た水で淬すること7回、この3つの汁を合わせ、再び3回淬させたあと、炉甘石を細末にして少しづつ目の痛むところへ垂らす。
芦根清胃飲 《中薬臨床応用》
「芦根30g、茅根30g、竹茹6g、半夏6g、生姜6g、枇杷葉9g」水煎服。
炉硝散 《審視瑤凾方》《中薬臨床応用》
「活9g、防風9g、川6g、白6g、黄9g、菊花9g、蔓荊子9g、炉甘石15g、硝石2.5g、竜脳0.3g」前の7葉の水侵液を2回とり、薬液が糊状になるまで蒸発させ、次いで後の3薬の細末と練り合わせる。毎日2回1%Dicaine点眼をしてから少量を塗布する。
砂三子湯 《中薬臨床応用》
「砂0.6g(沖服)、蘇子9g、子9g、白芥子5g」水煎服。
呂仏翁方 《東醫寶鑑》
「熟地黄・川椒(炒)・甘菊」各等分に作末し、蜜で梧子大の丸剤。空腹時に塩湯で50~70丸呑む。
狼牙湯 《金匱要略》
「狼牙3両」
右一味、以水四升、煮取半升、以綿纏筋如繭、浸湯瀝陰中、日四遍。
楼貝湯 《中薬臨床応用》
「楼皮9g、浙貝母9g、牛蒡子3g、連翹9g、山梔子6g、桑葉6g、天花粉9g、薄荷5g(後下)」水煎服。
漏蘆散 《衛生宝鑑》
「漏蘆、升麻、大黄、黄、藍葉、玄参」
漏蘆散 《東醫寶鑑》
「漏蘆2銭半、蛇退(焼)1条、瓜1箇」作末し2銭を酒で調服し、熟羹湯で補い、万一乳汁があまり多くて急に痛むときは、温帛をかけてもむ。
漏蘆湯 《備急千金要方》
「漏蘆、黄、連翹、白歛、枳殻、升麻、甘草(生)、麻黄、朴硝、大黄」
漏芦解毒湯 《中薬臨床応用》
「漏蘆9g、黄蓍24g、党参18g、防風9g、黄柏9g、川5g、当帰6g、北紫草6g、金銀花5g」水煎服。
蘆薈丸 《内科秘録》
「蘆薈」細末にし、糊で作丸し、1回1.0g服用。
露姜飲 《東醫寶鑑》 
「生姜4両を皮を裂いて自然汁を出し、瘧が出そうになったら、前夜にきれいな容器にいれて紗布をかぶせ、露にあて夜中に上澄みを取って呑む
露姜養胃湯 《東醫寶鑑》
「先に生姜4両を搗いて自然汁を取り、一晩夜露にあて、翌朝人参養胃湯1貼に棗2、梅1を入れ、煎じて姜汁で混ぜ、空腹時に温服。
露宿湯 《東醫寶鑑》
「杏仁(皮尖)7個、苦木瘡(手のひら大)1個、烏梅1、草果1、酸石榴皮半分、青皮2、甘草1寸、姜3片」水煎し、一晩露に当て、翌朝空腹時に服用
露星膏 《東醫寶鑑》
「黄蓍(蜜炒)・胡黄連・地骨皮・柴胡」各等分に作末し、蜜で実大の丸剤。酒に漬けて一晩露にあて、次の日に酒は捨て、薄荷湯に漬けて食べる。
老瘧飲 《東醫寶鑑》
=「瘧飲」
「蒼朮・草果・桔梗・陳皮・良姜各7分、白・赤茯苓・半夏・枳殻・桂心・乾姜・甘草各5分、紫蘇葉・川各4分」作1貼し、塩を少し入れ煎服。
《東醫寶鑑》
「常山・草果各2両半、縮砂・檳榔・三稜・莪朮・青皮・陳皮・烏梅・半夏各1両」作末し姜汁糊で麻子大の丸剤。毎回5丸、就寝時に冷水で呑む。
十将軍丸と同じ薬物。
老君神明散 《東醫寶鑑》
「川烏(炮)4両、附子(炮)・白朮各2両、桔梗・細辛各1両」
煎散 《東醫寶鑑》
「杏仁・人参・麦門冬・山薬・白茯苓・百合・鹿角膠・甘草(炙)」各等分に粗末、毎回3銭を黄と角子ぐらいに切って入れ、水煎服。
茶飲 《東醫寶鑑》
「麦芽・附子・白各1銭、細辛・川・防風・活・荊芥各半銭、塩一握り」煎服。
苓元 《東醫寶鑑》
=「威喜元」
「雪白茯苓4両を切って、猪苓2銭半と煎じて20余回煮立ったら、猪苓は捨て、茯苓だけ取り出して作末し、黄4両を溶化して弾子大の丸剤。
六一散 [1-1]《劉河間》
「滑石・甘草」
[1-2]【中成薬】《中薬臨床応用》
「滑石(生)末、生甘草末」6対1の割合で服用、
成人は毎日2~3回、6~9g(小児は2.5~3g)ぬるま湯で服用。
他剤の煎汁で服用も可。
他の薬物と一緒に煎じるときは、9~15gを包煎。
[2]《朱氏集談》
「黄蓍(炙)6両、甘草(炙)1両」
六一順気湯 《傷寒六書》《東醫寶鑑》
「大黄2銭、枳実・厚朴・芒硝・柴胡・黄・芍薬・甘草各1銭、姜3片」水煎し、半分になったら鉄さび液3匙入れ調服する。
六欝湯 [1-1]《東醫寶鑑》
「香附子2銭、川・蒼朮各1銭、赤茯苓・梔子仁各7分、縮砂・甘草各5分、姜3片」水煎服。
[1-2]《東醫寶鑑》
「便香附・蒼朮・神麹・連翹・陳皮・川・赤茯苓・貝母・枳殻・紫蘇葉各1銭、甘草5分、姜3片」水煎服。
[1-3]《医学正伝》《古今方彙》
=本方六欝湯。
「陳皮・半夏・蒼朮・川各1銭半、山梔子・赤茯苓各7分、香附子2銭、砂仁・甘草各5分、生姜」煎服。
[2] 《医学入門》
「陳皮・半夏・川・蒼朮各一銭、赤茯苓・梔子仁各七分、香附子二銭、砂仁・甘草各五分、生姜三切」
六応散 《東醫寶鑑》
「欝金・滑石・川」等分に作末し、毎回2銭をセイ汁で調下
六神丸 [1-1]《雷氏方》
「牛黄、雄黄、真珠粉、元寸香、氷片、蟾酥」
[1-2]《雷氏方》
「麝香、牛黄、竜脳、朱砂、蟾酥、雄黄」
[1-3]【中成薬】
「蟾酥、牛黄、真珠、麝香、雄黄、竜脳」1日1~2回、30~60mgづつ服用。
[2]《京都亀田家製》
「蟾酥5.0、麝香25.0、牛黄13.0、熊胆・真珠各17.0、辰砂12.0、竜脳3、結合剤8.0、丸皮芍薬霜」
[3]《東醫寶鑑》
「黄連・木香・枳殻・赤茯苓・神麹(炒)」各等分に作末し、神麹糊で梧子大の丸剤。毎回50~70丸を、赤痢には甘草湯で、白痢には乾姜湯で、赤白痢には乾姜甘草湯でそれぞれ飲み下す。
六神散 《東醫寶鑑》
「白茯苓・白扁豆(炒)各2銭、人参・白朮・山薬(炒)各1銭、甘草(炙)7分」を粗末にして毎回1銭に「姜3・棗2」を入れ水煎服。
《三因極一病証方論》《古今方彙》
「人参・白朮各5銭、茯苓1両、甘草2銭、山薬5銭、白扁豆1両、生姜、大棗」水煎。
六神湯 《女科輯要方》
「橘紅・石菖蒲・半夏麹・胆星・茯神・旋覆花」
《東醫寶鑑》
「肉豆()・破故紙(炒)・白朮・白茯苓各1銭半、木香・甘草(炙)
六聖散 《東醫寶鑑》
「乳香・没薬・川・雄黄・白各2銭、芒硝5銭」作末
六柱散 《東醫寶鑑》
「四柱散+訶子・肉豆各等分」
四柱散=木香・白茯苓・人参・附子(炮)・姜・棗。
六珍丹 《東醫寶鑑》
「水銀1両半、黒鉛1両」を炒って粉にし、雄黄・雌黄・真珠各1両、丹砂(水を切る)5銭を細末にし、蜜を入れて搗いて梧子大の丸剤。姜棗湯で5丸づつ服用
六度煎 《亀井南溟》《勿誤薬室方函口訣》
「芍薬・当帰・黄蓍各1銭、遺糧8銭、附子・虎脛骨各1銭」
六磨湯 [1-1]《東醫寶鑑》
「四磨湯+大黄・枳殻」
四磨湯=檳榔・沈香・木香・烏薬
[1-2]《東醫寶鑑》
「四磨湯+木香・枳殻各等分」
[1-3]《世医得効方》《古今方彙》
「沈香・木香・檳榔子・烏薬・枳殻・大黄各等分」熱水を用いて膿汁に磨り、合して之を服す。
六味三稜丸 《東醫寶鑑》
「莪朮・三稜・麦芽・青皮」等分に作末し、麺糊で緑豆大の丸剤。
六味丸 [1-1]《小児薬証直訣》
「熟地黄八銭、山茱萸肉・山薬各四銭、沢瀉・牡丹皮・茯苓(去皮)各三銭」作末し梧桐子大の蜜丸。毎回三丸を空腹時に温服。
[1-2]【中成薬】《小児薬証直訣》《中薬臨床応用》
=「六味地黄丸」「地黄丸」
「熟地黄、山茱萸、山薬、茯苓、沢瀉、牡丹皮」
[1-3]《東醫寶鑑》
「熟地黄8両、山薬・山茱萸各5両、沢瀉・牡丹皮・白茯苓各3両」粉末にし蜜で梧子大の丸剤。温酒と塩湯で50~70丸呑む。
[1-4]《小児薬証直訣》《龍野ー漢方処方集》
=「六味地黄丸」
「熟地黄8、山茱萸・山薬各4、牡丹皮・沢瀉・茯苓各3」 の割合で粉末にし蜂蜜で丸剤に作り、6.0g~15.0gを1日3回に分服。
六味地黄丸 《丹渓附録》
「六味丸+牡蛎・五味子」
六物黄湯 [1-1]《金匱要略》
「黄3両、人参3両、乾姜3両、桂枝1両、大棗12枚、半夏半升」
右六味、以水七升、煮取三升、温分三服。
[1-2]《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
「黄・人参・乾姜・大棗各3.0g、桂枝2.0g。半夏8.0g」水280ccを以て煮て120ccに煮詰め3回に分服。
六物葛根湯 《勿誤薬室方函口訣》
「葛根黄黄連湯+紅花・石膏」
六物解毒湯 《黴癘新書》《勿誤薬室方函口訣》
「遺糧4銭、金銀花2銭、川・苡仁各1銭半、木瓜・大黄各1銭」
六物散 《東醫寶鑑》 
「乾枸杞根・乾薔薇根・甘草各2両、胡粉・商陸根・滑石各1両」作末し酒少量に混ぜて塗る。
六物敗毒湯 《漢方診療医典》
「遺糧4.0、金銀花・川・木瓜各3.0、苡仁5.0、大黄1.0」
六物附子湯 [1-1]《三因極一病証方論》
「炮附子・桂心・防已各4両、白朮・茯苓各3両、炙甘草2両」
[1-2]《三因極一病証方論》《勿誤薬室方函口訣》
「附子4両、桂枝4両、蒼朮2分、甘草2分、防已4両、茯苓3分」水煎し冷服。
[1-3]《三因極一病証方論》《経験》
「附子・甘草各1.8、桂枝・防已各3.0、白朮・茯苓各5.0」
[1-4]《三因極一病証方論》《龍野ー漢方処方集》
「桂枝・防已各4.0g、甘草2.0g、白朮・茯苓各3.0g、白川附子1.0g」
六和湯 《和剤局方》《医方考》
「縮砂仁・香・厚朴・杏仁・半夏・白扁豆・木瓜・人参・白朮・赤茯苓・甘草・生姜・大棗」
《和剤局方》《古今方彙》
「半夏・砂仁・杏仁・人参・甘草各1両、赤茯苓・香・白扁豆・木瓜各2両、香・厚朴各4両、生姜、大棗」水煎。
《東醫寶鑑》
「香・厚朴各1銭半、赤茯苓・香・白扁豆・木瓜各1銭、縮砂・杏仁・半夏・人参・甘草各5分作1貼して、姜3、棗2を入れ、水煎服。
黄連(麩炒)1銭を加えると、清暑六和湯という。
[2]《東醫寶鑑》
「常山2銭、知母・貝母・人参・草果・白・烏梅・檳榔・柴胡各1銭、姜3、棗2」
鹿角膠丸 《東醫寶鑑》
「鹿角膠(炒)1両、没薬・油髪灰各6銭」粉末にし、白茅根汁に糊を少し混ぜ梧子大の丸剤。空腹時に塩湯で70丸呑む。
鹿角膠散 《東醫寶鑑》
「鹿角膠1斤、鹿角霜・熟地黄各8両、当帰身4両、牛膝・白茯苓・菟絲子・人参・白朮・杜仲各2両、虎脛骨・亀板(酥炙)各1両」を作末して鹿角膠を酒に入れ、煎じつめた水で梧子大の丸剤。姜塩湯で100丸飲み下す
鹿角散 《東醫寶鑑》
「鹿角屑・鹿茸(酥炙)各1両、白茯苓7銭半、人参・白茯神・桑蛸・川・当帰・破故紙・竜骨・韭子(酒浸・1晩焙)各5銭、柏子仁・甘草各2銭半」粉末にし、毎回5銭に姜5斤・棗2枚・粳米100粒を入れて煎じ、空腹時に服用。
《洞玄子》
「鹿角・柏子仁・菟絲子・蛇床子・車前子・遠志・五味子・肉蓉各4分」搗いて篩(ふるい)にかけ作末する。毎食後5分~1寸大の匙1杯を服用。
鹿茸丸 《東醫寶鑑》
「麦門冬2両、鹿茸・熟地黄・黄蓍・五味子・鶏(麩炒)・肉蓉(酒浸)・山茱萸・破故紙(炒)・牛膝(酒浸)・人参各7銭半、白茯苓・地骨皮・玄参各5銭」作末し蜜で梧子大の丸剤。空腹時に米飲で50~70丸呑む。
《厳氏済生方》
「鹿茸、牛膝、五味子、川楝肉、山薬、肉桂、杜仲、沢瀉、沈香」
鹿茸散 《備急千金要方》《中薬臨床応用》
「鹿茸1.5g、当帰9g、阿膠9g、蒲黄6g、烏賊骨15g」細末にし毎日1~2回、3gづつ湯で服用。
《証治準縄》
「鹿茸、烏賊骨、白芍薬、当帰、桑寄生、竜骨、人参、桑蛸」
《婦人大全良方》
「鹿茸、烏賊骨、桑寄生、竜骨、白芍、当帰、附子、桑蛸」
鹿茸大補丸 《沈氏尊生書》
「鹿茸、黄蓍、茯苓、当帰、熟地黄、肉蓉、杜仲、白芍、白朮、附子、肉桂、人参、五味子、金石斛、半夏、甘草」
鹿茸大補湯 《医学入門》《古今方彙》
「鹿茸・黄蓍・当帰・白茯苓・熟地黄各2分、白芍薬・白朮・附子・人参・肉桂・半夏・石斛・五味子各3分、肉蓉・杜仲各4分、甘草1分、生姜、大棗」煎服。
《東醫寶鑑》
「肉蓉・杜仲各1銭、白芍薬・白朮・附子(炮)・人参・肉桂・半夏・石斛・五味子各7分、鹿茸・黄蓍・当帰・白茯苓・熟地黄各5分、甘草2分半、姜3、棗2」煎服。
蘆根散 《聖恵方》
「蘆根、天花粉、麦門冬、甘草」
緑礬丸 《東醫寶鑑》
「五倍子(炒黒)・神麹(炒黄)各8両、鍼砂(炒紅腫淬)・緑礬(姜汁炒)各4両」作末し姜汁で煎じた棗肉を梧子大の丸剤。温酒で60~70丸呑む。
緑袍散 《東醫寶鑑》
「黄柏・薄荷・芒硝・青黛」各等分に作末
炉灰膏 《東醫寶鑑》
「響糖炉のなかに灰1升半、風化石灰1升を炒って竹箕に入れて混ぜ、3椀を滾湯に入れ、ゆっくりと自然汁1椀を取って、煮て膏を粥のように作った後、巴豆末2銭を入れ、次に蟾酥2銭と白丁香末(炒)5分、石灰末1銭を入れて、再び煮て乾麺糊のようになると、患部に塗る。




関連情報
漢方薬(50音順)

漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候/病名)

漢方の証

漢方医学の分量

生薬

病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証

漢方書籍






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬