ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(す)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




水火分清飲 《万病回春》《東醫寶鑑》
「赤茯苓1銭、益智仁・草・石菖蒲・猪苓・車前子・沢瀉・白朮・陳皮・枳穀・升麻各7分、甘草5分」作し、酒水を半分づつで空腹時に服用
水腫一方 《医宗必読》《古今方彙》
「人参1両、附子(生)3銭、牛膝・茯苓各5銭」
水芝丸 「蓮肉1斤を猪肚のなかに入れ蒸すか、煮て搗いて作丸し梧子大の丸剤。
水聖散 《東醫寶鑑》
=「浮萍湯」
「晩春の霜を受けた浮萍を採取し、綺麗な瓦のうえに広げて乾燥、瓦を1日1枚づつ取り替え、陰干しして細末にし、水で肛門をきれいに拭いた後、薬を塗る
水蛭海藻散 《中薬臨床応用》
「水蛭6g、海藻30g」作末し1回6gを黄酒で沖服する
水調膏 杏仁(研泥)を白麺と等分にし、新汲水で調製して膏を作り、傷腫処に貼る
水煮金花丸 《東醫寶鑑》
「白麺4両、半夏(湯洗)・天南星(湯洗)・寒水石(焼)各1両、天麻5銭、雄黄1銭半」作末し水で梧子大の丸剤。毎回100丸、漿水を煎じて丸薬を漬け、再び煎じて丸が浮き上がったら、その丸を生姜湯で食前に服用。
水煮木香元 《東醫寶鑑》
「乾姜2両、罌栗殻1両、訶子肉3銭、当帰・白芍各2銭半、木香・青皮・陳皮・甘草各1銭半」粉末にし弾子大の蜜丸。熱湯で1丸飲む。
水煮木香膏 《東醫寶鑑》
「罌栗殻(蜜炒)3両、縮砂・肉豆()・乳香各7銭半、木香・丁香・訶子・香・当帰・黄連・厚朴・陳皮・青皮・白芍・甘草(炙)各5銭、枳実乾姜(炮)各2銭」粉末にし弾子大の蜜丸。水1盃・棗1枚を煎じて服用。
水陸二仙丹 《証治準縄》《医方集解》
「金桜子・実肉」
水陸二味丸 《洪氏集験方》《中薬臨床応用》
=「水陸二仙丹」
「金桜子膏、実粉」等量を酒で練って丸剤。1回6g、重湯で服用。
推気丸 《東醫寶鑑》
「牽牛子末・大黄・檳榔・枳実・陳皮・黄」等分に粉末にし、姜汁糊で梧子大の丸剤。淡姜湯で30~50丸飲む。
推気散 [1]《済世全書》《東醫寶鑑》
「枳穀・桂心・姜黄各5銭、甘草2銭半」粉末にし毎回2銭、姜棗湯で調下する。
[2]《済世全書》《古今方彙》
「姜黄・当帰各1銭半、桂心(少許)、甘草(炙)5分」水煎。
奴湯 《東醫寶鑑》
「桃奴・鼠糞・延胡索・肉桂・香附子・五霊脂・縮砂・桃仁」各等分に粉末にし、毎回3銭を温酒で調下。
吹喉散 [1]《東醫寶鑑》
「胆礬5銭を青魚胆の中に入れ、風で乾かし、巴豆7箇の殻を去り、焔硝2銭半を細切り、「銅青1銭、軽粉5分、青黛1字」に胆礬・巴豆・焔硝など4味を合わせ、再び麝香少々入れ、少しづつ喉の中に吹き入れる
[2]《東醫寶鑑》
「胆礬・白礬・焔硝・片脳・山豆根・辰砂・鶏内金(焙)」極細末にし竹管で喉中に、少しづつ吹き入れる。
吹耳散 《東醫寶鑑》
「乾臙脂・海蛸・枯白礬・竜骨・赤石脂・密陀僧()・胆礬・青黛・硼砂・黄連各1銭、竜脳2分、麝香1分」細末し膿汁を拭いて吹き入れる。
酔郷宝屑 《東醫寶鑑》
「葛根・白豆・縮砂・丁香各5銭、百薬煎、甘草2銭半、木瓜4両、炒塩1両」粉末にして飲む。
瑞金丸 《東醫寶鑑》
「姜黄1銭半、牡丹皮・莪朮・紅花・当帰・赤芍・川・延胡索・官桂各7分」酒・水半分づつにしたもので煎服。
瑞竹堂化痰丸 《東醫寶鑑》
「半夏・南星・生姜・明礬・皀角各4両を土鍋に入れて、水で煮て南星に白点がなくなったら皀角を捨て、青皮・陳皮・紫蘇子・神麹・麦芽・山楂肉 ・蘿葡子・香附子・杏仁各1両」粉末にし、姜汁を浸した蒸餅で梧子大の丸剤。毎回50~70丸、食後・就寝時に茶酒で服用
瑞蓮丸 [1]《東醫寶鑑》
山薬(炒)・白朮(土炒)・蓮肉・仁各2両、白茯苓・橘紅・白芍(酒炒)各1両、人参・甘草(炙)各5銭を粉末にし猪肚1箇を綺麗に洗って煮、搗いて薬末を入れて梧子大の丸剤。毎回100丸、空腹時米飲で白雪と兼服する。
[2]《東醫寶鑑》
「蒼朮1斤の生4両を酒・醋・米各4両づつに漬けて、蓮肉1斤の皮・滓を去って酒浸し、軟らかくなったら猪肚のなかに入れて煮、焙って乾燥し、枸杞子・五味子・破故紙・熟地黄各2両を粉末にし、前の猪肚を搗いて膏を作った後、酒煮糊で梧子大の丸剤。酒で50~70丸飲。
仁湯 《中薬臨床応用》
「仁肉9g、菊花9g、夜明砂9g、熟地黄15g、蝉退5g、密蒙花3g、欝金5g、白芍薬12g」水煎服。
賓丸 [1-1]《東洞家塾方》
=「平水丸」
「商陸4両、甘草2両、芒硝・芫花・呉茱萸各4両」作末し梧桐子大の蜜丸。3丸を日に3回服用。
[1-2]
=「平水丸」
「甘遂2.0、芒硝・芫花各3.0、商陸4.0、呉茱萸5.0」右五味、各別に細末にし、糊丸。
[1-3]《春林軒丸散方》
「甘遂2.0、芒硝・芫花・呉茱萸各3.0、商陸4.0」細末にし、糊丸。
朱雀丸 《東醫寶鑑》
「白茯神2両、沈香5銭」粉末にし、湯で浸した蒸し餅で梧子大の丸剤。朱砂5銭で衣をつけ、人参湯50丸で服用。
豆巻湯 《中薬臨床応用》
「豆巻15g、蚕砂12g、通草6g、南京花9g、香5g、厚朴9g、金銀花12g、滑石18g、甘草3g」水煎服。
豆橘紅散 《東醫寶鑑》
「木香・丁香各1銭、白豆・人参・厚朴・白朮・神麹・乾生姜・半夏麺・橘紅・香・甘草(炙)各5分、姜3、棗2」水煎服。
豆湯 《和剤局方》
「肉豆仁、甘草、白麺、丁香、塩」
豆参散 《東醫寶鑑》
「赤小豆・苦参」酸漿水で調服し、羽で探吐する
頭風神方 《広筆記》
「遺糧4両、金銀花2銭、蔓荊子1銭、玄参8分、防風1銭、天麻1銭、辛夷5分、黒豆49粒、川、燈心草20根、芽茶5銭」
頭風摩散方 《金匱要略》
「大附子(炮)1枚、等分」沐
寸金錠子 《東醫寶鑑》
「牡蛎粉・紅藤根・乾漆各5銭、籐黄・雄黄・雌黄・硫黄・軽粉・粉霜・麝香・砒霜・枯黄丹各1銭」粉末にし陳米飯で棗核大の丸剤。




関連情報
漢方薬(50音順)

漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候/病名)

漢方の証

漢方医学の分量

生薬

病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証

漢方書籍






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬