ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(た)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




大阿膠元 《東醫寶鑑》
「山薬・五味子・熟地黄・阿膠珠・白茯苓各1両、麦門冬・丹参・貝母・防風・茯神・柏子仁・百部根・杜仲各5銭、遠志・人参各2銭半」作末し蜜で弾子大の丸剤。毎回1丸服用。
大安丸 《丹渓心法》《東醫寶鑑》
「山肉・白朮各2両、神麹・半夏・茯苓各1両、陳皮・連翹・蘿葡子(炒)各5銭」作末し、神麹糊で梧子大の丸剤。白湯で50~70丸呑む。
大異香散 《東醫寶鑑》
「三稜・莪朮・青皮・陳皮・香・半夏(麹)・桔梗・益智仁・香附子・枳殻各1銭、甘草2部半、姜5、棗2」水煎服。
大烏頭煎 《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
「烏頭大きなもの5個(約15.0g)熬って皮を去る水120ccを以て煮て40ccに 煮詰め、滓を去り、蜂蜜40ccを入れて煮直して80ccに煮詰め、1回に強 人は30.0g弱人は20.0gを服す」
大温経湯 《医学入門》《古今方彙》
「阿膠・芍薬・・当帰・人参・肉桂・牡丹皮・呉茱萸・甘草各2分、半夏3分半、麦門冬5分、生姜」煎服。
大温脾湯 《勿誤薬室方函口訣》
「温脾湯《備急千金要方》+芍薬・黄・厚朴」
大黄飲子 《東醫寶鑑》
「生地黄2銭、大黄()・杏仁・梔子・升麻・枳殻各1銭、人参・黄・甘草各5分、姜5片、殻2粒、烏梅1箇」煎服。
大黄黄連瀉心湯 [1-1]《傷寒論》
=「大黄黄連湯」
「大黄2両、黄連1両」右二味、以麻沸湯二升漬之、須臾絞去滓。分温再服。
◎心下痞、按之濡。其脉関上浮者。大黄黄連瀉心湯主之。
◎傷寒大下後復発汗、心下痞、悪寒者、表未解也。不可攻痞、當先解表、表解乃可攻痞。解表宜桂枝湯、攻痞宜大黄黄連瀉心湯。《傷寒論》辨太陽病脉證并治下第七。
[1-2]《傷寒論》
「大黄(酒洗)2両、黄連1両」右二味、以麻沸湯二升漬之、須臾絞去滓。分温再服。
◎傷寒大下後復発汗、心下痞、悪寒者、表未解也。不可攻痞、當先解表、表解乃攻痞。解表宜桂枝湯、用前方。攻痞宜大黄黄連瀉心湯。《傷寒論》辨発汗吐下後病脉證并治第二十二。
[1-3]《金匱要略》
「大黄2両、黄1両、黄連1両」右三味、以水三升、煮取一証、頓服之。
◎心氣不足、吐血、衂血、瀉心湯主之。
◎婦人吐涎沫、医反下之、心下即痞、當先治其吐涎沫、小青竜湯主之。涎沫止、乃治痞、瀉心湯主之。
[1-4]《漢方治療の実際》
「三黄瀉心湯」に同じ。
[1-5]《傷寒論》
「大黄6.4、黄連3.2」《奥田謙蔵》
◎《傷寒論識》には黄1味を脱すとあり、《千金翼方》、康平本には黄1両がある
大黄甘草湯 [1-1]《金匱要略》
「大黄4両、甘草1両」右二味、以水三升、煮取一升、分温再服。
◎食已即吐者、大黄甘草湯主之。《金匱要略》嘔吐下利病脉證治第十七。
[1-2]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「大黄4、甘草1」
[1-3]《金匱要略》
「大黄6.4、甘草3.2」右二味を一包と為し、水一合八勺を以て、煮て六勺を取り、滓を去りて一回に温服す。
大黄甘草飲子 《東醫寶鑑》
「大黄1両半、甘草4両、黒豆5升を別に煎じて、にがい水は捨て、前記の材料を井戸水に漬け、病人に豆を食べさせて汁を飲ませる。
大黄甘遂湯 《金匱要略》
「大黄4両、甘遂2両、阿膠2両」右三味、以水三升、煮取一升、頓服之、其血當下。
◎婦人少腹満、如敦状、小便難而不渇、生後者、此為與血、倶結在血室也、大黄甘遂湯主之。 《金匱要略》婦人雑病脉證并治第二十二
大黄牽牛散 《東醫寶鑑》
「大黄1両、黒牽牛子頭末5銭」作末し、毎回3銭、手足が冷たいと酒で調服し、熱があると蜜湯で服用する。
大黄散 《東醫寶鑑》
「大黄(酒浸)」3回炒り、茶清で1~2銭調服。
大黄蟲丸 《金匱要略》 
「大黄(蒸)10分、黄2両、甘草3両、桃仁1升、芍薬4両、乾地黄10両、乾漆1両、蟲1升、水蛭100枚、1升、蟲半升」
◎五労虚極、羸痩腹満、不能飲食、食傷、憂傷、飲傷、房室傷、経絡栄衛氣傷、内有乾血、肌膚甲錯、両目黯黒、緩中補虚、大黄蟲丸主之。
大黄左経湯 《東醫寶鑑》
「大黄1銭、活・茯苓・細辛・前胡・枳殻・厚朴・黄・杏仁・甘草各7分、姜3、棗2」水煎服。
大黄消石湯 《金匱要略》
「大黄・黄柏・消石各4両、梔子15枚」右四味、以水六升、煮取二升、去滓、内消更煮、取一升、頓服。
◎黄疸、腹満、小便不利而赤、自汗出、此為表和裏實、當下之。宜大黄消石湯
《金匱要略》《漢方治療の実際》
「大黄・黄柏・消石各4、梔子2」
大黄当帰散 《銀海精微》《漢方医学概論》
「梔子・木賊各5銭、菊花3銭、当帰・紅花・蘇木各2銭、大黄・黄各1銭」水煎し、食後服用。
大黄湯 [1]《東醫寶鑑》
「大黄1両、生姜自然汁半杯」大黄を焼いて姜汁に漬けて再び熱くして汁がなくなったら切って焙り、作末して毎回4銭服用。陳米一握り、葱白2茎、水1杯を煎じて7分ぐらいになったら先に葱白を食べ、次に薬末を服すると10日ぐらいで治る。
[2]《東醫寶鑑》
「大黄1両を酒2盃に半日浸しておいたのを、1盃半を煎じて2回に分け頓服する。
[3]《外台秘要方》
「黄連解毒湯黄柏+大黄
[4]《外科枢要》《古今方彙》
=「大黄牡丹皮湯」《金匱要略》
「大黄(炒)・朴硝各1銭、牡丹皮・括楼仁・桃仁(去皮尖)各2銭」水煎。
大黄附子湯 [1-1]《金匱要略》
「大黄3両、附子(炮)3枚、細辛2両」右三味、以水五升、煮取二升、分温三服、若強人煮取二升半、分温三服、 服後如人行四五里、進一服。
◎脇下偏痛、発熱、其脉緊弦、此寒也、以温薬下之。宜大黄附子湯。 《金匱要略》腹満寒疝宿食秒脉證治第十
[1-2]《金匱要略》《中薬臨床応用》
「大黄9g(後下)、附子9g、細辛3g」水煎服。
[1-3]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「大黄1、附子0.6、細辛2」
大黄牡丹皮湯 [1-1]《金匱要略》
「大黄4両、牡丹皮1両、桃仁50枚、瓜子半升、芒硝3合」右五味、以水六升、煮取一升、去滓、内芒硝、再煎沸、頓服之、有膿當下、如無膿、當下血。
◎腸癰者、少腹腫痞、按之即痛、如淋、小便自調、時時発熱、自汗出、復悪寒。其脉遅緊者、膿未成、可下之、当有血。脉洪数者、膿已成、不可下也、大黄牡丹皮湯主之。《金匱要略》瘡癰腸癰浸淫病脉證并治第十八。
[1-2]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「大黄2、牡丹皮・桃仁・芒硝各4、冬瓜子6」
[1-3]《金匱要略》
「大黄3.2、牡丹皮2.8、桃仁2.0、瓜子3.2、芒硝3.6」
大黄牡丹皮湯加減 《中薬臨床応用》
「大黄9g(後下)、牡丹皮・連翹各15g、冬瓜仁・金銀花・苡仁(生)各30g、 桃仁9g、甘草(生)6g」
大温中丸 《新効方》
「平胃散+鍼砂・青皮・三稜・莪朮」
《東醫寶鑑》
「香附子1両半、鍼砂1両、陳皮・蒼朮・厚朴・青皮・三稜・莪朮・黄連・苦参・白朮各5銭、生甘草2銭」作末し、醋糊で梧子大の丸剤。空腹時に塩湯で70~80丸飲む。
大活血湯 《施丹端効方》
「 鶏鳴散[1]《備急千金要方》+麝香」
大活絡丸 《聖済総録》
「白花蛇、烏梢蛇、威霊仙、両頭尖、草烏、天麻、全蝎、何首烏、亀板、麻 黄、貫衆、甘草、活、肉桂、烏薬、黄連、熟地黄、大黄、木香、沈香、香、細辛、赤芍薬、没薬、乳香、丁香、白僵蚕、天南星、青皮、骨砕補、白豆、安息香、黒附子、黄、玄参、香附子、白朮、防風、葛根、虎脛骨、当帰、血竭、地竜、犀角、麝香、松脂、牛黄、竜脳、党参」
大陥胸丸 [1-1]《傷寒論》
「大黄半斤、子(熬)半斤、芒硝半升、杏仁(去皮尖熬黒)半升」右四味、搗篩二味、内杏仁、芒硝、合研如脂、和散。取如弾丸一枚、別搗甘遂末一銭匕、白蜜二合、煮取一升、温頓服之、一宿乃下。如不下、更服、取下為效。禁如薬法。
◎病發於陽、而反下之、熱入因作結胸。病發於陰、而反下之、陰作痞也。所以成結胸者、以下之太早故也。結胸者、項亦強、如柔状、下之則和、宜大陥胸丸。《傷寒論》辨太陽病脉證并治下第七。
[1-2]《東醫寶鑑》
「大黄5銭、子(炒)・杏仁(炒)各3銭、芒硝2銭半、甘遂2字」作末し蜜で弾子大の丸剤。毎回1丸を1盞で煎じて半分ぐらいになったら温服。効かないときは再服する
[1-3]《傷寒論》
「大黄32.0、子・杏仁各24.0、硝石40.0、甘遂24.0」右五味、細末にし、錬蜜を以て丸と為し、瓶中に蓄へ置き、用に臨み、白湯を以て約4.0を頓服す。
大陥胸湯 [1-1]《傷寒論》
「大黄(去皮)6両、芒硝1升、甘遂1銭匕」右三味、以水六升、先煮大黄、取二升、去滓、内芒硝、煮一両沸、内甘遂末、温服一升。得快利、止後服。
◎太陽病、脉浮而動数、浮則為風、数則為熱、動則為痛、数則為虚。頭痛、発熱、微盗汗出、而反悪寒者、表未解也。医反下之、動数変遅、膈内拒痛、胃中空虚、客氣動膈、短氣躁煩、心中懊、陽氣内陥、心下因、則為結胸、大陥胸湯主之。若不結胸、但頭汗出、余処無汗、剤頸而還、小便不利、身必発黄。大陥胸湯
◎傷寒十余日、熱結在裏、復往来寒熱者、與大柴胡湯。但結胸、無大熱者、此為水結在胸脇也。但頭微汗出者、大陥胸湯主之。
◎傷寒五六日、嘔而発熱者、柴胡證具、而以他薬下之、柴胡證仍在者、復與柴胡湯。此雖已下之、不為逆、必蒸蒸而振、却発熱汗出而解。若心下満而痛者、此為結胸也、大陥胸湯主之。但満而不痛者、此為痞、柴胡不中與之、宜半夏瀉心湯。 《傷寒論》辨太陽病脉證并治下第七。
[1-2]《傷寒論》
「大黄6.4、芒硝4.0、甘遂1.2」右三味、水一合八勺を以て、先づ大黄を煮て六勺を取り、滓を去り、芒硝を入れ、溶解せしめ、更に甘遂末を入れて頓服す。《奥田謙蔵》
[1-3]《傷寒論》《中薬臨床応用》
「大黄9g、元明粉15g、甘遂()1g」まず大黄を煎じ、元明粉をいれて1~2回沸騰させ、その湯液で甘遂末を服用。
[1-4]《東醫寶鑑》
「大黄3銭、芒硝2銭、甘遂末5分を切って2貼に分け、1貼を先に大黄と煎じて6分程度になったら芒硝を入れ、再煎し、滓を去り、甘遂末を混ぜて飲むと良い。下痢が止まった後も服用する。
[2]《玉函経》
「桂枝・甘遂各4両、大棗12枚、括実1枚、人参4両」
大橘皮湯 [1]《東醫寶鑑》
「陳皮3銭、青竹茹2銭、人参・甘草各1銭、姜5、棗3」水煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「滑石3銭、陳皮1銭半、白朮・赤茯苓・猪苓・沢瀉各1銭、桂皮7分、檳榔6分、木香5分、甘草(炙)4分、姜5片」水煎服。
《宣明論》《古今方彙》
「陳皮・茯苓各1銭、猪苓・白朮・沢瀉・肉桂各5分、木香2分、滑石6銭、檳榔子3分、甘草2分」水煎温服。
大弓黄散 《漢方治療の実際》
=「治頭瘡一方」 
「忍冬3、紅花2、連翹・荊芥・朮各4、防風・各3、大黄2、甘草1.5」
大弓黄湯 《活法機要》《古今方彙》
=「道裏湯」《寿世保元》
・活・黄・大黄各2銭」水煎温服。
《活法機要》《東醫寶鑑》
1銭、大黄・活・黄各2銭」水煎服。
大黄湯 =「治頭瘡一方」《香川修徳》に同じ
大散 《医学入門》《古今方彙》
1銭、活・枳殻・甘草各5分、赤茯苓・赤芍薬・酸棗仁・桂心・当帰・木香・牛膝各1分、生姜」水煎熱服。
大活湯 [1]《東醫寶鑑》
「生地黄・知母・各1銭、活・防風・独活・防已・黄・黄連・蒼朮・白朮各7分、細辛・甘草各5分」水煎服。治らない場合は、もう一度3~4貼を再服用する。
[2]《東醫寶鑑》
「活・升麻各1銭半、独活1銭、蒼朮・防已・威霊仙・白朮・当帰・赤茯苓・沢瀉・甘草各7分」水煎服。
大驚元 (一名大安神丸)《東醫寶鑑》
「酸棗仁去皮・蚌粉(炒)・甘草(炙)各5銭、人参・赤茯苓・白朮・朱砂・麦 門冬・木香・代赭石(醋煮)各2銭半、白蚕・桔梗尾各1銭2分半、全蝎 3個、金銀箔各3片」作末し蜜で梧子大の丸剤。金銀箔で衣をし、薄荷湯 で1~2丸飲む。
大金花丸 《東醫寶鑑》
「黄連・黄・黄柏・大黄」各等分に作末して、水で小豆大の丸剤。温水で20 ~30丸飲む。
大膠艾湯 《備急千金要方》
「帰膠湯+乾姜」
大薊飲子 (一名大薊散)《東醫寶鑑》
「大薊根・桑白皮・犀角・升麻・蒲黄(炒)・郁李仁・桔梗・甘草各1銭」水煎服。
大建中湯 [1-1]《金匱要略》
「蜀椒(去汗)2合、乾姜4両、人参2両」右三味、以水四升、煮取二升、去滓、内膠飴一升、微火煎取一升半、分温再服、如一炊頃、可飲粥二升、後更服、當一日食糜、温復之。
◎心胸中大寒痛、嘔不能飲食、腹中寒、上衝皮起、出見有頭足、上下痛而不可觸近、大建中湯主之。 《金匱要略》腹満寒疝宿食病脉證治第十。
[1-2]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「蜀椒2、乾姜5、人参3」以上を法の如く煎じ、滓を去り、膠飴20を入れ、再び火にかけて5分間煮て3回に分けて飲む。
[2]《備急千金要方》
「大建中湯《金匱要略》+半夏・甘草」
「蜀椒、乾姜、人参、半夏、甘草」
[3]《備急千金要方》
「黄蓍4両、人参2両、当帰2両、桂枝6両、大棗20枚、半夏1升、生姜1斤、芍薬4両、附子1両、甘草2両」
「小建中湯膠飴+当帰・黄蓍・人参半夏・附子」
[4]《備急千金要方》
「膠飴8両、黄蓍3両、遠志2両、当帰3両、沢瀉3両、芍薬4両、人参3両、竜骨3両、甘草2両、生姜、大棗20枚」
[5]《東醫寶鑑》
「黄蓍・附子(炮)・鹿茸(酒蒸)・地骨皮・続断・石斛・白芍薬・人参・当帰・小草各1銭、甘草(炙)5分、姜5、棗2枚」水煎服。
大降気湯 《勿誤薬室方函口訣》
「紫蘇子湯《備急千金要方》+天南星、、細辛、桔梗、茯苓」
大蜈蚣散 [1]《東醫寶鑑》
「蜈蚣2条、魚鰾(炒)・左蟠竜(炒煙尽)各5銭」作末し毎回2銭を防風煎湯 で調服し、これを飲んで治らないときは、もう一度左竜丸を服用する。
[2]《東醫寶鑑》
「蜈蚣1条、江鰾3銭」作末し防風活煎湯で調下する。
大固陽湯 《世医得効方》《東醫寶鑑》
「大附子1枚炙って8つに切り、白朮・乾姜(炮)各5銭、木香2銭半
大五補丸 《東醫寶鑑》
「天門冬・麦門冬・石菖蒲・茯神・人参・益智仁・枸杞子・地骨皮・遠志・ 熟地黄各1両」作末して蜜で梧子大の丸剤。酒で50~70丸飲む。
大犀角湯 《外台秘要方》
「前胡、旋覆花、桑白皮、紫蘇、白朮、桂枝、防已、橘皮、茯苓、犀角、豆、大棗、黄、生姜」或いは「豆+黒豆」
大柴胡加石膏湯 《傷寒論》
「柴胡、黄、半夏、大黄、枳実、白芍薬、生姜、大棗、石膏」
大柴胡湯 [1-1]《傷寒論》
「柴胡半斤、黄3両、芍薬3両、半夏(洗)半升、生姜(切)5両、枳実(炙)4枚、大棗(擘)12枚」右七味、以水一斗二升、煮取六升、去滓再煎、温服一升、日三服。一方、加大黄二両。若不可、恐不為大柴胡湯。
◎太陽病、過経十餘日、反二、三下之。後四、五日、柴胡證仍在者、先與小柴胡。嘔不止、心下急、鬱鬱微煩者、為未解也、與大柴胡湯下之則癒。(辮太陽病脉證并治中第六)
◎傷寒十餘日、熱結在裏、復往来寒熱者、與大柴胡湯。但結胸、無大熱者、此為水結在胸脇也。但頭微汗出者、大陥胸湯主之。 (辮太陽病脉證并治下第七)
◎傷寒発熱、汗出不解、心中痞、嘔吐而下利者、大柴胡湯主之。 (辮太陽病脉證并治下第七)
[1-2]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「柴胡6、半夏・生姜各4、黄・芍薬・大棗各3、枳実2、大黄1」
大柴胡湯合茵蒿湯 《漢方治療の実際》
「大柴胡湯+厚朴3、蘇葉2、茯苓5」
大三五七散 [1-1]《和剤局方》《古今方彙》
「山茱萸・乾姜・茯苓各3升、細辛1升8両、防風4升、附子35枚」
[1-2]《備急千金要方》
「細辛、防風、乾姜、天雄、山茱萸、薯蕷」
[1-3]《和剤局方》《龍野ー漢方処方集》
「山茱萸・乾姜・茯苓各4.0g、細辛2.0g、防風6.0g、白川附子1.0g」
大蒜元 《東醫寶鑑》
「大蒜(焼き去皮)を搗いて淡豆末で梧子大の丸剤。朱砂で衣をつけ棗子・灯心を煎じた湯で30丸、空腹時に飲む。
大蒜浸剤 《中薬臨床応用》
「50%の大蒜滲出液に半量のシロップ」を加えて経口投与。1日4回、30づつ服用。
大順散 《東醫寶鑑》
「甘草細切り2両を炒り、次に乾姜4銭を入れて又炒り、次に杏仁4銭を入れて炒って黄色くなったら、篩にかけ、肉桂4銭を入れて作末し、毎回2銭を水煎し温服。
大正気散 《東醫寶鑑》
「白朮・蒼朮・陳皮・厚朴・香・半夏各1銭、枳殻・檳榔各7分、桂皮・乾姜・甘草5分、姜5、棗2」水煎服。
《医学入門》《古今方彙》
「白朮1銭2分、香・檳榔子・半夏・乾葛・枳殻・橘皮・厚朴・桂枝・甘草各5分、生姜、大棗」煎服。
大承気湯 [1-1]《傷寒論》
「大黄(酒洗)4両、厚朴(炙去皮)半斤、枳実(炙)5枚、芒硝3合」右四味、以水一斗、先煮二物、取五升、去滓。内大黄、更煮取二升、去滓。内芒硝、更上微火一両沸、分温再服。得下、余勿服。
◎陽明病、脉遅、雖汗出不悪寒者、其身必重、短氣、腹満而喘、有潮熱者、此外欲解、可攻裏也。手足然汗出者、此大便已也、大承気湯主之。
◎傷寒若吐、若下後不解、不大便五六日、上至十餘日、日哺所發潮熱、不悪寒、獨語如見鬼状。若劇者、發則不識人、循衣模牀、而不安、微喘直視、脉弦者生、者死。微者、但発熱譫語者、大承気湯主之。
◎陽明病、譫語、有潮熱、反不能食者、胃中必有燥屎五六枚也。若能食者、但耳。宜大承気湯下之。
◎汗出譫語者、以有燥屎在胃中、此為風也。須下者、過經乃可下之。下之若早、語言必亂、以表虚裏實故也。下之愈、宜大承気湯。
◎二陽併病、太陽證罷、但發潮熱、手足汗出、大便難而譫語者、下之則愈、宜大承気湯。
◎陽明病、下之、心中懊而煩、胃中有燥屎者、可攻。腹微満、初頭、後必溏、不可攻之。若有燥屎者、宜大承気湯。
◎病人煩熱、汗出則解。又如瘧状、日哺所発熱者、属陽明也、脉實者、宜下之。脉浮虚者、宜発汗。下之與大承気湯、発汗宜桂枝湯。
◎大下後、六七日不大便、煩不解、腹満痛者、此有燥屎也。所以然者、本有宿食故也、宜大承気湯。
◎病人小便不利、大便乍難易、時有微熱、喘冒不能臥者、有燥屎也、宜大承気湯
◎得病二三日、脉弱、無太陽柴胡證、煩躁、心下。至四五日、雖能食、以小承気湯、少少與、微和之、令小安。至六日、與承気湯一升。若不大便六七日、小便少者、雖不受食、但初頭、後必溏、未定成、攻之必溏。須小便利、屎定、乃可攻之、宜大承気湯。
◎傷寒六七日、目中不了了、睛不和、無表裏證、大便難、身微熱者、此為實也。急下之、宜大承気湯。
◎陽明病、発熱、汗多者、急下之、宜大承気湯。
◎発汗不解、腹満痛者、急下之、宜大承気湯。
◎腹満不減、減不足言、當下之、宜大承気湯。
◎陽明少陽合病、必下利。其脉不負者、為順也。負者、失也。互相剋賊、名為負。脉滑而数者、有宿食也、當下之、宜大承気湯。
《傷寒論》辨陽明病脉證并治第八。
◎少陰病、得之二三日、口燥咽乾者、急下之、宜大承気湯。
◎少陰病、自利清水、色純青、心下必痛、口乾燥者、可下之、宜大承気湯。
◎少陰病、六七日、腹脹、不大便者、急下之、宜大承気湯。
《傷寒論》辨少陰病脉證并治第十一。
◎発汗後不解、腹満痛者、急下之、宜大承気湯。
《傷寒論》辨発汗後病脉證并治第十七。
◎陽明病、潮熱、大便微者、可與大承気湯。
《傷寒論》不可下病脉證并治第二十。
◎少陰病、下利清水、色純青、心下必痛、口乾燥者、可下之、宜大承気湯。
◎下利三部脉皆平、按之心下者、急下之、宜大承気湯。
◎下利、脉遅而滑者、内實也。利未欲止、當下之、宜大承気湯。
◎問曰、人病有宿食、何以別之。師曰、寸口脉浮而大、按之反、故知有宿食、當下之、宜大承気湯。
◎下利、不欲食者、以有宿食故也、當下之、宜大承気湯。
◎下利差、至其年月日時、復發者、以病不盡故也、當下之、宜大承気湯。
◎病腹中満痛者、此為實也、當下之、宜大承気大柴胡湯。
◎下利、脉反滑、當有所去、下之愈、宜大承気湯。
◎腹満不滅、減不足言、當下之、宜大柴胡、大承気湯。
◎脉雙弦而遅者、必心下。脉大而緊者、陽中有陰也、可下之、宜大承気湯。
《傷寒論》辨可下病脉證并治第二十一。
◎為病、胸満口噤、臥不着席、脚攣急、必歯、可與大承気湯。
《傷寒論》湿病脉證第二。
◎脉数而滑者實也、此有宿食、下之愈、宜大承気湯。
《傷寒論》腹満寒疝宿食病脉證治第十
[1-2]《傷寒論》《中薬臨床応用》
「大黄(生)12g(後下)、厚朴9g、枳実9g、元明粉9g(沖服)」水煎服。
[1-3]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「大黄2、枳実・芒硝各3、厚朴5」
大省風湯 [1-1]《医学入門》《古今方彙》
 「防風・半夏(生)各1両、川烏(生)・天南星(生)・甘草・白附子(生)・木香各5銭、全蝎2両、生姜」煎服。
[1-2]《東醫寶鑑》
「防風・半夏(生)各2銭、川烏(生)・白附子(生)・木香・甘草各1銭、全蝎3分、姜10片」水煎服。
大神湯 《竹田家方》
「茵・大黄・人参・梔子・茯苓・縮砂、黄各2分、甘草1分」
大秦湯 《活法機要》《古今方彙》
「秦・石膏(生)・当帰・芍薬(酒)各1銭、活・白朮(酒)・白各5分、茯苓・・独活各1銭、防風・黄・地黄(生)・熟地黄各5分、細辛2分半、甘草1銭、生姜」水煎し熱服。
《東醫寶鑑》
「秦・石膏各1銭、活・・白・生地黄・熟地黄・当帰・白芍薬・黄・白茯苓・防風・白朮・甘草各7分、細辛3分」水煎服。
大青膏 《東醫寶鑑》
「白附子1銭半、天麻・青黛各1銭、烏蛇肉・蝎梢各半銭、朱砂・天竺黄・麝香を細末にし、生蜜を混ぜて膏を作り、一ヶ月以内の児には粳米大に、半才児は半子大に丸め、薄荷竹葉を煎じた湯で飲む。
大青竜湯 [1-1]《傷寒論》
「麻黄(去節)6両、桂枝(去皮)2両、甘草(炙)2両、杏仁(去皮尖)40枚、生姜(切)3両、大棗(擘)10枚、石膏(砕)如子大」右七味、以水九升、先煮麻黄、減二升、去上沫、内諸薬、煮取三升、去滓、温服一升、取微似汗。汗出多者、温粉撲之。一服汗者、停後服。若復服、汗多亡陽、遂虚、悪風、煩躁、不得眠也。
◎太陽中風、脉浮緊、発熱、悪寒、身疼痛、不汗出而煩躁者、大青竜湯主之。若脉微弱、汗出悪風者、不可服之、服之則厥逆、筋肉、此為逆也。
《傷寒論》辨太陽病脉證并治中第六。
[1-2]《傷寒論》
「麻黄(去節)6両、桂枝(去皮)2両、杏仁(去皮尖)40枚、甘草(炙)2両、石膏(砕)如子大、生姜(切)3両、大棗(擘)12枚」
同上
◎同上 
◎傷寒脉浮緩、身不疼、但重、乍有軽時、無少陰證者、可與大青竜湯發之。《傷寒論》辨可発汗病脉證并治第十六。
◎病溢飲者、當發其汗、大青竜湯主之。《金匱要略》痰飲嗽病脉證并治第十二。
[1-3]《東醫寶鑑》
「麻黄3銭、桂枝2銭、杏仁1銭半、石膏4銭、甘草1銭、姜3、棗2」水煎服。汗が出ると飲んではいけない。
[1-4]《傷寒論》《中薬臨床応用》
「麻黄9g、桂枝6g、杏仁9g、甘草(炙)6g、石膏(生)18g(打砕先煎)、生姜6g、大棗8g」水煎服。
[1-5]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「麻黄6、杏仁5、桂枝・生姜・大棗各3、甘草2、石膏10」
[1-6]《傷寒論》《龍野ー漢方処方集》
「麻黄6.0g、桂枝・甘草・大棗各2.0g、杏仁2.0g、石膏12.0g、干姜1.0g」
水360ccを以て麻黄を煮て260ccに煮詰め上沫を去り、他の諸薬を加えて煮直して120ccに煮詰め、滓を去り3回に分服。
大成湯 《御纂医宗金鑑》
「大黄12g、朴硝・枳穀各8g、厚朴・当帰・紅花・木通・蘇木・陳皮・甘草各4g」煎服。随時服用。
大川丸 《東醫寶鑑》
4両、天麻1両」作末して、1両を10丸の蜜丸。毎回1丸を茶又は酒で飲む。
大山芋元 《東醫寶鑑》
「山薬3両7銭半、甘草3両半、大豆黄巻(炒)・熟地黄・当帰・肉桂・神麹(炒)各1両2銭半、人参・阿膠各8銭2分半、白朮・麦門冬・防風・白芍薬・杏仁・各7銭半、白茯苓・桔梗・柴胡各6銭2分半、乾姜3銭7分半、白飲2銭半を作末して大棗100枚を蒸して肉を取って煉蜜を入れ、梧子大の丸剤。毎回1丸を温酒又は米飲で噛み下す。
大聖散 《婦人大全良方》《古今方彙》
「茯苓・・麦門冬・黄(炒)・当帰各2銭、人参・甘草(炒)・木香各5分、生姜」水煎。
大棗湯 《備急千金要方》《中薬臨床応用》
「大棗10g、熟附子9g、黄蓍15g、生姜9g、甘草(炙)6g、麻黄6g」水煎服。
大簇丸 (だいそうがん)《東洞家塾方》
「大黄40銭、黄・人参各20銭」搗き篩い、作末し梧桐子大の糊丸。毎服30丸、白湯で送下す。
大造丸 《東醫寶鑑》
「紫河車をきれいに洗って竹器に入れ、長流水で1~2時間漬けて小さい瓦盆に入れたものを大きい器れ物で爛熟するまで蒸して、糊のようになったら広げて、先ず自然汁を絞って、滓は石臼で搗き、絞った汁と混ぜ、生乾地黄4両、亀板・杜仲・天門冬・黄柏(塩酒炒)各1両半、牛膝・麦門冬・当帰身各1両2銭、人参1両、五味子5銭を作末して、紫河車汁に米糊を入れて搗いて丸を作り、温酒又は塩湯で1日2回づつ100丸飲む。
大続命湯 [1] 《漢方治療の実際》
=《金匱要略》続命湯に同じ
[2]
=小続命湯[3]《西州》
「続命湯《金匱要略》人参+黄」
大断下丸 《東醫寶鑑》
「竜骨・附子(炮)・白礬枯・肉豆()・牡蠣()・訶子皮・酸石榴皮各1両、良姜・赤石脂各7銭半、細辛3銭7分半」作末し醋糊で梧子大の丸剤。栗丸飲で30丸飲む。
大調中湯 《東醫寶鑑》
「小調中湯+人参・白・白茯苓・・当帰・地黄・白芍薬」
《医学入門》《古今方彙》
「小調中湯+人参・白朮・茯苓・・当帰・生地黄・白芍薬」
大桃花湯 《備急千金要方》《龍野ー漢方処方集》
「赤石脂8.0g、乾姜・当帰・竜骨・白朮各3.0g、白川附子・牡蠣各2.0g、芍薬・甘草各1.0g、人参1.5g」
大百中飲 《本朝経験》
=「奇験方」
「遺糧170銭、牛膝1銭、甘草1銭8分、黄連1銭4分、檳榔1銭、人参1銭、大黄1銭、桂枝1銭、黄1銭、沈香1銭、1銭、杜仲2銭8分」
大定風珠 《温病条弁》
「生白芍・乾地黄・麦門冬各24g、生亀板・生牡蛎・炙甘草・生鼈甲各16g、阿膠12g、五味子・麻子仁各8g、生卵の黄身2個」煎服。
大寧散 《東醫寶鑑》
「黒豆35粒、罌栗穀2両(半分生、半分炒)、甘草(生)1両、甘草(炙)1両、姜3片」空腹時に水煎服。
大寧心湯 《喜多村=吐方論》
「大黄、茯苓、粳米、竹茹、黄連、知母、石膏」
《柴田方函》
「大寧心湯《喜多村=吐方論》茯苓粳米+青皮芍薬甘草」
《雑病補亡論》
「石膏6分、知母4分、橘皮3分、芍薬4分、大黄、黄連3分、甘草2分」
大寧嗽湯 《東醫寶鑑》
「半夏2銭、五味子・赤茯苓・桑白皮・紫蘇葉・陳皮・枳殻・杏仁・阿膠珠・罌栗穀(蜜炒)各1銭、細辛・甘草各5分、姜3、棗2、梅1」水煎服。
大菟絲子元 《東醫寶鑑》
「菟絲子(酒製)・肉蓉(酒浸)各2両、牡蠣()・五味子・附子(炮)・鹿茸(酒炙)各1両、桑蛸(酒炙)・鶏(炙)各5銭」作末し酒糊で梧子大の丸剤。空腹時に、温酒又は塩湯で70丸飲む。
大半夏湯 [1-1]《金匱要略》
「半夏(洗・完用)2升、人参3両、白蜜1升」右三味、以水一斗二升、和蜜揚之二百四十遍、煮取二升半、温服一升、余分再服。
◎胃反嘔吐者、大半夏湯主之。《金匱要略》嘔吐下利病脉證治第十七。
[1-2]《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
「半夏20.0g、人参3.0g、単シロップ8.0g」水480ccに単シロップを加えて充分に攪拌し、薬を入れて煮て100ccに煮詰め2回に分服。
[2]《東醫寶鑑》
「半夏(製)3銭、陳皮・赤茯苓各2銭半、姜5片」水煎服。
《三因極一病証方論》《古今方彙》
「半夏・桂心各5両、附子(炮)・人参・甘草・厚朴・当帰・茯苓・枳実各2両、川椒800粒、生姜、大棗」煎服。
大七気湯 [1-1]《厳氏済生方》
=「指迷七気湯」《仁斎直指方》
「三稜4分、莪朮6分、桔梗3分、桂枝3分、橘皮3分、香3分、甘草2分、莎草3分、益智仁2分」
[1-2]《厳氏済生方》《古今方彙》
「三稜・莪朮・青皮・陳皮・桔梗・香・香附子・益智仁・肉桂各1両半、甘草3分」水煎温服。
[1-3]《東醫寶鑑》
「三稜・莪朮・青皮・陳皮・桔梗・香・益智仁・香附子・肉桂・甘草各1銭、姜3、棗2」水煎服。
[2]《万病回春》《古今方彙》
「大七気湯《厳氏済生方》+大黄・檳榔子」水煎し一宿を露し空心に温服す。
大腹皮散 《医学入門》《古今方彙》
「大腹皮6分、木瓜5分、紫蘇葉・紫蘇子・烏薬・檳榔子・橘皮各2分、蘿葡子・沈香・枳殻・桑白皮・荊芥穂各3分、生姜」煎服。
大便閉一方 《寿世保元》《古今方彙》
「大黄、朴硝、莢」水煎。
大鳳髄丹 (一名封髄丹)《東醫寶鑑》
「黄柏(炒)2両、縮砂1両、甘草5分、半夏(炒)・猪苓・茯苓・紅蓮芯・益智仁各2銭5分」粉末にし塩水で丸め、空腹時に、糯米の水で50~70丸飲む。
大補丸 《東醫寶鑑》
「黄柏8両切って人乳にかき混ぜて晒し、乾燥したもの、又は塩水で褐色になるまで炒って作末したものを、水で梧子大の丸剤。空腹時に、塩湯で100丸飲む。
大補陰丸 [1-1]《朱丹渓》
「黄柏160g(塩と酒でまぜる、新しい瓦の上で褐色に炒る)、知母160g(皮を去り酒とまぜ湿炒する)、熟地黄240g(酒で洗い、焙乾する)、亀板240g(酥といっしょに炙って黄色くする)・猪脊髄」以上を蜜で丸剤にする。
[1-2]《東醫寶鑑》
「黄柏(塩酒に混ぜ炒褐色)・知母(酒炒)各4両、熟地黄・亀板(酥炙)各6両」粉末にし、猪の脊髄に煉蜜を入れ、梧子大の丸剤。空腹時に、塩湯で70~90丸飲む。
[1-3]《丹渓心法》《中薬臨床応用》
「黄柏12g、知母12g、熟地黄18g、亀板18g」水煎服。猪脊髄(ブタの脊髄)も加えた方が良い。
大補黄蓍湯 《寿世保元》《古今方彙》
「黄蓍・人参・白朮・茯苓・白芍薬・当帰・熟地黄・山茱萸・肉蓉各1銭、五味子10個、肉桂5分、防風7分、甘草2分、大棗」水煎。
大補元湯 《寿世保元》《古今方彙》
「黄蓍・人参各1銭半、白朮2銭、山薬1銭、陳皮・石斛各7分、白豆6分、甘草7分、木香・沈香各2分、生姜、大棗、粳米」水煎温服。
大保元湯 《保赤全書》
「川、黄蓍、人参、桂枝、甘草、白朮」
大防風湯 [1-1]《和剤局方》《古今方彙》
「熟地黄・当帰・芍薬・黄蓍・防風・杜仲・各1銭、白朮1銭半、・附子各7分半、人参・活・甘草(炙)・牛膝各半銭、生姜、大棗」水煎。
[1-2]《和剤局方》《古今方彙》
「当帰・白芍薬(酒)・熟地黄・黄蓍・防風・杜仲(姜)各1銭、・附子各7分、人参・活・牛膝・甘草(炙)各5分、白朮1銭半、生姜、大棗」水煎。
[1-3]《和剤局方》《古今方彙》
「人参2銭、防風・白朮・附子・当帰・白芍薬・・杜仲・黄蓍・活・牛膝・甘草・熟地黄各1銭、生姜」水煎。
[1-4]《東醫寶鑑》
「熟地黄1銭半、白朮・防風・当帰・白芍薬・杜仲・黄蓍各1銭、附子・・牛膝・活・人参・甘草各5分、姜5片・棗」水煎服。
[1-5]《和剤局方》《漢方後世要方解説》
「当帰・芍薬・熟地黄・黄蓍・防風・杜仲・白朮・各2.5、人参・活・牛膝・甘草・生姜・大棗各1.2、附子0.5」
[1-6]《是斎百一選方》《龍野ー漢方処方集》
「熟地黄・当帰・芍薬・黄蓍・防風・杜仲各3.5g、白朮4.5g、・白川附子・大棗各2.0g、人参・活・甘草・牛膝各1.5g、干姜1.0g」
[1-7]《漢方治療の実際》
「当帰・芍薬・地黄・黄蓍・防風・杜仲・朮各3、2、人参・活・牛膝・甘草・生姜・大棗各1.5、附子0.5」
大麻仁丸 《東醫寶鑑》
「木香・檳榔・枳殻各1両、麻子仁・大黄(炒)各3銭」作末し蜜で梧子大の丸剤。空腹時に白湯で30~50丸飲む。
大無神朮散 《医学正伝》《古今方彙》
「陳皮2銭、蒼朮・厚朴各1銭、甘草・石菖蒲・香各1銭半、生姜、大棗」水煎。
大明復光散 《東醫寶鑑》
「当帰尾(酒洗)、生乾地黄(酒浸)、黄柏(酒炒)、黄連(酒炒)・黄(酒炒)・柴胡・白茯苓・枳殻・活・防風・荊芥・石膏・甘菊・蝉退・車前子(炒)・決明子()・羚羊角屑・甘草角5分」水煎し食後温服。
大羅皀丸 《東醫寶鑑》
「蘿葡子(炒)2両、角(焼存性)1両、南星・半夏・杏仁・楼仁・便香附・青黛・陳皮各5銭」作末し、神麹糊で梧子大の丸剤。姜湯で60~70丸飲む。
大呂丸 《東洞家塾方》
=乃ち備急圓今糊を以て之を丸す。
「大黄・乾姜・巴豆各等分」右3味、先ず杵きて2味を末と為し、別に巴豆に研りて合わせて、治めて緑豆大の丸剤。毎服1~2丸。下を以て度と為す。知らざれば稍加える。
大呂円 =備急円
大羚羊角飲 《求古館》
「大柴胡湯大棗大黄+羚羊角・釣藤鈎・甘草」
大連翹飲 《万病回春》《古今方彙》
「連翹・瞿麦・滑石・車前子・牛蒡子・赤芍薬各8分、山梔子・木通・当帰・防風各4分、柴胡・黄・荊芥各1銭2分、蝉退5分、甘草1銭6分、竹葉、燈心草」水煎。
《万病回春》
「連翹8分、荊芥2分、通草4分、防風4分、牛蒡子8分、甘草1銭6分、蝉退5分、当帰4分、芍薬8分、柴胡2分、黄2分、山梔子4分、滑石8分、車前子8分」
大和散 《寿世保元》《古今方彙》
「紫蘇葉、陳皮、香附子、活、蒼朮、、枳殻、山子、神麹、麦芽、甘草、生姜」水煎。
太乙紫金錠 《霍乱論》
「山慈姑90g(姜汁で洗って毛と皮を去り、炙って干す)、五倍子40g(虫と土を去り、洗ってつき砕く)、続随子40g(白い仁を用いる。殻と油を除く)、朱砂12g(水飛)、雄黄12g(水飛)、麝香12g(当門子を取って毛と皮を除く)、紅芽大戟60g(蘆根を去り酒で煮て、固い部分を去り炙る)以上を細末にし、餅米粥につきまぜ、錠剤にする。」
《医学入門》《東醫寶鑑》
=「紫金錠」「万病解毒丹」
「蚊蛤(虫・土を去る)3両、山慈姑(去皮焙)2両、紅芽大戟(洗焙)1両半、続膸子(去皮油)1両、麝香3銭」作末し、糯米粥に混ぜてつき40錠を作り、毎回半錠、重患者は1錠を薄荷湯で飲む。製薬は端午・七夕・重陽日、又は天徳・月天徳を選ぶのがよい。香を焚いて婦人・喪人・鶏・犬を見てはいけない。自縊した者、水に溺れた者、鬼神に魅入られ驚いて死んだ者などが、心臓の上が少しあたたかい気があるとき、すぐ冷水と食べさせると生き返る。蛇・犬・諸悪蠱傷には、酒に混ぜ水とで傷口に塗る。
太乙神精丹 《東醫寶鑑》
「丹砂・曽青・雄黄・雌黄・磁石各4両、金牙2両半」
丹砂・雌黄・雄黄は強い酒と醋に漬け、曽青は好酒に漬けて布袋に密封して、陽なたに100日乾燥後、それぞれ細くといで、これまた強い酒と醋にかきまぜて乾かし、土釜に入れ固く封をして、高いところへ吊り下げて煎じるが、火が土釜の下底にとどかないようにして2~3時間たったら、冷まして蓋を開けると、薬の精気が土釜の上に舞い上がって、5色になったら上等なもの、3色は次、1色は下品、棗膏で黍粒大に丸め、早朝空腹時に1丸飲み、だんだん1丸づつ加え、効き目があるのを限度とする。
太乙明月丹 《東醫寶鑑》
「兎糞2両、天霊蓋(酥炙)・鼈甲(酥炙)各1両、雄黄・木香各5銭、軽粉2銭半」作末し「酒1升と大黄末半両」で膏を作り弾子大の丸剤。朱砂で衣をし五更初に童便に酒を混ぜて1丸を飲む。
太極丸 [1]《幼幼集成》
「天竺黄・天南星・酒大黄・白彊蚕・麝香・上冰片」
[2]《東醫寶鑑》
「黄柏2両6銭、知母1両4銭、破故紙2両8銭、胡桃肉1両2銭、縮砂5銭」作末して蜜で梧子大の丸剤。空腹時に塩湯で30~50丸飲む。
太上混元丹 《東醫寶鑑》
「紫河車を東流水できれいに洗って、麝香1銭をその中に入れ、砂缶に酒5升と一緒に炒って膏を作り、人参・肉蓉・安息香を酒で煮て、滓を去り白茯苓2両、沈香・乳香・朱砂水飛各1両を作末して、紫河車と搗いて梧子大の丸剤。温酒で70~90丸飲む。
太上保真湯 《済世全書》《古今方彙》
「黄蓍・人参・白朮(乳炒)各2銭、当帰・生地黄・貝母・知母(蜜炒塩炒)各2銭、赤芍薬・白芍薬(酒)・五味子・柴胡・地骨皮(酒洗)各1銭、白茯苓・赤茯苓各8分、亀板1銭半、天門冬・麦門冬各1銭半、陳皮・甘草各5分、黄柏(四所に分け、一は(塩炒)、一は(酒炒)、一は(便炒)、一は(乳炒))3銭、生姜」水煎。
太無神朮散 《医方考》《古今方彙》
「蒼朮、厚朴、陳皮、香、石菖蒲、甘草」
太倉丸 《東醫寶鑑》
「白豆・縮砂各2両、陳倉米1升、黄土(炒)」作末して姜汁で梧子大の丸剤。姜湯で100丸飲む。
太平丸 《東醫寶鑑》
「天門冬・麦門冬・知母・貝母・款冬花・杏仁各2両、当帰・生乾地黄・熟地黄・阿膠珠各1両半、蒲黄(炒)・京塁・桔梗・薄荷各1両、白蜜4両、麝香1銭を細末にして皆混ぜ、銀石器に白蜜を入れて煎じたあと諸薬を入れ、再び煎じて麝香を入れて梧子大の丸剤。毎日食後に1丸づつ3回、薄荷湯でゆっくり飲み下し、次の1丸も又同じように服用する
太無神朮散 《東醫寶鑑》
「蒼朮3銭、陳皮・厚朴各2銭、石菖蒲・香・甘草各1銭、姜3、棗2」水煎服。
太陽丹 《東醫寶鑑》
「石膏2両、・川烏(炮)・白・甘草各1両、竜脳2銭」作末し蜜で練り、麺糊に混ぜて毎回1両を18丸に作り、黄丹で衣をし、2~3丸を食後葱茶湯で噛み下す。
太和丸 《東醫寶鑑》
「白朮(土炒)4両、白茯苓・白芍薬(神麹炒)・麦芽(炒)各2両半、香附便炒・当帰・枳実各2両、竜眼肉・白豆各1両3銭、半夏1両2銭、陳皮・黄連(姜汁炒)、山肉各1両、甘草(炙)7銭、人参・木香各5銭」作末して、荷葉を煎じた水で陳米糊を作り、梧子大の丸剤。米飲で100丸飲む
退陰散 《東醫寶鑑》
「川烏・乾姜」等分に粗末し、炒って変色したら冷やして細末にす。毎回1両に塩1匙と水を少し入れ、煎じて温服。
退雲散 《東醫寶鑑》
「当帰・生乾地黄・穀精草・白菊・木賊・活・石決明()・大黄(酒炒)・蔓荊子・白・黄柏・連翹・草竜胆各1銭、蝉退7箇」水煎服。
退翳捲雲散 《銀海精微》
「陰丹1匙、陽丹半匙、姜粉1.2g、飛礬0.2g(焼)、塩0.6g」点眼
退翳散 《中薬臨床応用》
「夜明砂6g、蛤殻粉6g、穀精草6g、猪肝60g」煎じて肝臓と一緒に服用。
退黄丸 《東醫寶鑑》
「青礬2両、を鍋に入れて熔化し、陳黄米4升を入れて醋と混ぜ、弱火で炒って煙が出たら平胃散6両を入れて又炒り、冷えたら作末して醋糊で梧子大の丸剤。毎回70丸、空腹時に服用。
退黄散 《万病回春》《古今方彙》
「柴胡・升麻・茵蒿・黄連・黄・山梔子・黄柏・木通・滑石・甘草・竜胆・燈心草」水煎す。
《東醫寶鑑》
「柴胡・升麻・草竜胆・茵・黄連・梔子・黄柏・木通・滑石各1両、甘草5分」作1貼し、灯心一握りを入れ、水煎服。
退血止痛散 《万病回春》《古今方彙》
「当帰尾、赤芍薬、生地黄、白、防風、荊芥、活、連翹、黄、黄連、黄柏、山梔子、薄荷、枳殻、桔梗、知母、石膏、車前子、甘草」水煎温服。
退熱清気湯 《医学入門》《東醫寶鑑》
「柴胡・陳皮・赤茯苓各1銭、半夏(製)・枳殻各8分、便香附7分、川5分、縮砂7粒(研)、木香・甘草(炙)各3分、薑3片」水煎服用。
退熱湯 《東醫寶鑑》
「黄蓍1銭3分、柴胡1銭、生甘草・黄連(酒炒)・黄・赤芍薬・地骨皮・生地黄・蒼朮各7分、当帰身・升麻各5分」水煎服。
退風散 《東醫寶鑑》
「防風・天麻・白・麻黄・赤茯苓・当帰各1銭、薄荷7分、荊芥・白蚕・甘草各5分、姜7片」水煎服。
退腫気散 《東醫寶鑑》
「赤小豆・陳皮・蘿葡子(炒)各2銭、甘草1銭、木香5分・姜3、棗2」水煎服。
褪金丸 《東醫寶鑑》
「鍼砂(赤醋漬)・香附子(童便漬)各6両、蒼朮・白朮各2両半、陳皮・神麹・麦芽各1両半、厚朴・甘草各1両」作末し麺糊で梧子大の丸剤。米飲で50~70丸飲む。
対金飲子 《東醫寶鑑》
「陳皮3銭、厚朴・蒼朮・甘草各7分、姜3片」水煎服。
《医学入門》《古今方彙》
「厚朴・蒼朮・甘草・陳皮・草果各等分、生姜、大棗」煎服。
醍醐湯 《東醫寶鑑》
「烏梅肉別末1斤、草果1両、縮砂・白檀香各5銭、煉蜜5斤」作末し、蜜に入れ若干煮詰め、磁器に貯蔵しておき、冷水で調服。
代炙塗臍膏 《東醫寶鑑》
「大附子・馬蘭子・蛇床子・木香・肉桂・呉茱萸」各等分に作末し、白麹と姜汁で調合し膏を切って臍の上に貼って、包帯をしておく。
澤漆湯

(沢漆湯)
《金匱要略》
「半夏半升、紫参5両、澤漆3斤(以東流水5斗煮取1斗5升)、生姜5両、白前5両、甘草、黄、人参、桂枝各3両」右九味、咀、内澤漆汁中煮取五升、温服五合、至夜盡。
◎脉沈者、澤漆湯主之。
《金匱要略》《中薬臨床応用》
「沢漆9g、半夏3g、紫12g、前胡6g、生姜9g、甘草5g、桂枝6g、人参9g(別)、黄6g」水煎服。
《証治準縄》《古今方彙》
「沢漆葉(微炒)5両、桑白皮・郁李仁各3両、陳皮・白朮・杏仁各1両、人参1両半、生姜3片」温服し、半時を候(マ)って再び服し、黄水数升を下し取り、或いは小便利するを以て度と為す。
沢瀉散 《東醫寶鑑》
「沢瀉・赤茯苓・枳殻・猪苓・木通・檳榔・黒牽牛子頭末」等分に作末し、生姜葱白湯で2銭を調下する。
沢瀉湯 [1-1]《金匱要略》
=「澤瀉湯」
「沢瀉5両、白朮2両」右二味、以水二升、煮取一升、分温再服。
◎心下有支飲、其人苦冒眩、沢瀉主之。《金匱要略》痰飲嗽病脉證并治第十二。
[1-2]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「沢瀉5、朮2」
[2]《東醫寶鑑》
「桑白皮・赤茯苓・枳殻・檳榔・木通各1銭半、姜5片」水煎服。
沢瀉牡蛎湯 《傷寒五法》
=「沢瀉牡蛎散」
「牡蛎2銭、沢瀉8分、商陸5分、白茯苓1銭2分、半夏8分、猪苓7分、子5分、乾姜3分、天花粉1銭、木瓜8分」水煎。
沢蘭湯 《東醫寶鑑》
「沢蘭葉2銭、当帰・白芍薬(炒)・甘草各1銭」水煎服。
《済陰綱目》《中薬臨床応用》
「沢蘭葉6g、当帰12g、白芍薬9g、甘草5g」水煎服。
托裏黄蓍湯 《東醫寶鑑》
「人参・当帰・桂皮・白茯苓・遠志・麦門冬・五味子各1銭」水煎服。
托裏温中湯 《外科枢要》《古今方彙》
「附子・活各4銭、益智仁・丁香・沈香・木香・小茴香・陳皮各1銭、甘 草(炙)1銭、乾姜3銭、生姜」水煎
托裏挙斑湯 《瘟疫論》
「芍薬・当帰各1銭、升麻5分、白・柴胡各7分、穿山甲2銭」水姜煎
托裏消毒飲 《万病回春》《松田ー回春解説》
「防風・当帰(酒洗)・・白・桔梗・厚朴(姜汁炒)・角刺(炒)・穿山甲(炒・珠)各1銭、天花粉・黄蓍(塩水炒)各2銭、陳皮・金銀花各3銭」作1剤。酒水各1盞にて煎服す。瘡、上に在らば食後に服し、下に在らば空心に服す。後、水をもって煎服す
托裏消毒散 [1-1]《外科正宗》《漢方後世要方解説》
「人参・・桔梗・白朮・芍薬各3、当帰・茯苓各5、厚朴・皀角各2、黄蓍・金銀花各1.5、白1」
[1-2]《外科正宗》《漢方治療の実際》
「人参・・桔梗・白朮・芍薬・当帰・茯苓各2.5、白1、厚朴・角刺各2、黄蓍・金銀花各1.5」
[1-3]《外科正宗》《龍野ー漢方処方集》
「人参・川・白芍・黄蓍・当帰・白朮・茯苓・金銀花各4g、白・炙甘草・桔梗・皀角各2g」煎服。空腹時に服用。脾弱き者は、白を去り、人参を倍にする。
《外科枢要》《古今方彙》
「人参・黄蓍(塩水炒)・当帰・・芍薬・白朮・茯苓各1銭、金銀花・白各7分、連翹・甘草各5分」水煎。
《万病回春》《古今方彙》
「人参、、白芍薬、黄蓍、当帰、白朮、茯苓、金銀花、白、甘草、角子、桔梗」水煎。
《万病回春》《古今方彙》
「防風・当帰・・白・桔梗・厚朴・角刺・穿山甲各1銭、括楼根2銭、陳皮・金銀花各3銭、黄蓍(塩水炒)2銭」酒水各半にて煎服。
《東醫寶鑑》
「金銀花・陳皮各3銭、黄蓍塩水炒・天花粉各2銭、防風・当帰・・白・桔梗・厚朴・穿山甲を黒く炒ったもの、角刺(炒)各 1銭」を作2貼し、毎2貼を酒と水を半分づつ入れて煎服。
《外科正宗》
「人参・川・芍薬・黄蓍・当帰・白朮・茯苓各1匁、白5分、金銀花1匁、甘草・桔梗・皀角刺各5分」
托裏透膿湯 《医宗金鑑》
「人参・白朮・穿山甲・白・升麻・甘草節・当帰・生黄蓍・皀角・青皮」
托裏排膿湯 《医宗金鑑》
「人参・白朮(土炒)・白芍(酒炒)・茯苓・当帰・連翹(心を去る)・金銀花・浙貝母(心を去る)各4g、生黄蓍8g、陳皮3.2g、肉桂2.4g、甘草1.6g、生姜1片」煎服。空腹時に温服。毒が胸にある者は桔梗4gを加え、下部にある者は牛膝3.2gを加え、頭の上にある者は白2gを加える。
托裏茯苓湯 《東醫寶鑑》
「白茯苓・当帰・黄蓍各1銭2分、白芍薬・防風・桔梗・五味子・川・麦門冬・桂皮・熟地黄・甘草各7分」水煎服。
托裏散 《外科枢要》《古今方彙》
「人参・黄蓍各2銭、白朮・陳皮・当帰・熟地黄・茯苓・芍薬・甘草各1銭半」水煎。
托裏十補散 《証治準縄》
「肉桂、黄蓍、当帰、、桔梗、人参、防風、白、甘草、厚朴」
胎散 《済世全書》《古今方彙》
「当帰、、白芍薬、人参、茯苓、柴胡、黄、荊芥、防風、白、粉葛、砂仁、紫草、桔梗、甘草、阿膠(蛤粉)」水煎。
濁証一方 《寿世保元》《古今方彙》
「陳皮・半夏各8分、茯苓・山梔子・滑石各1銭、蒼朮・黄柏(酒)・柴胡各7分、白朮・神麹・牡蛎各5分、升麻・蛤粉・甘草各3分、生姜、銀杏」水煎、空心に服す。
脱衣散 《万病回春》《古今方彙》
「牛膝・木通各3銭、当帰尾3銭、葵子1銭半、滑石4銭、or枳殻2銭」水煎熱服。
脱甲散 《医学入門》《古今方彙》
「麻黄・柴胡・当帰・知母・竜胆各3分、人参・各2分、茯苓2分半、甘草4分、生姜、葱白」煎服。
奪命円 《婦人大全良方》
=「桂枝茯苓丸」に同じ
奪命丸 《東醫寶鑑》
=「二烏丸」
「川烏(生)・白・天麻各2銭、草烏(生)・雄黄各1銭」作末し酒糊で梧子大の丸剤。温酒で10丸飲む。
奪命散 [1]《婦科準縄》《東醫寶鑑》
=「血竭散」
「血竭・没薬」各等分。細末とし、産後直ちに、童便と酒それぞれ半盃を1~2沸煎じたもの8gといっしょに服用する。悪血は自然に運行されて上衝しないとうになる。
[2]《東醫寶鑑》
「枯白礬・白蚕(炒)・硼砂・角」各等分に作末して、喉中に少し吹き入れると、痰を出して治る。
[3]《東醫寶鑑》
「天南星・甜・白・半夏・巴豆(去殻不去油)」各等分作末し、毎回半銭を姜汁で調下すると効がある
[4]《東醫寶鑑》
=「独参湯」
「人参1両に水2升を、銀石器内で煎じ、1升ぐらいになったら、滓を去り、新水に漬けて放置して冷やした後、全部1回に飲むと、鼻梁より汗を出しながら治る。
[5]《東醫寶鑑》
「水蛭(石灰で混ぜ炒)5銭、大黄・黒牽牛子頭末各2両」作末し、それぞれ2銭を熱酒で服用し、数時間たっても効果のない時は、もう一度飲んで悪血の出るのを限度とする
奪命丹 [1]《傷科補要》
「当帰尾120g、桃仁120g、血竭20g、地虫80g、児茶⇒阿仙薬20g、乳香40g、没薬40g、自然銅80g、紅花20g、大黄120g、朱砂20g、骨砕補40g、麝香2g」粉末にして丸とし、桐の実の大きさにする。毎服7丸、熱い酒で飲む。
[2]《東醫寶鑑》
「呉茱萸1斤にうち、4両を(酒浸)、4両を醋浸、4両は白湯に浸し、4両は童便に浸し焙って乾燥、沢瀉2両を作末し酒麺糊で梧子大の丸剤。空腹時に塩湯で50~70丸飲む。
[3]《東醫寶鑑》
「裘(キュウ)1個、麝香1分、孩児茶2分、金絲黄礬3分、朱砂春2分、夏4分、秋6分、冬8分」
[4]《東醫寶鑑》
「信砒1銭、白礬2銭、白附子3銭、天南星4銭、半夏5銭」先に信砒と白礬を石器内に入れ、火でって、黄色くなったら火を消し、残りの薬末を入れて混ぜ、姜汁麺糊で黍米大の丸剤。朱砂で衣をし、毎回7丸・小児3丸、井戸水で飲む。
[5]《婦人大全良方》《古今方彙》
「附子(炮)半両、牡丹皮1両、乾漆(炒烟尽)1銭、大黄末1両」作末し醋で煎じ大黄にて膏と成し、桐子大の丸剤。温酒にて五七丸を呑む。
達生飲 《朱丹渓》《古今方彙》
「大腹皮1銭、人参・陳皮・紫蘇連茎各5分、白朮・白芍薬・当帰各1銭、甘草3分」水煎。
達原飲 《温疫論》
「檳榔子、厚朴、草果、白芍薬、知母、黄、甘草」
断瘧如聖丸 《東醫寶鑑》
「信砒2銭、大蜘蛛3個。黒豆(黒)49粒」作末し水を垂らして実大の丸剤。
断紅元 《東醫寶鑑》
「皮(焼)・黄連(炒)・秦・槐角子各1両、当帰・檳榔・角仁(焼)・黄柏・荊芥穂・枳殻各5銭、大黄()・桃仁(泥)各3銭」作末し麺糊で梧子大の丸剤。白湯で50丸飲む。
断利湯 [1-1]《外台秘要方》
「半夏1升、乾姜5両、人参2両、黄連2両、附子1両、茯苓2両、甘草2両、大棗12枚」
[1-2]《晋唐名医方選》
「断利湯《外台秘要方》生姜+乾姜・竜骨2両」
[1-3]《備急千金要方》
「断利湯《外台秘要方》+竜骨」
[1-4]《方読弁解》
「人参、黄連、半夏、甘草、附子、竜骨、大棗、生姜」
暖肝煎 《張景岳》
「当帰・枸杞子・茯苓・小茴香・肉桂・烏薬・沈香」
丹梔四物湯 《中薬臨床応用》
「牡丹皮6g、山梔子6g、当帰9g、熟地黄12g、白芍9g、6g」水煎服。
丹梔逍遥散 《和剤局方》
「逍遥散+牡丹皮・山梔子」⇒加味逍遥散。
丹参飲 《時方歌括》
「丹参、砂仁、檀香」
《医宗金鑑》《中薬臨床応用》
「丹参30g、檀香3g、縮砂3g」水煎服。
丹参膏 《東醫寶鑑》
「丹参・赤芍薬・白」各等分に切って、酒に漬けて2晩置き、猪脂半斤を入れて煮ると、白が黄色くなると膏になる。滓を去って黄1両を入れて振ったあと、固まったら少し塗る。
丹参散 《中薬臨床応用》
「丹参」1回6gづつ、陳酒orぬるま湯で沖服。
丹参生脈散加味 《中薬臨床応用》
「丹参15g、党参18g、麦門冬18g、五味子6g、山茱萸12g、糯米根24g、生地黄18g」水煎服。
丹参通脈湯 《中薬臨床応用》
「丹参39g、鶏血藤30g、当帰18g、玄参30g、甘草30g」水煎服
丹皮野菊湯 《中薬臨床応用》
「牡丹皮6g、野菊花9g、忍冬藤18g、鶏血藤18g、石決明30g、佩蘭9g」水煎服。
丹房奇術 《東醫寶鑑》
「巴豆(炒去油)4銭、水銀粉2銭、硫黄(生)1銭」細切りにし餅を作り、先に新綿1斤を臍の上において、この餅をその上に置き、絹でくるんでおく。
単蒼朮丸 《東醫寶鑑》
「蒼朮1斤をとぎ汁に漬け、切って晒して乾かし、半斤は童便に浸して一晩おき、半斤は酒に浸して一晩置いたのを、一緒に焙って乾燥、作末して神麹糊で緑豆大の丸剤。白湯で70丸飲む。
単人参湯 《東醫寶鑑》
「人参1両」切って水煎服。
淡竹茹湯 《三因極一病証方論》《東醫寶鑑》
「麦門冬・小麦各2銭、半夏1銭半、人参・白茯苓各1銭、甘草5分、姜5、棗2、青竹茹1塊」水煎服。
胆道回虫湯 《中薬臨床応用》
「苦楝根皮・檳榔子各15g、使君子・枳殻各9g、木香6g」水煎服。
胆道排石湯 《天津南開医院方》
「金銭草30g、茵蒿15g、欝金15g、枳殻9g、木香9g、大黄(生)6~9g」水煎服。
《中薬臨床応用》
「茵蒿30g、金銭草30、山梔子(炭)12g、柴胡6g、丹参12g、枳殻6g、赤芍6g、白芍6g、木香9g」水煎服。
胆礬散 《東醫寶鑑》
「胆礬半銭、全蝎2箇」作末し、鶏の羽に薬をつけて喉中に入れると、声が出るようになって治る。次に薄荷葉を細く切り井戸水で調下して毒涎を吐出する。
澹寮五淋散 《東醫寶鑑》
「梔子腎銭半、赤茯苓・赤芍薬各1銭、木通・滑石・甘草各8分、竹葉・茵各5分」空腹時に服用。
団魚散 《東醫寶鑑》
「貝母・知母・杏仁・柴胡各等分、団魚(=)2匹」これらを一緒に煮て、その汁を飲み、肉を食べ、前薬を焙って乾かし。作末して魚の甲と骨を再煎した水で梧子大の丸剤。黄蓍の煎じ湯で飲む。
団参飲子 《東醫寶鑑》
「人参・紫・阿膠珠・百合・款冬花・天門冬・杏仁・経霜桑葉各1銭、細辛・甘草各5分、五味子15粒、姜3片」水煎服。
断癇丹 《東醫寶鑑》
「黄蓍・釣藤鈎・細辛・甘草各5銭、蛇退(焼存性)1条、蝉退4枚、牛黄1字」細末にし棗肉で梧子大の丸剤。毎回20丸を人参湯で服用。




関連情報
漢方薬(50音順)

漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候/病名)

漢方の証

漢方医学の分量

生薬

病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証

漢方書籍






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬