ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(と)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




桃花円 《備急千金要方》
「桃花湯-粳米」蜜丸
桃花丸 《和剤局方》
「桃花湯」の粳米を麺糊に代える。
桃花散 《医宗金鑑》
「白石灰8両・大黄片2両」石灰に水をかけて細かくし、大黄とともに炒り、石灰が紅色に変わるのを限度とする。大黄を取り去り、石灰を細かく砕き、 凉水で患部に貼る。
《外台秘要方》
「桃花」
桃花煎 《本朝経験》
「桃花3銭、大黄2分」水煎。
桃花大黄湯 「桃花8.0、大黄4.0」
右二味、水一合二勺を以て、先ず桃花を煮て八勺を取り、桃花を去り、後、大黄を入れ、再び煮て六勺と為し、滓を去り一回に服用。
桃花湯 [1-1]《傷寒論》
「赤石脂(半全用・半篩末)1斤、乾姜1両、粳米1升」右三味、以水七升、煮米令熟、去滓。温服七合、内赤石脂末方寸匕、日三服。若一服愈、餘勿服。
◎少陰病、下利便膿血者、桃花湯主之。
[1-2]《傷寒論》《東醫寶鑑》
「赤石脂(半生半炒)5銭、乾姜2銭、糯米1合」作水煎し、半分ぐらいになったら、滓を去り、別に赤石脂末1銭を入れて1日2回調服する。
[1-3]《傷寒論》《中薬臨床応用》
「赤石脂18g、乾姜6g、粳米(or高梁米)60g」8杯の水で先に粳米を煮て4杯にし、米を去って乾姜・赤石脂9gを入れて3杯になるまで煎じ、3回に分服。毎回赤石脂3gを沖服する。
[1-4]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「赤石脂6、粳米8、乾姜1.5」
[1-5]《傷寒論》《龍野ー漢方処方集》
「赤石脂16.0g(半分は砕かず、残り半分は粉末にして後から入れる)、乾姜 1.0g、玄米14.0g」水280ccを以て砕かぬ赤石脂と乾姜玄米を煮て玄米を熟させ滓を去り30.0gに対し赤石脂末2.0gを加え1回分とす。1日3回服用。
[2-1]《松原一閑斎》
「桃花2銭、大黄1銭」
[2-2]《東洞家塾方》
「桃花2銭、大黄1銭」
右2味、水2合を以て先ず桃花を煮て1合2勺を取り、大黄を内れ、更に煮て6勺を取り頓服す。
[3]《本朝経験》
「桃花2銭、大黄1銭、甘草5分」
桃核承気湯 [1-1]《傷寒論》
「桃仁(去皮尖)50箇、大黄4両、桂枝(去皮)2両、甘草(炙)2両、芒硝2両」右五味、以水七升、煮取二升半、去滓、内芒消、更上火微沸、下火。先食温服五合、日三服、當微利。
◎太陽病不解、熱結膀胱、其人如狂、血自下、下者愈。其外不解者、尚未可攻、當先解其外。外解已、胆少腹急結者、乃可攻之、宜桃核承気湯。《傷寒論》辨太陽病脉證治中第六。
[1-2]《傷寒論》《漢方治療の実際》
=「桃仁承気湯」
「桃仁5、桂枝4、芒硝2、大黄3、甘草1.5」
桃渓気宝丸 《東醫寶鑑》
「黒丑頭末2両、大黄1両半、檳榔・青皮各1両、活・川・陳皮・茴香(炒)・木香・当帰各5銭」作末して、角(熬)膏で丸め、姜湯で50~70丸呑む。
桃紅四物湯 《医宗金鑑》
「四物湯+桃仁・紅花」
《医宗金鑑》《中薬臨床応用》
「桃仁9g(打砕)、紅花6g、川5g、当帰9g、白芍薬9g、熟地黄12g」水煎服。
桃仁散 《医学入門》《古今方彙》
「桃仁・甘草・半夏・沢蘭葉・牛膝・当帰・桂心・牡丹皮・人参・蒲黄・川各5分、赤芍薬・生地黄各1銭、生姜」煎服。
桃仁承気湯 ⇒桃核承気湯《傷寒論》のこと。
《脈経》《玉函》《方意弁義》《古方選》に作る。
《温疫論》
「大黄、芒硝、桃仁、当帰、芍薬、牡丹」
《東醫寶鑑》
「大黄3銭、桂心・芒硝各2銭、甘草1銭、桃仁(留尖)10枚」作1貼し水煎し「芒硝」を入れて温服する。
桃仁煎 《東醫寶鑑》
「桃仁・大黄各1両、虻虫(炒)5銭、朴硝1両」作末し先に純醋1升合を銀石器で弱火で煎じ、7合ぐらいになったら桃仁・大黄・虻虫末を入れ、次に朴硝を入れて再煎しかき混ぜ梧子大の丸剤。前日に夕食を取らずに夜中に起きて、温酒で5丸を飲み下すと、悪物が豆汁か鶏の肝のようなものになって降りるが、万一降りなかったら又服用し、出ると服用を中止する。
桃仁湯 《備急千金要方》
「桃仁5個・沢蘭・甘草・川・人参各2両・牛膝・桂心・牡丹皮・当帰各3両・芍薬・生姜・半夏各4両・地黄8両・蒲黄7合」の14味を粉砕し、水3升を1.5升まで煮詰める。6回に分けて服用。
《温疫論》
「桃仁3匁、牡丹皮1匁、当帰1匁、芍薬・阿膠各2匁、滑石1匁」
桃仁当帰湯 《証治準縄》《古今方彙》
「桃仁、当帰尾、延胡索、生地黄、川、赤芍薬、呉茱萸、青皮、牡丹皮」水煎。
桃人湯 《本朝経験》
「桃仁3銭、阿膠2銭、牡丹皮・当帰・滑石各1銭」水煎。
桃奴湯 《東醫寶鑑》
「桃奴・鼠糞・延胡索・肉桂・香附子・五霊脂・縮砂・桃仁」各等分に作末し毎回3銭を温酒で調下する。
桃奴元 《東醫寶鑑》
「桃奴7箇(別研)、玳瑁(細末)1両、安息香(去滓)1両」3味を銀石器に入れ、炒って膏を作り、「辰砂・犀角各5銭、琥珀・雄黄各3銭、竜脳・麝香・牛黄各2銭、桃仁(麩炒)14個」を作末して安息香膏に入れ、実大に丸め、陰干しにし、密封して秘蔵し、人参湯で1丸づつ飲む。
桃奴散 《東醫寶鑑》
「桃奴・鼠糞・延胡索・肉桂・五霊脂・香附子(炒)・縮・桃仁」各等分に作末し、毎回3銭を温酒で調下する。
当帰郁李仁湯 《東醫寶鑑》
「郁李仁・角仁(焼)各1銭、枳実7分、秦・麻子仁・当帰梢・地黄(生)・蒼朮各5分、大黄()・沢瀉各3分」作し煎じて滓を去り、両仁を混ぜて服用。
当帰飲 《東醫寶鑑》
「大黄・蘇木・生乾地黄・当帰・赤芍薬」各等分に作末し、毎回3銭を温酒で調服する。
《万病回春》《古今方彙》
「当帰1銭2分、芍薬・生地黄・牡丹皮・麦門冬各1銭、黄連(酒)・黄(酒)・地骨皮各7分、柴胡・梔子各6分、川5分、甘草3分」水煎。食遠に服す。
当帰飲子 [1-1]《厳氏済生方》《漢方後世要方解説》
「当帰5、芍薬・川・藜子・防風各3、地黄4、荊芥・黄蓍各1.5、何首烏2、甘草1」
[1-2]《癘瘍機要》《漢方医学概論》
「当帰・川・防風・荊芥各1銭半、甘草(生)1銭、白芍薬・地黄(生)・白藜各1銭半、黄蓍(炒)・何首烏各1銭」水煎服。
[1-3]《厳氏済生方》《古今方彙》
「当帰・川・白芍薬・生地黄・藜子・防風・荊芥各1両、何首烏・黄蓍・甘草各半両」水煎。末と為すも亦可なり。
[1-4]《厳氏済生方》《中医処方解説》
「当帰・白芍薬・川・熟地黄・白藜・防風・荊芥・何首烏各5.0g、黄蓍・甘草(炙)各3.0g」
[1-5]《厳氏済生方》《漢方治療の実際》
「当帰5、芍薬・川・藜子・防風各3、地黄4、荊芥・黄蓍各1.5、何首烏2、甘草1」
当帰鶴虱散 《外台秘要方》
「当帰8分、鶴虱10分、橘皮6分、人参6分、檳榔12分、枳実6分、芍薬6分、桂枝6分、生姜、大棗」
当帰活血潤膈湯 《寿世保元》《古今方彙》
「当帰1銭半、桃仁・厚朴各1銭、黄連(呉茱萸1銭湯炒)、陳皮8分、大腹皮(甘草湯洗)8分、白朮7分、紅花(塩水炒)7分、甘草(炙)、酒をよくする者は葛根を加える」水煎。
当帰活血湯 [1]《張氏医通》
「当帰12g、赤芍(酒洗)・生地黄(酒浸)・桂心各6g、桃仁20粒、茯苓・枳穀・柴胡各3.2g、甘草2g、乾姜(炮)1.6g、紅花0.8g」
《寿世保元》《古今方彙》
「当帰・赤芍薬・甘草・紅花・桂枝・乾姜(炒)・枳殻・柴胡・人参・生地黄・桃仁・生姜」水煎し、酒を入れ同じく服す。
[2-1]《万病回春》《東醫寶鑑》
「当帰・赤芍薬・川・桃仁各1銭、牡丹皮・香附子・烏薬・枳殻・青皮各8 分、紅花5分、桂皮・乾姜(炮)・甘草各3分」作1貼し、姜3片入れて水煎服。
[2-2]《万病回春《古今方彙》
「紅花5分、牡丹皮・香附子・烏薬・枳殻・青皮・官桂・乾姜(炒黒)・甘草各2分、当帰・芍薬・川・桃仁(去皮尖)各1銭、生姜」水煎。
[2-3]《万病回春《古今方彙》
「当帰活血湯[2-2]-官桂・青皮・牡丹皮+木香・沈香・小茴香・乳香・牛膝」
当帰丸 《東醫寶鑑》
「当帰5銭、甘草2銭半、黄連・大黄各1銭半」作末し、当帰を炒って膏を作り3味を入れて混ぜ、緑豆大の丸剤。米飲で5~7丸呑む。
当帰寄生湯 《東醫寶鑑》
「人参・桑寄生・熟地黄・続断各1銭半、当帰・川・白朮・葉各7分半」水煎服。
当帰建中湯 [1-1]『千金』《金匱要略》
「当帰4両、桂枝3両、芍薬6両、生姜3両、甘草2両、大棗12枚」右六味、以水一斗、煮取三升、分温三服、一日令盡。若大虚、加飴糖六両、 湯成内之、於火上煖令飴消。若去血過多、崩傷内衂不止、加地黄六両、阿 膠二両、合八味、湯成内阿膠。若無当帰、以代之、若無生姜、以乾姜 代之。
◎治婦人産後、虚羸不足、腹中刺痛不止、吸吸少氣、或苦少腹中急、摩痛引腰背、不能食飲。産後一月、日得服四五剤為善、令人強壮宜。
[1-2]『千金』《金匱要略》《漢方治療の実際》
「当帰・桂枝・生姜・大棗各4、芍薬5、甘草2」
《千金翼方》《中薬臨床応用》
「当帰12g、桂枝6g、白芍薬12g、粉甘草9g、生姜3g、紅棗15g、膠飴30g(溶解)」水煎服。
当帰膏 《東醫寶鑑》
「枸杞子・当帰各5両、生乾地黄・白朮・白芍薬各4両、白茯苓3両、苡仁2両、山薬・麦門冬各1両2銭半、地骨皮・蓮肉・人参各1両、熟地黄・貝母・甘草各7銭半、天門冬5銭、五味子2銭半、琥珀6分」水5升に薬を入れ、弱火で煎じ、再び水5升を入れること7回、濾過して滓を去り強火で煎じ、毎回1升に熟蜜4両と炒って膏を作り、空腹時に白湯で、2匙調下する。
当帰散 [1-1]《金匱要略》
「当帰・黄・芍薬・各1斤、白朮半斤」右五味、杵為散、酒飲服方寸匕、日再服。妊娠常服、即易産、胎無苦疾、産後百病悉主之。
◎婦人妊娠、宜常服当帰散主之。
[1-2]《東醫寶鑑》
「当帰・白芍薬(炒)・川・黄(炒)各1両、白朮5銭」作末し毎回2銭を空腹時に、1日2回酒で調服する。
[1-3]《婦人大全良方》《古今方彙》
「当帰・白芍薬(炒)・川・黄(炒)各1両、白朮5銭」細末にし、童便(温)にて2銭を調下す。
[1-4]《金匱要略》《龍野ー漢方処方集》
「当帰・黄・芍薬・川各2、白朮1」右の割合で散剤とし日本酒で1回量2.0gを服す。1日2回。
[1-5]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「当帰・芍薬・川・黄各3、朮1.5」
[2]《東醫寶鑑》
「防風・当帰・藁本・独活・荊芥穂・頑荊葉各1両」粗末にし、1両を塩4両と炒って熱いときに熨烙し、冷めたら換える。
[3]《東醫寶鑑》
「地黄(生)2銭半、小薊葉2銭、当帰・羚羊角(屑)・赤芍薬各1銭半」水煎服。
[4]《指迷方》
「当帰・荊芥穂」等分を細末とし、毎回8g、水1盃・酒半盃を用い1盃まで煎じる。
当帰散湯 《傷科補要》
「当帰尾・延胡索・紅花・五霊脂・赤芍・桃仁・甘草・穿山甲・乳香・没薬」煎服。
当帰地黄散 《東醫寶鑑》
「当帰・地黄・芍薬・川・藁本・防風・白各1銭、細辛5分」作1貼し水煎服。
当帰地黄湯 [1]《東醫寶鑑》
「熟地黄4銭、当帰2銭」水煎し、空腹時に服用。
[2]《万病回春》《東醫寶鑑》
「当帰・熟地黄・地黄(生)・白芍薬(酒炒)・白朮・白茯苓・黄蓍(蜜炒)各1銭、黄柏(蜜炒)・知母(蜜炒)・陳皮各8分、人参5分、甘草3分、棗1枚、浮小麦一握り」水煎服。
当帰四逆湯 [1-1]《傷寒論》
「当帰3両、桂枝(去皮)3両、芍薬3両、細辛3両、甘草(炙)2両、通草2 両、大棗(擘)25枚」右七味、以水八升、煮取三升、去滓、温服一升、日三服。
◎手足厥寒、脉細欲絶者、当帰四逆湯主之。《傷寒論》辨厥陰病脉證治第十二。
◎下利、脉大者、虚也、以強下之故也。設脉浮革、因爾腸鳴者、当帰四逆湯。 《傷寒論》辨不可下病脉證治第二十。
[1-2]《傷寒論》《龍野ー漢方処方集》
「当帰・桂枝・芍薬・細辛各3.0g、甘草・木通各2.0g、大棗6.5g」水320ccを以て煮て120ccに煮詰め3回に分服。
[1-3]《東醫寶鑑》
「当帰・白芍薬各2銭、桂枝1銭半、細辛・通草・甘草各1銭」作1貼して「棗2枚」入れて水煎服用。
[1-4]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「当帰・桂枝・芍薬・木通各3、細辛・甘草各2、大棗5」
[2-1]《衛生宝鑑》《龍野ー漢方処方集》
「当帰6.0g、桂枝・柴胡各4.0g、芍薬3.0g、延胡索・川楝子・茯苓・沢瀉各2.0g、白川附子1.0g」
[2-2]《東醫寶鑑》
「当帰1銭2分、附子・肉桂・茴香各1銭、白芍薬・柴胡各9分、延胡索・川楝子・茯苓各7分、沢瀉5分」作1貼し、水煎し空腹時に服用。
[2-3]《医宗必読》《古今方彙》
「当帰尾7分、附子(炮)・官桂・小茴香・柴胡各5分、芍薬4分、延胡索・川楝子・茯苓・沢瀉各2分」水2鐘煎じて1鐘とし空心に服す。
[2-4]《衛生宝鑑》《漢方治療の実際》
「当帰・桂枝・小茴香各3、附子0.6、柴胡・芍薬各4、茯苓・延胡索・川楝子・沢瀉各2」
当帰四逆加呉茱萸生姜湯 [1-1]《傷寒論》
「当帰3両、芍薬3両、甘草(炙)2両、通草2両、桂枝(去皮)3両、細辛3両、生姜(切)半斤、呉茱萸2升、大棗(擘)25枚」右九味、以水六升、清酒六升和、煮取五升、去滓、温分五服。
◎若其人内有久寒者、宜当帰四逆加呉茱萸生姜湯。《傷寒論》辨厥陰病脉證治第十二。
[1-2]《傷寒論》《龍野ー漢方処方集》
「当帰・桂枝・芍薬・細辛各3.0g、甘草・木通各2.0g、大棗6.5、呉茱萸6.0g、生姜(必ずひね生姜)8.0g」水・日本酒各240ccで200cc煮に詰め5回に分服。
[1-3]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「当帰四逆湯《傷寒論》+呉茱萸2、生姜4」
当帰芍薬散 [1-1]《金匱要略》
「当帰3両、芍薬1斤、茯苓4両、白朮4両、沢瀉半斤、半斤」右六味、杵為散、取方寸匕、酒和、日三服。
◎婦人懐妊腹中痛、当帰芍薬散主之。《金匱要略》婦人妊娠病脉證治第二十。
[1-2]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「当帰・川各3、芍薬6、茯苓・朮各4、沢瀉5」
当帰芍薬散加味 《中薬臨床応用》
「白芍薬12g、当帰・川・白朮・茯苓・沢瀉各9g、香附子・延胡索各6g」水煎服。
当帰芍薬湯 《東醫寶鑑》
「蒼朮・白朮・当帰・白芍薬各1銭半、黄蓍1銭、陳皮・熟地黄各5分、甘草(炙)・地黄(生)各3分、柴胡2分」水煎服。
当帰生姜羊肉湯 《金匱要略》《中薬臨床応用》
「羊肉250g、当帰30g、生姜15g」膈水清蒸して温服。
当帰承気湯 [1]《東醫寶鑑》
「当帰・大黄各2銭、芒硝7分、甘草5分」作1貼し、水煎して芒硝を入 れて服用。
[2]《東醫寶鑑》
「当帰2銭、厚朴・枳実・大黄各8分、芒硝7分」水煎服。
[3]《東醫寶鑑》
「当帰・大黄各1両、芒硝7銭、甘草5銭」細切りにし毎回1両に、「姜5片、棗10枚」水1椀と煎じ、半分まで煎じたら滓を去り、温服。
当帰潤燥湯 《東醫寶鑑》
=「潤燥湯」
「当帰・大黄・桃仁・麻子仁・甘草(生)各1銭、地黄(生)・升麻各7分」紅花2分を先に煮て、半分になったら桃仁・升麻を入れ、又半分になったら空腹時に服用。
当帰鬚散 《医学入門》《東醫寶鑑》
「当帰尾1銭半、赤芍薬・烏薬・香附子・蘇木各1銭、紅花8分、桃仁7分、桂皮6分、甘草5分」酒・水半々で煎じて服用。
当帰承気湯 《玉機微義》《古今方彙》
「当帰、大黄、芒硝、甘草(生)、生姜」水煎。
当帰大黄湯 [1]《外台秘要方》
「当帰3両、芍薬8分、桂枝3分、乾姜6分、呉茱萸6分、人参1両、大黄1両、甘草2両」
「+枳実茯苓」=「十味当帰湯」《備急千金要方》
[2]《丹渓附録》
「大承気湯+当帰」
[3]《秘伝方》
「大承気湯+当帰・甘草」
当帰湯 [1]《備急千金要方》《漢方治療の実際》
=「千金当帰湯」
「当帰・半夏各5、芍薬・厚朴・桂枝・人参各3、乾姜・黄蓍・蜀椒各1.5、甘草1」
[2]《聖済総録》
=「四順清凉飲」。
「当帰・芍薬・山梔子・防風・連翹・活・大黄・甘草」
[3]《勿誤薬室方函》
「当帰5銭、川・紅花・桃仁・牡丹皮各3銭、蘇木2銭」酒水煎。
[4]《産宝》
「当帰4、阿膠(炒)4、甘草4、人参6、葱白1握り」
[5]《東醫寶鑑》
「柴胡2銭、地黄(生)1銭半、当帰・白芍薬各1銭、黄(酒浸)・黄連(酒浸)各7分半、甘草(炙)5分」水煎服。
当帰導滞散 《傷科補要》
「大黄40g、当帰40g、麝香0.4g」いっしょに細末とし、毎服4~12g服用
当帰拈痛湯 [1-1]《蘭室秘蔵》《東醫寶鑑》
「活・茵蒿(酒炒)・黄(酒炒)・甘草(炙)各1銭、知母・沢瀉・赤茯苓・猪苓・白朮・防已各6分、人参・苦参・升麻・乾葛・当帰・蒼朮各4分」作し水2杯に浸して煎じ、半分になったら就寝時に服用
[1-2]《蘭室秘蔵》
「白朮・知母(酒)・沢瀉・茯苓・黄(酒)・当帰・甘草・茵蒿(酒洗)・活5分、人参・苦参・升麻・葛根・蒼朮・防風各4分」水煎し空心に服す
[1-3]《蘭室秘蔵》《漢方治療の実際》
「活・当帰・猪苓・知母・朮・沢瀉・茵・黄・甘草各2.5、人参・苦参・升麻・葛根・防風・白朮各2」
当帰白朮湯 [1-1]《三因極一病証方論》
「白朮1銭、茯苓1束、甘草6分、当帰3分半、茵蒿5分半、猪苓・枳実・前胡・杏仁各6分、半夏8分」
当帰白朮散 《医学正伝》
⇒「当帰白朮湯《三因極一病証方論》-猪苓半夏+黄生姜」
《漢方治療の実際》
「白朮・茯苓・当帰・杏仁・半夏各4,猪苓2.5、茵・枳実各1.5、前胡3、甘草1」
当帰白朮湯 [1-1]《医学正伝》《古今方彙》
「白朮・茯苓各1銭、当帰・黄・茵各3分半、前胡・枳実・杏仁・甘草(炙)各6分、半夏8分、生姜」水煎。
[1-2]《東醫寶鑑》
「茯苓1銭半、蒼朮・枳実・杏仁・前胡・葛根・甘草各7銭、半夏7分半、当帰・黄・茵蒿各5分」作1貼し、姜3を入れて水煎服。
[2]《医学入門》《古今方彙》
「当帰・附子各2銭、生姜1銭、白朮・桂枝・甘草・人参・黄蓍・芍薬各5分」水煎温服。
当帰補血湯 [1-1]《備急千金要方》
「当帰8g、黄蓍40g」
[1-2]《東醫寶鑑》
「黄蓍5銭、当帰(酒洗)2銭」作1貼し水煎して飲む。
[1-3]《内外傷弁惑論》《古今方彙》
「黄蓍(蜜炙)1両、当帰2銭」水煎。
[1-4]《内外傷弁惑論》《中薬臨床応用》
「当帰6g、黄蓍30g」水煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「白芍薬・当帰・地黄(生)・熟地黄各1銭、白朮・白茯苓・麦門冬・梔子(炒)・陳皮各8分、甘草3分」作し、1貼に「米(炒)100粒、棗2枚、梅1箇」を入れて煎じて、滓を去り、「辰砂(水飛)末3分」を入れて混ぜて食べる。
[3-1]《万病回春》《古今方彙》
「当帰・香附子(酒)・白芍薬・黄(酒)・生地黄・川各1銭、防風・蔓荊子・柴胡各5分、荊芥・藁本各4分」水煎温服。
[3-2]《東醫寶鑑》
「生乾地黄(酒炒)・白芍薬・川・当帰・黄(酒炒)各2銭、防風・柴胡・蔓荊子各5分、荊芥・藁本各4分」水煎服。
[4]《医学正伝》《古今方彙》
「当帰、黄蓍、葱白」水煎、
当帰養心湯 《済世全書》《古今方彙》
「人参、当帰、生地黄、麦門冬、升麻、甘草、燈心草」水煎。
当帰六黄湯 [1-1]《太平聖恵方》《古今方彙》
「当帰・黄蓍各1銭、黄柏・黄・生地黄・熟地黄各7分」水煎
[1-2]《太平聖恵方》《漢方治療の実際》
「当帰・生地黄・熟地黄各4、黄柏・黄・黄連・黄蓍各2.5」
[1-3]《太平聖恵方》
「当帰・黄蓍各8g、生地黄・熟地黄・黄・黄連・黄柏各4g」
[1-4]《東醫寶鑑》
「黄蓍2銭、地黄(生)・熟地黄・当帰各1銭、黄・黄連・黄柏各7分」水煎服
[1-5]《蘭室秘蔵》《中薬臨床応用》
「生地黄15g、熟地黄15g、黄連6g、黄9g、黄柏6g、黄蓍18g、当帰6g」水煎服。
当帰竜薈丸 《東醫寶鑑》
「当帰・草竜胆・山梔子・黄連・黄柏・黄各1両、大黄・蘆薈・青黛各5 銭、木香2銭半、麝香半銭」作末し小豆大に蜜丸。姜湯で20~30丸服用
《宣明論》《中薬臨床応用》
「当帰・竜胆・黄柏・黄・黄連・山梔子各30g、大黄・大青葉・蘆薈各15g、木香6g、麝香1.5g」小豆大の丸剤。
当帰竜胆散 《東醫寶鑑》
「升麻・麻黄・草竜胆・黄連・草豆各1銭、地黄(生)・白・当帰梢・羊脛骨(灰)各5分」作末し、すりつける。
当帰連翹飲 《万病回春》《東醫寶鑑》
「当帰・地黄(生)・川・連翹・防風・荊芥・白・活・黄・梔子・甘草各7分、細辛3分」水煎服。
当帰連翹湯 《万病回春》《古今方彙》
「当帰・連翹・防風・黄・荊芥・白・芍薬・生地黄・山梔子・白朮・人参・阿膠・地楡各等分、烏梅1個、甘草半減、大棗1枚」水煎し食前に服す
当帰和血散 《東醫寶鑑》
=「槐花散」
「当帰・升麻各1銭半、槐花(炒)・青皮・荊芥・白朮・熟地黄各7分、川5分」作末し毎回2銭を空腹時に米飲で調下する。
冬葵散 《寿世保元》《古今方彙》
「葵子5銭、梔子5銭、滑石5銭、木通3銭」水煎。
冬葵子散 《金匱要略》
「冬葵子、木通」
冬葵子湯 《中薬臨床応用》
「冬葵子12g、滑石9g、香3g、香5g」水煎服
《医方考》《古今方彙》
「冬葵子、柴胡、桑白皮、赤茯苓、赤芍薬、当帰」水煎。
冬虫夏湯 《中薬臨床応用》
「冬虫夏草12g、杏仁9g、川貝母9g、麦門冬9g、阿膠珠15g、白9g、百部12g」水煎服。
党参膏 「党参、氷糖」
陶氏茵湯 《東醫寶鑑》
「茵2銭、大黄・梔子仁・厚朴・枳実・黄・甘草各1銭」作1貼し、「姜2片、燈心一握り」を入れ水煎服。
陶氏益元湯 《傷寒六書》《東醫寶鑑》
「甘草(炙)2銭、附子(炮)・乾姜(炮)・人参各1銭、五味子20粒、麦門冬・黄連・知母各7分、熟3分」作1貼し、「姜5片、棗2枚、葱白3茎」入れ、水煎して熱いときの童尿3匙入れ滓を去り、冷服する。
陶氏黄竜湯 [1-1]《傷寒六書》
「大黄・芒硝・枳実・厚朴・甘草・人参・当帰」年老いて気血の虚した者には芒硝を除く。水2杯に生姜3片・棗子2枚を入れて煎じてから、さらに桔梗を加え煮沸して熱いうちに服用。
[1-2]《東醫寶鑑》
「大黄2銭、芒硝1銭半、枳実・厚朴各1銭、人参・当帰・甘草各5分」作1貼し「姜3、棗2」を入れて水煎し温服。
陶氏桂枝大黄湯 《傷寒六書》《古今方彙》
「桂枝3銭、芍薬4銭、大黄2銭、柴胡・枳実・甘草各2銭半、生姜、大棗」水煎し、服するに臨み檳榔子を入れ、水を磨して熱服する。
陶氏再造散 《東醫寶鑑》
「人参・黄蓍・桂枝・附子(炮)・細辛・活・防風・川・甘草(炙)各1銭」作1貼し「姜()3、棗2」入れて煎じ、半分になったら「芍薬(炒)1銭」を入れ再び2~3沸して温服する。
陶氏柴胡百合湯 《東醫寶鑑》
「鼈甲(醋煮)2銭、柴胡・百合・知母・地黄(生)・陳皮・人参・黄・甘草各1銭」作1貼して「姜3、棗2」を入れ水煎服。
陶氏生地連湯 《傷寒六書》《東醫寶鑑》
「地黄(生)・黄・黄連・梔子・川・赤芍薬・柴胡・桔梗・犀角・甘草各1銭、大棗1枚」水煎し蓮根汁に墨汁を混ぜて飲む。
陶氏升陽散火湯 《東醫寶鑑》
「人参・当帰・芍薬・柴胡・黄・白朮・麦門冬・陳皮・茯神・甘草各1銭」作1貼し、「姜3、棗2」を入れ煎服。
陶氏冲和湯 《東醫寶鑑》
「活・蒼朮・防風・地黄(生)・川・黄・乾葛・白・柴胡・石膏各1銭、細辛・甘草各3分」作1貼し「姜3、棗2、黒豆37粒」入れ煎服。
陶氏導赤各半湯 《東醫寶鑑》
=「瀉心導赤散」
「黄・黄連・梔子・知母・麦門冬・茯神・犀角・人参・滑石各1銭、甘草5分」作1貼し「姜1、棗2、燈心草一掴み」入れて煎じ、「地黄(生)汁3匙」を入れて飲む。
陶氏導痰湯 《東醫寶鑑》
「半夏1銭、赤茯苓・胆南星・枳実各8分、陳皮・黄・黄連・白朮・瓜仁各5分、桔梗4分、人参・甘草2分、姜3、棗2」水煎し、就寝時に竹瀝・姜汁を少し飲んで先に痰を吐いた後、これを飲む。
陶氏平胃散 《東醫寶鑑》
「蒼朮1銭半、厚朴・陳皮・白朮各1銭、黄連・枳実各7分、草果6分、神麹・山肉・乾姜・木香・甘草各5分、姜3」水煎服。
陶氏補中益気湯 《東醫寶鑑》
「人参・地黄(生)・黄蓍・当帰・川・柴胡・陳皮・活・白朮・防風各7分、細辛・甘草各5分」作1貼し、「姜3、棗2、葱白2茎」を入れ水煎服。元気が出ないときには、升麻3分を加える。
唐侍中一方 [1-1]《外台秘要方》
「檳榔3銭、生姜2銭、橘皮・呉茱萸・蘇葉・木瓜各1銭」
[1-2]《外台秘要方》《漢方治療の実際》
「檳榔4、(少許)・橘皮・木瓜各3、呉茱萸・蘇葉各2」
東垣瀉白散 《医学発明》《古今方彙》
「桑白皮1両、地骨皮7銭、人参・青皮・陳皮・五味子・甘草各半両、粳米10~30粒」水煎。
東垣鼠粘子湯 《東醫寶鑑》
「桔梗1銭半、黄蓍・柴胡各7分、鼠粘子・連翹・生乾地黄(酒炒)・当帰尾・黄・甘草(生)各5分、昆布・蘇木・黄連・蒲黄・草竜胆各3分、桃仁3箇、紅花1分」水煎し食後服用。
榻気丸 《東醫寶鑑》
「胡椒・全蝎各49個」作末し、糊で栗米大の丸剤。米飲で5~7丸飲む。
豆橘紅散 《東醫寶鑑》
「木香・丁香各1銭、白豆・人参・厚朴・白朮・神麹・乾生姜・半夏(麺)・橘紅・香甘草(炙)各5分」作し、1貼に姜3、棗2を入れて水煎服。
豆姜湯 《中薬臨床応用》
「豆姜30g、骨砕補30g、半楓荷30g、当帰9g、鶏血藤15g」水煎服。
豆参散 《東醫寶鑑》
「赤小豆・苦参」酸漿水で調服し、羽根で探吐する。
豆淋酒 「黒豆を炒って熱くして酒に入れ、1日3回飲む。
透膈湯 《東醫寶鑑》
「木香・白豆・檳榔・縮砂・枳殻・厚朴・半夏・青皮・陳皮・甘草・大黄・芒硝各8分」作し、1貼に姜3、棗2を入れ食後水煎服。
透肌散 《医学入門》《古今方彙》
「紫草1銭、升麻・甘草各5分、糯米50粒」水煎。
透耳筒 《東醫寶鑑》
「椒目・巴豆肉・石菖蒲・松脂各半銭」作末しを熔化し筒と同じように作り、綿にくるんで耳に1日1回入れる。
透鉄関法 《東醫寶鑑》
「磁石2塊」棗核大に切り、麝香を少し磁石の尖先に塗り、2つの耳孔の中をふさぎ、口に鉄1塊をくわえる
透膿散 《外科正宗》《古今方彙》
「黄蓍4銭、川3銭、当帰2銭、角刺1銭半、穿山甲1銭」水煎
《外科正宗》
「生黄蓍・穿山甲・川・当帰・皀角針」
透氷丹 《東醫寶鑑》
「川烏2両を江水に半月間浸すが、3日の間に1回づつ水を取り替えてから、切って焙乾し、塩1両で炒黄し塩は入れないで、大黄・梔子・茯神・威霊仙・蔓荊子・益智仁・白茯苓・仙霊脾・天麻・白各5銭、香墨(焼醋淬)・麝香各1銭1字」作末し、煉蜜に混ぜて杵で砕いて、実大に丸め、薄荷汁と温酒で2~3丸化下する。
湯実大黄湯 《東醫寶鑑》
「大黄(酒)3銭、活1銭半、当帰1銭、枳実5分」水煎し空腹時に服用。
蕩疝丸 《東醫寶鑑》
「黒丑頭末・破故紙・茴香(炒)・川楝子(炒)各1両、莪朮・木香各4両、青皮・陳皮各3銭」作末し酒で梧子大の丸剤。空腹時に50~70丸飲む。
兜鈴丸 《東醫寶鑑》
「馬兜鈴・杏仁・蝉退各1銭、信砒()3銭」作末し棗肉で葵子大の丸剤。就寝時に6~7丸を、冷葱茶湯で飲む。
罩胎散 《東醫寶鑑》
「荷葉(焙)1両、蛤粉5銭」作末し2銭を蜜水で調服する。
倒倉法 《東醫寶鑑》
「黄牡牛肥肉15~20斤」を長流水を熱くした中に入れて煮詰める。肉が綿毛のように柔らかくなったら濾過し、その汁を鍋に入れてさらに煮詰める
燈心竹葉湯 《中薬臨床応用》
=「灯心竹葉湯」
「燈心草3束、淡竹葉9g」水煎服。
騰竜湯 [1-1]《本朝経験》
=「騰龍湯」
⇒「大黄牡丹皮湯+蒼朮・苡仁・甘草」
[1-2]《本朝経験》《漢方治療の実際》
「大黄1.5、牡丹皮・桃仁・朮各4、芒硝・冬瓜子各5、苡仁10、甘草1」
[1-3]《本朝経験》《漢方後世要方解説》
「牡丹皮・桃仁・瓜子仁・蒼朮各4、苡仁8、甘草1、大黄1、芒硝2」
傷散 《中薬臨床応用》
「寒水石30g、石膏30g、炉甘石30g」水飛によって細末にし、竜脳3gを加えた微細末を局所に散布する
道人開障散 《東醫寶鑑》
「蛇退(洗焙)・蝉退・黄連各5銭、甘草2銭、緑豆皮1両」粗末にし毎回2銭を水煎服。
導気枳殻丸 《東醫寶鑑》
「枳殻(麩炒)・木通(炒)・陳皮・青皮・桑白皮(炙)・蘿葡子(炒)・白丑頭末・黒丑頭末・莪朮()・三稜()・茴香(炒)」各等分に作末し、姜汁糊で梧子大の丸剤。毎回30~50丸を橘皮湯で服用。
導気除燥湯 [1-1]《蘭室秘蔵》《古今方彙》
「茯苓・滑石(炒黄)各2銭、知母(酒洗)・沢瀉各3銭、黄柏(酒洗)4銭」咀嚼し、毎服5銭、水3盞より1盞に至り渣を去りやや熱し、空心に服す
[1-2]《東醫寶鑑》
「赤茯苓1銭半、黄柏1銭2分、滑石・知母・沢瀉各1銭、燈心1銭」水煎し空腹時に服用。
導気湯 《東醫寶鑑》
「当帰2銭半、大黄・黄・白芍薬各1銭、黄連・木香・檳榔各5分」水煎服。
[2]《中薬臨床応用》
「川楝子9g、小茴香5g、呉茱萸5g、木香3g(後下)」水煎服。
《医学入門》《古今方彙》
「黄蓍2銭、甘草1銭、青皮1銭、升麻・柴胡・沢瀉・陳皮各5分、五味子20粒、紅花(少許)」水煎温服。
導経丸 《東醫寶鑑》
「大黄2両、当帰・川・白芍薬・官桂・桃仁・甘草各1両、血竭2銭半、紅花1銭、斑猫・糯米同炒20」作末し、蜜で梧子大の丸剤。
導水丸 《東醫寶鑑》
=「蔵用丸」「顕仁丸」
「黒丑頭末・滑石各4両、大黄・黄各2両」作末し水で小豆大に丸め、温水で10~15丸調下。
導水散 《寿世保元》《古今方彙》
「当帰。瞿麦・車前子・滑石・赤茯苓・沢瀉・猪苓・木通・蓮肉・山梔子・黄連・知母・黄柏・甘草・燈心草」水煎。
導水湯 《本朝経験》
「蒼朮、茯苓、檳榔、木瓜、茅根、猪苓、沢瀉、厚朴」
導水茯苓湯 [1-1]《奇効良方》
「茯苓・麦門冬・沢瀉・蒼朮各3両、桑白皮・蘇葉・檳榔・木瓜各1両、大腹皮・橘皮・縮砂・木香各7銭5分、燈心草30枚」
[1-2]《奇効良方》《漢方治療の実際》
「茯苓・沢瀉・白朮各3、麦門冬6、桑白皮・蘇葉・大腹皮・縮砂・木香・燈心草各1、檳榔・木瓜各2、陳皮1.5」
1-3]《奇効良方》《漢方後世要方解説》
「茯苓・沢瀉・白朮各3、麦門冬5、桑白皮・蘇葉・大腹皮・縮砂・木香・燈心草各1、檳榔・木瓜各2、陳皮1.5」
導赤元 《東醫寶鑑》
「大黄(炒)1両半、梔子1両2銭、木通・生乾地黄各8分、赤芍薬・赤茯苓・滑石各4銭」作末し蜜で梧子大の丸剤。導赤散の煎じ湯で、空腹時に30~50丸飲む
導赤散 [1]《万病回春》
「地黄・滑石・木通各8g、甘草4g、灯心草」
[2]《銀海精微》
「生地黄・木通・山梔子・黄柏・知母・甘草」各等分。粉末にして、毎服16gに竹葉・灯心草を入れて一緒に煎じて、食後服用。
[3]《東醫寶鑑》
「黄連・黄・麦門冬・半夏・地骨皮・茯神・赤芍・木通・生地黄・甘草各5分、生姜5片」
[4]《小児薬証直訣》《中薬臨床応用》
「淡竹葉12g、木通12g、生地黄18g、甘草梢6g」水煎服。
導赤湯 《東醫寶鑑》
「木通・滑石・黄柏・赤茯苓・地黄(生)・梔子仁・甘草梢各1銭、枳殻・白朮各5分」作し、空腹時に水煎服。
導赤飯 《東醫寶鑑》
「地黄(生)・木通・甘草各1銭、青竹葉7枚」煎服。
導赤地楡散 《東醫寶鑑》
「地楡・当帰身(酒洗)各1銭半、赤芍薬(炒)・黄連(酒炒)・黄(酒炒)・槐 花(炒)各1銭、阿膠珠・荊芥穂各8分、甘草(炙)5分」水煎し空腹時に服 用。
導滞散 《太平聖恵方》
「鶏鳴散[1]《備急千金要方》」に同じ。
《東醫寶鑑》
「大黄1両、当帰2銭半、麝香少々を末にし、それぞれ3銭を熱酒で服用。
導滞通経湯 [1]《済世抜粋方》
「木香・白朮・桑白皮・橘皮各5銭、茯苓1両」
[2]《東醫寶鑑》
「赤茯苓・沢瀉各2銭、陳皮・桑白皮・木香・白朮各1銭」水煎服。
導滞湯 《東醫寶鑑》
「白芍薬2銭、当帰・黄・黄連各1銭、大黄7分、桂心・木香・檳榔・甘 草各3分」空腹時に水煎服用。
導痰湯 [1-1]《厳氏済生方》《古今方彙》
「半夏4両、天南星・陳皮・茯苓・枳実各1両、甘草半両、生姜」煎服。
[1-2]《東醫寶鑑》
「半夏(姜製)2銭、南星(炮)・橘紅・枳殻・赤茯苓・甘草各1銭、姜5片」 水煎服。
[2]《済世方》《中医処方解説》
「製半夏9g、製南星9g、陳皮6g、茯苓6g、甘草(炙)3g」水煎服。
洞当飲 《賀川玄悦=産論》
「柴胡・黄・黄連・茯苓・半夏各5分、芍薬1銭、青皮5分、甘草1分、生姜5分」
銅録散 《東醫寶鑑》
「五倍子5銭、白礬1銭、乳香・銅緑各5分、軽粉2分半」作末して塗る。
撞気阿魏元 《東醫寶鑑》
「莪朮(炒)・丁香皮(炒)・陳皮・青皮・川・茴香(炒)・甘草各1両、縮砂・桂心・白各5銭、阿魏(酒浸一晩)・胡椒各2銭半、生姜4両」を1両入れて一晩置き、炒褐して阿魏の糊で実大に丸め朱砂で衣を付ける。3丸づつ姜塩湯で空腹時に服用。
撞関飲子 《東醫寶鑑》
「香附子2銭、烏薬1銭2分、厚朴1銭、縮砂8分、三稜・白豆・甘草各5分、丁香・沈香各3分、姜3」水煎服用。又紫蘇湯に末2銭を入れて調下する。
都気丸 《医宗已任編》《中薬臨床応用》
=「六味丸+五味子」
「熟地黄、山茱萸、山薬、沢瀉、牡丹皮、茯苓、五味子」
《医方考》
=「加味地黄丸」《丹台玉案》
「六味丸+黄柏・知母・五味子」
吐血一方 [1]《寿世保元》《古今方彙》
「当帰2銭、川1銭半、官桂3銭」水煎。
[2]《済世全書》《古今方彙》
「当帰・芍薬・川・生地黄各1銭半、山梔子・貝母・括楼根各1銭、牡丹皮8分、麦門冬8分」水煎。
[3]《済世全書》《古今方彙》
「知母・貝母・括楼仁・生地黄・麦門冬・芍薬各1銭、山梔子1銭2分、括楼根1銭半」水煎。
土牛膝飲 《中薬臨床応用》
「土牛膝根60g」適量つきくだき、等量の湯を加え24時間漬けた後に濾過する。
独活葛根湯 [1-1]《外台秘要方》
「葛根湯+地黄・独活」
[1-2]《外台秘要方》《漢方治療の実際》
「葛根・地黄各5、麻黄・大棗・生姜・独活・甘草各2、桂枝3、芍薬3」
[1-3]《外台秘要方》《漢方後世要方解説》
「葛根5、桂枝・芍薬各3、麻黄・独活・生姜各2、地黄4、大棗・甘草各1」
独活寄生湯 [1-1]《備急千金要方》
「独活・桑寄生・秦・防風・細辛・当帰・芍薬・川・熟地・杜仲・牛膝・人参・茯苓・甘草・桂心」
[1-2]《備急千金要方》《中薬臨床応用》
「独活6g、桑寄生12g、防風6g、秦9g、杜仲9g、細辛3g、当帰9g、党参12g、熟地黄15g、茯苓9g、白芍薬12g、牛膝9g、川6g、肉桂末1.5g(沖服)、甘草3g」水煎服。
[1-3]《和剤局方》《古今方彙》
「独活3両、桑寄生・牛膝・杜仲(酒)・秦・細辛・桂心・川・白芍薬(酒)・茯苓・人参・当帰・防風・熟地黄・甘草各2両、生姜」水煎、空心に温服。
[1-4]《東醫寶鑑》
「独活・当帰・白芍薬・桑寄生各7分、熟地黄・川・人参・白茯苓・牛膝・杜仲・秦・細辛・防風・肉桂各5分、甘草3分、姜3」水煎し空腹時に服用。
独活散 [1]《袖珍方》《東醫寶鑑》
「独活・活・川・防風各1銭6分、地黄(生)・荊芥・薄荷各1銭、細辛7 分」水煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「当帰・連翹各1銭半、活・独活・防風・沢瀉・肉桂各1銭、防已・黄柏・大黄・甘草各5分、桃仁(留尖)9粒」酒水各半分づつで煎じて、空腹時に服用。
独活湯 [1-1]《医学入門》《古今方彙》
「独活・活・防風・肉桂・大黄・沢瀉各9分、当帰・桃仁・連翹各1銭半、防已・黄柏各3銭、甘草(炙)6分」酒水煎服。
[1-2]《医学入門》《漢方治療の実際》
「独活・活・防風・桂枝・大黄・沢瀉各2、当帰・桃仁・連翹各3、防已・黄柏各5、甘草1.5」
[2]《東醫寶鑑》
「独活・活・人参・前胡・細辛・半夏・沙参・五味子・白茯苓・酸棗仁(炒)・甘草各7分、棗3片、烏梅1箇」水煎服。
独脚金糖冬瓜湯 《中薬臨床応用》
「独脚金9g、糖冬瓜12g」2杯の水で1杯まで煎じ、2回に分服。
独虎散 《東醫寶鑑》
「五倍子半両、水3杯で半分まで煎じ、「焔硝・荊芥各1銭」を入れ熱いうちに洗って五倍子末を塗る。
独勝丸 《東醫寶鑑》
=「大補丸」
「黄柏8両」
独勝散 [1]《東醫寶鑑》
「甘草(大節)黄油につける。日がたてば立つほど良い。囓って呑み込むor水煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「五倍子・白礬枯」各等分。ツバで臍に塗り込み、包帯しておくと、すぐ治る。
独参湯 [1-1]《景岳全書》
「人参」を清水で濃煎して頓服。
[1-2]《景岳全書》《中薬臨床応用》
「吉林参30g」随時に煎じて頻回に服用
[1-3]《東醫寶鑑》
「人参(大)2両」作1貼し、「棗5枚」を入れ煎服。
[1-4]《景岳全書》《漢方治療の実際》
「人参8」
[1-5]《東醫寶鑑》
=「奪命散」
「人参1両」水2升を銀石器で煎じ、1升ぐらいになったら滓を去り、新水に漬けて放置して、冷ました後、全部1回に飲むと鼻梁より汗が出ながら治る。
[1-6]《丹渓心法》《古今方彙》
「人参」多少に拘わらず濃煎し以て進む。
[1-7]《薛立斎十六種》《古今方彙》
「人参2両」水煎。
[1-8]《済世全書》《古今方彙》
「人参1両」水煎。
独聖散 《東醫寶鑑》
「縮砂」弱火で炒って皮を去り、作末し毎回2銭を熱酒で調下する。
《東醫寶鑑》
「風蔕(炒黄)」作末し、5分づつ服用。病の重い者には1銭を熟水に調下し、もし吐かなければ再び飲めば吐く
《東醫寶鑑》
「薬末2銭と茶末1銭を酸薺汁で調下し、吐くのを限度とする。
《東醫寶鑑》
「風蔕・欝金」各等分、作末し、毎1銭~2銭を酸薺汁で調下し、羽で探吐する。
独歩丸 【中成薬】=独活寄生湯《備急千金要方》
禿鶏散 洞玄子》
「肉蓉・五味子・兎絲子・遠志各3分、蛇床子4分」をついて篩いにかけ、粉末にする。空腹時に、酒で1寸大の匙に1杯を飲む。
禿癬散 《漢方治療の実際》
「雄黄2、硫黄4、胆礬1、大黄3」
杜続丸 《東醫寶鑑》
「杜仲(炒)・続断各2両」作末し棗肉で梧子大の丸剤。米飲で50~70丸飲む。
杜仲丸 《証治準縄》
「杜仲・続断・棗肉」
杜中湯 《百々漢陰》
「杜仲、独活、生地黄、川、当帰、丹参、五加皮、木通、木香」
菟絲子丸 《厳氏済生方》
「菟絲子、五味子、牡蛎、肉蓉、附子、鶏内金、鹿茸、桑蛸、益智仁、烏薬、山薬」
《中薬臨床応用》
「菟絲子・五味子・細辛・沢瀉各30g、蔚子・熟地黄各60g、山薬45g」丸剤として毎回6g服用。
屠蘇飲 《東醫寶鑑》
「白朮1両8銭、大黄・桔梗・川椒・桂心各1両半、虎杖根1両2銭、川烏6銭」
兎脳丸 《東醫寶鑑》
「兎脳髄(朧月の)1枚、鼠内腎1部、母丁香・益母草各1銭、乳香2銭半、麝香2部半」作末し兎脳髄で実大の丸剤。朱砂で衣を付け油紙でくるみ、陰干しにして毎回1丸を醋湯で飲む。
塗臍膏 《東醫寶鑑》
「地竜(生研)・猪苓・甘遂・鍼砂各5銭」作末して葱涎を搗いて膏を作り、臍に1寸ぐらい貼って絹帙でまき、小便が出るのを限度とする。
土骨皮湯 [1]《本朝経験》
「土骨皮・忍冬各2銭、防風・大黄各8銭、活・桂枝各3銭、甘草2分」
[2]《本朝経験》
「土骨皮・忍冬各2銭、防風・大黄各8銭、川、荊芥、甘草2分」
[3]《本朝経験》
「土骨皮・紅花・甘草・柴胡・莪朮」
土茯苓湯 《張景岳》
「土茯苓80~90g」
豚胃丸 《東醫寶鑑》
「槐花2両、黄連・牡丹皮核両、皮7銭、活6銭」作し猪肚内に入れてくくり、煮た後、薬を去り肚を食べる。
呑酸一方 《万病回春》《古今方彙》
「蒼朮(壁土炒)・白朮・陳皮・茯苓・滑石(炒)」水煎温服。
里湯 《聖済総録》
「乳香、真緑豆粉」
頓嗽湯 《漢方治療の実際》
「柴胡5、桔梗・黄・桑白皮各2.5、梔子・甘草各1、石膏5」




関連情報
漢方薬(50音順)

漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候/病名)

漢方の証

漢方医学の分量

生薬

病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証

漢方書籍






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬