ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(う)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)






茴香安腎湯 [1]《方薬合編》
「人参・白朮・茯苓・茴香・破故紙・檳榔子・烏薬・香附子・縮砂・各3.2g 黄柏・沢瀉各2.4g 延胡索・木香各1.6g升麻・甘草各0.8g」
[2]《東醫寶鑑》《方薬合編》
「人参・白朮・白茯苓・茴香・破故紙・檳榔・烏薬・香附子・縮砂・茄枝核各8分、黄柏・沢瀉各6分、木香・延胡索各4分、升麻・甘草各2分」水煎服。
茴香練実丸 《東醫寶鑑》
「川楝子(炒)・茴香・山茱萸・呉茱萸・食茱萸・青皮・陳皮・馬蘭花・芫花各1両」粉末にし、醋糊で梧子大の丸剤。温酒で50丸呑む。
右帰飲 [1-1]《景岳全書》(新方八陣・巻51)
「熟地黄2銭~2両、山茱萸1銭、山薬(炒)・枸杞子・杜仲各2銭、甘草(炙)・肉桂1~2銭、制附子1~3銭」
[1-2]《景岳全書》《中薬臨床応用》
「熟附子片5g、肉桂3g(服)、熟地黄18g、山茱萸9g、山薬12g、杜仲9g、枸杞子6g、炙甘草3g」
[1-3]《景岳全書》《中医処方解説》
「附子9g、肉桂6g、熟地黄30g、山茱萸9g、山薬24g、枸杞子30g、杜仲15g、炙甘草3g、茯苓9g」
[1-4]《方薬合編》
「熟地黄8~18g 山薬・枸杞子・杜仲各8g 山茱萸・肉桂・炙甘草各4g炮附子1~4g」
右帰丸 [1-1]《景岳全書》(新方八陣)
「熟地黄8両、山薬(炒)・枸杞子・鹿角膠・制菟絲子・杜仲各4両、山茱萸・当帰各3両、肉桂2~4両、制附子2~6両」
[1-2]《景岳全書》《中医処方解説》
「熟地黄24g、山薬12g、山茱萸9g、枸杞子6~12g、杜仲12g、兎絲子12g、熟附子6~18g、肉桂6~12g、当帰9g、鹿角膠12g、を粉末にし、蜜丸にし、1日2~3回6gづつ服用。
羽沢散 《方輿》
「明礬・杏仁・甘草各2.0、丁字・竜脳各1.0」細末にし、絹布に包み座薬として膣内に挿入する。
禹功散 [1-1]《寿世保元》《勿誤薬室方函》
「牽牛子4両、茴香1両」
或いは木香1両を加う。
[1-2]《東醫寶鑑》
「黒丑頭末1銭、茴香2銭半、木香1銭」作末し、毎回2銭を姜湯で調下する。
[2-1]《寿世保元》《龍野ー漢方処方集》
「陳皮・半夏・茯苓・猪苓・沢瀉・白朮・木通・黄芩・山梔子各3.5g、升麻 1.5g、甘草1.0g」
[2-2]《寿世保元》《方薬合編》
「陳皮・半夏・茯苓・猪苓・沢瀉・白朮(炒)・木通・黄芩・山梔子(炒)各4g、升麻1.2g、甘草0.8g」
[2-3]《寿世保元》《古今方彙》
「陳皮・半夏・赤茯苓・猪苓・沢瀉・白朮・木通・黄芩・山梔子各1銭、升麻3分、甘草2分」水煎。
禹余粮丸 《東醫寶鑑》
「禹余粮(煆)・赤石脂(煆)・竜骨・蓽撥・訶子(炮)・乾姜(炮)・肉豆蔲()・炮附子各等分」粉末にし、醋糊で梧子大の丸剤。空腹時に米飲で70丸呑む。
烏鴉散 《東醫寶鑑》
「烏鴉羽(焼く)1銭」酒で調服する。服用後に又酒1~2杯を呑んで、薬 力を増加させる。
烏蝎散 《東醫寶鑑》
「四君子湯+川烏・全蝎・天南星各1銭、生姜1」
烏金丸 《経験方》
「乳香、没薬、大黄、香附子、当帰、延胡索、烏薬、桃仁、蓬莪朮、天虫、五霊脂、肉桂、木香、益母草、黒豆、蘇木、紅花」
烏荊円 《和剤局方》
「荊芥穂・生烏頭」
烏朮丸 《東醫寶鑑》
「蒼朮(水に10日間漬けて、皮を剥いて切り、焙って乾燥)半斤、川烏・川椒・青皮(去白)各3両、青塩1両を細末にし、蜜で梧子大に丸め、空腹時に塩湯で(又は温酒)30~50丸飲む。
烏頭桂枝湯 [1-1]《金匱要略》
「烏頭」
右一味、以蜜二斤、煎減半、去滓、以桂枝湯五合解之、令得一升後、初服 二合、不知、即服三合、又不知、復加至五合。其知者如醉状、得吐者為中 病。
[1-2]《金匱要略》《東醫寶鑑》
「大川烏を蜜1杯で煎じ、半減したら取り出して細切りにし、肉桂・白芍茎各3銭3分、甘草2銭半、を剉作2貼し、生姜3、大棗2を入れ、前の煎蜜半合を同時に煎じて服用。
[1-3]《金匱要略》《龍野一雄》
「烏頭1gを蜂蜜36gで煮て半分に煮詰め、別に桂枝湯20gを作り、両者を混和し、はじめ8gを服し、効かないと12gを服し、それでも効かないと20gを服用。
「桂枝湯+烏頭蜜」《勿誤薬室方函口訣》
烏頭赤石脂丸 [1-1]《金匱要略》
「蜀椒1両1法2分、烏頭(炮)1分、附子半両(炮)1法1分、乾姜1両1法1分、赤石脂1両1法1分」
右五味、末之、蜜丸如梧子大、先食服一丸、日三服。
[1-2]《龍野ー漢方処方集》
「蜀椒・白川附子・烏頭各1.0g、乾姜2.0g、赤石脂3.0」水半量、 常煎。
[1-3]《金匱要略》《龍野一雄》
「蜀椒・乾姜・赤石脂各1.0g、炮附子0.5g、烏頭0.1g」蜂蜜で0.3gの丸剤とし、1回1丸、1日3回。
烏頭煎 《金匱要略》
「烏頭(大者5枚熬去皮咀)」
右以水三升、煮取一升、去滓。内蜜二升、煎令水氣盡、取二升、強人服七合、弱人服五合。不差、明日更服。不可日再服。
烏頭丸 《奥田家方》
「烏頭4.0、甘草8.0」
右2味、各別に細末、蜂蜜を以て麻子大の丸剤。1回に2~3丸。
烏頭湯 [1-1]《金匱要略》
「麻黄・芍薬・黄蓍各3両、甘草(炙)、川烏5枚咀以蜜2升煎取1升即出烏頭」
右五味、咀四味、以水三升、煮取一升、去滓、内蜜煎中、更煎之、服七合、不知、盡服之。
[1-2]《金匱要略》《中薬臨床応用》
「製烏頭6g、麻黄6g、白芍薬9g、黄蓍9g、甘草5g」水煎服。
[1-3]《金匱要略》《龍野一雄》   
「麻黄・芍薬・黄蓍・炙甘草各3g、烏頭1g、蜂蜜40g」
烏頭を蜂蜜で煮て20に煮詰め、別に他の4薬を水120で煮て40に煮詰め滓を去り、両者を合わせて、1回量30を服用。
烏頭七棗湯 《東醫寶鑑》
「川烏(大)(塩水で7回漬けて、皮と臍は捨て)2貼にし、1貼に生姜7、 大棗7、葱白3茎を入れて煎じ冷まし、先に棗を食べたあと薬を飲む。
烏豆湯 《経験方》《中医処方解説》
「製川烏頭9g(先煎)、製草烏頭9g(先煎)、白芍9g、黒豆30g、紅花6g、黄蓍12g、麻黄3g」水煎服。
烏鬚髪方 《東醫寶鑑》
「水蛭(大)2個を磁器椀の中に入れて7日間飢えさせて、烏骨雌雄の血で松煙墨をといて猪尿胞に入れ、水蛭に食わせ、針で水蛭をついて血が出たら、それを鬚髪の根に塗る。」
烏鬚酒 《万病回春》《東醫寶鑑》
「黄米(粘黎米)3斗、麦門冬8両、生地黄・何首烏各4両、天門冬・熟地黄・枸杞子・牛膝・当帰各2両、人参1両」を粉末にし麹(こうじ)を適当に入れて、普通の酒と同じように醸造し、毎日夜明け、かすかに酔う程度に飲む。
烏蛇散 [1]《東醫寶鑑》
「烏蛇6銭、麻黄1両、草烏(炮)・乾姜・炮附子・川芎・白附子・天麻各5銭、蝎梢2銭半」粉末にし、毎回1銭を熱酒で1日3回飲む。
[2]《証治準縄》
「烏梢蛇、全蝎、白殭蚕、天南星、天麻、膩粉、生姜」
烏蛇消風飲 《中薬臨床応用》
「烏梢蛇3g(研粉・呑)、蝉退12g、当帰15g、赤芍12g、防風9g、荊芥9g、地膚子18g、柴胡6g、白藜9g、甘草3g」水煎服。
烏賊骨丸 《東醫寶鑑》
「烏賊骨・茹各等分」粉末にし、小豆大の丸剤。毎回10丸を鮎魚湯で、1日3回呑む。
烏沈湯 [1-1]《和剤局方》
「天台烏薬100両、沈香50両、人参3両、甘草4両半」作末し、毎服半銭、入生姜3片、塩少許、沸騰點服、空心、食前。
[1-2]《和剤局方》《東醫寶鑑》
「烏薬1両、沈香5銭、炙甘草4銭、人参3銭」細末にし、毎1銭づつ姜塩湯で服用。
[2]《小児薬証直訣》《古今方彙》
「天麻2銭、人参・川烏(生)・全蝎・天南星・木香・沈香各1銭、甘草(炙)5分」水煎。
烏貝散 《中薬臨床応用》
「烏賊骨90g、浙貝母30g」細末にし、1日3回3~6g、食前に服用。
烏梅円 [1]《備急千金要方》
「烏梅・黄連・乾姜・呉茱萸各4両、桂心2両、当帰3両、蜀椒2両半」
[2]=烏梅丸《金匱要略》
烏梅丸 [1-1]《金匱要略》
「烏梅300枚、細辛6両、乾姜10両、黄連16両、当帰4両、附子(炮去皮)6両、蜀椒(出汗)4両、桂枝(去皮)6両、人参6両、黄柏6両」
右十味、異擣篩、合治之。以苦酒漬烏梅1宿、去核、蒸之五斗米下、飯熟擣成泥、和薬令相得。内臼中、與蜜杵二千下、丸如梧桐子大。日三服、稍加至二十丸。禁生冷、滑物、臭食等。
[1-2]《東醫寶鑑》
「烏梅15個、黄連7銭半、当帰・川椒・細辛・炮附子・桂心・人参・黄柏各3銭」を粉末にし、醋に烏梅を漬けて肉を取り、薬末に入れてつき、梧子大に丸め米飲で10~20丸飲む。
[1-3]《傷寒論》《龍野一雄》
「烏梅30個、細辛・炮附子・桂枝・人参・黄柏各6g、黄連16g、当帰・蜀椒各4g、乾姜10g」
先ず烏梅を醋の中に一晩つけて核を去り、釜の底に置き、その上に米5合を入れて蒸し、ふやけたら取り出して他薬と蜂蜜(適宜)を加えてつき、0.3gの丸剤に作り、食前に10丸服用。1日3回、漸次増量して、2倍にする。
[1-4]《傷寒論》《漢方治療の実際》
「烏梅・細辛・附子・桂枝・大棗・芍薬各4、甘草2」以上を水600ccに入れ半分に煮詰め滓を去り、蜂蜜20を溶かしてから、2回に分服する。
[2]《東醫寶鑑》
「黄連1両半、烏梅肉・当帰・枳穀各1両」粉末にし、醋糊で丸め、米飲で空腹時に70丸飲む。
烏梅丸加減 《中薬臨床応用》
「烏梅15g、乾姜6g、党参6g、檳榔子12g、苦楝根皮12g、使君子15g、木香9g、蜀椒6g、大黄9g、細辛3g」水煎し1日1剤を2回に分けて服用。
烏梅膏 《中薬臨床応用》
「烏梅30g」塩水(50mlのぬるま湯に食塩9g)の中に12~24時間浸す。核を除き「酢15ml」加えてすりつぶし軟膏にする。
烏梅丹 =烏梅丸《金匱要略》
烏梅湯 [1]《東醫寶鑑》
「柴胡2銭、山梔子(炒)・黄芩・炙甘草各1銭、烏梅肉2個、生姜3片、豆豉50粒」水煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「黒豆・緑豆各1合、烏梅3個」水煎服。
烏梅木瓜湯 [1-1]《三因極一病証方論》
「木瓜、烏梅、黄柏、甘草、草果」
[1-2]《東醫寶鑑》
「烏梅(砕いて種を残す)・木瓜各2銭、麦芽(炒)・草果・甘草各1銭、生姜3片」水煎服。
烏白丸 《東醫寶鑑》
「烏梅肉・生姜各4両、白礬・半夏各2両、をついて瓦の上に置いて3日間火に焙って、神麹・麦芽・陳皮・青皮・莪朮・丁香皮・大腹皮・枳穀各1両」粉末にし、酒糊で梧子大の丸剤。姜湯で50丸飲む。
烏附通気湯 《東醫寶鑑》 
「烏薬・香附子・当帰・白芍・山楂肉・橘皮各1銭、白朮7分、赤茯苓・沢瀉各5分、猪苓・木香・甘草各3分」水煎服。
烏薬順気散 [1-1]《和剤局方》《松田ー回春解説》
「烏薬・陳皮各2銭、姜蚕(炒って糸を去る)・乾姜(炮5分)・甘草(炙3分)・麻黄(去節)・川芎・白・枳殻(去穰麩炒)・桔梗各1銭」剉作1剤。生姜3片、棗1枚。水煎して温服する。
[1-2]《和剤局方》《古今方彙》
「烏薬・陳皮各2銭、白殭蚕・乾姜(炮)各5分、麻黄・川芎・白・桔梗各1銭、甘草(炙)3分、枳殻1銭、生姜、大棗」水煎。
[1-3]《東醫寶鑑》
「麻黄・陳皮・烏薬各1銭半、川芎・白・白彊蚕・枳穀・桔梗各1銭、乾姜5分、甘草3分、を剉作し、1貼に生姜3・大棗2を入れ、水煎服。
[1-4]《和剤局方》《漢方後世要方解説》
「烏薬・陳皮・白殭蚕・乾姜・麻黄・川芎・桔梗各2.5、枳殻・白・甘草各1.5」
[1-5]《和剤局方》《勿誤薬室方函》
「麻黄・橘皮・烏薬・白彊蚕・枳実・白・甘草・桔梗各1両、乾姜半両」温酒にて調服する。
烏薬湯 [1-1]《医学入門》《古今方彙》
「烏薬1銭半、香附子2銭、当帰1銭、木香・甘草各5分」水煎、空心時に服用。
[1-2]《済陰綱目》《東醫寶鑑》
「香附子2銭、烏薬1銭半、当帰1銭、木香・甘草(炙)各5分」水煎服。
烏薬平気散 《三因極一病証方論》《古今方彙》
「烏薬・茯神・甘草・人参・白朮・川芎・当帰・木瓜・白・五味子・紫蘇子各等分、生姜、大棗」煎服。
烏薬平気湯 《東醫寶鑑》
「烏薬1銭、茯神・人参・白朮・川芎・当帰・木瓜・白・五味子・紫蘇葉各7分、甘草3分、生姜5片、大棗2枚」水煎服。
烏竜腎 《東醫寶鑑》
「川烏・草烏各1両」を黒豆半升と煎じて、皮・臍を捨て晒して乾燥、白附子・天麻・地竜各5銭を粉末にし、酒糊で梧子大の丸剤。空腹時に塩湯で30~50丸呑む。
烏竜丹 《東醫寶鑑》
「川烏生(皮と臍を捨て)・五霊脂各2両、竜脳・麝香各半銭」を水で弾子大の丸剤。毎回1丸を、初日は姜汁で化下し、次の日は煖酒で調合して5~7丸を食べると手足が良く動くようになり、10丸を服用すれば自分の手で全ての事ができる。
烏龍解毒散 《万病回春》《東醫寶鑑》
「木耳4両を土鍋で炒り焦がし、性を残して粉末にする。毎回5銭を熱黄酒1椀で調服する。」
烏苓通気湯 [1-1]《万病回春》
「烏薬・当帰・芍薬・香附子・糖毬・陳皮各1銭、茯苓・白朮(去蘆)・檳榔・延胡索・沢瀉各5分、木香・甘草各3分」剉作1剤生姜3片、水煎服。
[1-2]《万病回春》《勿誤薬室方函》
「烏薬・当帰・芍薬・香附子・山楂子・陳皮各1銭、茯苓・白朮・檳榔・玄胡・沢瀉各5分、木香・甘草各3分、生姜」
温胃湯 [1]《東醫寶鑑》
「乾姜(炮)1銭半、炮附子・半夏(麹)厚朴・人参・陳皮・甘草(炙)・当帰各1銭2分半、川椒(炒)1銭」水煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「陳皮・黄蓍各7銭、益智仁6銭、白豆蔲・姜黄・乾姜・沢瀉各3銭、縮砂・厚朴・人参・甘草各2銭」を粉末にし、毎回3銭に生姜3片を入れ、水煎服。
温胃化痰丸 《東醫寶鑑》
「半夏(製)3両、乾姜(炮)・白朮(焙)・陳皮各2両」粉末にし姜汁糊で梧子大の丸剤。姜湯で20~30丸呑む。
温衛湯 《東醫寶鑑》
「当帰身1銭半、黄蓍・蒼朮・升麻・知母・柴胡・羗活各1銭、人参・防風・白・黄柏・沢瀉・甘草各5分、陳皮・青皮・黄連・木香各3分」水煎服。
温金散 《東醫寶鑑》 
「防風・桑白皮・黄芩・甘草各1両、杏仁(去皮尖)21粒」を水に漬けて一晩おき、乾燥後、「人参5銭、茯神5銭、麦門冬2銭半」を入れて粉末にし、毎回3銭に黄蝋を大豆大ぐらい入れ煎服。
温経益元湯 《傷寒六書》《古今方彙》
「附子・人参・白朮・当帰・黄蓍・甘草(炙)・白芍薬(炒)・生地黄・茯苓・陳皮・肉桂・生姜・大棗・糯米(炒)」水煎温服。
温経湯 [1-1]《金匱要略》《龍野一雄》
「呉茱萸3g、当帰・芍薬・川芎・桂枝・人参・阿膠・牡丹皮・甘草各2g、半夏8g、麦門冬10g、干姜1g」
[2](一名調経散)《東醫寶鑑》
「麦門冬2銭、当帰1銭半、人参・半夏(製)・白芍薬・川芎・牡丹皮各1銭、阿膠珠・甘草(炙)各7分半、呉茱萸・肉桂各5分、姜3片」水煎服。
温警丸 (一名粉紅丸)《東醫寶鑑》
「天南星(牛胆)4両、天竺黄1両、朱砂1銭半、臙脂胚半銭、竜脳5分」粉末にし、牛胆汁で芡実大の丸剤。砂糖水で飲む。
温腎丸 [1]《東醫寶鑑》
「熟地黄1銭半、牛膝・肉蓯蓉・五味子・巴戟・麦門冬・炙甘草各8分、茯神・乾姜・杜仲(炒)各5分」水煎服。
[2]《東醫寶鑑》
「山茱萸・熟地黄各3両、巴戟2両、兎絲子・当帰・鹿茸・益智仁・杜仲・生乾地黄・茯神・山薬・遠志・続断・蛇床子各1両」粉末にし、梧子大の蜜丸。空腹時に温酒で50~70丸飲む
温腎湯 《東醫寶鑑》
「赤茯苓・白朮・沢瀉・乾姜(炮)各1銭2分半」水煎服。
温清飲 [1-1]《東醫寶鑑》
=「解毒四物湯」
「黄連解毒湯+四物湯」
[1-2]《万病回春》《古今方彙》
=「四物湯+黄連解毒湯」
「当帰・芍薬・川芎・地黄・黄芩・黄連・黄柏・山梔子各1銭半」
温臍種子方 《東醫寶鑑》
「五霊脂・白・青塩各2銭、麝香1分」
温臍兜肚方 《東醫寶鑑》
「白檀・羚羊角各1両、零陵香・沈香・白・馬兜鈴・木鼈子・甘松・升麻・血竭各5銭、丁香皮7銭、麝香9分」
温胆湯 [1-1]《千金方》
「半夏・生姜・橘皮・竹茹各6分、枳実3分、甘草2分、茯苓1両」
[1-2]《東醫寶鑑》
「半夏・陳皮・白茯苓・枳実各2銭、青竹茹1銭、甘草5分、生姜5片、大棗2枚」
[1-3]《東醫寶鑑》
「半夏・陳皮・白茯苓・枳実各2銭、青竹茹1銭、甘草5分、生姜5片、大棗2枚」水煎服。
[1-4]《三因極一病証方論》《古今方彙》
「竹茹1銭、甘草5分、陳皮・茯苓・半夏・枳実各2銭半、生姜」水煎。
[1-5]《三因極一病証方論》
「陳皮・茯苓・半夏各6g、枳実・竹茹各2.5g、甘草・生姜各1g」右7 味、本、茯苓無し、今《三因》に従う。
温中益気湯 《活幼心法》《古今方彙》
「人参・白朮各5分、黄蓍(生)8分、当帰・茯苓6分、甘草・川芎各4分、白・防風各3分、木香・官桂各2分、山楂子6分、生姜1片、大棗1枚」煎服。
温中化痰丸 《東醫寶鑑》
「青皮・陳皮・良姜・乾姜各等分」粉末にし、醋糊で梧子大の丸剤。米飲で50丸呑む。
温中湯 [1]《本朝経験》《勿誤薬室方函》
「四逆湯+烏梅・蜀椒」
[2]《万病回春》《古今方彙》
「良姜、官桂、益智仁、砂仁、木香(別研)、香附子、厚朴、陳皮、小茴香、当帰、延胡索、甘草」各等分。生姜、水煎。
温中補脾湯 《活幼心法》
「白朮、黄蓍、人参、白茯苓、白豆蔲、砂仁、官桂、陳皮、甘草、白芍薬、熟附子、生姜、大棗」
温肺化飲湯 =小青竜湯《傷寒論》
温肺湯 [1-1]《医学正伝》
「半夏(泡)・陳皮(去白)・五味子・乾姜・桂心各5分、杏仁(去皮炒研)5分、北細辛阿膠炒成珠・甘草(炙)各2分半」細切加生姜3片大棗2枚水1盞半煎至1盞去相温服。
[1-2]《医学正伝》《龍野ー漢方処方集》
「半夏・陳皮各4g、五味子・乾姜・杏仁・桂枝・大棗各3、細辛・阿膠・甘草各2g、乾生姜1g」
[1-3]《和剤局方》
「温肺湯《医学正伝》阿膠+白芍薬」
[2]《月海雑録》
「麻黄・杏仁・五味子・桂枝・甘草」
[3]《東醫寶鑑》
「麻黄2銭、黄蓍・升麻各1銭半、防風・葛根・羗活・炙甘草各1銭、丁香2分、葱白3根」煎じて、食後温服。
[4]《東醫寶鑑》
「乾姜・桂皮・半夏・陳皮・五味子・杏仁・甘草各1銭、細辛・阿膠各5分、生姜3、艾2」水煎服。
温白元 (一名万病紫丸)《東醫寶鑑》
「川烏(炮)2両半、呉茱萸・桔梗・柴胡・菖蒲・紫・黄連・乾姜(炮)・肉桂・川椒(炒)・巴豆霜・赤茯苓・皀角(炙)・厚朴・人参各5銭」粉末にし、煉蜜で梧子大の丸剤。姜湯で3~9丸呑む。
温白丸 《東醫寶鑑》
「白彊蚕(炒)・白附子(生)・天南星(炮)各1両、天麻(生)5銭、全蝎1銭」粉末にし、麺糊で緑豆大の丸剤。米飲に生姜汁を入れ5~30丸飲む。
温脾散 《万病回春》《東醫寶鑑》
「黄蓍(蜜炒)・人参・白朮(土炒)・白茯苓・山薬(炒)・乾姜(炮)・訶子(炮)・肉豆蔲()・罌栗殻(蜜炒)・草果・丁香・肉桂・炮附子・黄連・姜汁・縮砂・陳皮・厚朴・甘草各5分、生姜3片、大棗2枚」水煎服。
温脾湯 [1]《備急千金要方》
「大黄4両、甘草・人参・乾姜各2両、附子1枚」
「四逆加人参湯《傷寒論》+大黄」《熱痢門》
[2]《普済本事方》
「厚朴(去麁皮姜製)・乾姜(炮)・甘草・桂心(去皮不見火)・附子(生去皮臍) 各半両、大黄(生)4銭」
[3]《普済本事方》《龍野一雄》
「大黄・厚朴・桂枝・甘草・乾姜各2g、白川附子1g」
[4]《備急千金要方》
「甘草・附子・人参・芒硝各1両、当帰・乾姜各3両、大黄5両」
「四逆加人参湯+調胃承気湯」
[5]《東醫寶鑑》
「甘草4両、大棗20枚」水5升で煎じ、2升になったら3分服。
温脾丹 《中医処方解説》
「二陳湯+白朮・炮姜」
=二陳湯
温風散 《東醫寶鑑》
「当帰・川芎・細辛・白・蓽撥・藁本・露蜂房各1銭」水煎服、
温粉 [1]《千金方》
「煆竜骨・煆牡蛎・生黄蓍各12g、粳米粉40gを、いっしょに細末にしてよく混ぜ合わし、薄絹でくるんでゆるやかに叩く。」
[2]《東醫寶鑑》
「麻黄根・牡蛎粉各1両、赤石脂・竜骨各5銭」粉末にして塗布する。
温陽利水湯 ⇒真武湯《傷寒論》
温六丸 《東醫寶鑑》
「益元散1剤・乾姜1両」粉末にし、飯で梧子大の丸剤。白湯で50~70丸呑む。
瘟疫初病一二日発汗方 《奇効医術》《古今方彙》
「羗活・紫蘇葉・葛根各1銭2分、蒼朮1銭、白・川芎各5分、香附子8分、陳皮・甘草各3分、生姜3片」
雲林潤身丸 《東醫寶鑑》
「当帰(酒洗)・白朮各6両、白茯苓・陳皮・香附子・黄連(姜汁炒)山楂肉 ・神麹(炒)各3両、枳実・白芍・人参・山薬(炒)・蓮肉各2両、炙甘草5 銭」粉末にし、荷葉の煎じ湯でご飯を炊いて、梧子大の丸剤。
雲林参苓白朮散 [1-1]《万病回春》
「肉豆蔲(去油)・甘草(炙)・人参・白朮(去蘆)・茯苓(去皮)・山薬(炒)・ 砂仁(研)・藿香・陳皮・乾姜(炒)・蓮肉(去心皮)・訶子()各等分」剉作 1剤。「生姜1片、燈心1團」水煎服。
[1-2]《万病回春》《古今方彙》
「人参・白朮・茯苓・縮砂(炒)・山薬・橘皮・乾姜・肉豆蔲・訶子・蓮肉・甘草(炙)各等分、生姜・灯心草」
欝金丸 [1]《東醫寶鑑》
「蝉退・欝金各7両、明礬3両」粉末にし、糊で梧子大の丸剤。毎回50丸 を温水で服用。
欝金黄連丸 《東醫寶鑑》
「滑石・白茯苓各4両、黒牽牛子末3、黄芩・大黄・琥珀各2両、欝金・黄連各1両」粉末にし、水で梧子大の丸剤。沸騰湯で50~70丸呑む。
欝金散 《東醫寶鑑》
「欝金・白・細辛各等分」粉末にして牙歯に塗り、竹葉・竹茹に塩を少し入れて歯を磨く。
禹余粮丸 《東醫寶鑑》
「禹余粮(煆)・赤石脂(煆)・竜骨・蓽撥・訶子(炮)・乾姜(炮)・肉豆蔲()・附子(炮)」各等分に作末し、醋糊で梧子大の丸剤。空腹時に米飲で70丸呑み下す。
雲南白薬 【中成薬】
「田七・七葉一枝花」











TOPなおるナオル