ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



漢方薬3000処方(や)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




射干散 《寿世保元》《古今方彙》
「升麻・桔梗・射干・昆布・連翹・甘草」水煎
射干湯 [1]《東醫寶鑑》
「半夏2銭、杏仁・陳皮・桂心・枳実各1銭、射干・当帰・独活・麻黄・・甘草各5分、姜5片」水煎服。
[2]《医学入門》《古今方彙》
「射干・升麻各2銭、芒硝・馬勃(ホコリタケ)各1銭4分」水煎。
射干麻黄湯 [1-1]《金匱要略》
「射干13枚(一云3両)、麻黄4両、生姜4両、細辛3両、3両、款冬花3両、五味子半升、大棗7枚、半夏(洗)大者8枚(一法半斤)」
右九味、以水一斗二升、先煮麻黄両沸、去上沫、内諸薬煮取三升、分温三服。
[1-2]《金匱要略》《中薬臨床応用》
「射干6g、麻黄3g、生姜3g、細辛1.5g、五味子1.5g、9g、款冬花6g、製半夏6g、大棗6g」水煎服。
[1-3]《金匱要略》《漢方治療の実際》
「射干2.5、麻黄・生姜・五味子各3、細辛・紫苑・款冬花・大棗各2、半 夏4」
約精丸 《東醫寶鑑》
「新韭子(霜が降り立て)1斤を(酒浸)1晩、白竜骨2両」作末し酒・餅米に混ぜて梧子大の丸剤。空腹時に塩湯で30丸服用。
益智飲 [1]《勿誤薬室方函口訣》
、益智、木香」
[2]《臨床常用中薬手冊》
「益智仁、党参、茯苓、半夏、車前子、橘皮」
益智固真湯 《寿世保元》《古今方彙》
「黄蓍・甘草(生)・黄連各1銭半、人参・巴戟各3銭、白芍薬(酒)2銭、白・茯神・当帰・酸棗仁・山薬・益智仁・麦門冬・沢瀉・黄・蓮蕊鬚・知母各1銭、黄柏(酒)7分、升麻5分、五味子12粒(夏は16粒)」水煎
益智仁湯 《厳氏済生方》
「益智仁、乾姜、甘草、茴香、烏頭、生姜、青皮」
益智和中湯 《東醫寶鑑》
「白芍薬1銭半、当帰・黄蓍・升麻・甘草(炙)各1銭、柴胡・葛根・益智・半夏各5分、桂皮4分、肉桂・乾姜(炮)各2分」煎服。
益母丸 《医学入門》
「益母草、当帰、赤芍薬、木香」
益母湯 《万病回春》《古今方彙》
「当帰・・白芍薬(酒)・熟地黄(生姜)・黄・陳皮・香附子(醋)・阿膠(蛤粉炒)各1銭、益母草・白朮各1銭半、玄参・蒲黄(炒)各8分、甘草4分」水煎。
夜光育神丸 《東醫寶鑑》
「熟地黄・生乾地黄・遠志・牛膝・菟絲子・枸杞子・甘菊・枳殻・地骨皮・当帰」各等分に作末し梧子大の丸剤。空腹時に50~70丸、酒で飲む。
野蚕湯 《本朝経験》
「馬明湯[2]《本朝経験》-石膏甘草、+乳香」




関連情報
漢方薬(50音順)

漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候/病名)

漢方の証

漢方医学の分量

生薬

病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証

漢方書籍






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬