重篤副作用疾患別対応マニュアル
(重篤な副作用)と(主な初期症状)
アカシジア

  1. 「体や足がソワソワしたりイライラして,じっと座っていたり,横になっていたりできず,動きたくなる」
  2. 「じっとしておれず,歩きたくなる」
  3. 「体や足を動かしたくなる」
  4. 足がむずむずする感じ
  5. 「じっと立ってもおれず,足踏みしたくなる」

高血糖医薬品による

  1. 口渇(のどがかわく)」
  2. 「多飲」
  3. 多尿
  4. 「体重減少」

血小板減少症医薬品による

  1. 「手足に点状出血」
  2. 「あおアザができやすい」
  3. 「出血しやすい(歯ぐきの出血・鼻血・生理が止まりにくい)」

うっ血性心不全

  1. 動くと息が苦しい
  2. 疲れやすい
  3. 足がむくむ
  4. 「急に体重が増えた」
  5. 「咳とピンク色の痰」

間質性腎炎(尿細管間質性腎炎)

  1. 発熱
  2. 発疹
  3. 「関節の痛み」
  4. はき気嘔吐,下痢,腹痛などの消化器症状」
  5. むくみ
  6. 尿量が少なくなる

急性腎不全

  1. 尿量が少なくなる
  2. 「ほとんど尿が出ない」
  3. 「一時的に尿量が多くなる」
  4. 発疹
  5. むくみ
  6. 「体がだるい」







急性好酸球性肺炎

  1. から咳
  2. 「階段を上ったり少し無理をすると息切れ がする・息苦しくなる」
  3. 発熱

急性汎発性発疹性膿疱症

  1. 高熱 (38℃以上)」
  2. 「皮ふの広い範囲が赤くなる」
  3. 「赤くなった皮ふ上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る」
  4. 「全身がだるい」
  5. 「食欲がない」

胸膜炎,胸水貯留

  1. 息が苦しい
  2. 「胸が痛い」

ギラン・バレー症候群
  • 急性炎症性脱髄性多発神経根ニューロパチー,
  • 急性炎症性脱髄性多発根神経炎



  1. 「両側の手や足に力が入らない」
  2. 「歩行時につまずく」
  3. 「階段を昇れない」
  4. 「物がつかみづらい」
  5. 「手や足の感覚が鈍くなる」
  6. 「顔の筋肉がまひする」
  7. 「食べ物がのみ込みにくい」
  8. 「呼吸が苦しい」

血栓症(血栓塞栓症,塞栓症,梗塞)

  1. 「手足のまひやしびれ」
  2. 「しゃべりにくい」
  3. 「胸の痛み」
  4. 「呼吸困難」
  5. 「片方の足の急激な痛みや腫れ」

血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)

  1. 発熱
  2. 倦怠感
  3. 「脱力感」
  4. 「悪心」
  5. 「食欲不振」
  6. 「あおアザができる」
  7. 「鼻や歯ぐきからの出血」
  8. 「尿量の減少」
  9. 「皮膚や白目が黄色くなる」(黄疸)
  10. 「軽度の頭痛,めまい
  11. けいれん,
  12. 突然自分のいる場所や名前がわからなくなる,
  13. ウトウトするなどの症状が短時間におこる」

口内炎抗がん剤による

  1. 「口のなかの痛み・出血・熱いものや冷たいものがしみる」
  2. 「口の乾燥,口のなかが赤くなったり腫れる」
  3. 「口が動かしにくい」
  4. 「ものがのみこみにくい」
  5. 「味がかわる」

口内炎薬物性の

  1. 高熱(38℃以上)」
  2. 「目の充血」
  3. 「口の中やくちびるのただれ」
  4. 「のどの痛み」
  5. 「皮ふが広い範囲にわたり赤くなる」

甲状腺機能低下症

  1. 「前頸部の腫れ」
  2. 元気がない
  3. 疲れやすい
  4. 「まぶたが腫れぼったい」
  5. 「寒がり」
  6. 「体重増加」
  7. 「動作がおそい」
  8. 「いつも眠たい」
  9. 「物覚えが悪い」
  10. 便秘
  11. 「かすれ声」

甲状腺中毒症

  1. 「動悸(胸がドキドキする)」
  2. 「頻脈(脈が速くなる)」
  3. 「手指のふるえ」
  4. 「食欲があるのに体重が減少する」
  5. 「汗が多い・暑がり」
  6. 全身倦怠感(体がだるい)」
  7. 「疲労感(疲れやすい)」
  8. 「神経質で気分がイライラする」
  9. 「微熱」

喉頭浮腫

  1. のどのつまり
  2. 息苦しい
  3. 「息を吸い込むときにヒューヒューと音がする」

骨粗鬆症

  1. 「身長が2p以上低下した」
  2. 「背中が丸くなった」

再生不良性貧血(汎血球減少症)

  1. 「あおあざができやすい」
  2. 「歯ぐきや鼻の粘膜からの出血」
  3. 発熱
  4. 「のどの痛み」
  5. 「皮膚や粘膜が青白くみえる」
  6. 「疲労感」
  7. 「どうき」
  8. 息切れ
  9. 「気分が悪くなりくらっとする」
  10. 「血尿」

ジスキネジア

  1. 「繰り返し唇をすぼめる」
  2. 「舌を左右に動かす」
  3. 「口をもぐもぐさせる」
  4. 「口を突き出す」
  5. 「歯を食いしばる」
  6. 「目を閉じるとなかなか開かずしわを寄せている」
  7. 「勝手に手が動いてしまう」
  8. 「足が動いてしまって歩きにくい」
  9. 「手に力が入って抜けない」
  10. 「足が突っ張って歩きにくい」

出血傾向

  1. 「手足に点状出血」
  2. 「あおアザができやすい」
  3. 「鼻血」
  4. 「歯ぐきの出血」
  5. 「便が黒くなる(タール便)」

重度の下痢

  1. 「便が泥状か,完全に水のようになっている」
  2. 「便意切迫またはしぶり腹がある」
  3. 「さしこむような激しい腹痛がある」
  4. 「トイレから離れられないほど頻回に下痢をする」
  5. 「便に粘液状のものが混じっている」
  6. 「便に血液が混じっている」

心室頻拍

  1. めまい
  2. 「動悸」
  3. 「胸が痛む」
  4. 「胸部の不快感」

新生児薬物離脱症候群

生まれてきた赤ちゃんが
  1. 「ぐったりしている」
  2. 「手足をブルブルふるったりする」
  3. 「けいれん」
  4. 「息をとめる」

セロトニン症候群

  1. 「不安」
  2. 「混乱する」
  3. 「いらいらする」
  4. 「興奮する」
  5. 「動き回る」
  6. 「手足が勝手に動く」
  7. 「眼が勝手に動く」
  8. 「震える」
  9. 「体が固くなる」
  10. 「汗をかく」
  11. 発熱
  12. 「下痢」
  13. 「脈が速くなる」






手足症候群

  1. 手や足の「しびれ」「痛み」などの「感覚の異常」
  2. 手や足の皮膚の 「赤み(発赤,紅斑)」
  3. むくみ
  4. 「色素沈着」
  5. 「角化(皮膚表面が硬く,厚くなってガサガサする状態)」
  6. 「ヒビ割れ」
  7. 「水ぶくれ(水ほう)」
  8. 「爪の変形」

尿閉・排尿困難

  1. 「おしっこがしたいのに出ない」
  2. 「おしっこの勢いが弱い」
  3. 「おしっこをしている間に何度もとぎれる」
  4. 「おしっこが出るまでに時間がかかる」
  5. 「おしっこ出すときにお腹に力を入れる必要がある」
  6. 「おしっこをしたあとにまだ残っている感じがある」

ネフローゼ症候群

  1. 「足がむくむ」
  2. 尿量が少なくなる
  3. 「体がだるい」
  4. 「排尿時の尿の泡立ちが強い」
  5. 息苦しい
  6. 「尿が赤い」

難聴
  1. 「聞こえづらい」
  2. 「ピーやキーンという耳鳴りがする」
  3. 「耳がつまった感じがする」
  4. ふらつく





肺水腫

  1. 息が苦しい
  2. 「胸がゼーゼーする」
  3. 「咳・痰がでる」
  4. 「呼吸がはやくなる」
  5. 「脈がはやくなる」

肺胞出血(肺出血,びまん性肺胞出血)

  1. 「咳と一緒に血が出る」
  2. 「痰に血が混じる」
  3. 「黒い痰が出る」
  4. 息切れがする・息苦しくなる」
  5. 「咳が出る」

播種性血管内凝固
  • (全身性凝固亢進障害,消費性凝固障害)

  1. 「あおアザができやすい」
  2. 「鼻血」
  3. 「歯ぐきの出血」
  4. 「血尿」
  5. 「鮮血便」
  6. 「目(結膜)の出血」
  7. 「意識障害」
  8. 「呼吸困難」
  9. 「どうき」
  10. 息切れ
  11. 「尿が出なくなる」
  12. 「黄疸」

喘息発作
  1. 「息をするときゼーゼー、ヒューヒュー鳴る」
  2. 息苦しい

ビスホスホネート系薬剤による顎骨壊死

  1. 「口の中の痛み,特に抜歯後の痛みがなかなか治まらない」
  2. 「歯ぐきに白色あるいは灰色の硬いものが出てきた」
  3. 「あごが腫れてきた」
  4. 「下くちびるがしびれた感じがする」
  5. 「歯がぐらついてきて,自然に抜けた」

ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)

  1. 「急な呼吸困難」
  2. 「意識障害,けいれん,運動・感覚障害」
  3. 「四肢のはれ・疼痛・皮膚の色調の変化」
  4. 「注射の数日後から注射部位が赤くなってきた,押すと痛いしこりができてきた」

末梢神経障害

  1. 「手や足がピリピリとしびれる」
  2. 「手や足がジンジンと痛む」
  3. 「手や足の感覚がなくなる」
  4. 「手や足に力がはいらない」
  5. 「物がつかみづらい」
  6. 「歩行時につまずくことが多い」
  7. 「イスから立ち上がれない」
  8. 「階段を昇れない」

無顆粒球症
(顆粒球減少症,好中球減少症)

  1. 「突然の高熱
  2. さむけ
  3. 「のどの痛み」

網膜・視路障害

  1. 「視力が下がる」
  2. 「近くのものにピントが合いにくい」
  3. 「色が分かりにくくなる」
  4. 「暗くなると見えにくくなる」
  5. 「視野が狭くなる」
  6. 「視野の中に見えない部分がある」
  7. 「光りが見える」
  8. 「ものがゆがんで見える」

緑内障医薬品による

  1. 「目の充血」
  2. 「目の痛み」
  3. 「目のかすみ」
  4. 「頭痛・吐き気
  5. 「視野の中に見えない部分がある」
  6. 「視野が狭くなる」

運動失調薬剤性の

  1. 「手足の動きがぎこちない」
  2. 「箸が上手く使えなくなった」
  3. 「ろれつがまわらない」
  4. ふらつく
  5. 「まっすぐに歩けない」






薬剤性過敏症症候群

  1. 「皮ふの広い範囲が赤くなる」
  2. 高熱(38℃以上)」
  3. 「のどの痛み」
  4. 「全身がだるい」
  5. 「食欲が出ない」
  6. 「リンパ節がはれる」

薬剤性膵炎

  1. 「急に胃のあたりがひどく痛む」
  2. 吐き気
  3. 「おう吐」
  4. 「お腹の痛みはのけぞると強くなり,かがむと弱くなる」

薬剤性貧血
  • 溶血性貧血,
  • メトヘモグロビン血症,
  • 赤芽球ろう,
  • 鉄芽球性貧血,
  • 巨赤芽球性貧血


  1. 「顔色が悪い」
  2. 疲れやすい
  3. 「だるい」
  4. 「頭が重い」
  5. 「どうき」
  6. 息切れ

ケイレン・テンカン薬剤による

  1. 「顔や手足の筋肉がぴくつく」
  2. 「一時的にボーっとして意識が薄れる」
  3. 「手足の筋肉が硬直しガクガクと震える」

接触皮膚炎薬剤による

薬剤を使ったらすぐに
  1. 「ひりひりする」
  2. 「赤くなる」
  3. 「かゆくなり,塗ったところにジンマシンがでた」
また,あるときから
  1. 「かゆみや赤み,ブツブツ,汁などが急に出てくる」

頭痛薬剤による

  1. 「頭痛




TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬