ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



食道炎



HOME ブログ 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)



逆流性食道炎

脊椎と器官





食道炎の漢方薬
黄連解毒湯

四逆散
黄連解毒湯

小柴胡湯
黄連解毒湯

茯苓飲


茯苓飲
半夏厚朴湯



食道(esophagus)
  1. 食道は気管の後ろ側に位置して、咽頭と胃を結ぶ。
  2. 食道は蠕動(peristalsis)によって胃に食物と液体を運ぶ。
  3. 食道の上部1/3は骨格筋、下部1/3は平滑筋であり、中1/3は骨格筋と平滑筋が混在している。
  4. 食道波部の筋肉は、外側に縦走筋層、内側に輪状筋層を形成する。



(食道胃接合部)
  1. 下部食道の平滑筋は胃との接合部で厚みがまして、下部食道括約筋(LES=lower esophageal sphineter)を形成する。LESは食道が横隔膜を通過する場所に位置し、この場所で食道粘膜は胃粘膜へと移行(ジグザグ線<Z線>)する
  2. 胃壁の筋層は3層からなり、そのもっとも口側の部分は弛緩(受動的弛緩)し食道からの食塊を受けとる。



(下部食道括約筋)
  1. 蠕動は能動的に行われる嚥下によって始まる。
  2. 嚥下は迷走神経の遠心性線維によって制御される。
  3. 迷走神経は食道の筋層間神経叢内でシナプスを作っている。
  4. 筋層間神経叢は蠕動波を直接調節しているが、これは食道平滑筋の弛緩と収縮を交互に起こすことによって行われている。
  5. 平滑筋は胃との接合部で厚みを増し、下部食道括約筋(LES)を形成している。通常、安静時にはLESは強く緊張しており、その結果、胃の内容物の食道への逆流が起こらない。
  6. 蠕動波が食道塊を胃へ輸送すると、一酸化窒素(NO)と血管作動性腸ペプチド(vasoactive intestinal peptido:VIP)が、筋層間神経叢のニューロンから放出されたLESの弛緩と食物への胃への流入が起こる。




食道炎
(病態)
  • 胃液・十二指腸液の逆流(胃食道逆流症(GER)や薬剤・真菌・ウイルスなどによる食道粘膜の炎症。
  • 最も多いのは胃液の逆流による逆流性食道炎


(種類)
  1. カタル性食道炎
    • (慢性副鼻腔炎・食道拡張症・麻疹に伴う)
  2. 腐食性食道炎
    • (強酸・強アルカリなどによる)
  3. クループ性食道炎
    • (痘瘡・結核・・・)
  4. 蜂巣炎性食道炎
    • (食道周囲の炎症が波及)
  5. 逆流性食道炎
  6. .Plummer-Vinson症候群の食道炎
    • (ビタミンB群の欠乏症)


(検査)
  • ・24時間食道pHモニタリング
  • ・内視鏡検査





民間
療法

○ウシ・クチナシ・タンポポ・ニラ・ホウセンカ・ホオノキ






関連情報 逆流性食道炎脊椎と器官





解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査