ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



消炎鎮痛薬(NSAIDs)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)
Non-Steroidal Anti-Inhlammatory Drugs
  • 末梢(痛みの発生部位)に発生した炎症を抑えたり、中枢(脳の視床下部)に働いて熱を下げる作用のある薬です
  • ステロイド以外で抗炎症作用を有する薬物の総称
    アスピリン喘息に禁忌

NSAIDsには酸性系と塩基性があります。
  • 塩基性系のものは、酸性系より抗炎症作用が弱く、解熱作用も弱い。

NSAIDsの使い方
  • 選んだ薬で効果が得られない場合は、同系統の中で変更するより他系統から選んだ方が良い。
    • ex:ナプロキセンから変更するには、同じ系統のロキソニンより、インドメタシンか、ボルタレンに変更する




成分名 商品










フェ






「ウナスチン」
「オキミナス」
「オプロニック」
「カンファタニン」
「キサイニン」
「ケンラン」
「コバソニン」
「コバロキニン」
「サンロキソ」
「シラブル」
「スリノフェン」
「ツルメリン」
「ノブフェン」
「ピナプロフェン」
「ポナベルト」「リンゲリーズ」
「レトラック」
「ロキソート」

ロキソニン
「ロキソプロフェンアトリウム」
「ロキソマリン」
「ロキフェン」
「ロキフラン」
「ロキプロナール」
「ロキペイン」
「ロゼオール」
「ロブ」
「ロベニット」
「ロルフェナミン」







ソレトン
「ペオン」







「イチオパン」
「エスチダン」
「エリカプリック」
「ケロスット」
「コバプロフェン」
「セスフラン」
「セブノン」
「タクペイン」
「タツプロフェン」
「テイプロフェン」
「トランセプトン」
ニフラン
「ノイペイン」
「ハオプラ」
「パルトフェン」
「プラフェニック」
「プランサス」
「プランドフェン」
「プロプラノン」
「マブール」
「ルポック」






「サブヘロン」
「セデナフェン」
「ナギフェン」
「ナバセチン」
「ファステリン」
「ブフロン」
ブルフェン
「ブルファニック」
「モギフェン」
「ランテールン」
  1. 5年以上の長期にわたり毎日使用すると[乳ガン]リスクが増加し、特に[非限局性癌]はリスク増加が顕著だった(厚労省
  2. 500mgを超えると。高血圧発症リスクが有意に高まった(厚労省






「オルヂス」
「カピステン」
「メナミン」








「アップノン」
「フロベン」














「ロピオン」






「アモリンタン」
「アルセロジン」
「アルボ」
「アルテルボ」
「イナミジン」
「オキサチリン」
「オキシアシドン」
「オキネスジン」
「オセファジン」
「オロサルジン」
「キサプジン」
「サルボナート」
「パピルジン」







「サムナント」
「スリメン」
「スルガフェン」
「スルガム」
「チオガム」






「サチルロン」
「ナイキサン」
「ナロスチン」
「モノクロトン」
「ラーセン」
フェノプロフェンカルシウム 「フェノプロン」
アルミノプロフェン 「ミナルフェン」










インドメタシン 「インダシン」
「インテバン」
インドメタシン・ファルネシル 「インフリー」
「インフリーS」
ジクロフェナクナトリウム 「アスピゾン」
「アデフロニック」
「アデフロニックL」
「アナバン」
「イリナトロン」
「ガウテリン」
「クロルギー」
「サピスミンTP」
「サフラック」
「サンナックス」
「シーコレン」
「ジクロード」
「ジクロニック」
「ジクロニックl
」「ジクロフェナクナトリウム」
「ジクロフェナック」
「ジクロフェノン」
「ジフェナック」
「ソファリン」
「ソレルモン」
「ソレルモンSR」
「ダイスパス」
「ダイスパスSR」
「チカタレン」
「ドセル」
「ドンジャスト」
「ドンジャストA-SR」
「ナポールSR」
「ニフレリール」
「ネリオジン」
「パレタン」
「ピナナック」
「フェナシドン」
「フェニタレン」
「ブセトン」
「プレシン」
「プロフェナチン」
「ベギータ」
「ボナフェック」
「ボラボミン」
ボルタレン
「ボルタレンSR」
「ボルマゲン」
「ボンフェナック」
「メクロフェン」
「メリカット」
「ヨウフェナック」
「ワンフェロン」
スリンダク 「クリナックス」
「クリノリル」
「クリローレル」
「スカノーリン」
「スクリノール」
「スリンペン」
フェンブフェン 「ナパノール」
アセメタシン 「コバメタシン」
「ランツジール」
アンフェナクナトリウム 「フェナゾックス」
ナブメトン 「レリフェン」
マレイン酸プログルメタシン 「ミリダシン」
エトドラク オステラック
「ハイペン」
モフェゾラク 「ジソペイン」










アンピロキシカム フルカム
ピロキシカム 「アムテネン」
「アルディン」
「アルビラック」
「キメタジン」
「キュウメート」
「キョワカルム」
「ドラフトン」
「バキソ」
「パルパシン」
「ピアテック」
「ピオパール」
「ピペタネン」
「ピリポ」
「ピロカルミン」
「ピロキパール」
「ピロリッチ」
フェルデン
「ベリーズ」
「ボウエス」
「ボンビコール」
「ラピスリン」
「ルメリーム」
テノキシカム 「ゲスコリル」
「チルコチル」
「リツトリア」
「ルコルナート」
メロキシカム 「モービック」
ロルノキシカム 「ロルカム」




サリチル酸ナトリウム 「サルソニン」
「ザルソロン」
「ネオザルベリン」
「ハフトロン」
「ヘパルス」
アセチルサリチル酸 アスピリン
サリチルアミド サリチルアミド




フルフェナム酸アルミニウム 「オパイリン」
「オパフェリミン」
「ヨウフェリン」
メフェナム酸 「オコーナー」
「スパンタック」
「タカピロン」
「トヨネクタール」
「ナムフェン」
「ノイリトールC」
「バファメリチンM」
「ペロトニック」
「ボナボール」
ポンタール
「マイカサール」
「ミルレスト」
「メッフェナムサン」
「メフェナム酸」
「ヨウフェナム」
「ルメンタール」
「ロイヒールS」
「ワンメデー」
トルフェナム酸 「クロタム」






ブコローム 「パラミジン」
  • COX-2
    • これらの薬は、シクロオキシゲナーゼ(COX)の活性を阻害することでプロスタグランジン(PG)の産生を抑え、抗炎症効果を示す。
    • COXには2つの作用があり、COX-1とCOX-2に分けられる
    • 炎症に関係するのはCOX-2なので、COX-2だけに作用する薬が開発されました。
      1. モービック(メロキシカム)
      2. レリフェン(ナブメトン)
      3. ハイペン(エトドラク)





塩基性抗炎症薬
成分 商品
塩酸チアラミド 「アリシドン」
「コレンソール」
「ソランタール」
エピリゾール 「アナロック」
「カルマーテ」
「ノイリトン」
「メプロキサール」
エモルファゾン 「セラピエース」
「ペントイル」



セレコキシブ(選択的COX-2 阻害剤)の副作用
平成20年10月1日〜平成21年2月28日
  • 急性心筋梗塞1
    アナフィラキシー様反応1
    狭心症2
    不安定狭心症1
    不整脈1
    血中クレアチニン増加1
    心不全1
    脳梗塞1
    薬疹3
    粘膜疹1
    紅斑2
    多形紅斑1
    異常感1
    胃癌1
    胃潰瘍2
    胃腸出血1
    肝機能異常1
    帯状疱疹1
    高カリウム血症1
    肝障害1
    口腔内出血1
    心筋梗塞6
    肺炎1
    発疹2
    全身性皮疹1
    急性腎不全1
    スティーブンス・ジョンソン症候群2
    くも膜下出血1
    白血球数減少1
    急性汎発性発疹性膿疱症1
    深部静脈血栓症1
    中毒性皮疹1
    好酸球増加と全身症状を伴う薬疹2
    閉塞性動脈硬化症1
    骨髄機能不全1




関連情報 抗炎症薬」「疼痛DMARDs
非ステロイド性抗炎症薬による蕁麻疹/血管性浮腫
非ステロイド性抗炎症薬による喘息発作 






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査