情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





消化






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)












消化
  • 口腔では、咀嚼による機械的作用(機械的消化)と唾液による化学的作用(化学的消化)を、同時に行い消化を行っている。
  1. 咀嚼運動
    1. 意志による制御
    2. 歯・舌・頬・口唇・下顎によって食物を砕き、唾液と混ぜて飲み込みやすくするために水分の多い軟らかい食塊にする
  2. 唾液の分泌
    1. 反射的、不随意的
    2. 1日に1㍑~1.5㍑分泌
    3. 唾液を分泌する腺・・・小口腔腺と大口腔腺がある
      • 小口腔腺=口唇腺、頬腺、臼歯腺、口蓋腺、舌腺
      • 大口腔腺=三大唾液腺(耳下腺・顎下腺・舌下腺)
    4. 唾液の成分・・・
      • ほぼ中性、水分が99.5%、残りが粘液(ムチン)、消化酵素
    5. 消化作用
      • 唾液のなかの消化酵素プチアリンがデンプンを麦芽糖に分解
    6. 唾液分泌の調節
      • 唾液分泌は交感神経と副交感神経の二重支配。
      • 副交感神経の興奮で量が多い唾液が分泌される。
      • 交感神経の興奮で量の少ない粘液性の唾液が分泌される




【消化器系】:
  1. 食物を摂取し、それを腸管から吸収できる程度にまで分解し、吸収して血液中に送る働きをいう。
  2. 食物残渣の排泄を司る器官の集まりをいう。
  3. 口から肛門に至る長い1本の消化管と消化液を分泌する消化腺に分けられる。



【消化管】
=口から始まり、咽頭、食道、胃、小腸、大腸、肛門で終わる。
  • (胃の機械的消化)・・・蠕動運動によって食物をまぜ、粥状にする。
    • 蠕動運動で、激しい胃の収縮が起こり、食物を胃液と混ぜ合わせ、弛緩した幽門を通って、十二指腸へ運ばれる。
    • 胃内圧は上昇し、食塊は胃液と混ぜ合わさって粥状になる。
  • (胃の化学的消化)
    1. 胃液を分泌し、胃液中の分解酵素ペプシンがタンパク質をペプトンにまで分解する。
    2. 胃液の分泌量・・・・1500~2500ml/日
    3. 胃液の成分・・・・・・強酸性(pH:1.0~2.0)
    4. 主な分泌腺・・・・・・胃腺










(小腸での消化)
小腸は、胃の幽門に続いて大腸へ移行する6~7㍍の管状器官。
  • 十二指腸・空腸・回腸に区分される。
  • 3つの運動で食物を混和し、下方へ送る
    1. 蠕動運動
      1. 腸管の輸走筋が収縮し、縦走筋が弛緩して収縮輪をつくり、その収縮輪が口側から肛門側へ移動する運動。(腸内容物の輸送)
      2. 3.0~6.5cm/秒
    2. 分節運動
      1. 輪走筋の収縮と弛緩によって腸内容物の移動無しに混和する運動。
      2. 腸管壁の輪走筋が、ある間隔をおいて収縮し、いくつかのくびれを生じ、次にこの収縮輪の間が収縮する運動。
      3. 腸の内容物を消化液と混ぜ合わせるための運動。(腸内容物の混和)
      4. 栄養素の消化・吸収を促進する運動
      5. 1分間に、約7~8回。
    3. 振子運動
      1. 縦走筋の働きにより腸管のタテ方向に起こる伸縮運動。
      2. 比較的狭い範囲の縦走筋が、一定の周期で収縮と弛緩を繰り返す運動。
      3. 生理的意義はない。
消化の画像











(分泌量/日) 酵素 作用



1500ml プチアリン デンプン→麦芽糖→ブドウ糖
マルターゼ 麦芽糖→ブドウ糖


(酸性)
1500~2500ml
ペプシン タンパク質→ペプトン、乳蛋白質を凝固


弱アルカリ性
1000~2000ml
ペプシン・トリプシン タンパク質→ポリペプチド
ステアプシン
(リパーゼ)
脂肪→脂肪酸とグリセリン
アミロプシン
(アミラーゼ)
デンプン→麦芽糖


弱アルカリ性
2000~2500ml
アミノペプチダーゼ ペプチド→アミノ酸に分解
インベルターゼ ショ糖→ブドウ糖と果糖に分解
ラクターゼ 乳糖→ブドウ糖に分解
マルターゼ 麦芽糖→ブドウ糖に分解


500~1000ml 酵素がない 胆汁酸塩により脂肪を乳化し、消化を助ける






消化前 消化酵素 消化後
ペプチド アミノペプチダーゼ 腸液 アミノ酸
ショ糖 サッカラーゼ ブドウ糖
麦芽糖 マルターゼ
タンパク質 トリプシン 膵液 ポリペプチド→アミノ酸
デンプン アミロプシン
(膵アミラーゼ)
マルトース(麦芽糖)
脂肪 膵リパーゼ
(ステアプシン)
脂肪酸(グリセリン)
胆汁酸塩 胆汁 乳化



消化不良

吸収不良症候群








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬