毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう アルファベット順 50音順
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/

傷寒論
辨少陽病脉證并治上第九
(263~272)



HOME 広告 通販 病院ランキング 血液検査 副作用 漢方薬



漢方の証
病位
病質
熱証・寒証
実証・虚証
臓腑の主治薬
臓腑の引経薬
日本漢方
漢方書籍



辨少陽病脉證并治上第九
263 少陽之爲病、口苦、咽乾、目眩也。

264 少陽中風、兩耳無所聞、目赤、胸中滿而煩者、不可吐下、吐下則悸而驚。

265 傷寒、脉弦細、頭痛發熱者、屬少陽。少陽不可發汗。發汗則譫語。此屬胃、胃和則愈。胃不和、煩而悸。

266 本太陽病不解、轉入少陽者、脇下滿、乾嘔不能食、往來寒熱、未吐下、脉沈緊者、與小柴胡湯。方一。
  • 小柴胡湯方 柴胡 人参 黄 甘草 半夏 生薑 大棗
    八両 三両 三両 三両 半升 三両 十二枚
    上七味、以水一斗二升、煮取六升、去滓、再煎取三升、温服一升、日三服。
267 若已吐、下、發汗、温針、譫語、柴胡湯證罷、此爲壊病、知犯何逆、以法治之。

268 三陽合病、脉浮大、上關上、但欲眠睡、目合則汗。

269 傷寒六七日、無大熱、其人躁煩者、此爲陽去入陰故也。

270 傷寒三日、三陽爲盡、三陰當受邪。其人反能食而不嘔、此爲三陰不受邪也。

271 傷寒三日、少陽脉小者、欲已也。

272 少陽病欲解時、從寅至辰上。
傷寒論/金匱要略







TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬