ショウガ

乾姜



生姜 ZINGIBERIS RHIZOMA


[生姜][姜]

各地に栽培される多年草、ショウガ科ショウガの根茎。
ショウガ科Zingiberaceae 姜Zingiber officinale Posc.(ショウガ)の新鮮な根茎。
乾姜」=蒸して乾燥。
「゚姜」=生姜を(゚)したもの

味は辛、性は微温。Q温・補・燥・升・散R

肺・脾・胃経

辛温解表薬


性温、神明を通暢し痰嗽、嘔吐、胃を開き霊を極む”
生姜、性温。神明を通暢し、痰嗽、嘔吐に。胃を開くに極めて霊なり。
《万病回春》




(発汗・健胃・鎮嘔)
◎芳香性健胃・矯味・食欲増進剤
   <1>新陳代謝を促進
   <2>嘔吐
   <3>発熱・鼻づまり
   <4>水毒を去る
◎行陽と散気の妙薬。煎服する。
◎開胃に効く。「煎服」
◎顔のできものを治す。「汁に軽粉を混ぜて塗る

アスパラギン:[0.9%]



<1>発汗作用
<2>消化促進作用
<3>鎮嘔用
<4>抗痙攣作用





生姜の薬能&出典
《神農本草経》
  • “胸満、ゥ逆上気を主り、中を温め、止血し汗を出す”
    “風湿の痺、腸ヤ下痢を逐す、生は特に良い”
《薬性提要》
  • “表を発し、寒を散じ、痰を豁き、嘔を止む”
《重校薬徴》
  • “結滞水毒を主治す”
    “故に乾嘔、吐下、厥冷、煩躁、腹痛、胸痛、腰痛、小便不利、小便自利、咳唾涎沫を治す”
《続薬徴》
  • “嘔を主治し乾嘔、噫。逆を兼治す”
    “半夏は嘔と吐を兼発する者を治し、生姜はただ嘔する者又は嘔くして吐少なき者を治す”
《古方薬品考》
  • “生姜汁:痰を開き、逆気を泄すの功、最も速かなり”
《古方薬議》
  • “胃を開き嘔を止む”
    “生姜汁:冷を去り、痰を除き、胃を開き、一切の結実、胸膈の悪気を下し、毒薬を解す”
《中薬大辞典》
  • “発表、散寒、止嘔、開痰”
    “感冒、風寒、嘔吐痰飲、喘咳、脹満、泄瀉を治す”
    “半夏・天南星及び魚蟹・鳥獣肉の毒を解く”




『生姜+橘皮』
『生姜+呉茱萸』
『生姜+大棗』
『生姜+竹茹』
『生姜+竹瀝』
漢方薬 温経湯
越婢加朮湯
越婢加半夏湯
黄蓍建中湯
葛根湯
桂枝加黄蓍湯
桂枝加葛根湯
桂枝加厚朴杏仁湯
桂枝加芍薬湯
桂枝加大黄湯
桂枝加附子湯
桂枝加竜骨牡蛎湯
桂枝湯
桂枝附子湯
桂芍知母湯
桂枝二麻黄一湯
桂麻各半湯
呉茱萸湯
柴胡桂枝湯
柴胡加竜骨牡蛎湯
炙甘草湯
生姜半夏湯
小建中湯
小柴胡湯
小半夏加茯苓湯
大柴胡湯
当帰建中湯
当帰四逆加呉茱萸生姜湯
半夏厚朴湯
茯苓飲
射干麻黄湯



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬