情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





手太陽小腸経
(SI)





針灸のツボ/ すべてのツボ/

ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)











<6>Small Intestine Meridian(小腸)(19穴)

手の太陽小腸経は、
小指に起こり上腕を上行し、肩胛骨を経て鎖骨上窩で体内に入り、心臓・胃を通って小腸に達する。
分枝は鎖骨上窩から上行し、上アゴから耳に入る。
上アゴでさらに分枝して目の内側で膀胱経と交わる。
手の太陽小腸経は、
心経の分かれを受けて、小指の末端(外側)から起こり手の外面後ろ側を通って肩に出て、1つはそこから前に下って、鎖骨上窩より胸に入り、心をまとい、咽頭の方にもまわり、また横隔膜を下って胃に向井、そして小腸に帰属する。
もう1つは、鎖骨上窩より頬に上り、目尻から耳の中へ進み、また頬より別の目の下、目頭の方へも行っている。

小腸手の太陽の脈は小指の端に起こり、手の外側を循り腕をり、踝(茎状突起)の中に出て直ちに上り、前腕骨(尺骨)の下廉を循り、肘の内側の両筋の間に出て上り上腕の外後廉を循り肩解(けんかい:上腕骨と肩甲骨との間)に出て肩胛(けんこう:肩甲骨)を繞(めぐ)り、肩上に交わり缺盆に入り、心に連絡し咽を循り、横隔膜を下り胃に至り、小腸に属す。
その支脈は缺盆より頸を循り頬に上り、目の鋭眥(えいし:目尻(に至り却き耳の中に入る。
その支脈は頬で別れて梺(せつ:目の下)に上り、鼻に抵(いた)り、目の内眥(ないし:目頭)に至り、斜めに顴(けん:頬骨)に連絡し足の太陽膀胱経に接する。








経穴名 適応する症状・病名



SI-1
(ショウタク)
失神・卒倒時の気付け。
頭痛、咽喉痛、心臓病。

救急穴
刺絡療法
解熱作用
斜刺0.1寸



SI-2
(ゼンコク)
間歇熱のマラリアの特効穴。
尺骨神経麻痺、テンカン、耳鳴、乳腺炎。

解熱作用
中手指節関節の遠位端を「前」にし、筋肉間のすき間を山間の「谷」にたとえ、拳を握って、この部位をよく吟味すれば、その通りである。
第5中手指節関節の下、尺側陥凹部にとる。
直刺0.2〜0.3寸

谿

SI-3
(コウケイ)
流感・肺炎の特効穴。 (解熱発汗させる)
急性ロイマチス、頭痛、腸出血、角膜炎。
「単に風邪の解熱のみでなく、外衛力の不備から体内に侵入した病原菌による炎症に効あり」

鎮静/止痛作用
中手指節関節の近位端を「後」にし、「谷」より浅い凹みを「谿」にたとえた。
第5中手指節関節の下、尺側陥凹部、手を握ってできる横紋の端にとる。
直刺0.5〜0.8寸



SI-4
(ワンコツ)
関節炎、関節痛。

解熱/鎮静/安神作用
小腸経の原穴
直刺0.3〜0.5寸



SI-5
(ヨウコク)
腕の関節炎・リウマチ。
尺骨神経麻痺、上膊神経痛、口内炎、耳下腺炎、耳鳴、めまい。

鎮静/止痛作用
直刺0.3〜0.5寸



SI-6
(ヨウロウ)
疔・癰などの悪性腫れ物に、[手三里]と併用して効果大。
眼球充血。

鎮静/止痛作用
小腸経のo穴
斜刺0.5〜0.8寸



SI-7
(シセイ)
頸項痛。肘臂痛、精神病
頭痛、目眩、、熱病、癲狂、清熱
養陰、疏筋活血の作用がある

小腸経の絡穴
小腸経はこの経穴から絡脈の分支が出て心経と連絡しているので、この名がついた
(取穴)
陽谷と少海との間で陽谷の上5寸にとる

直刺0.5〜0.8寸



SI-8
(ショウカイ)
頸項痛。肘臂痛、半身不随。

水合穴で、小腸経の気血流注をここで川から海に合流に地点のようにたとえた。
(取穴)
・上腕内側上顆と肘頭の間で、尺骨神経溝にとる。
・肘を屈曲し、上腕骨内側上顆より尺骨鈎状突起(肘頭)へすべらせ、尺骨神経溝を確認し、そこへ小海をとる。

斜刺0.5〜0.8寸



SI-9
(ケンテイ)
肩胛痛、手が上がらない。耳鳴、耳聾。

直刺0.5〜1寸



SI-10
(ジュユ)
上腕及び肩胛の神経痛・リウマチ。動脈硬化症、高血圧、半身不随、後頭部・後頸部の凝りと痛み



腋窩横紋の端と肩胛棘とをつなぐ線の中点を沢田流臑兪とする。
  • この臑兪穴は、先生(沢田健)が血圧の高低を触診される要穴である。この穴は鍼灸孔穴類聚によると、後廻旋上膊動脈・腋窩神経及び橈骨神経が分布しており、その主治は、発汗・熱病後の余熱・脳充血・肩及び肘の関節炎或いは四肢の神経麻痺を治するというのであるが、沢田先生はこの穴を診て血圧の高低を知ると同時に、之をその治穴として応用し、又後頭部の充血・不充血をも診知される。此の穴が凝っているときは、必ず後頭部が凝っているのであり、之に灸すればそれが取れるのである

直刺0.5〜1寸



SI-11
(テンソウ)
咽喉カタル、耳管閉塞、扁桃炎、顔面神経痛

(取穴)
腋窩横紋後端の上方、肩胛棘外端下際の陥凹部にとる

直刺0.5〜1寸



SI-12
(ヘイフウ)
肩胛痛、上肢疼痛・マヒ。



直刺0.5〜0.8寸



SI-13
(キョクエン)
肩胛拘攣・疼痛。

「垣」は壁の意味で、肩甲棘は曲がっている壁のように見えるところから、名づけられた
肩胛棘内側の上際で棘上窩にとる。

直刺0.5〜0.8寸




SI-14
(ケンガイユ)
肩胛痛

気胸に注意

斜刺0.3〜0.6寸




SI-15
(ケンチュウユ)
肩こり、頭痛、後頭部及び頸部劇痛、咽喉痛、咳嗽、視力減退。

気胸に注意

直刺0.5〜0.8寸



SI-16
(テンソウ)
耳聾、耳鳴、咽喉腫痛、頸項強痛

直刺0.3〜0.5寸



SI-17
(テンヨウ)
扁桃炎、咽喉腫痛、発音困難

直刺0.5〜0.8寸


SI-18
(ケンリョウ)
顔面神経マヒ、牙痛。

直刺0.3〜0.5寸



SI-19
(チョウキュウ)
脳充血、脳溢血、血圧亢進、神経衰弱、精神病、テンカン、頭痛、めまい鼻疾患、脱肛、痔。
耳聾、耳鳴。中耳炎。外耳道炎、幻聴

直刺0.5〜1寸
口を開けさせて刺入









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬