ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




小腸



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






小腸




duodenum
長さ・・・約25cm

十二指腸は、脊柱の右寄りをC字状に走る腹膜後器官で、4部に区分される。
  1. 上部
  2. 下行部
  3. 水平部
  4. 上行部


jejunum
長さ・・・約6〜7m

回腸と比べて、直径が太く、壁が厚い。

血管分布が豊富で、腸間膜の脂肪が少ない。

リンパ小節の数は少ない。

粘膜の輪状ヒダが顕著。

吸収表面積は回腸よりも広い
構造:
[上皮][絨毛][粘膜固有層][リンパ小節][リーベルキューン腺][粘膜筋板][輪走筋][縦走筋][漿膜]


ileum
長さ・・・約6〜7m
構造:
[上皮][絨毛][粘膜固有層][リーベルキューン腺][粘膜筋板][集合リンパ小節][粘膜下組織][輪走筋][縦走筋]







小腸
十二指腸から続く小腸は、さらに空腸と回腸に分けられる。

これらは腸間膜でつり下げられているため、腸間膜小腸とも言われる。
  1. 左上腹部から右下腹部にかけて存在する
  2. 45cmで生存した記録がある。
  3. 空腸と回腸は、およそ2:3 で分けられる。
  4. (空腸)
    • 平滑筋が発達し壁が厚い。
    • 運動は活発で、内容物は速やかに移送される。
    • 内腔は空のことが多い。
  5. 空腸と回腸は腸間膜にぶらさがり可動性がある。
    • 空腸、回腸を含む腹膜は背側で合わさって腸間膜となり、後腹膜につく。
    • 腸管は比較的自由に動く。
    • 腸間膜を構成する2枚の腹膜の間を血管・リンパ管・自律神経が走り、リンパ節が存在する。

小腸は、「十二指腸」「空腸」「回腸」からなる消化器。
  • 小腸の長さ・・・・・・3b(生体で)/6b(死亡時)
  • 小腸の直径・・・・・約4cm
  • 小腸の表面積・・・約60坪

ぶら下がっている
  • 小腸は、腹部の後壁から腸間膜というカーテン状のものでぶら下げられている。
  • タップリとヒダをとっているので6mでも十分におさまる。
  • 重力でずり落ちないのも、腸間膜で腹腔後壁に固定されているから。

絨毛
  • 小腸の内壁にはヒダがある。
  • 表面は絨毛と呼ばれる突起でおおわれている。
  • その長さは約1mm。
  • 絨毛の中には、吸収した栄養素を運ぶ毛細血管とリンパ管が通っている


パイエル板
  • で攪拌された食物を消化吸収するのが小腸。
  • アミノ酸やブドウ糖は血管に入って肝臓に運ばれ、脂肪酸やグリセリンはリンパ管から静脈に入って全身に運ばれる。
  • 胃液でも死なない病原菌対策に、小腸には免疫機能もある。
  • 腸管免疫といって、ここにはパイエル板という独自のリンパ節があり、腸管上皮内リンパ球<免疫細胞>が存在している。このリンパ球が体に有害な物質を撃退し、体内に吸収させないようにしている。

小腸の細胞の寿命・・・1.3〜1.6日




小腸の運動
小腸運動は、腸管神経系(主に筋層間神経叢)によって制御され、2種類の運動パターンを示す。

第1のパターン
  • 分節運動(segmentation)・・・
    • 菅腔内容物を混合し、攪拌する。


第2のパターン
  • 蠕動(peristalsis)・・・
    • [逆蠕動]
    • [直行蠕動]


食物が無いとき(食間期)には、
  • から始まり、小腸を伝わっていく間欠的な蠕動が見られる
    • (1〜2時間ごとに)。
  • この波は進行性胃腸運動症候群(MMC)と呼ばれていて、小腸内容を清掃し、細菌数を減らすことに役立っている。
  • また、MMCはモチリンで調節される。






ミニ腸を作製
国立成育医療研究センターの阿久津英憲部長は、ES細胞から小腸と同じような機能を持った「ミニ腸」を世界で初めて作製した。

マウスのiPS細胞から(平面の)腸管を作った報告はありますが、立体的な構造の腸管できたのは初めて。

培養皿の底に微小な凸凹をつけ、そこに400万個のES細胞を入れ、3種類の特殊なタンパク質を加えて培養。すると、約5000個の細胞が集まります。
細胞の塊は自然に培養皿から離れ、培養液の中をクラゲように浮かぶようになります。

作製したミニ腸が生体の小腸と同じような働きをすることを確認。
食べ物を先に送る蠕動運動と呼ぶ腸に特有の動きは約800個作ったうちの5%で見られました。
下痢止め薬を与えると腸の動きは緩慢になり、便秘薬を与えると活発になりました。
創薬や副作用の評価につかえる。




短腸症候群薬
小腸手術後

2012年、武田薬品工業は、小腸の手術をした後にまれに発症する栄養欠乏や下痢などを引き起こす疾患「短腸症候群」の治療剤「リベスティブ」(一般名:テドゥグルタイド)の販売許可を欧州委員会から取得した

短腸症候群は小腸を広範囲に切除した場合にまれに発症する疾患。

栄養素や水などの吸収不良となる。




関連情報 腸内細菌
Toll様受容体
常在菌
アレルギー
アトピー
下痢
軟便
便秘
消化不良
ガスがたまる
風邪を引きやすい
キトサン
乳酸菌
ラクチュロース
ラクトフェリン
免疫
免疫機能不全











解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用