手術後の不定愁訴









手術
鼻から脳の手術
  • 2005年、米ピッツバーグ大学の研究グループは、脳手術の新しい手法を開発。鼻の穴から手術する方法で、脳の深い位置にある腫瘍にも到達できる。頭蓋骨を開ける従来法では届かなかった。また、回復に時間がかかり、顔にキズが残るという精神的な負担もあった。
    研究グループが開発したのは、細い管状の内視鏡や小型の手術器具を鼻の中を通して行う手術法。

  • 胎児に全く影響を与えずに妊婦の脳腫瘍を取り除くなど、すでに350例以上の実績がある。
  • 手術後すぐに化学療法を始められる。

手術による出血に
  • 2006年、神奈川科学技術アカデミー(KAST)と東京女子医科大学のグループは、感染の恐れや毒性が少ない外科手術用の止血剤を開発した。
    止血剤には2種類の化合物を混ぜて使う。
    • 高分子ミセルとアルデヒド基という構造を持つ分子を結合させた化合物
    • アミノ基を持つ高分子

    2種類を混ぜると、1秒でゼリー状に固まる。
    現在は人から採取したタンパク質や低分子のアルデヒド化合物が止血剤に使われている。人のタンパク質は未知の感染症に汚染されている危険性があるので人工材料の開発が急がれていた。

縫合補強材
  • 2016年、グンゼ。
    シート状の縫合補強材「ネオペール」
    肺や気管支などの伸びたり縮んだり、膨らむ臓器の縫合カ所に貼って出血や空気もれを防ぐ


ロボット
  • 2005年、東京大学と財団法人NHKエンジニアリングサービス(東京世田谷区)は共同で、脳ので深部で血管縫合などができる手術用ロボットを開発した。操縦桿で鉗子など手術道具を遠隔操作する方式で、医師が直接手で扱うよりも長時間にわたり精密に動かせ、安全性が高い。
    ロボットは細長い棒状で、先端部は極細の血管を縫合できる直径3.5mmの鉗子を組み込んだ「手」になっている。患部を精細に捕らえる「目」としてハイビジョンカメラも搭載した。
    鉗子は内部にワイヤを通してあり、これを引っ張って開閉する。ワイヤを巻き上げるモーターなどを小型化した。
    実際の手術では患者の頭部を切開した直径4cmほどの穴から鉗子を2本差し込む。医師は金良が撮影した立体画像を見ながら手術台の脇で操縦桿を動かし、血管縫合のほか、ガンの切除などもできる。
    一般のカメラより画質が約8倍高いため、極細の脳血管でもクッキリ見える。ロボットは操縦桿の動きの1/10〜1/20に縮小されて動作する。
    頭皮から深さ9cmにある脳深部の血管を何カ所も縫合する手術は、トップレベルの熟練医師でも非常に困難とされる。




手術トレーニング
  • 経済産業省の外郭団体で独立行政法人の中小企業基盤整備機構が2006年解説したメディック(MEDDEC)=神戸医療機器開発センター(078-306-1162)は、生体のブタを利用して、医療機器の開発や医師の手術トレーニングができる日本唯一の公的施設。
    最新の内視鏡手術機器やカテーテルなどを使った手術ができる手術室を3室備える。臓器がヒトに比較的似ているブタも飼育しており、企業の研究者や大学病院の医者らがブタを使って手術トレーニングできる。
    メディックは特定の企業や大学付属でない公的施設のため、秘密保持が求められる研究に適している。

訓練装置
  • 2009年、輸入商社ガデリウス(港区)は、米イマージョンメディカルの内視鏡手術訓練装置など4製品を取り扱う。手術を疑似体験するシミュレーター「ラップ・プイアール」で、モニター上に映し出された体内の手術部位を見ながらハンドル操作で内視鏡手術に必要な手技を学べる







約7000年前
  • フランスのパリ南方70kmのセーヌエマルヌ県内で左腕がひじ関節上部で直線的に切断され、前腕のない推定6700〜6900年前の成人男性の骨が見つかった。





TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬