情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





腫瘍マーカー
(がんマーカー)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






ガン情報

ガンの転移

ガン治療とリハビリ

PET


エクソソーム






(ガンマーカー)
β-HCG (ホルモン) 卵巣ガン、肺ガン、精巣ガン
γ-Sm (組織産生物質) 前立腺ガン
AFP α-fetoprotein
(胎児性蛋白)
肺ガン
BFP (胎児性蛋白) 肝ガン、膵ガン、胆道系ガン、胃ガン、前立腺ガン、精巣ガン、睾丸ガン、膀胱がん、卵巣ガン、子宮がん、肺ガン、白血病
CA15-3 (糖鎖関連抗原) 乳ガン
CA19-9 (糖鎖関連抗原) 膵ガン、胆道系ガン、大腸ガン、胃ガン
・使用キットで基準値が異なる
CA50 (糖鎖関連抗原) 膵ガン、胆道系ガン
CA72-4 (糖鎖関連抗原) 大腸ガン、胃ガン、卵巣ガン
CA125 (糖鎖関連抗原) 卵巣ガン
CEA carcinoembryonic antigen
(胎児性蛋白)
大腸ガン、膵ガン、胆道系ガン、肺腺ガン、乳ガン、甲状腺髄様ガン
多くの腺癌
NCA(non-specific cross-reacting antigen)に注意
・使用キットで基準値が異なる
CYFRA (サイトケラチン) 肺がん
DU-PAN-2 (糖鎖関連抗原) 膵ガン。胆道系ガン
EMA epithelial menmbrane antigen 移行,
扁平上皮を含む上皮由来の腫瘍の同定
GFAP glial fibrillary acidic protein 神経膠腫
網膜芽細胞種
HCG human chorionic gonadtropin 絨毛癌
KMO1 (糖鎖関連抗原) 膵ガン、胆道系ガン、肝ガン
LCA leucocyte common antigen 悪性リンパ腫
NCC-ST-439 (糖鎖関連抗原) 膵ガン、胆道系ガン、胃ガン、大腸ガン、乳ガン、その他の腺ガン
NFP neurofilament 神経内分泌腫瘍
5’-NPD-V (核酸分解酵素) 原発性肺ガン、転移性肺ガン
NSE neuron-specific enolase
(腫瘍関連酵素)
肺小細胞ガン、
インスリノーマ
神経内分泌腫瘍
メラノーマ
甲状腺髄様ガン
腎ガン
精巣ガン
一部の腺癌
平滑筋肉腫
PAP prostatic acid phosphatase
(腫瘍関連酵素)
前立腺ガン
PIVKA-U (異常蛋白) 肝ガン
PSA (組織産生物質) 前立腺ガン
PST1 (腫瘍関連酵素) 膵ガン、胆道系ガン、肝ガン
S-100タンパク メラノーマ
悪性神経鞘腫
SCC抗原 (組織産生物質) 子宮頸ガン、肺ガン、食道ガン、頭頸部ガン
siLー2R (可溶性受容体蛋白) リンパ腫
SPan-1 (糖鎖関連抗原) 膵ガン
TPA (組織産生物質) 肺ガン
YH-206抗原 (ムチン抗原) 膵ガン、胃ガン
エラスターゼ1 (腫瘍関連酵素) 膵ガン、胆道系ガン
カルシトニン (ホルモン) 甲状腺髄様ガン
ケラチン 上皮性腫瘍と非上皮性腫瘍との鑑別。
種々の抗体がある。
抗ヒトN-myc蛋白抗体 (癌遺伝子産物) 神経芽腫、Wilims腫瘍、網膜芽腫
シリアルSSEA-1 (糖鎖関連抗原) 肺ガン、膵ガン、卵巣ガン
デスミン 筋原性腫瘍
ビメンチン 多くの間葉系腫瘍
筋原性腫瘍
ポリアミン (低分子有機物質) 胃ガン、食道ガン、大腸ガン、肺ガン、血液ガン






腫瘍 腫瘍マーカー 陽性率
胃ガン [CA72-4]
[STN]
50%
CA19-9
CEA 40%
肝細胞ガン AFP 80%
PIVIKAU 70%
甲状腺髄様ガン カルシトニン 90%
CEA
骨肉腫 ALP 100%
子宮ガン 子宮頸ガン SCC 60%
子宮体ガン CA125
腎ガン BFP 50%
神経及び網膜芽細胞種 NSE 80〜90%
膵ガン CA19-9 80〜90%
[CA50]
[Span-1]
前立腺ガン SCC 70%
PSA
大腸ガン
(結腸・直腸)
CA19-9 60%
CEA
胆嚢(胆管)ガン AFP 80%
CA50]
[Span-1]
内分泌腺腫瘍 各ホルモン 80〜90%
肺ガン 扁平上皮ガン CYFRA 80%
SCC 40〜60%
腺ガン [CYFRA]
[SLX]
60%
CEA
小細胞ガン [NSE]
[ProGRP]
65〜75%
胚細胞腫瘍 AFP 80%
LDH
卵巣腫瘍 CA125 80〜85%
[CA72-4]
[STN]
70%





腫瘍(neoplasm)・・・[新生物]
  • 新たな異常な成長。特にその成長が制御されず進行的である新たな組織の成長をいう。


悪性腫瘍
  • 未分化度が著しく、侵襲と転移性を示す点で、良性と区別される。

腫瘍マーカー
  • ・正常細胞ではほとんど産生されず腫瘍細胞に特異的に産生される物質
  • ・進行して病巣がある程度大きくならないと検出できない。

  • ・腫瘍細胞が生体内にあることによって産生される物質

  • ・多くの腫瘍マーカーで「偽陽性」が高く、一部の例外を除いて、確定診断には適していない




尿1滴で検査
  • 産業技術総合研究所の丹羽修副部長らの研究グループは、1枚で、検査に必要な2種類の物質を検出できるチップを開発した。
    ガンになると尿に特徴のあるタンパク質が出てくる。
    腫瘍マーカーと呼んでいて、ガンの早期発見に使われるが、尿の濃さは変わりやすいので、濃さの指標になる物質を別に測定して補正する必要がある。今回開発したチップは、腫瘍マーカーと『クレアチニン』と呼ぶ尿の濃さの指標になるタンパク質を同時に捉えることができる。
    今まで、腫瘍マーカーとクレアチニンを同じ装置で検出できなかったので、別の装置で検査していた

血液や胃液1滴で早期に発見・・・エクソソーム




CD147
  • 2009年、トランジェニックは、細胞のガン化と関わりのあるタンパク質を人間の尿中から検出・測定するキットを発売した。ガン細胞が特徴的にもつタンパク質「CD147」。ガン細胞が正常な細胞の外壁を壊して侵入する際に、波部を壊す酵素をまわりから引き寄せる役割を担っている。
  • CD147は悪性腫瘍が棚井で肥大化するのをうながしているとされ、膀胱ガンや腎臓ガンなど泌尿器系のガン患者の尿中から多く検出される





糖ペプチド
  • 2011年、島津製作所はガンの兆候を捉える技術を開発した。
  • 体の中には糖分やタンパク質の断片が複雑に連なった生体物質が存在し、健康を維持している。こうした糖分などのくっつき方が変わり生体物質が変形するとガンの発症などにつながる。
  • 新技術は糖分がくっついて変形したタンパク質断片(糖ペプチド)を高感度に検出して、病気の初期段階で見つけようとするもの。
  • 実験では肝臓ガンに特有のタンパク質断片とよく似た物質を正確に見分けることができた。







血液使い正確に診断
  • 近頃尿の出が悪くなり、下腹部に力を入れても尿がほとばしることがない。仕方なく泌尿器科を受診し、診察と同時に「腫瘍マーカー」と呼ばれる血液検査を受けた。
    一方、新進気鋭の泌尿器科医K先生は肛門に指を突っ込んで前立腺ガンを言い当てることが出来るので、自分を「ゴールド・フェンガー」と呼んでいる。K先生はOさんを診て、ガンではなく前立腺肥大症であると診断した。
    ところが、血液検査では前立腺ガンのマーカーである[PSA(前立腺特異抗原)]が高かったことから、次いで超音波検査や病理組織検査が行われ、前立腺ガンと診断された。気の毒なのはK先生で、「ゴールド・ファンガーがさび付いた」と嘆くことしきり。
    女性のガンでは乳ガンと子宮ガンが良く知られているが、これらは触診や超音波検査を用いて診断が比較的しやすい。
    これに対して男性特有のガンである前立腺ガンは体外から患部を触れ難いし、病期は深く静かに進んでいく。このガンは前立腺外腺の中にガン組織を巣くっている状態である。このため前立腺ガンと前立腺肥大症(前立腺内腺のはれ)の識別が難しい。
    ここで役立つのが[PSA]や[γSm][PAP]などの前立腺関連腫瘍マーカーであり、特に[PSA]が腫瘍量と相関するので臨床的に有用とされる。この[PSA]は日本と同様に欧米でも診断用として盛んに利用されている。
    腫瘍マーカーには、[PSA]のほか、[αフェトタンパク][CEA(ガン胎児性抗原)][CA19-9][CA125]など約50種類ほどある。それらの大半は日本で開発された後、世界中に普及したものである。ごく最近までは特異性の点で問題があるとされ、診断よりも外科治療後のモニタリングなどに専ら利用されてきた。特異性だけでなく、腫瘍マーカーの信頼性を低くしていた大きな理由のひとつに異なるメーカーの製品間の感度の差があったが、今ではその差は小さくなっている







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬