糖尿病
血糖値が高い
HbA1c
1型糖尿病
糖尿病性腎症
低血糖
インスリン受容体異常症
糖尿病性ケトアシドーシス
消渇
膵炎
急性膵炎
慢性膵炎
おけつ(おけつ)



糖尿病による神経障害
  • 神経には脳などの中枢神経と末梢神経の2つがあります。
    糖尿病神経障害では末梢神経の機能が損傷を受けるのです。
  • 抹消神経には感覚神経、運動神経、自律神経があります。
    • 全身に広がっている末梢神経には痛みなどを感じる感覚神経と、手や足を動かす運動神経、それに内臓などの活動をつかさどる自律神経がありますが、糖尿病ではそれぞれが障害を受けます。
  1. 一般的に感覚神経の障害がまず見られます。
    • 素足なのに足の底に紙を1枚はさんだ感覚
    • 長時間すわって感じるピリピリ感覚がある
    • 手足の先がシビレたり
    • 痛みをあまり感じなくなるといったことです。
    • これらの症状は手足の左右両方に出ます。
      この左右対称性と末梢優位の2点が糖尿病神経障害の特徴です。
      • 高血糖でも、神経症状が手足の片方にだけ見られるのであれば、腰など整形外科系の障害や脳梗塞など他の理由が疑われます
  2. 運動神経が障害されると
    • 筋肉の萎縮や筋力の低下が足先から始まる
    • 眼球を動かす「外眼筋」への神経がダメージを受け、物が二重に見える。
  3. 自律神経が障害されると
    • 下痢や便秘
    • 立ちくらみ
    • 膀胱に尿が溜まっても、尿意を感じなくなる
    • 排尿後も尿が膀胱に残る
    • 汗が出すぎたり、汗が出なくなったりする



顔・・・・・発汗など

心臓・血管:
  1. 起立性低血圧
  2. 無痛性心筋梗塞


消化器:
  1. 胃の排出機能が低下する
  2. 便秘、
  3. 下痢
  4. 胆嚢の収縮機能が低下する


手足:
  • シビレの他に、
  • “突き刺すような痛み”が起きることがあります。また、
  • “はだしで歩いた時に足の裏と床の間に紙が1枚あるように感じる”ことも良く見られます。
    症状が進むと感覚の鈍麻が見られ、“痛みや熱さなどを感じなくなります”。
    極端な例では、画鋲を踏んでも痛みを感じないことがあります」
  1. シビレ
    • 足先や足裏から感覚がおかしくなります。
    • ほてりを感じたり、触っても感覚がにぶい
  2. 痛み
    • 夜間に神経痛が悪化し、不眠の原因になることもあります。
  3. 壊疽
  4. 無発汗


泌尿生殖器
  1. 排尿障害
  2. 勃起障害








ソルビトール


「筋肉の萎縮や筋力の低下などの運動障害は、比較的病状が進んだ時に出ることが多いのです。
さらに、自律神経が障害を受けると体の調節機能が損なわれるので、いろいろな不具合が出てきます。
例えば、
などの胃腸障害がみられます。 もその1つです。
また感覚がマヒしますので、普通なら痛みや胸苦しさが分かる
心筋梗塞も自覚しにくく、場合によっては命に関わるという危険な面もあります。

高血糖が見つかったら、3つの方法で神経障害の有無を確認します。
  1. 患者に立て膝をしてもらって足首の裏をポンとたたくアキレス腱反射
  2. 音叉を胸やくるぶしに当てて振動の感じ方をみる振動覚検査
  3. クジラのヒゲのような細いフィラメントを足指などにあてて感覚の鈍麻の程度をみる触覚検査
です。
神経障害が出ていると、アキレス腱反射は無くなり、末梢である足の振動覚は中枢に近い胸よりも低下していることなどが見られます」



36

36%
日本臨床内科医会は2001年12月に糖尿病神経障害の診断基準をまとめている。全国の12821例の糖尿病患者を対象にして作成した診断基準だが、このうち36.7%に相当する4709例の患者に神経障害がみられた。
それによると、
(1)血糖コントロールが良いほど、感覚の鈍麻や足のシビレ感などが少なくなっている。
(2)BMI(肥満度を示す指標)が低い、いわゆる「やせ」の人に神経障害の頻度が高く、逆に肥満度が増すに従って神経障害の頻度が低くなる傾向が見られたという



2009年塩野義製薬は糖尿病に伴う神経性の痛みを緩和する技術を確立した。国内で患者向けの臨床を終えている。
糖尿病が進むと手や足の先端に痛みを感じても、既存の鎮痛剤が効かないことがある。
承認を申請する予定の化学物質は、一般名「ヂュロキセン」。抗うつ剤としては既に申請中で、脳内物質のセロトニンやノルアドレナリンの量を調整し、痛みの信号を遮断する作用を強める効果を見込んでいる。






2011年、神経障害は、神経細胞の中で「ソルビトール」という糖の一種が増えて細胞内の圧力が上昇し、細胞を傷つけることが原因とされている。
ソルビトールは血中のグルコース(ブドウ糖)から、アルドース還元酵素(AR)と呼ばれる酵素によって生成される。糖尿病患者は血中のグルコース濃度が高いためソルビトールが増えやすい。
新薬ラニレスタットはARの働きを抑えて、ソルビトールを生成しにくくする。
2012年春までに大日本住友製薬が治験に入る。



糖尿病性神経障害の漢方薬
  1. 桂枝加朮附湯
    1. やせ型・冷え症
    2. 末梢神経障害
    3. 手足の痛み・しびれ
    4. 足の筋肉がつる
    5. 牛車腎気丸で胃腸障害を起こす者。
  2. 桂枝茯苓丸+陳久散
  3. 牛車腎気丸
    1. (腎虚、小腹不仁、夜間尿)
    2. 八味丸料に牛膝、車前子を加えたもので、糖尿病性神経障害などに応用される(漢方診療医典)
    3. インスリンや経口糖尿病薬との併用が有効。
  4. 五苓散
    1. 糖尿病性末梢神経障害による起立性低血圧に有効(EBM)
  5. 四物湯
    1. (血虚)
  6. 疎経活血湯
    1. おけつ、水滞)
    2. 疎経活血湯+陳久散
  7. 当帰芍薬散
    1. おけつ、水滞)
  8. 八味地黄丸
    1. (腎虚、小腹不仁、夜間尿)



糖尿病」「血糖値が高い」「HbA1c」「1型糖尿病」「糖尿病性腎症
低血糖」「インスリン受容体異常症」「糖尿病性ケトアシドーシス
消渇」「膵炎」「急性膵炎」「慢性膵炎おけつ(おけつ)




TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬