ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


四逆散
(しぎゃくさん)



HOME 血液検査 漢方薬(選び方)
漢方医学 色彩療法
ブログ 病名(症状) 漢方薬(臨床) 生薬の薬性 宝石療法
病 院 (副作用) 漢方薬(50音順) 生 薬 名 音楽療法
針 灸 ツムラ番号 漢方薬3000処方 臓腑(主治薬) 養生





広告



(シギャクサン)

四逆散
胃炎・胃潰瘍・胆のう炎胆石症・大腸炎・肋間神経痛

四逆散
(応用)

①アレルギー鼻炎

②朝のこわばり

③頭のふらつき

④イライラ

⑤インポテンツ

⑥胃ケイレン(胃痙攣)

⑦胃液分泌過多症

⑧胃潰瘍

⑨胃酸過多症

⑩胃腸炎(急・慢性)

⑪胃腸神経症

⑫胃痛

⑬遺精

⑭飲癖

⑮往来寒熱

⑯悪心

⑰怒りっぽい(多怒)

⑱驚きやすい(易驚)

⑲咳嗽

⑳肩こり

㉑肩関節周囲炎

㉒過敏性腸症候群

㉓肝炎(急・慢性)

㉔肝硬変

㉕癇癪もち

㉖感染症

㉗気管支炎(急・慢性)

㉘気管支喘息

㉙逆流性食道炎

㉚急性伝染病

㉛胸脇苦満

㉜胸脇部の疼痛

㉝緊張しやすい

㉞筋肉攣縮

㉟口が苦い(口苦)

㊱口がねばる

㊲結核性腹膜炎

㊳月経困難

㊴月経周期が一定しない

㊵月経前緊張症

㊶月経時に乳房が脹って痛い

㊷月経痛

㊸月経不順

㊹下痢

㊺高血圧症

㊻更年期障害

㊼しもやけ

㊽痔核

㊾子宮ガン

㊿歯根炎

51)四肢逆冷

52)四肢拘急

53)脂肪肝

54)十二指腸潰瘍

55)食道ケイレン

56)食欲不振

57)情緒不安定

58)腎炎

59)神経質

60)神経性胃炎

61)神経過敏

62)心悸亢進

63)心下部疼痛

64)心下痞硬

65)心臓神経症

66)心煩

67)小便不利

68)頭痛

69)精神分裂病

70)精力減退

71)舌質(紅)(やや乾燥)

72)舌苔 (無苔~微白苔~黄)

73)喘息

74)大腸炎

75)ため息が多い

76)胆石症

77)胆道感染症

78)胆道ジスキネジー

79)胆嚢炎

80)血の道症

81)蓄膿症

82)中風

83)腸炎

84)腸カタル

85)直腸炎

86)直腸潰瘍

87)テンカン

88)手足が冷える

89)手のひら(足の裏)に汗をかく

90)乳ガン

91)乳房が張って痛む

92)任脈陥没

93)任脈拘急

94)ネフローゼ

95)肺結核

96)排便してもあとに残る(後重)

97)半身不随

98)反芻症

99)ヒステリー

100)疲労倦怠

101)頻尿

102)ふけ

103)不安感

104)不定期熱

105)副睾丸炎

106)腹直筋攣急

107)腹痛

108)腹部膨満感

109)片頭痛

110)扁桃肥大


111)便が細い(きれぎれ)

112)便秘

113)膀胱神経症

114)マラリヤ

115)麻痺

116)慢性胃腸炎

117)慢性副鼻腔炎

118)胸苦しい

119)胸のつかえ

120)胸やけ

121)無月経

122)ゆううつ

123)幽門ケイレン

124)流感

125)肋膜炎

126)肋間神経痛


四逆散の適応画像


(四逆散の目標)
<1>体力中程度以上で、腹直筋の攣急があり、
  1. [イライラ]
  2. [不眠]
  3. [抑うつ]
などの神経症状を訴える者


<2>胃がつかえ、圧痛がある人の、以下の症状・疾患に用います。
  • 「胆嚢炎」
    「胃炎」
    「胃潰瘍」など。

<3>比較的体力がある者の、
  1. 胆嚢炎
  2. 胆石症
  3. 胃酸過多
  4. 胃潰瘍
  5. 気管支炎
  6. 神経質
  7. ヒステリー

などに用いる



(副作用)
  • 偽アルドステロン症
  • ミオパシー



【原典】
  • 「甘草(炙)、枳実(破水漬炙乾)、柴胡、芍薬」
    右四味、各十分、擣篩、白飲和服方寸匕、日三服。者、加五味子、乾姜各五分、主下利。悸者、加桂枝五分、小便不利者、加茯苓五分、腹中痛者、加附子一枚、炮令。泄利下重者、先以水五升、煮薤白三升、煮取三升、去滓、以散三方寸匕、内湯中、煮取一升半、分温再服。
  • ◎少陰病、四逆、其人或、或悸、或小便不利、或腹中痛、或泄利下重者、四逆散主之。《傷寒論》

【参考】
  • 「その証は、ほぼ柴胡桂枝乾姜湯 に似ていて、積気や気病、または心身の過労などから起こる者に多い。それ故に急病で悶え苦しむ者や慢性病でひどく衰弱した者に用いることは稀で、病勢があまり激しくはないが、いつまでも治らず、医者が治療に困るような者に、戸崎先生はこの方を用いて、奇効を得られたことが度々あった。

  • その症状は
    • 肩背が強ばったり、
    • 腰が痛んだり、
    • 脇腹が痛んだり、
    • 頭が痛んだり、
    • 食が進まなかったり、
    • 大便は秘結したり、下痢したり、
    • 小便の出が悪ったりする。
    又、
    • 気持に張りが無く、
    • 気分が欝滞して動作が物憂く、万事を苦労にし。
    • 或いは物事を憂慮して止まず、
    • ややもすれば悲愁し、夜は夢をみて気持ちよく眠らず。或いは物毎に好悪があり。
    • また心中がむしゃくしゃして安定しない。
    • なお体がだるかったり、筋肉がつれたりする。
    • またいつも季肋部のあたりに重滞感があり、この部の痛むこともある。
    それに
    • いろいろと工夫をこらしたり考え事をすると、その度に必ず季肋のあたりが、縮じまりふさがるように覚え。
    • 或いは1、2町も歩くと季肋下から脇下にかけて、激しい時は呼吸にもさわるから、この部を手でジッと押さえている。
    以上挙げたような症状の他にもなお種々の徴候があって、全部を挙げることは難しいが、これらの中の2、3の症状があって、前に述べた腹候があれば、四逆散のよく治するところである。」《藤田謙造》

【腹証】
  • “胸脇苦満、心下痞硬の程度が軽く、腹直筋は硬く緊張して、臍傍にまで及んでいる”
    “季肋下に緊張、抵抗があって、腹直筋を季肋下から臍傍にかけて、硬く触れる”《大塚敬節》


四逆散  (傷寒論)
柴胡5.0 芍薬4.0 枳実3.0
甘草1.5



(鑑別)
  • 四逆散
    • 胸脇苦満、腹直筋攣急、神経過敏、精神内欝、不定期熱、下痢後重、心下痞<軽>、任脈拘急、小便不利、四肢冷<微>、(陽明病)


  • 柴胡桂枝湯
    • 胸脇苦満、腹筋拘攣、表証あり、(少陽病)
    • 体力中等度以下、胸脇苦満、発汗傾向、口苦、易怒性

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯
    • 胸脇苦満、胸腹動悸、煩躁、驚狂、(少陽病)
    • 体力中等度以上、腹力充実、腹部大動脈の拍動亢進

  • 小柴胡湯
    • 胸脇苦満、上腹痛、食欲不振、(少陽病)

  • 大柴胡湯
    • 胸脇苦満、往来寒熱、心下部急結、実証、(少陽病)
    • 体力充実、口苦、胸脇苦満、充実した腹壁、便秘





関連情報 」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査