ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



桂枝湯



HOME 血液検査 漢方薬(選び方)
漢方医学 色彩療法
ブログ 病名(症状) 漢方薬(臨床) 生薬の薬性 宝石療法
病 院 (副作用) 漢方薬(50音順) 生 薬 名 音楽療法
針 灸 ツムラ番号 漢方薬3000処方 臓腑(主治薬) 養生





広告




(ケイシトウ)

桂枝湯
感冒インフルエンザ・神経痛


桂枝湯
(応用)

@インフルエンザ

A悪寒

B悪風

C乾嘔

D関節痛

E感冒(かぜ)

F寒冷ジンマシン

G自汗

H神経衰弱

I舌苔(微白苔)

Jのぼせ


桂枝湯の目標桂枝湯の目標


桂枝湯(傷寒論)
桂枝4.0 生姜4.0 芍薬4.0
甘草2.0 大棗4.0



(目標)
  • 比較的体力が低下した者で、頭痛、発熱、悪寒、身体痛などがあり、自然に汗の出やすい場合に用いる。

(腹証)
  • “凡そ桂枝湯類の腹状は、大抵臍下に悸有るも、微にして知り難く、悸無き者も間々亦之有り”《腹診配剤録》



(鑑別)
桂枝湯 (太陽病)
  • 悪寒・悪風、頭痛発熱、乾嘔、自汗、気上衝、腹直筋攣急、脈浮弱、表虚証
麻黄湯 (太陽病)
  • 悪寒、発熱、頭痛、体痛、無汗、脈府緊、表実証
葛根湯 (太陽病)
  • 悪寒、発熱、頭痛、項背強、無汗、表実証
麻黄附子細辛湯 (少陰病)
  • 悪寒、脈沈
真武湯 (少陰病)
  • 悪寒、手足冷、陰虚証



(加減方)
桂枝湯
  • +桂枝=桂枝加桂湯《傷寒論》
  • +黄蓍=桂枝加黄蓍湯《金匱要略》
  • +芍薬=桂枝加芍薬湯《傷寒論》
  • +芍薬・大黄=桂枝加芍薬大黄湯《傷寒論》
  • +芍薬・水飴=小建中湯《傷寒論》
  • −芍薬=桂枝去芍薬湯《傷寒論》
  • −芍薬+附子=桂枝附子湯《傷寒論》
  • +附子=桂枝加附子湯《傷寒論》
  • +朮・附子=桂枝加朮附湯《吉益東洞》
  • +朮・附子・茯苓=桂枝加苓朮附湯
  • +厚朴・杏仁=桂枝加厚朴杏仁湯《傷寒論》
  • +竜骨・牡蛎=桂枝加竜骨牡蛎湯《金匱要略》



関連情報 漢方薬の選び方
東洋医学
漢方薬」「」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査