(ニョシンサン)
女神散



ドクトルアウン ブログ  東洋医学  よく使う漢方薬 漢方の臨床  なおるかも






女神散 のぼせ・めまい・自律神経失調症状・更年期障害血の道症


女神散
  (応用)

赤ら顔

イライラ(感情不安定)


胃腸神経症

悪心

肩こり(肩背強急)


気の上衝(+)


月経異常


月経困難症


月経痛


月経不順


月経量が少ない


血色良好


元気がない


更年期障害
  • ホットフラッシュ(のぼせ)


産前産後の通治剤


しびれ


食欲不振


自律神経失調症


神経症
  • 産褥の神経症


心煩


頭重


頭痛


精神不穏


舌質(尖紅)


舌苔(白苔)(乾燥)


体格:中等度以上

体質:中等度以上


立ちくらみ


血の道症


動悸


ノイローゼ


のぼせ


ヒステリー


腹痛


腹満(腹が脹る)


不安神経症


不安感
  • 不安焦燥感

不定愁訴


不眠
  • 就眠障害

便秘傾向


ほてり


胸苦しい


目がかすむ


めまい


ゆううつ感(憂鬱)


腰痛症



女神散
目標 のぼせとめまいのある者
産前産後の神経症
月経不順
血の道症
副作用 偽アルドステロン症
ミオパシー
肝機能障害
黄疸
注意 薬剤過敏症(発疹・発赤・かゆみ・ジンマシン)
(消化器)
食欲不振・胃部不快感・吐き気・下痢



女神散(浅田家方)
当帰3.0 木香1.5 甘草1.5
大黄0.5~1.0 川芎3.0 黄芩2.0
黄連1.5 香附子3.0 桂枝2.0
人参2.0 檳榔2.0 白朮3.0
木香1.0



女神散・・・《使用上の注意(下線部追加改訂部分)》
(重大な副作用)
  • 肝機能障害,黄疸:AST(GOT),ALT(GPT),Al-P,γ-GTP等の著しい上昇を伴う肝機能障害,黄疸があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

〈参考〉
  • 直近約3年間(平成15年4月~平成18年11月)の副作用報告(因果関係が否定できないもの)の件数
    ・肝機能障害,黄疸:3例(うち死亡0例)
    関係企業が推計したおおよその年間使用者数:約6500人(平成17年度)
    販売開始:昭和61年














    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved