ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




六味丸(六味地黄丸)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)



漢方薬(選び方)

漢方薬(臨床応用)

漢方の証


病位

病質

熱証・寒証


実証・虚証

生薬



六味丸/六味地黄丸


六味丸(六味地黄丸)
(応用)









六味丸の目標
疲れやすく、口が渇く人の、以下の症状・疾患に用います。
  • 「排尿困難」
    「頻尿」
    「むくみ」
    「かゆみ」など


比較的体力の低下した者(腎陰虚)に用いる

疲労感・下半身のシビレ感・尿量減少または多尿・夜間尿・遺尿・遺精・陰痿・腰痛など

上腹部に比べて下腹部が軟弱なことが多い。

冷え・浮腫は少ない




(注意)
  • 胃腸虚弱の者には慎重に。
  • (消化器)
    食欲不振・胃部不快感・吐き気・下痢




(参考)
肝腎不足、真陰虧損し、精血枯渇し、憔悴羸弱し、腰痛足酸、自汗盗汗し、汗水泛んで痰となり、発熱咳嗽し、頭重目眩、耳鳴耳聾、遺精便血、消渇淋瀝、失血失音、舌燥喉痛し、虚火牙痛足跟痛をなし、下部瘡瘍等の症を治す。


憔悴羸痩、腰痛足だるく自汗又は盗汗、頭眩、耳鳴り、遺精消渇、舌燥喉痛、歯痛などの症状を呈する者。


此方は金匱腎気丸の桂枝、附子を去ったものであるから、八味丸よりは軽症である。

腎虚のため疲労感があり、特に精力弱く、陰痿、遺精、腰痛等を訴え、多尿、耳鳴、弱視、口渇等を伴うものに用いる。

脾虚、気虚著しくして食欲不振、下痢傾向あるものは禁忌である。《漢方後世要方解説》



腎水不足と陰虚を治す。

虚労に腎気が衰弱した症で、痩せて盗汗があって発熱し、五臓が衰弱した者。

  • 熟地 陰を滋し、腎を補い、血を生じ、精を生ず。君薬。
    山薬 肝を温め、精をらす
    牡丹 君相の伏火(心火、肝火、命門火)を瀉し、血を涼す。
    山薬 脾を補し、腎を固うす
    茯苓 脾火の湿熱を滲し
    沢瀉 膀胱の水邪を瀉し耳目を聡明にす





六味丸 (銭乙方)
山茱萸3,0 山薬3.0 沢瀉3.0
茯苓3.0 牡丹皮3.0 地黄6.0



六味地黄丸
方剤分類 補益剤
八綱弁証 裏熱虚
六淫 湿
四傷
六経弁証 少陰病
衛気営血弁証 営分
三焦 下焦
方剤帰経 腎経
臓腑弁証 腎陰虚
効能 ・滋補腎陰
・清熱利湿
適応 陰萎
高血圧症
座骨神経痛
前立腺肥大症
糖尿病
難聴
変形性膝関節症
慢性腎炎
腰痛






(鑑別)
  • 六味丸(少陰病)
    • 腎陰虚、口渇、舌乾燥、多尿、小便不利、下腹部軟弱・無力、疲労倦怠、精力減退、遺精、陰痿、耳鳴、憔悴、羸痩、
  • 八味地黄丸(少陰病)
    • 腎陽虚、気血両虚、腰痛、下腹部軟弱・無力
      体力中等度以下、口渇・足腰の冷え・夜間頻尿・陰痿・浮腫
  • 麦味地黄丸(少陰病)
    • 疲労倦怠感、口やのどの渇き、腰や脚の痛み、夜間多尿
  • 知柏地黄丸(少陰病)
    • 疲労倦怠感、腰痛、手足のしびれ、手足の冷感、むくみ、頻尿、口渇
  • 五苓散(少陰病)
    • 体力中等度、口渇・尿量減少・浮腫・嘔吐・頭痛・二日酔い







腎虚
(老化)
腎陽虚 腎陰虚
顔色 青白いが、
軽度の場合は、変化しない。
普通か、やや赤みがかっている
口中 唾液が多く、全身・足がむくむ 口の中、唇が乾き、水分をとりたがる
排尿 量、回数ともに多くなり 尿量は少なめ
尿色 無色~薄黄色 濃くなる傾向がある
大便 軟らかいことが多い 便秘になりやすい
参考 老人の失禁
膀胱括約筋の収縮力が低下
小児の身長の伸びが悪く、夜尿症傾向が強い。
漢方薬 海馬補腎丸
至宝三鞭丸
牛車腎気丸
八味地黄丸
知柏地黄丸
杞菊地黄丸
六味丸
(加減方)
  • 六味丸+枸杞子・菊花=杞菊地黄丸
  • 六味丸+柴胡・磁石=耳鳴丸
  • 六味丸+知母・黄柏=知柏地黄丸
  • 六味丸+麦門冬・五味子=麦味地黄丸=八仙丸
  • 六味丸+桂枝・附子八味地黄丸
  • 六味丸+桂枝・附子+車前子・牛膝=牛車腎気丸




チェック
関連情報
」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬