ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



黄蓍建中湯



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



オウギケンチュウトウ
(オウギケンチュウトウ)

黄蓍建中湯
虚弱・盗汗・皮膚症状(著)・小児夜尿症・小児夜驚症・慢性大腸炎・過敏性腸症候群


黄蓍建中湯
(応用)

①アレルギー性鼻炎

②息切れ

③栄養不良性貧血

④黄汗

⑤カリエス

⑥顔色が悪い

⑦気管支喘息

⑧頸部リンパ腺炎

⑨自汗

⑩四肢冷感

⑪食欲減退(食欲不振)

⑫痔瘻(じろう)

⑬心悸亢進(しんきこうしん)

⑭心臓弁膜症

⑮多汗

⑯脱力感

⑰疲れやすい

⑱できもの

⑲盗汗(とうかん)

⑳肺気腫(肺脹)

㉑肺結核(肺痿)

㉒疲労倦怠

㉓貧血

㉔腹痛


(目標)
  • 疲れやすく汗が出やすい人の、以下の症状・疾患に用います
    • 「病後の衰弱」
      「寝汗」
      「息切れ」
      「食欲不振」
      「ビランする皮膚疾患」など疲労倦怠感が著しく、盗汗ある者

  • 体力の低下した方で、疲労感があり、盗汗、皮膚の異常(発疹・びらん)がある時に用いる。
    1. 腹痛、食欲不振、息切れを伴う場合
    2. 発疹・びらんなどの皮膚症状を伴う場合
    3. 創傷治癒の遷延化や慢性化膿巣のある場合
    4. 腹部は腹壁が薄く、腹直筋が緊張している場合。

  • 創傷の治りが遅いとき、慢性化の時に

  • 小児に用いることが多い



副作用
  • 偽アルドステロン症
  • ミオパシー


(注意)
  • 薬剤過敏症(発疹・発赤・かゆみ)
  • 腹痛・食欲不振・息切れが見られることがある。





(原典)
  • 「於小建中湯内、加黄蓍1両半、餘依上法。」
    氣短胸満者加生姜。腹満者去棗加茯苓一両半。及療虚損不足、補氣、加半夏三両。」
    ◎虚労裏急、諸不足、黄蓍建中湯主之。
    《金匱要略》

(参考)
  • =小建中湯黄蓍
  • 小建中湯の証にして、盗汗、自汗ある者を治す《吉益東洞》
  • 諸病、裏急し、自汗、盗汗し、面体に色少なく、身重く、皮膚、骨肉、或いは腰背拘急する者は、黄蓍建中湯之を主どる。《医聖方格》
  • 此方は小建中湯の中気不足、腹裏拘急を主として、諸虚不足を帯びる故、黄蓍を加えるなり。仲景の黄蓍は、表托、止汗、去水の用とす。此方も外体の不足を目的とする者と知るべし。《勿誤薬室方函口訣》



黄蓍建中湯 (金匱要略)
芍薬6.0 桂枝3.0 生姜3.0
大棗3.0 甘草3.0 黄蓍1.5
膠飴20.0


黄蓍建中湯
方剤分類 去寒剤
八綱弁証 裏熱虚
六淫
四傷
六経弁証 太陰病
衛気営血弁証 営分
三焦 中焦
方剤帰経 脾経
臓腑弁証 ・脾胃虚寒
効能 ・緩急止痛
・温中補虚
・補気固表
適応 虚弱
小建中湯より虚の者
盗汗
皮膚症状



(鑑別)
  • 黄蓍建中湯
    • 虚労、四肢冷感、食欲不振、自汗盗汗、不定期熱、貧血、腹痛、腰背部拘急、脈細弱(太陰病)
  • 桂枝加芍薬湯
    • 疲労感は少ない。皮膚の異常も少ない、目標は似ているが、皮膚の低栄養と易疲労は著しくない。(太陰病)
  • 小建中湯
    • 虚労、四肢倦怠、、脈浮弦、易疲労、小児夜尿症、腹直筋の緊張、腹痛、(太陰病)
  • 十全大補湯
    • 体力低下、易疲労、倦怠、貧血、皮膚の荒れ、術後、(厥陰病)
  • 当帰建中湯
    • 側腹部に疼痛、目標は似ているが、側腹部痛が明らか。(少陰病)



関連情報 漢方薬の選び方
東洋医学
漢方薬」「」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査