ただれ

ドクトルアウン ブログ  東洋医学  よく使う漢方薬 漢方の臨床  なおるかも





 ただれ
sore
子供などで口の端がただれたり、切れたりして口を大きく開けられなくなることがあります。

これはカンジダというイースト菌の一種によって起こるものです。

<1>カンジダは弱毒菌なので、ただれが全身に広がることはありませんが、手の中指と薬指の付け根や、わきの下、女性の乳の下などがただれやすい場所です。この菌は、正常な人でも口や腸の中に生息していることがありますが、発熱や下痢をしたりして体力を消耗したときに急に勢いを得てただれを起こします。


<2>普通は、元の病気が治るにつれて自然に収まるものですが、カンジダはビタミンB2が欠乏するとはびこるので、慢性の場合にはビタミンB2を補給すると良いでしょう。


<3>大人になっても治らない場合には、糖尿病の疑いがあります。

(家庭の民間薬・漢方薬P52)



口唇炎 エンブレル
タミフル
バクシダール
レベトール
口唇の腫れ アクチバシン
グルトバ
ディオバン
ニューロタン
ブロプレス
ミカルディス
リュウマトレックス
口唇のただれ 中毒性表皮壊死症
民間療法 ○オグルマ・カタクリ粉・カタツムリ・ガマ・カラスウリ・キカラスウリ・キク・キハダ・ゲンノショウコ・ゴボウ・スイカズラ・ナスビ・ハチク・ビワ・モモ

  カンジダ

糖尿病

スティーブンス・ジョーンズ症候群

口唇乾燥









    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved