疲れやすい
自律神経失調症
貧血
冷え症
乳汁不足
手術後の不定愁訴
更年期障害
食欲不振
肝機能障害
血流が悪い
顔色が悪い
皮膚がカサカサ







胎盤と胎児プラセンタ
胎盤のことで、卵子が子宮内壁に着床すると、その表面から無数の絨毛が伸びて子宮内壁と一体になりプラセンタを形成します。そして胎児の生育を支えます。人間を除くすべての哺乳動物(肉食動物ばかりか草食動物も)は出産後、胎盤を食べてしまいます。これは出産で低下した体力を早く回復させ、外敵に備える。また乳汁分泌がよくなると本能的に知っているのだと思われます

紫河車
胎盤のことを、中国の《本草綱目》には“紫河車”の名で掲載されていて、そこには「安心・養血・益気・補精・解毒・補血の効能がある」と、あります





◎医療用医薬品としてのプラセンタ・・・・・・注射剤として、次の効能・効果が認められています。
1.慢性肝疾患における肝機能の改善
2.更年期障害
3.乳汁分泌不全
4.胃潰瘍
5.十二指腸潰瘍





自然治癒力の向上
疲労回復作用
自律神経調整作用
増血および血行促進作用
解毒作用(肝臓強化作用)
乳汁分泌促進作用
創傷の回復促進作用
血行促進作用
抗炎症作用
ホルモン分泌調節作用
免疫賦活作用
活性酸素除去作用
抗アレルギー作用



効用 ◎5つの効用(大沼晶誉・医学博士)
1.美容・老化予防
2.免疫力の増進
3.炎症の抑制
4.抗アレルギー作用
5.活性酸素の除去

諸外国での利用(医薬品として)
「ドイツ・スペイン・フランス・イタリアなどで以下の疾患などに適応されています。(「胎盤医療研究会 第8号」より)
○神経性疾患、
○眼疾患・・・近視
○皮膚疾患・・・・やけど、慢性皮膚疾患、にきび
○心疾患、循環器疾患、末梢血管疾患
○肛門直腸疾患、胃・十二指腸疾患、
○強壮剤
○神経筋疾患、リウマチ及び関節疾患
○歯科・・・急性歯肉炎、辺縁性歯周病

臨床
効果
胎盤漿療法冷蔵した胎盤からエキスを抽出し、注射薬として使用)の先駆者である稗田憲太郎博士(久留米大学・薬理学研究室)らの研究で以下の効果が確認されています。
  • 臨床 例数 著効 やや有効 不変
    胃潰瘍 36 22
    胃下垂 25 19
    胃ガン
    消化不良 46 28 11
    気管支喘息 197 75 71 51
    ジンマシン 21 16
    片頭痛
    肝炎 10
    高血圧症 32 22
    手術後腹膜癒着 38 31
    前立腺肥大
    更年期障害 80 57 17
    神経痛 90 56 22 12
    精力減退 15 14
    肩こり 16 15
    疲労 32 24
    虚弱体質
    白内障
    難聴
    耳鳴り
    低血圧症
    月経困難症 30 21
    常習性便秘症 25 19
    貧血





プラセンタの薬理作用
  1. 活性酸素消去・SOD様活性作用
    • 1996年3月、金沢市で開かれた日本薬学会で、星薬科大学の衛生化学教室・渡邊聡薬学博士らによる“ヒト胎盤エキスの抗酸化作用”の研究成果が発表された。乾達医師らの研究グループが開発した方法によって得られた、プラセンタエキスの活性酸素やフリーラジカルを消去する働きについての基礎研究であった。渡邊博士は急性アルコール肝障害の発生に関する研究で、すでに、“フリーラジカルと活性酸素”が増加して過酸化脂質をつくることで肝障害が起こるという事実を突き止めていた。フリーラジカルと活性酸素は体の細胞を酸化させることで細胞を劣化し傷つけ、あらゆる病気の発生と老化の進行に強く関与していることが、近年多くの研究者によって明らかにされている。
      「ヒト胎盤エキスは、そのフリーラジカルなどの働きを抑制して肝臓を守ることが、95年6月から始めた動物実験で確認できました
  2. 細胞および組織の賦活作用
  3. 自律神経調節作用
  4. 抗不安作用
  5. 抗疲労作用
  6. 造血作用
  7. 強肝・解毒作用
  8. 免疫賦活作用
  9. 抗アレルギー作用
  10. 抗ヒスタミン作用
  11. 鎮痛作用
  12. 末梢血行促進作用
  13. 呼吸促進作用
  14. 細胞分裂増進作用
  15. 抗炎症作用
  16. 肉芽形成・組織修復作用
  17. メラニン合成阻害作用



プラセンタの臨床

[アルコール性肝炎][ウイルス性肝炎][肝硬変]
[気管支炎][口内炎]
[高尿酸血症]
[胃炎][胃潰瘍][胃弱]
[十二指腸潰瘍][食欲不振]
[頭痛]
[喘息]
[パーキンソン病]
[疲労][痩せすぎ(羸痩)]



[肩こり]
[関節痛][関節リウマチ][筋肉痛][五十肩]
[神経痛][ひざ痛] [腰痛]
[むち打ち]

[外傷]
[下肢静脈瘤]
[手術後の創傷治療]


[更年期障害]
[生理痛][生理不順]
[乳汁分泌不全][冷え症][不感症][無月経]


[アトピー性皮膚炎]
[円形脱毛症]
[乾燥肌][シミ][肌荒れ][皮膚潰瘍]
神経科 [うつ病][拒食症]
[自律神経失調症]
[テンカン][パニック症候群]
[不安定神経症][不眠症]

尿

[性欲低下]
[前立腺肥大]
[夜尿症]

[アレルギー性結膜炎]
[眼精疲労]
[視力低下]


[アレルギー性鼻炎]
[嗅覚低下]
[難聴][耳なり][めまい][メニエール病]




[歯槽膿漏][歯周囲炎]
[舌炎][味覚低下]


[インターフェロン・抗ガン剤・放射線照射後の副作用軽減]
[現代医学では治しづらい疾患]



胎盤形成の遺伝子
  • 2005年12/12、東京医科歯科大学、東海大、理化学研究所、三菱化学生命科学研究所の研究チームは、ヒト・イヌ・マウスなどほ乳類でだけ確認されている遺伝子『Peg10』に着目。この遺伝子が無いマウスを作って受精後の胎児の発育を調べたところ、妊娠10日目に胎盤の形成が異常になり、生育しなかった。
    Peg10は、エイズウイルスや白血病ウイルスなどのような、細胞内のゲノムに入り込む「レトロウイルス」の遺伝子が変質してできあがった遺伝子と考えられている。
    ほ乳類のゲノムの1/3以上は不要なゴミ情報と見られていた

プラセンタの栄養成分
胎盤エキス
休んでも取れない頑固な疲労を改善します。
不眠・イライラ、なかなか寝付けない方に。
貧血や冷え症の人に効果があります
肝機能を改善しGOT・GPTを下げます
乳腺の発育を促し、乳汁分泌を促進します
産後や手術後の創傷の回復を早めます
食が細い方に
お酒に弱くなった、二日酔いしやすい
更年期障害などの不定愁訴でお悩みの女性に



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬