あがりやすい
不安
ストレス
「ドキドキ



5つの状況分類
  1. “半知り”の人が苦手。
    • 親・兄弟の前では普通に振る舞えるが、後輩・先輩・仕事先の人の前では不安になる。

  2. 同年輩の人が苦手。
    • 年が離れていたり、地位がかなり違っていたりすれば平気だが、同じ年ぐらいの人は苦手。

  3. 少人数のグループの中にいるのが苦手。
    • 数人から10人くらいの人たちと同席するのを好まない。
    • 会議や打ち合わせで、上役や同僚を前にして話しをしなければいけないとき、赤面したり、しどろもどろになりやすい。

  4. 2人まではかまわないが、3人になると苦手。
    • 相手が異性でも、1対1なら平気なのに、3人になると同性同士シでもつらい。

  5. 特別な目的のない雑談が苦手。

  
(名古屋大学医学部・笠原嘉教授の分類)





家庭の機能不全を反映
  • 高圧的な男性の前では緊張が強まり、落ち着かなくなる。
    そのような時には相手と目を合わすことさえ出来ない。相手に自分の腹の内を見透かされてしまう不安が生じるからである。そのため、仕事の上で不都合なことが重なり、とうとう自宅待機を命じられた。

    A氏は一人っ子。両親は不仲でり離婚話が絶えなかった。とりわけ父親は会社人間で家庭をかえりみず、酒を飲んでは家族に当たっていた。穏やかな人柄だった母親は5年前に亡くなり、父親も半年前に亡くなった。A氏の対人恐怖症は、母親の死をきっかけに発症し、父親の死により悪化したと考えられる。
    かって我が国における対人恐怖症は、人前で顔が真っ赤になって相手に変に思われるのではないかと不安になる赤面恐怖症と呼ばれるタイプが主であった。赤面恐怖症は、これまでの日本人の人間関係において、甘えや恥に重きが置かれていたことと深い関係がある。しかし、高度成長期以降の我が国の社会構造の変化に伴い、対人恐怖症の内容もずいぶん変化してきた。とりわけ、家庭が機能不全に陥りやすい昨今では、家庭の持つ保護機能が十分に発揮されず、家庭のメンバーのそれぞれが孤独な個として放り出されているような状態が生じている。
    そのため家庭というイメージ(家族アイデンティティー)を抱くことが困難になりつつある。と言っても過言ではなかろう。
    そのような状況下においては、赤面恐怖症に見られるような恥の感覚よりもさらに深刻な、自分が人に見透かされる不安、自分というものが失われてしまう不安などの被害的な不安が生じやすい。
    精神療法の中で、母親への愛着(心の深層では母親への愛着は母親への憎しみと表裏一体である)と父親への憎しみ、そしてA氏が父親を憎むことによって家庭を崩壊させてしまうのではないか?というという強い不安と罪悪感が、彼の中心的な心の葛藤であることが洞察されていった。
    さらに、父親に似て高圧的な男性に対して、同じ様な心の葛藤が起こりやすいことにA氏は気付いていた



【宝石療法】 <1>[エメラルド]
<2>[クリスタル]
柴胡加竜骨牡蛎湯
天王補心丸
柏子養心丸



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬