ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



体力がない



HOME TOP ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告




体力ない時の漢方薬
@清暑益気湯


A大防風湯


B腸癰湯


C当帰建中湯


D当帰芍薬散加工ブシ末


E人参湯


F人参養栄湯


G補中益気湯


H六君子湯







<1>縞メノウ・・・体力を引き寄せる。

<2>カーネリアン
  • エネルギー・レベルを増加する。

<3>インドめのう
  • 体力を与える



ローヤルゼリー紅参








子供の運動能力
今の子供の「走る」「投げる」といった基礎運動能力を、親の世代(30年前)と比べたところ、ほとんどの種目で低下していることが10/5、文部科学省の「体力・運動能力調査」で分かった。
身長・体重など体格は向上する反面、日頃の運動で鍛えられる持久力などの低下が目立っている。

同省は「少子化で学校のクラブ活動が成立しにくくなっている側面もあり、地域のスポーツクラブ振興などに努めたい」としている。

調査は昨年5月〜10月にかけて実施。
6歳〜79歳の約72000人の体力データを収集、分析した。

12歳〜19歳の男女について「50m走」「持久走」「ハンドボール投げ」の3種目を、親の世代にあたる1970年度の平均値と比較。男子50m走の13歳〜17歳を除き、すべての年齢、種目で親の世代の記録を下回った。

男女とも落ち込みが目立つのは持久走(男子1500m、女子1000m)。昨年度の12歳男子のタイムは7分07秒(427秒、単純平均)で、親の世代(389秒)より38秒も遅くなった。女子も各世代で6〜22秒劣っていた。

女子ではボール投げの能力低下が著しく、12歳女子で2.6m低下した。50m走も、親の世代は12歳〜18歳まで8秒台だったが、子世代では8秒台は13、14歳だけ。18歳では親世代より0.34秒遅い9.24秒だった。


全身持久力
身体活動の程度を測る基準の1つ。
2013年に厚生労働省が公表。「健康づくりのための身体活動基準」





関連情報 疲れやすい
疲労倦怠
「倦怠感

キレる
栄養補助食品








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査