情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





胆道閉塞症






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






アラジール症候群
胆管ガン
胆道ジスキネジー
GOT値が高い



胆道閉塞症
  • 胆道閉塞症という病気は、肝臓で作られる胆汁を腸管のなかに誘導する胆管が詰まっている状態で、そのまま放置すると肝臓が硬くなる肝硬変の状態となり、生命の維持が難しくなる。従って生後早期に胆汁を腸管に誘導する肝門部超吻合術という手術を受けなければならない。
      A君はここまでは適切な治療を受けており、手術後の経過もほぼ順調のように思われる。しかし、手術によって黄疸がなくなったとは言っても、今後順調に暮らしていけるとは限らない。
     すなわち、高熱をきたして発症する胆管炎の併発、肝臓の変化に伴って起こる門脈圧亢進症(消化管の静脈の鬱血による食道静脈瘤からの出血)、脾機能亢進症(脾臓の腫れによる貧血、血小板減少)など様々な症状が起こる可能性がある。また肝硬変がゆっくりと進行していく場合にはかなりの年長になってから肝移植が必要となることもある。ほとんど症状が無くても肝機能検査値が変動することは少なくない

胆管作成技術を開発
  • 2010年、東京大学と三菱ケミカルホールディングス傘下の三菱化学メディエンスは、ばらばらの肝臓細胞から胆管を作製する技術を開発した。
    1. 胆管は肝臓の細胞でつくられる胆汁を、十二指腸まで流す管。薬を飲むと肝臓で代謝して無毒化されたり逆に薬効が高まったりするため、新薬の安全性を評価するためには胆管での作用を調べるのが必須になっている。
    2. 現在はマウスなどに投与して安全性を調べる動物実験が必要だが、コストや倫理面などの問題から代替技術が求められている。
    新技術は溝を掘ったコラーゲンのゲルを使う。溝の太さは直径20〜40マイクロbで、突起がある高分子製のシリコーンゴムを上から押しつけて溝を作る。溝の両端にラットの肝臓細胞を並べ、栄養分などを含んだ培養液を与えたところ、溝の真ん中に胆管と見られる細胞の塊ができた。
    胆管はほぼ一直線上で、長さは2mm程度。肝臓細胞が出す胆汁が胆管を通るかどうかを調べるため、培養液に蛍光物質を入れたところ、肝臓細胞に取り込まれた後、胆管から蛍光物質を含む胆汁が流れ出た。








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査