情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





足少陽胆経
(GB)





針灸のツボ/ すべてのツボ/

ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)











<11>Gallbladder Meridian(胆) (44穴)

足の少陽胆経は、
  • 目の外側に起こり、こめかみ、頚部をめぐり、鎖骨上窩から1つの分枝は体内に入り、横隔膜を通って肝、胆に属し、さらに下行し、股関節で合流する。
    もう1つは鎖骨上窩から脇の下、脇腹を通り股関節に行き、下肢の外側を通って足の第4趾外側に達する。
    足背からの小さい分枝は第1趾で肝経と交わる。

    関連する疾患
    「脇の痛み」
    「偏頭痛」
    「リンパの腫れ」
    「股・ヒザの運動障害」

足の少陽胆経は、
  • 三焦経の分かれを受けて、目じりから起こって、側頭部をめぐって1つは分かれて耳に入って前へ出るが、1つは頸から肩に下り、鎖骨上窩に入り、ここで合して胸に入って横隔膜を貫いて肝をまとい、胆に帰属し、別に肩から側胸部、季肋部をめぐって下ってきたものと股関節あたりで一緒になって、足の外側中央を下って足の第4指の末端(小指より)に終わる。

胆足の少陽の脈は
  • 目の鋭眥に起こり、上り頭角(とうかく)に抵(いた)り、耳後に下り頸を循り、手の少陽(三焦経)の前に行き、肩上(けんじょう)に至り、却き手の少陽の後で交わり出て、缺盆に入る。
     その支脈は耳後より耳の中に入り出て耳前を走り目の鋭眥の後に至る。
     その支脈は鋭眥(えいし)から別れて大迎を下り、手の少陽(三焦)で合し、目の下に抵(いた)り.、下り頬車(きょうしゃ: 胃経の穴で下顎角前上方)に加わり、頸を下り缺盆で合した後、胸中(きょうちゅう)に下り横隔膜を貫き、肝に連絡し胆に属し、脇裏(きょうり)を循り気街(きがい)に出て陰毛の際を繞(めぐ)り、横に髀樞(環跳穴:かんちょう)の中に入る。 その直行する脈は缺盆より腋(えき)に下り胸(きょう)を循り、季脇(ききょう:奇経の帯脈の起こるところで章門穴)を過ぎり、下り髀樞の中で合し、更に下り大腿の外側を循り膝の外廉に出て髀骨(ひこつ)の前を下り、直ちに下り絶骨(ぜっこつ:外踝の上3寸)の端に抵(いた)り下り、外踝(がいか)の前に出て上(上:足の甲)を循り
    小指と次指の間に入る
     その支脈は上に別れ、大指の間に入り大指と次指の岐骨の内を循り、その端に出て、還(かえり)て爪甲(そうこう:つめ(を貫き三毛(さんもう:足の第1指の爪の後ろの毛)に出て足の厥陰肝経と接する。







経穴名 適応する症状・病名/参考
瞳子


GB-1
(ドウシリョウ)
角膜白濁、角膜炎、視神経萎縮

頭痛・目赤・視力減退・口眼斜・眼球の痛み。
清熱散風・活絡明目の作用がある。

「瞳子」=瞳孔を指す。
「」=骨に挟まれた陥没(凹部)のこと、
眼の外眼角の外方で眼窩外側縁の陥凹部にあるところから、瞳子と呼ばれる
目の外眥5分にあり。
足の少陽胆経・手の太陽小腸経・手の少陽三焦経の交会穴。
横刺0.3~0.5寸
聴会

GB-2
(チョウエ)
耳聾、耳鳴、中耳炎、歯痛(牙痛)、顔面神経マヒ、下顎関節炎
流行性耳下腺炎・口眼斜。
清熱散風・通関開竅の作用がある。

「会」=集まるの意味。
聴覚を司る耳の前にあり、音が集まって聴覚が戻るので、この名がある。
耳前陥中、上関(客主人)の下1寸動脉宛々たる中にあり。口を張りて之を得る(口を開くと凹み、口を閉じると骨が蔽うところ)

直刺0.5~1寸
上関

GB-3
(ジョウカン)
=「客主人」
一切の眼病、三叉神経痛、顔面神経麻痺、耳鳴。

口眼斜・歯痛。
清熱散風の作用がある。
三叉神経痛の常用穴。
上関は、下関ST-7の上にあり、頬骨弓を挟んで上下に相対しているので、この名がある。
足の少陽胆経・手の少陽三焦経・足の陽明胃経の交会穴。
直刺0.3~0.6寸
頷厭

GB-4
(ガンエン)
片頭痛、目眩、耳鳴、鼻炎、顔面神経マヒ
疏風止痛の作用がある。
「頷」=頭を下げてうなづくの意味。
「厭」=煩わしい・やっかいという意味。
うなづくことが出来ないを主治することから、この名がある。
足の少陽胆経・手の少陽三焦経・足の陽明胃経の交会穴。
横刺0.3~0.5寸
懸顱

GB-5
ケンロ
片頭痛、神経衰弱、歯痛(牙痛)

顔面部の浮腫・目眩。
散風止痛の作用がある。
「懸」=悪いことを断ち切る(根絶させる)の意味から転じて開放する、緩解する意味。
「顱」=頭部の意味。
足の少陽胆経・手の少陽三焦経・足の陽明胃経の交会穴。
横刺0.5~0.8寸
懸釐

GB-6
ケンリ
片頭痛、神経衰弱、顔面浮腫、歯痛(牙痛)
・顔面の浮腫。
清熱散風の作用。
「懸」=悪いことを断ち切る(根絶させる)の意味から転じて開放する、緩解する意味。
「釐」=長さの単位
横刺0.5~0.8寸
曲鬢

GB-7
キョクビン
おとがい腫痛、頭痛、項強

通関開竅・清熱散風の作用がある。
[曲]は、彎曲している様子。
[鬢]は、側頭部の髪の毛のこと。
経脈がこの場所から次の[率谷]まで彎曲しているので、この名がある。
足の少陽胆経・足の太陽膀胱経の交会穴。
横刺0.5~1寸
率谷

GB-8
ソッコク
片頭痛
・眩暈・嘔吐・小児強風。
清熱散風の作用がある。
偏頭痛の常用穴

[率]は、めぐるの意味。
[谷]は、間隙・陥没の意味。
側頭部の縫合線上にあって、足の少陽胆経の経気は、縫合部に沿ってめぐっていることから、この名がある。
足の少陽胆経・足の太陽膀胱経の交会穴。
角孫TH-20の上1寸5分にとる。
横刺0.5~0.8寸
天衝

GB-9
テンショウ
頭痛、歯根腫痛、テンカン

清熱散風の作用がある。
[天]は、頭頂部の百会を指す。
[衝]は、通じる道を意味する。
足の少陽胆経と足の太陽膀胱経の交会穴。
横刺0.5~0.8寸
浮白

GB-10
フハク
耳鳴、耳聾、歯痛(牙痛)、扁桃炎。
清熱散風・去痰平喘の作用がある。

「浮」=浅い表を指す。
「白」=五臓から肺に属す。
横刺0.5~0.8寸
頭竅陰

GB-11
アタマキョウイン
目痛、頭頂痛
。耳聾・舌のこわばり・欬逆。
通絡清熱の作用がある。
「竅」=孔(あな)を指す。
五臓はすべて頭部に開竅している。
「肝は目に開竅し、腎は耳に開竅し、心は舌に開竅し、肺は鼻に開竅する」《黄帝内径》
五臓は陰に属する。
足の少陽胆経・手の少陽三焦経の交会穴。
(取穴)
天衝GB-9と完骨GB-12を結ぶ曲線を3等分し、上の1/3にとる

横刺0.5~0.8寸
完骨

GB-12
カンコツ
耳鳴、歯痛(牙痛)、顔面神経マヒ。
口眼斜・頭痛・失眠
疏風活絡・清熱明目の作用がある。

顔面神経麻痺の常用穴

[完骨]は、耳の後ろにある乳様突起を完骨という。側頭骨の乳様突起を古代では完骨と呼んだ。
足の少陽胆経・足の太陽膀胱経の交会穴。

(取穴)
乳様突起中央の後方陥凹部に取る。

斜刺0.5~0.8寸
本神

GB-13
ホンシン

テンカン、項強

驚・頭痛・失眠・目眩・精神疾患。


清熱散風の作用がある。
鎮静/安神作用がある。


足の少陽胆経・陽維脈の交会穴。
横刺0.5~0.8寸
陽白

GB-14
ヨウハク
前額頭痛、眼病、顔面神経マヒ・眼瞼麻痺・眼瞼下垂・眼痛。

「白」=明るい光を指す。
物がハッキリ見えない、暗闇で見にくい、眼球の痛み、遠視、弱視など眼疾患に使えば、陽光が指すようにハッキリ見えることから、この名がある。
足の少陽胆経・足の太陽膀胱経・陽維脈の交会穴。
横刺0.3~05寸
頭臨泣

GB-15
アタマリンキュウ
鼻閉、眼病、中風驚癇
・頭痛・目眩
清熱散風の作用がある
「泣」=声を上げずに泣くこと。
上液の道を臨み涕(はなじる)と涙(なみだ)がともに下るところから、この名がついた。
足の少陽胆経・足の太陽膀胱経・陽維脈の交会穴。
横刺0.3~05寸
目窓

GB-16
モクソウ
眼病、顔面浮腫
・頭痛・眩暈・目赤。
通絡明目の作用がある。
[目]は、眼のこと。
[窓]は、日光が差し込む所を指す。
足の少陽胆経の経気がこの[目窓]に集まり目に注ぎ込む。
足の少陽胆経・陽維脈の交会穴。
横刺0.3~05寸
正営

GB-17
ショウエイ
頭痛、目眩、歯痛(牙痛)

清熱散風の作用がある。
「正」=正確の意味。
「営」=営気の意味。
脳が正確に営気を輸送しているので、この名がある。
正営は、頭部三行五穴の1つ。
足の少陽胆経・陽維脈の交会穴。
横刺0.3~05寸
承霊

GB-18
(ショウレイ)
頭痛、鼻閉、鼻衂
・眩暈。
清熱散風の作用がある。
「承」=受けとる意味。
「霊」=神のこと。
足の少陽胆経の経気は、[目窓][正営]からめぐり[通天][百会]と通じている。これらの経穴は神の思惟活動に関係しているので、この名がある。
足の少陽胆経・陽維脈の交会穴。
(取穴)
正営の後1寸5分にとる

横刺0.3~05寸
脳空

GB-19
(ノウクウ)
頭痛、項強、鼻衂、せき(哮喘)
・耳鳴り・癇症
清熱散風の作用がある
「空」=穴(すき間)を指す。
「脳空」=脳戸の際にあり、玉枕骨の陥凹部に挟まれているので、この名がある。
足の少陽胆経と陽維脈の交会穴。
横刺0.3~05寸
風池

GB-20
(フウチ)
感冒時の頭痛、片頭痛、脳充血、鼻疾患、視力障害、脳溢血の予防。
迷走神経及び副神経に刺激を伝えるのに不可欠。

眼病、鼻炎、中風、耳聾、耳鳴

疏風解熱・清頭開竅・明目益聡の作用がある。
頭痛、眩暈、頭頸部のこわばり、鼻淵、鼻塞、耳鳴り、中風、眼科疾患。
体表防御作用がある
延髄の誤刺に注意

「池」=浅い溝のこと。経気が皮表部を通り過ぎる所。
風池は、風邪が脳に入る要衝であり、風邪が好んで集まるところ。
脚の少陽胆経・手の少陽三焦経、陽維脈の交会穴。
鼻先に向い直刺0.5~1寸
肩井

GB-21
(ケンセイ)
頭痛、めまい、脳充血、肩背痛、上腕神経痛、ルイレキ、のぼせ、脚気、
肋膜炎。
「深く鍼すれば、脳貧血を起こしやすい」
甲状腺機能亢進
機能性子宮出血

肩こりの常用穴
◇中風7穴の1つ

気胸に注意
通経活絡、豁痰開竅の作用。
「肩」=肩胛骨
「井」=経気が深い陥凹部に集まることを意味する。
肩井は肩の上の陥凹部にあり、欠盆の裏、肩胛骨の前にあるので、この名がある。
足の少陽胆経・手の少陽三焦経・足の陽明胃経・陽維脈の交会穴。
直刺0.5~0.8寸
淵腋

GB-22
(エンエキ)
胸膜炎、肋間神経痛、脇のリンパ腺炎

胸滿、気喘、腋の下の腫れ、胸脇部の痛み、

気胸に注意
理気和血・平喘降逆の作用がある。
「淵」=深い溝
淵腋は腋窩に深く蔵され、足の少陽胆経の経気が出るところで、気化して汗液になるところからこの名がある。
斜刺0.3~0.5寸
輒筋

GB-23
(チョウキン)
嘔吐、呑酸、流涎、せき(哮喘)。
寬胸理気の作用がある。

気胸に注意
「輒」=わだち(轍)のこと。肋間にありわだちの形に似ているところから。
「輒」=馬車などの両側の板<手すり>を指す。側胸部の肋骨弓をそれに例えた。

足の少陽胆経・足の太陽膀胱経の交会穴。
斜刺0.3~0.5寸
日月

GB-24
(ジツゲツ)
胃痛、肝炎、胆嚢炎、シャックリ

胸脇部の痛み、黄疸、乳房の痛み
疏調肝胆・和中降逆の作用がある。

足の少陽胆経・足の太陰脾経の交会穴。
胆経の募穴。胆は中正の官、決断の出る所。
決断は、その明を求めること。明の字は日と月よりできている。
(取穴)
期門の直下5分。
乳中の直下、第7肋間にとる。

斜刺0.3~0.5寸
京門

GB-25
(ケイモン)
腎臓疾患、肺結核、肋膜炎、胆石症、坐骨神経痛、腰痛、後頭部痛、神経衰弱、胃痙攣、慢性胃腸病、腹膜炎、膀胱疾患、生殖器疾患。

滋腎壮陽・通利下焦の作用がある。
腎臓を誤刺しないように注意。
「京」=みやこ(都)のこと。重要性からその名がついた。
腎経の募穴。水道の門戸。
(取穴)
淵腋(エンエキGB-23の直下、第12肋骨の前際にとる。
(沢田流)
腎兪(BL-23足太陽膀胱経)の左右に取る。普通の志室(BL-52足太陽膀胱経 )の処。
膀胱経の第3行中に取穴するが、やはり胆経である。

直刺0.3~0.5寸
帯脈

GB-26
(タイミャク
卵巣腫脹、腹膜炎、腰腹神経痛、腰部冷感。
子宮内膜炎、膀胱炎、月経不順

温補下焦・調経止帯の作用がある。
足の少陽胆経・帯脈の交会穴。
直刺0.5~1寸
五枢

GB-27
(ゴスウ)
下腹部痛、腰痛、子宮内膜炎、睾丸炎

温補下焦の作用がある。
赤白帯下、少腹痛、便秘、疝気
「五」=五方のたとえ。
「枢」=上と下をつなぐ枢要のこと。
腹部の胆経にある5つの経穴(京門GB-25・帯脈GB-26・五枢・維道GB-28・居GB-29)の真ん中ある。
五臓の気が集まる枢要なのでこの名がある。
足の少陽胆経・帯脈の交会穴。
(取穴)
帯脈の内下方、上前腸骨棘の前にとる

直刺0.5~1寸
維道

GB-28
(イドウ)
子宮内膜炎、下腹部痛、習慣性便秘

直刺0.5~1寸
居

GB-29
(キョリョウ)
腰腿痛、下腹部痛、睾丸炎、子宮内膜炎、膀胱炎

直刺0.5~1寸
環跳

GB-30
(カンチョウ)
半身不随の特効穴。
坐骨神経痛、股関節炎、腓側大腿皮神経痛、下肢の運動麻痺。

(取穴1)
 股関節横紋の外端、大転子の前上方陥凹部。
(取穴2)
 大転子と仙骨裂孔を結ぶ線を3等分し、その外1/3の陥凹部。
直刺2~3寸
風市

GB-31
(フウシ)
下肢関節痛。下肢マヒ、半身不随、座骨神経痛

アレルギー体質改善
◇中風7穴の1つ
◇脚気8穴の1つ

直刺1~2寸
中

GB-32
(チュウトク)
[環跳]の効果の他に、脚気、腰痛。

直刺1~1.5寸
足陽関

GB-33
(アシヨウカン)=膝陽関(ヒザヨウカン)
膝関節炎、リウマチ、腓側大腿皮神経痛、下腹部の冷え込みを治す名穴。
半身不随、座骨神経痛

(取穴)
○陽陵泉の上3寸、犢鼻の外陥中にあり。
○沢田流の陽関=中の下3寸。筋肉陥中にとる。
直刺0.5~1寸
陽陵泉

GB-34
(ヨウリョウセン)
下肢の神経痛。腰痛、膝関節痛、半身不随、側胸部の疼痛、子宮出血、帯下、腸出血、片頭痛
「筋肉の攣縮性疾患を緩和」

(沢田流)
止経に。

直刺1~1.5寸
陽交

GB-35
(ヨウコウ)
座骨神経痛、せき(哮喘)、小腿痛(外側)

直刺1~1.5寸
外丘

GB-36
(ガイキュウ)
こむらがえり、小腿痛(外側)、頸項強痛

胆経の穴
直刺1~1.5寸
光明

GB-37
(コウメイ)
近視、夜盲、視神経萎縮、片頭痛、小腿痛(外側)。乳腺炎、産後乳汁不足

胆経の絡穴
直刺1~1.5寸
陽輔

GB-38
(ヨウホ)
腰痛、膝関節炎、全身痛

直刺0.8~1寸
懸鐘

GB-39
(ケンショウ)=(絶骨)
中風、半身不随、脚気、脊髄病、小児麻痺、足背(足の甲)の神経痛、腹膜炎。

◇中風7穴の1つ
◇脚気8穴の1つ。

直刺0.8~1寸
丘墟

GB-40
(キュウキョ
足関節の捻挫、中風・麻痺。
側腹と側胸部の疼痛、胆嚢炎、鬱血肝、胆石、頭痛、腰痛
座骨神経痛、瘧疾。
(取穴)
外果の前下方の陥凹部にとる
大きな丘を「墟」という。外果をそれにたとえる。
直刺0.5~0.8寸
足臨泣

GB-41
(アシリンキュウ)
結膜炎、胸脇痛、乳腺炎、頸部リンパ腺結核

直刺0.3~0.5寸。
地五会

GB-42
(チゴエ)
耳鳴、脇痛、乳腺炎、月経不順

直刺0.3~0.5寸。
谿

GB-43
(キョウケイ)
めまい・浮腫・足背(足の甲)の痛みに特効あり。
神経性狭心症。

(取穴)
第4中足指節関節の前、外側陥凹部にとる。
直刺0.3~0.5寸。
足竅陰

GB-44
(アシキョウイン)
胸膜炎、せき(哮喘)、頭痛、咽喉炎

斜刺0.1寸







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬