ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



単球



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




単球 monocyte 【MOC】

粘着性・運動能・走化因子に対する反応は好中球に同じだが、炎症局所には好中球より遅く到着する。 



貪食・殺菌作用は好中球と同様。 


リゾチーム(ムラミダーゼ)を多量に含み細菌の細胞壁を溶解する。 


処理した物質の抗原情報をリンパ球に提供する 


単球は組織でマクロファージになると考えられている 


マクロファージは脂質代謝異常症で増加する。(ゴーシェ細胞、ニーマンピック細胞) 





単球の特徴
直径10~15µm 

全白血球総数の3~8% 

単球は微細顆粒状に淡く染色された大型の核をもち、核の彎入部の細胞質にはゴルジ装置といくつかのアズール顆粒が集まっている。 

骨髄で産生され、流血中を約1日半循環した後、組織内に定着して大食細胞に分化するといわれている。




単球の増加を示す疾患
  1. 結核などの慢性感染症
    1. 亜急性心内膜炎
    2. 麻疹
  2. 単球性白血病
  3. ホジキン病
  4. 感染症の回復期


単球の減少を示す疾患
  1. 悪性貧血




関連情報 白血球」「単球増加症サイトカイン






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査