毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう アルファベット順 50音順
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/

炭疽菌



HOME 広告 通販 病院ランキング 血液検査 副作用 漢方薬








炭疽菌は人だけでなく野生動物や牛や馬などの家畜に感染する病原菌。普段は土壌中や、感染した動物の排泄物の中に存在することが多い。人間に感染すると、インフルエンザに似た高熱や悪寒などの症状が出る。重症になると急性の呼吸不全などで死亡する。
炭疽病には感染経路などからいくつかの種類がある。
(1)菌を吸い込み肺に感染する→「肺炭疽」
(2)キズから菌が侵入して感染する→「皮膚炭疽」
(3)菌に汚染された食物を食べて感染する→「腸炭疽」
があり、潜伏期間は2日〜数週間。皮膚感染では感染部位が黒くなるので炭疽病と呼ばれる

感染初期にペニシリンなどの抗生物質を大量投与すれば治療は可能だが、放っておくと、肺炭疽の場合、ほぼ100%死に至る
珍しい病気なので「一般の医師では炭疽菌感染を診察するのは難しい」(国立感染症研究所の渡辺治雄最近部長)国内では1994年に東京都と宮城県で2人の感染者が出て以来報告はない炭疽菌は空気中など外界にいる時には丈夫な殻を持つ胞子(芽胞)状態で温度変化に強い。動物の体内に侵入すると菌として活動を始める。胞子の状態では保存が容易で散布すれば生物兵器として使える反面、人から人へはほとんど感染しないため「兵器としての効率が悪い」との指摘もある
スパラ ◎合成抗菌剤「スパラ」
「大日本製薬は発売中の合成抗菌剤スパラについて、炭疽菌感染症治療薬としての認を追加申請する。スパラは1993年に発売、肺炎球菌やグラム陽性・陰性菌、クラミジアなど多くの菌に対して強い効果を発揮するのが特徴。炭疽菌に対して効果があるとされるニューキノロン系抗菌剤の1つ
抗生物質 ◎有効な抗生物質
「ビクシリン」(明治製菓)
「結晶ペニシリンGカリウム」
(万有製薬)
「アクロマイシン」
「レダマイシン」
予防薬 米の炭疽病
米疾病対策センター(CDC)は炭疽病の発症予防に使う抗生物質を、副作用が少なく備蓄も豊富にある「ドキシサイクリン」に切り替えるよう医療機関などに通知した。
ワシントンやニューヨークなどで1万人を超える郵便職員らが「シプロ」の投与を受けてたが、今後は「ドキシサイクリン」を優先利用するよう勧めている。シプロはアレルギー症や免疫系の問題があった場合、強い副作用を起こしやすく飲み続けにくい。
男児死亡 香港の衛星当局は2003年6/10、2歳の男児が炭疽菌が原因で死亡したと発表。香港では過去20年間で4例目。死亡した男児は5/23に発熱。5/30に胃痛やセキなどの症状が悪化し、診療所を受診したが、昏睡状態に陥り、同日、移送された病院で死亡
検査 10分でOK
2009年、キリンビバレッジは通常の加熱殺菌で死滅しない『芽胞形成菌』の耐熱性を調べる簡便法を開発した。
従来は実際に菌を加熱して調べていたので1ヶ月以上必要だった。
芽胞形成菌は、温度や栄養など生存環境が悪化すると、、内部に芽胞という耐久器官を作る特殊な微生物。[ボツリヌス菌]や[炭疽菌]がその一種で、飲料では最も危険。
新技術は走査型プローブが物質の表面をなぞることで画像を得る島津製作所のナノサーチ顕微鏡を活用。プローブが芽胞に触れたときだけにどれだけ跳ね返るかを計測して調べる。
之までは、新しい芽胞形成菌を検出しても、それを培養した上で加熱する必要があった。








米疾病対策センター(CDC)や国立衛生研究所(NIH)、ジョンズ・ホプキンス大学などは、炭疽菌の感染力や治療法などに関する調査報告をまとめた。従来考えられていたよりも菌は感染しやすい可能性がある一方、早めに抗生物質を使えば致死率が高いとされていた肺炭疽病でも完治することが分かり、今後の診断、治療に役立てられるとしている。
炭疽病テロでこれまでに、肺炭疽病を発症したのは10人になる。うち4人が死亡し、6人は回復した。生存率は60%で、15%未満とされていた従来の比率を大きく上回った。
菌が入った手紙に触れなくても、郵便物の仕訳機などを介して感染したケースがあり、「胞子を8000個以上吸い込まないと発症しない」とする説は見直す必要があるという。CDCのバーバーディン博士は「数個の胞子では感染しないが、いくつ以上なら危ないのかは判断できない」として、胞子が数個でも念のため抗生物質を服用するよう勧めている。
肺炭疽病で死亡した4人中、2人は早い段階で医師の診断を受けたが食中毒やインフルエンザなどウイルス感染と見なされ入院しなかった。患者が嘔吐や胸部の痛みで改めて病院を訪れ、医師が初めて炭疽病を疑って抗生物質を投与したが、手遅れだった。病状の正確な診断には、胸部のCT画像でリンパ腺肥大などを確認するのが効果的だという


米国の炭疽菌事件で厚生労働労働省は10/15、郵便物を使った同様の事件への対処法を同省のインターネットのホームページに掲載した。米疾病対策センター(CDC)が米国在住者に行っている呼びかけの内容を翻訳したもの。厚生労働省




フロリダ州の新聞社で3人の炭疽菌の保菌者が見つかり1人が死亡した事件で、アシュクロフト米司法長官は11日、犯罪と断定、連邦捜査局(FBI)が本格捜査に着手したことを明らかにした。死亡した男性は菌を肺に吸い込み、他の2人は鼻から菌が見つかった。炭疽菌は自然界にも存在するが、室内で吸い込み体内に入るのは極めて不自然で、何者かが意図的に持ち込んだ疑いが強い







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査