ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



炭水化物



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



炭水化物    carbohydrate
主成分は糖質
    • 一般式が<Cx(H2O)y>で表される有機化合物の総称
    • ホルムアルデヒド(CH2O)や酢酸(C242)は組成が似ているが、でないため、炭水化物に含まれない


@炭水化物の主成分である糖質には重要な働きがある。


A糖質はブドウ糖まで分解され、エネルギー源になる。

B脳はブドウ糖で動いている。

C糖質は、血液中のタンパク質と一緒に働いたり、細胞がホルモンを受け取るのに必要。

D中枢神経DNA (デオキシリボ核酸)やRNA(リボ核酸)を作る成分でもある


現代の20代女性の摂取カロリーは終戦直後のレベルを下回っているという。
  • やせすぎは、栄養状態の悪化につながり、栄養状態が悪くなれば、免疫が低下し、ガン細胞が増えやすくなります。
  • 日本の成人に必要な総摂取エネルギーの50%〜60%ぐらいを炭水化物(糖質+食物繊維)で摂りましょう。
  • 30〜40代女性の場合
    • 1日・・・約1750`iが必要
    • 半分を糖質でとれば、糖質は約219cとなる
    • (糖質1c=4`i)
    • ご飯なら・・・2杯〜4杯



単糖
多糖類=単糖が多数縮合したもので、
  • デンプン、
  • グリコーゲン、
  • セルロースなどがある



キチン
  • も炭水化物であり、昆虫や甲殻類の外殻の構成成分

マンナンやイヌリンも炭水化物である






関連情報

糖質

多糖類

グルコース

コメ(米)

栄養療法






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査