立ちくらみの漢方薬
 
■黄連解毒湯


■柴胡加竜骨牡蛎湯


■三黄瀉心湯


真武湯


■大防風湯


■釣藤散


■当帰芍薬散


女神散


半夏厚朴湯


■半夏白朮天麻湯


■茯苓飲半夏厚朴湯


■補中益気湯


■苓桂朮甘湯





立ちくらみ

(原因)

●起立性低血圧
  • 立ち上がった瞬間、血圧が急に下がり、気を失って転倒する。
  • 高齢者や、思春期の若者にも多く、不登校の原因にもなる。

●Shy-Drager症候群



●常時疲労症候群


●大腸ガン


●低血圧
  • 高齢者は、ふだん高血圧でも、自律神経の調節がうまく働かなくなり心拍数を下げたり、血圧を下げることがある。


●糖尿病
  • 糖尿病やパーキンソン病などの神経障害がある方は、食後に低血糖になり、立ちくらみを覚えることが多い。

●卵巣ガン

●真性めまい

●メニエール

●眩暈
(げんうん)





(副作用で立ちくらみを起こす医薬品)

アデカット」「アルマール」「カルスロット」「コニール」「タナトリル」「デパス」「ニバジール」「バイロテンシン」「ヒポカ」「ペルジピン」「ミケラン」「レンドルミン」「ワイパックス


高血圧の患者が降圧剤を使った際に、一時的に低血圧になり失神することがある。






 食後の立ちくらみ 
  • 食後、食べたものを消化吸収するために、血液が胃や腸に集まる。
  • そのため、心臓に戻る血液量が減ってしまう。
  • さらに、胃や腸胃では消化に必要な消化管ホルモンなどが分泌される。
  • このホルモンは栄養を体内に吸収するために血管を広げる働きがあり、胃腸以外の血管が広がりやすくなる。
  • そのため、
  • 脳への血液が不足気味となり、ボーッとしたり、めまいを起こしたりする。


カフェインで予防
  • 食後30分〜1時間はゆっくり安静にし、濃い緑茶や抹茶のおうす、コーヒーなどを飲むと食後のふらつきを予防できる。
 





関連情報 めまい」「真性めまい
メニエール」「眩暈
立ちくらみ」「ふらつく
大腸ガン
起立性調節障害」「ストレス








    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved