ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



多糖類



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



多糖類polysaccharides
多糖類とは
  1. 単糖のグリコシド結合による重合体。
  2. 多糖体とは、単糖が数十〜数百と結合したものを総称してこう呼びます。 も多糖体です。
  3. ヒトの体内の


中性と酸性
  • 中性多糖
    • 中性糖のみ
  • 酸性多糖
    • ウロン酸(カルボキシル基をもつ単糖)やエステル硫酸を多く含むもの


多糖類のなかま
ホモ多糖類(ホモグリカン)
  • =単純多糖。単糖1種より構成されるもの
    1. デンプン
      • 構成する単糖はグルコース
    2. グリコゲン
      • ・(動物の貯蔵糖質)
      • 構成する単糖はグルコース
    3. セルロース
      • ・(植物線維を形成)
      • 構成する単糖はグルコース。
        β(1→4)結合、直鎖状の重合体
    4. イヌリン
      • (キク科・ユリ科の根に存在)
      • 構成する単糖はフルクトース
    5. マンナン
      • 構成する単糖の95%以上がD-マンノース

ヘテロ多糖類(ヘテログリカン)
  • =複合多糖。単糖2種以上から構成される
    1. グルコマンナン
      • (コンニャクなどの貯蔵物質)
      • グルコース・マンノース残基がβ(1→4)結合
    2. 寒天

ムコ多糖類
  • @ヘテロ多糖類の中で、動物の結合組織や体液中に存在する。
  • Aアミノ酸を含む
  • B生体内ではタンパク質と結合している
  • Cプロテオグリカン(ムコ多糖-タンパク質複合体)
    1. ヒアルロン酸
    2. コンドロイチン
    3. コンドロイチン硫酸A
    4. コンドロイチン硫酸C
    5. デルマタン硫酸
    6. ケラト硫酸
    7. ヘパリン





関連情報
ベータグルカン
ムコ多糖類
グリコーゲン
グルコース
糖質






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査