ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



手洗い



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



手洗い
  • 東京都中央区の聖路加国際病院(520床)は原則個室で洗面台があり、紙タオルと液体石鹸が常備されている。医師らは患者に触れる前後、必ず手を洗う。
    同病院には、全国でも珍しい院内感染対策の専門ナースである柴田清・感染管理婦長がいる。吉川恵一・内科医長(感染症)は約4年前まで米国ベス・イスラエル病院の感染症専門医だった。「院内感染は主に医療従事者を介して起こります。

  • 防ぐには確実な手洗いがベスト」と2人。

  • 感染予防の総本山、米疾病対策センター(CDC)のガイドラインや1991年に厚生省健康政策局指導課長が出した通達も「石鹸と流水による手洗い」を強調している。
    メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の横行で、国としても院内感染対策が急務になった。厚生省は関係学会の要望を受けて96年4月、病院に対策を求める代わり、入院患者1人1日5点(\50)の保険加算を実施したが、聖路加国際病院は97年夏、都から「国の基準違反」として加算金全額を返還させられた。
    対策の基準とは、「感染対策委員会の設置」などの他、「各病室の入り口にMRSAに効く速乾性消毒薬を設置する」この消毒薬はアルコール溶液で、手にすり込んで使うタイプ。

  • 病院の手洗いの設備が不十分なための策で、柴田さんらは、手洗いで出来るなら条件を満たすと考えていた。しかし、国が求めたのは「消毒薬」だった







関連情報 MRSA 
VRA
 
B型肝炎
 
アスペルギルス症

クリプトコックス 
レジオネラ症
 
セラチア菌

多剤耐性 

医療訴訟






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査