マヒ

脳卒中の後遺症

脳卒中

半身不随



四肢/足/手(傷寒論)
  • 「四肢」=上肢2本と下肢2本を指す。
    「足」=下肢の足首から先端までを指す
    「手」=上肢の手首から先端までを指す
四肢無力 手足のマヒ
  • =手足のこわばり (四肢のこわばり感)
(副作用で四肢がこわばる医薬品)





リハビリに電気が効く
  • 下半身マヒの男性が自分で車いすからベッドに移れるようになった。
    電気を利用した新しいリハビリテーション技術で、一生動かないと思われていた手足が動くようになった。
    ●脊髄損傷にも効果
    神奈川県に住む40代のAさんは、転落事故による脊髄損傷で両足が動かなくなった、だが、1996年に東北大学付属病院で電気で両足を刺激する装置を操作する訓練を受け、1年後に平行棒をつかみながら立って歩けるようになった。
    Aさんのように両足を全く動かせない人が、その機能を回復することは出来ない。しかし、手などを使うことが出来れば、電気で足の筋肉を刺激する装置を操り、足を動かせるようになる。手足をある程度動かせる人なら動きにくくなった手や足を動かし安くするための治療として、この技術を利用できる。
    この治療を受けたい人は、麻酔して細いステンレス線をマヒした筋肉に埋め込む手術を受ける必要がある。ステンレス線の数は症状により異なり、5〜6本なら1時間程度で埋め込める。手術後は、個人の状態に応じて刺激する電気の量などを調整し、手足を動かす訓練に備えて体力をつける。
    電気で手足を刺激する訓練は、手術後2週間ぐらいから始める。弁当箱を少し小さくした装置のボタンを押して、自分でコップを持ったり、ペンを握ったり出来るようにすることことが治療の目標になる。1回につき5〜30分程度の訓練を毎日3〜6回繰り返す。自分で訓練できるようになるまで平均2ヶ月ほど入院が必要だが、その後は退院して自宅などで訓練を受ける。
    東北大学付属病院リハビリテーション科の市江雅芳教授は「家族などの手を借りないと出来なかった動作が、この治療を受けると日常生活のかなりの部分をカバー出来るようになる」という。
    一方、完全に手足が麻痺している患者の場合、麻痺した機能が回復することはないので純粋な治療とは言えないが、「手足の筋肉が動くようになるので、生活の幅を広げられる」(市江教授)と言う。麻痺を根本的に治療していないとはいえ、自分で今まで出来なかった動作が出来るようになるため「世界が広がった」と喜ぶ患者が多い。また、麻痺した手足を動かしていると血行が良くなり鬱血を防げるので、心肺機能が通常のリハビリだけの場合より向上する
    ●磁気治療も
    東海大学付属病院リハビリテーション科の出江紳一助教授は、脳卒中で手足が麻痺した人を電気ではなく、磁気を使って治す研究を進めている。頭にコイルをのせて電気を流し磁気を発生させる。ステンレス線を付けなくて済むので、痛みをほとんど感じない利点がある



針灸のつぼ 「臂臑」「足の三里」「天宗」「鶴頂」



手足マヒの漢方薬
  1. 越婢加朮湯
  2. 桂枝加朮附湯

  3. 健歩丸
  4. 牛黄清心丸
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯
  6. 四逆散
  7. 四物湯
  8. 芍薬甘草附子湯
  9. 十全大補湯
  10. 消風散
  11. 真武湯
  12. 続命湯
  13. 疎経活血湯
  14. 大柴胡湯
  15. 陳久散
  16. 八味地黄丸
  17. 防已黄蓍湯
  18. 防風通聖散



マヒ脳卒中の後遺症」「脳卒中」「半身不随




解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査