ドクトルアウン,ドクトル、アウン、、



手足口病



TOP ブログ  治るコム  よく使う漢方薬 漢方の臨床








発疹
発熱
エンテロウイルス感染症
子供のかぜ
小児のびょうき






発疹を伴う感染症。

●コクサッキーA16型(CA16)では、合併症はまれ。

●エンテロウイルス71型(EV71)では、無菌性髄膜炎や脳炎をみることがある。

●好発年齢:1〜3才が多い。

●好発時期:春秋に多いが、冬に流行することもある。



ウイルスは感染者の鼻やノドの分泌物や、便中に多く含まれる。口から移るほか、接触によっても感染する。



コクサッキーウイルスエンテロウイルスによる発疹性疾患

(1)発疹
  • ・手掌・足底・指趾の屈側に小水疱が出現
    ・手掌・足背・四肢関節の伸側に紅斑丘診が出現。
  1. 部位:
    • 手足末端に好発。ときには、肘・膝関節、顔or臀部に出る。
  2. 性状:
       (ア)手掌・足底・指趾間に水疱形成(数mm径)
       (イ)手背・足背などでは丘疹(米粒大)
       (ウ)口腔内の粘膜疹、水疱を形成する。
  3. 発疹の出現:発熱と同時に出現
  4. (口腔粘膜疹)
    • 軟口蓋・舌縁・頬粘膜に好発し、小紅斑から小水疱、破れて疼痛を伴うアフタ様の潰瘍となる。


(2)発熱:
  • 必発ではない。高熱が3〜4日以上続くときは要注意。


(3)咽頭痛
・・・子供は口の中が痛くて飲食をイヤがることがあり、脱水症にも要注意。



特になし。



ウイルス分離
ウイルス抗体価測定




手足口病が急増
2010年、
  • 過去11年間で患者が最多に。
    半数がEV71タイプで重症化しやすい。
    ウイルスに感染してから潜伏期間(3〜5日)の後に口や手・足などに2〜3mmの水疱性発疹ができる。
    予防には:
    接触によって感染するので、手洗いの励行、排泄物に適切な処理などが大切。


2011年、
  • 大流行。国立感染症研究所が全国約3000カ所の小児科からの報告をまとめたところ、7/4〜7/10の1週間の患者数が3万人を超え、過去30年間で最多となった。
  • 手足口病は、主に4〜5歳までの子供がかかるウイルス性感染症で、軽い発熱や食欲不振、ノドの痛みなどの症状がでたあと、唇や手のひら、足の裏などに水ぶくれや発疹ができる。
  • 普通は数日でなおるが、まれに髄膜炎などを併発することがある。
  • 今年の手足口病ではコクサッキーウイルスA6(CA6)というウイルスを多くの患者から検出。

  • (特徴)
    • 手や足だけでなく体全体に発疹がでる
    • 発疹が大きい
    • 高熱がでる
    • ツメが剥がれることもある


2019年、
過去10年で最高。
多くは軽症。数日で治った後も原因ウイルスは便の中にいることがある。









    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved