毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう アルファベット順 50音順
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/

低血圧
の漢方薬



HOME 広告 通販 病院ランキング 血液検査 副作用 漢方薬




低血圧症
ふらつく
頭がボーッとする






低血圧の漢方薬
  1. 帰脾湯
    1. 易疲労・貧血傾向
  2. 呉茱萸湯
  3. 牛車腎気丸
  4. 十全大補湯
    1. 全身的に衰弱した者。
    2. 皮膚粘膜の栄養不足と乾燥傾向がある。
    3. 貧血傾向、皮膚・粘膜の色つやが無い。
    4. 服用後胃腸障害があれば、(+六君子湯)又は(+人参湯)
  5. 小建中湯
  6. 小柴胡湯当帰芍薬散
  7. 小柴胡湯苓桂朮甘湯
  8. 真武湯
    1. めまい、冷え、下痢、動悸
    2. 新陳代謝機能が低下。
    3. 疲労しやすく、手足が冷え、立ちくらみがあって、腹にも脈にも力のないものに用いる。また慢性の下痢があったり、下痢しやすいものにもちいてよい(漢方診療医典)
    4. 無力性体質で、やせ型、顔色が青白い。
    5. 疲労倦怠感、立ちくらみ、身体動揺感ある者。
    6. 腹痛のない下痢傾向の者。
    7. 腸が冷え下痢する 。
  9. 当帰芍薬散
    1. めまい・冷え・むくみ
    2. 手足が冷える若い女性の低血圧症に。
    3. 貧血、冷え症で疲れやすく、頭重、肩こり、頻尿、生理不順。
    4. 色白、やせ型で、月経不順がある
    5. 頭重感、頭に何かかぶっている感覚、めまいを訴える。
  10. 当帰四逆湯
    • 手足がとくに冷えて、頭痛する
  11. 人参湯
    1. 胃腸虚弱が著しい。
    2. 心窩部振水音
    3. 下痢(不消化便)、胃部が冷える。
      • 「人参湯」→上腹部(胃)に作用
      • 「真武湯」→下腹部(腸)に作用
    4. 手足及び全身の冷え、触れると冷たい。
  12. 八味地黄丸
    • 下腹部が無力で便秘がち。
  13. 半夏白朮天麻湯
    1. めまい、胃もたれ・心下振水音
    2. 低血圧者の頭痛・眩暈《矢数道明》
    3. 胃腸虚弱で、めまい、頭痛
    4. 胃下垂症、胃アトニー症などがあって、疲れやすく、食後はだるくて眠くなり、足が冷え、めまい、頭痛、悪心などのあるものによい。(漢方診療医典)
    5. 虚弱児の起立性調節障害にも応用される。
  14. 補中益気湯
    1. 胃腸機能減退、疲労倦怠感
    2. 気力・体力が乏しい。
    3. 朝起きるてから血圧上昇し、夕方血圧が低下する婦人に補中益気湯L八味地黄丸
    4. 疲れやすい、全身倦怠感が強い、食後にだるくなる。
    5. 寝汗、汗をかいて疲れる。
  15. 木防已湯
  16. 苓桂朮甘湯
    1. めまい、たちくらみ
    2. 動悸、耳鳴り、不眠
    3. 排尿異常を伴う
  17. 苓桂朮甘湯+半夏白朮天麻湯
    1. めまい
    2. 起立性低血圧症
  18. 苓姜朮甘湯
    • 腰が冷えてたまらない
  19. 六君子湯
    1. 体質虚弱、消化機能が低下している。
    2. 食欲不振が主症状。
    3. 易疲労・食後の倦怠感
  20. 六味丸








<1>ローズマリー
<2>ブラックペパー
<3>ペパーミント
以上で無効の時にヒソップ、セージを考える。



<1>レモン色
<2>緋色
<3>赤紫色




○イカリソウ・ウコギ・キンモクセイ・クコ・クワ・毛ニンジン・サフラン・サンシュユ・ダイコンソウ・タラノキ・チョウセンニンジン・トウモロコシ・ナルコユリ・ニワトリ・ニンニク・ハマナス・ヒルガオ・ベニバナ。
○[ゲンノショウコ+ハブ茶]
○[シャクヤク+カンゾウ]
○[サンショウ+桂皮+チョウジ]
針灸のつぼ 1)「中ヘ」「身柱」「膈愈」「肝兪」「腎兪」「手三里」「足三里」

2)[百会][天柱][厥陰兪]

3)鍼灸で自律神経刺激
「鍼灸の特色は、自律神経を上手に刺激し、活力が出る体に導くこと」と指摘した。だから低血圧治療に向いていると言う。
実際、低血圧など不定愁訴を訴えて鍼灸に通う患者が増えている。また、経験の長い首藤傳明・鍼灸師も鍼灸専門誌『日本の医道』450号で低血圧の症状を列記し「鍼灸の適応症が並んでいる」と鍼灸師向けに解説している。
低血圧患者の通院のきっかけは古典的な筋肉痛が多いと池田政一・鍼灸師が言った。低血圧だと体力に余裕がなくなくて筋肉痛が治りにくく、通院が長くなる。「そのうち体が快調になり、健康管理の通院に変わるんです」 
鍼灸で効果が上がる仕組みも分かってきた。
座位で息を吐く最中に鍼(ハリ)を浅く刺すと自律神経が働き出すと実験で確かめた。
これで体が活性化し、だるい・疲れるなどの症状が鎮まる。深く刺すとこの反応はない。経験からも首藤さんらが、細い鍼(ハリ)を浅くさすのが大切と言った。「低血圧の人は、強い鍼だと疲れます」
(本態性低血圧症)・・・[完骨][中ヘ][身柱][脾兪][H会][天柱]
(気虚による)・・・[百会][腎兪][関元][足三里][脾兪]
(気陰両虚で)・・・[脾兪][太谿][腎兪][三陰交][足三里]


チェック
低血圧症 」「ふらつく」「頭がボーッとする



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬