naoru.com




低体温症



ドクトルアウン ブログ  東洋医学  よく使う漢方薬 漢方の臨床 3000処方 





低体温症 Hypopthermia
=朝起きたときの体温が36℃以下を低体温という。
  • 体の中心部の温度が下がってしまう。→冷え症
  • →ガンがないかどうかをチェックしましょう
  • 甲状腺ガン






偶発性低体温症
非人為的な寒冷への暴露によって体温が35℃以下に低下した状態を「偶発性低体温症」といい、

死ぬと「凍死」と呼ばれる。→凍傷


(病態)

体温が35℃以下では
  • 交感神経系が活性化し皮膚血管が収縮し、戦慄・代謝亢進により熱産生が亢進するが、熱の喪失が産生を上回ると体温は低下し始め、

30℃以下では
  • *徐脈、
  • *不整脈が出現し、
  • ショック
  • 意識低下
  • 呼吸抑制に陥り

25℃前後で・・・仮死状態となる。
@心房活動はみられない

AQRSは狭く、終端部ではST-T波の前の不明瞭な波になる

BQT間隔は長くなる


(寒冷の暴露)
  • 泥酔者・屋外生活者が冬に屋外で凍死する
  • 春や秋でも、雨中で凍死することがある。
  • 山岳遭難や海難事故で


(体温調節機能低下)
  • 泥酔者や老人、
  • 幼児が屋外に放置されたままの場合


(避難が不可能)
  • 飲酒、頭部外傷、病的発作、睡眠薬、血糖性昏睡、衰弱などで起きる。


(熱産生低下)
  • 低栄養や内分泌異常で起きる。





 死体の所見
 @死後硬直の進行に比べて直腸温の下降がはやい。


A死後の臓器や組織の酸素消費が少なく、生前の左右心臓内の動脈血と静脈血の色調差と凝固能を保つ。


B胃十二指腸のビラン、などが見られる





低体温の治療
初期治療・・・すべての患者に対する初期治療

濡れた衣服を脱がせる

熱の喪失と風による冷却から守る
  • (毛布と保温性のあるものを使い)

水平の姿勢を保つ

急激な動きや過度の活動を避ける

深部体温をモニタリングする

心拍のリズムをモニタリングする

患部を保護する
  1. 圧迫と摩擦は避ける。(初期段階での理学療法は禁忌)
  2. 患者はベッド上で安静を保ち、患部は挙上し、室温に解放する
  3. ギプス・包帯は当てない
  4. 皮膚の虚血を防ぐために


破傷風 の感染の予防を考える
  1. 皮膚の小水疱に物理的な摩擦が起こらないようにする
  2. 局所の感染は石けん水orポピドンヨードにおだやかに浸す
  3. 37℃〜40℃の渦流浴療法を1日2回、1回15〜20分を3週間以上行う
  4. 深部感染には抗生物質が必要






脈または呼吸がない時
CPR(心肺蘇生術)を開始する
  1. VF/拍動のないVTに対する除細動を最大3回まで
    • 200J、200〜300J、360J  (J=ジュール)
  2. 試行、確認、気道確保
  3. 温かく湿った酸素(42〜46℃)で換気
  4. 静脈路の確保
  5. 温かい(43℃)生理食塩水の点滴


深部体温


@30度未満(<30℃)・・・重度の低体温
  • 内側からの積極的な複温

A30℃〜33.9℃・・・・中等度の低体温
  • 受動的複温
  • 体幹部分のみ外側から積極的複温

B34℃〜36℃・・・・・・・軽度の低体温
  • 受動的複温
  • 外側から積極的複温




 複温
  1. 野外での軽い凍傷では
    • 温かい手を四肢の表面にジッと固く押し当てる(こすらない)。
    • 指を腋窩に入れる
    • つま先の場合は、履いているものを脱がせ、足を乾かし、複温し、十分に乾いた靴下などで覆う。
  2. 深部凍傷では
    • 体温よりわずかに高い温度で急速に解凍すれば、組織の壊死が著明に減らせる。
    • 再凍結は組織の壊死を増やす。
    • 複温には、40℃〜42℃の湯が循環する浴槽で、患部の末端が解凍されて赤みがみえるまで凍結した四肢を数分間浸す
    • ストーブや薪による加熱は調節が難しく推奨されない。
    • 解凍し、その部分が正常な温度に戻れば(通常30分)、外からの加熱を止める
    • 被害者及び救助隊員には運動による複温または雪や氷をこすって凍結した組織の解凍を試みないよう警告しておく必要がある。


 冬眠
 アマガエル
  • 単に冷やすと死んでしまう。
  • アマガエルをミズゴケとともに水槽に入れ、セッシ零下4度(−4℃)の不凍液に6時間浸す。自然界の一晩を想定した時間で、芯まで冷える。
  • 不凍液から取り出したアマガエルは手足が縮まり、見た目はカチカチに凍っている。
  • 室内で自然解凍すると動き出す。


人間
  • 2006年10月、六甲山で崖から転落した男性が24日後に発見された。飲まず食わずで20日以上過ごし、発見時の体温は22℃。
  • 医学の常識では低体温で臓器が傷み生きられない。
  • 男性は後遺症を出さずに回復した。



冷え性
体温が低い
凍傷
基礎体温が低い
自律神経失調症
甲状腺機能低下
洞性徐脈
不安
CoQ10
ダイエット







    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
     漢方薬の選び方      東洋医学の考え方 
 ブログ(google)
 よく使う漢方薬  
 ブログdraun 漢方処方3000  ツムラ番号


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved