ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




低タンパク血症



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





タンパク漏出性胃腸症
感染症
ネフローゼ
肝機能障害



低タンパク血症の漢方薬
加味帰脾湯


帰脾湯


四君子湯


補中益気湯




(低タンパク血症)
血清中の総タンパクの60%〜70%がアルブミンで占められているので、低アルブミン血症として現れることが多い
  • などが原因で、アルブミンが減少して起こることが多い



(低アルブミン血症の原因)
  • 低アルブミン血症の原因には、その合成能力の低下か、消費の亢進によって起きることが多い


アルブミン合成能力が低下する原因
  1. 消化不良栄養失調
  2. アルブミンのほとんどは肝細胞で合成される





(消費の亢進)
  • 肝臓でのアルブミン合成が正常であっても、アルブミン消費の亢進があると低タンパク血症を生じる
  • <1>体外への漏出:
       1)ネフローゼ(尿中に漏れる)
       2)蛋白漏出性胃腸症(消化液に)
       3)熱傷(皮膚からの浸出液に)
  • <2>体内でのタンパク異化亢進
       1)重症感染症
       2)発熱
       3)甲状腺機能亢進症
       4)悪性腫瘍
  • <3>体内でのアルブミンの分布異常(組織液中に漏れる)
       1)多量の胸水・腹水。
       2)全身浮腫
       3)日焼け
分岐鎖アミノ酸・・・肝硬変患者の低アルブミン血症を改善する










血液や組織液中に広く分布。
血清アルブミンは血液の浸透圧の調整や、脂肪酸輸送に関与する。

血清総タンパク質の60〜70%をアルブミンが占める。
アルブミンは血液の浸透圧を維持したり、種々の物質を運送するなどの働きがあります。浸透圧が低下するとむくみが起きます。
そのため、浮腫があるときには、必ず血清アルブミン値を調べましょう。
アルブミンが低下する原因には
・合成が低下する・・・
   [肝硬変]
   [炎症性疾患]
・尿や大便・分泌液などに漏れる・・・
   [ネフローゼ症候群]
   [吸収不良症候群]
   [やけど]
・代謝が亢進する・・・
   [甲状腺機能亢進症]
   [炎症性疾患]
・栄養不良・・・[低栄養]








関連情報 タンパク漏出性胃腸症
感染症
ネフローゼ
肝機能障害










TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬