ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



天王補心丸



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





漢方薬の選び方



東洋医学

病質

熱証・寒証

実証・虚証
広告




天王補心丸
(応用)
  1. 足腰がだるい
  2. 息切れ
  3. 肩こり
  4. 顔面紅潮
  5. 口渇
  6. 口内炎
  7. 高血圧
  8. 甲状腺機能亢進
  9. 更年期障害
  10. 焦燥感
  11. 自律神経失調症
  12. 精力減退
  13. 体質虚弱・
  14. 脱毛
  15. 多夢
  16. 手足のほてり
  17. 動悸
  18. 寝つきが悪い
  19. 眠りが浅い
  20. 不安感
  21. 不眠症
  22. 便秘
  23. 耳鳴り



目標
○心腎陰虚で、虚火が心神をかき乱すことにより起こる不眠・不安感に用いる。

○寝つきが悪い・眠りが浅い・夢をよく見る・目覚めやすいなどとともに、動悸・息切れ・焦燥感・健忘・顔面紅潮・手足のほてり・口内炎・舌質紅などの心陰虚の症状がある者。

○足腰がだるく痛む・耳鳴り・脱毛・精力減退などの腎虚症状がある者。



解説
中国元代(世医得効方)に記載の「天王補心丹」を基本にしたもので、心腎陰虚による不眠症を改善します。さらに、体質虚弱な人の不眠、不安感、肩こり、息切れ、動悸、口渇、便秘などの症状を改善します。

地黄・天門冬・麦門冬・・・・滋陰生津(陰液に不足や、これによって生じる心火を鎮める)

酸棗仁・柏子仁・遠志・・・・養肝寧心・補血

丹参・当帰・・・・養血活血

党参・茯苓・・・・補中益気

桔梗根・・・・引経剤(薬効を上部へ引き上げる)

★柏子仁などの心血を補う薬物と、地黄などの腎陰を補う薬物の組み合わせで、心腎の2臓を調整する方剤となっている。



【構成生薬】
地黄当帰・麦門冬・遠志・桔梗茯苓・酸棗仁・天門冬・柏子仁・丹参・党参


鑑別
天王補心丸 心腎陰虚、ほてりがある。
柏子養心丸 心腎陰虚、ほてりなし。
酸棗仁湯 心血虚、心肝火旺。寝つきが悪い・眠りが浅い・多夢・動悸・健忘・頭のふらつきあんどの心血虚の症候に、イライラ・口渇・のぼせ・ほてりが強い心肝火旺の熱証を伴う
甘麦大棗湯 養心安神、健脾緩中







関連情報 漢方薬」「」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査