ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



テノーミン(Tenomin)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





β-受容体遮断剤
一般名 アテノロール
商品名 「アイケルン」「アテネミール」「アテノセーフ」「アテノリズム」「アテノロール」「アテンダール」「アルセノール」アルマイラー」「アロテノー」「オリジノール」「カテノミン」「クシセミン」「セープテンス」「セーラジール」「テノーミン」「テノミロール」「トーワミン」「ネグリース」「ハジメ」「フェルフィッシュ」「プラブレン」「ミロベクト」「メクロール」「メゾルミン」「メチニン」「リスモリース」「リツテルン」「リプスゲン」
効能
・用途
1.期外収縮(頻脈性不整脈)
2.狭心症
3.洞性徐脈(頻脈性不整脈)
4.本態性高血圧症
特徴 血中半減期が長いため、作用が長時間持続する




使ってはダメな者
1.うっ血性心不全
2.高度の徐脈
3.心原性ショック
4.代謝性アシドーシス
5.洞房ブロック
6.糖尿病性ケトアシドーシス
7.肺高血圧による右心不全
8.房室ブロック






必要
1.うっ血性心不全の恐れがある者。
2.肝障害(重篤な者)
3.気管支ケイレン
4.気管支喘息の患者。
5.高齢者。
6.腎障害(重篤な者)
7.長期絶食状態
8.低血糖症。
9.糖尿病でコントロール不十分な者。



1.[アジマリン][プロカインアミド][ジゾピラジド]との併用で過度の心機能抑制。→徐脈・心不全に
2.エーテルで交感神経が過剰に抑制。→徐脈・心不全の恐れ
3.Ca拮抗薬で相互に作用が増強。
4.クロニジン投与中止後のリバウンドが増強する。
5.血糖降下剤の作用を増強。
6.ジソピラミドで過度の心機能抑制。
7.プロカインアミドで過度の心機能抑制。
8.レセルピンで交感神経が過剰に抑制




妊婦へ
の影響
授乳を中止する。





テノーミン副作用(五十音順)
  1. 悪夢を見る
  2. ウツ状態
  3. ALP上昇
  4. 嘔吐
  5. かすみ目・・・→中止。
  6. かゆみ・・・→中止。
  7. 肝機能障害
  8. 乾癬様皮疹
  9. 乾癬が悪化する
  10. 気管支ケイレン・・・減量又は中止。
  11. 気分の変化
  12. 起立性低血圧(失神を伴う)・・・減量又は中止。
  13. 胸部の圧迫感
  14. クレアチニン上昇
  15. 血小板減少症・・・減量又は中止。
  16. 下痢
  17. 眩暈
  18. 倦怠感
  19. 抗核抗体・・陽性化する
  20. 口渇
  21. 高血糖
  22. 高脂血症
  23. 高尿酸血症
  24. 呼吸困難
  25. 錯乱
  26. CK上昇
  27. GOT上昇
  28. 四肢冷感(手足が冷たい)
  29. 紫斑病・・・減量又は中止。
  30. シビレ感
  31. 循環器
    循環器 間欠性跛行
    胸部圧迫感
    四肢冷感
    低血圧
    動悸
    レイノー症状
  32. 食欲不振
  33. 徐脈・・・減量又は中止。




    →硫酸アトロピン(1〜2mg)静注し、必要なら更に、ドブタミン投与
  34. 視力異常・・・→中止。
  35. 心胸比増大・・・減量又は中止。
  36. 心不全・・・減量又は中止。
  37. 腎機能に異常が出る
  38. 頭痛
  39. 精神変調
  40. 喘鳴・・・減量又は中止。
  41. 脱毛
  42. 脱力感
  43. 胆汁うっ滞性肝炎
  44. 低血圧
  45. 動悸
  46. 軟便
  47. 洞房ブロック・・・減量又は中止。
  48. ねむけ
  49. 吐き気
  50. BUN上昇
  51. 冷や汗(冷汗)
  52. 頻尿
  53. 腹痛
  54. 腹部の不快感
  55. 浮腫
  56. 不眠
  57. 便秘
  58. 勃起障害
  59. 発疹・・・→中止。
  60. 房室ブロック・・・減量又は中止。
  61. 末梢性浮腫
  62. 耳が痛い
  63. 耳鳴り
  64. めまい
  65. 涙液分泌減少・・・→中止。











TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬