ガン
テロメア



テロメラ-ゼ
  • ガン細胞の中に大量に存在するが、正常な組織の細胞の中には見られない酵素
    • テロメラーゼという酵素は特殊なポリメラーゼで、細胞周期のS期にテロメアの反復DNA配列上で働き、短くなったテロメアをほぼ60ヌクレオチド分伸長する。
    「ガンの診断や治療法としてテロメラーゼという酵素に注目した研究成果が相次いでいる。
    この酵素は多くのガン細胞で活発に働いており、細胞を生き永らえさせる作用を持つ。
    ガンの診断キットへの応用やテロメラーゼのの抑制遺伝子を使った遺伝子治療などの研究が注目されている
     
    鳥取大学医学部の押村光雄教授らの研究グループは、人間の腎ガンの培養細胞に人間の三番目の染色体の一部を注入するとテロメラーゼ酵素の働きが抑えられることを発見した。
    • テロメラーゼが働かなくなったガン細胞は老化して死滅した。
    さらに、皮膚ガンの一種であるマウスの悪性黒色腫を培養した細胞に人間の5番目の染色体を導入したところ、六割強のガン細胞でテロメラーゼの働きが完全になくなった。
    押村教授は「染色体に存在しているとみられるテロメラーゼの抑制遺伝子を突き止めて、その遺伝子をガン細胞に組み込めばガン治療できる可能性がある」と話している。
     協和発酵は米ベンチャー企業のジェロン社と組んで、テロメラーゼの働きを抑制する物質を探求し、抗ガン剤として開発する研究に乗り出している。
     また、中外製薬はテロメラーゼの働きの 強さを測定する新手法を開発した。遺伝子に結合する発光物質の量で活動を測定。従来の寒天状のゲルを使う方法は測定するのに最低でも約1日かかっていたが、中外が開発した方法は1時間で済み操作も簡単という。



[生殖細胞への影響回避カギ]
  • 細胞の染色体の端にはテロメアという部分があり、細胞が老化すると短くなる。テロメラーゼはテロメアを長く伸ばす酵素。ガン細胞はいつまで立っても死なないが、この細胞の不死化のカギを握るのがテロメラーゼとされる。
     このほど開かれた癌学会では広島大学医学部の檜山英三講師らのグループが胃ガン大腸ガン肺ガン膵臓ガンなどの細胞の85〜90%でテロメラーゼ活性を確認したほか、東京大学のグループは悪性脳腫瘍の53%で高い活性を認めるなど、ガン細胞との関連を裏付ける報告が相次いだ。
     テロメラーゼの働きを抑制すれば、ガン細胞は正常細胞のように死滅するとみられる。ただ、テロメラーゼは生殖細胞などでも活発に働いているため、生殖細胞への影響をいかに回避するかがテロメラーゼ阻害剤を開発する際のポイントになりそうだ




活性 活性を制御
2008年、甲南大学先端生命工学研究所の杉本直己所長らは、癌や老化に深く関わる酵素「テロメラーゼ」の活性を制御する技術を開発した。
低分子の化合物を加えると働きが高まり、高分子だと低下することを突き止めた。
細胞のガン化や老化を抑えることが可能とみており、抗ガン剤などの新薬候補の絞り込みに役立つ。
TLP1 石川助教授らは、ごく微量しかないテロメラーゼを高純度に分離精製することに成功し、中に含まれる分子量約24万のタンパク質『TLP1』について、それをつくるDNAの塩基配列を解明した。TLP1が部分的にちぎれて分子量が約1万小さくなると、テロメラーゼが働くようになるらしいこともつかんだ。
<1>テロメラーゼは分子量約15万のリボ核酸(RNA)とタンパク質の複合体で全体の分子量は約150万あるが、その働きを左右するタンパク質部分をつくる遺伝子を突き止めたのは初めて。
<2>『TLP1』を調べれば、ガンの悪性度が診断できる
遺伝子 1997年、東京工業大学生命理工学部の石川冬木助教授らは、テロメアーゼを合成する遺伝子を、ほ乳類から初めて発見した。



ガン不死と関係するタンパク質発見
  • 「米マサチューセッツ工科大学(MIT)なその研究チームは人間のガン細胞の不死化に関係するタンパク質を発見した。[乳ガン]と[卵巣ガン]の腫瘍細胞から見つけた。抗ガン剤の開発につながる成果だという。
    タンパク質は老化に関係する遺伝子配列[テロメア]を合成する酵素[テロメアーゼ]の1つ。
    酵素が働くとテロメアを合成して不死化が起きる。
    研究チームは酵素を作る遺伝子も特定し『hEST2』と名付けた。

ガン増殖酵素を抑制・・・土壌微生物から
  • 「東京大学分子生物学研究所の新家一男助手らの研究グループは、ガン細胞の増殖を促す酵素(テロメラーゼ)の働きを抑制する新物質を発見した。土壌微生物の生み出す物質で、試験管レベルの実験ではこれまで知られている物質の100倍胃《女科撮要》の効果があった。
     新たに発見した物質は、放線菌という微生物が作り出す有機化合物の一種で、『テロメスタチン』と名付けた。
    新家助手らは各地で採取した土壌を分析。1万数千個の試料の中から、約3年がかりで見つけだした。
    テロメスタチンを、ガン細胞の増殖を促進する酵素であるデロメラーゼに反応させたところ、テロメラーゼの働きを従来の100倍以上も強力に邪魔することを突き止めた。
    同様の働きをする物質はこれまで数十種類知られているが、いずれも作用が弱かった。このため、抗ガン剤として実用化するのは難しいと言われていた

キラルヘリセン
  • 「杉山弘・京都大学教授は、ガン細胞の増殖を抑える新しい物質を見つけた。
    もともとは液晶パネル向けに開発された『キラルヘリセン』と呼ぶ有機化合物。
    新物質が作用するのはガン細胞が持つ特殊な酵素『テロメラーゼ』。
    ほとんどの正常細胞は細胞分裂のたびに染色体の末端にあるテロメラーゼという部分が短くなって細胞が老化し、やがて分裂できなくなる。しかしテロメラーゼがあると、テロメアのDNA(デオキシリボ核酸)が伸びて、際限なく増殖するようになる。
    実験で人工的に合成した人間のDNAに、テロメラーゼとキラルヘリセンを投与したところ、テロメラーゼだけの場合に比べてDNAの伸びを1/10に抑えることに成功した。
    ガン細胞のテロメアが伸びにくくなるため、細胞増殖に歯止めがかかり、1年以内にガン細胞が死滅するという。



抗ガン剤 (テロメライシン)
テロメライシンは風邪の原因物質の1つである「アデノウイルス」を「テロメラーゼ」に反応して増殖するように遺伝子組み換えたもの。オンコリスバイオファーマが開発。
テロメラーゼは染色体の末端部分にある「テロメア」を維持、延長する機能を持ち、細胞の老化や死滅に関与している。
ガン細胞ではテロメラーゼが強く働いているため、テロメライシンをガン細胞に注射すると、ガン細胞内で急激に増殖して、ガン細胞を破壊する。
一方、正常細胞ではテロメラーゼの活性が弱いため、テロメライシンは増殖せずに自然に消滅する。
岡山大学が2012年に頭頸部ガン、食道ガン、肺ガンなどで臨床研究を始める。
放射線療法と併用する。
HIV 2005年、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究グループはエイズウイルス(HIV)への抵抗力を高める2種類の化学物質を発見したと発表。
研究グループは、HIVに感染した人の免疫細胞が、感染から時間経つに連れて働きが鈍ることに注目した。細胞を若々しく保つ『テロメラーゼ』と呼ぶ物質を活発に作らせる2種類の化学物質を発見し、免疫細胞を体外に取りだしてから、この物資で処理することで病気への抵抗力が高まることを実験で確認。




TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬