喘息



テオフィリン
  • 茶葉に含まれる苦み成分。
  • テオフィリンは強力な気管支拡張作用があり、喘息や気管支炎の治療薬として使われている




使ってはダメな者
キサンチン系の過敏歴ある者
適応
禁忌
本剤又は他のキサンチン系薬剤に対し重篤な副作用の既往歴







うっ血性心不全
肝障害がある者
急性腎炎
甲状腺機能亢進症
小児
テンカン

妊婦または妊娠の可能性がある者
産婦・授乳婦
高齢者
(投与により障害の再発・悪化のおそれ)
てんかん、甲状腺機能亢進症、急性腎炎、うっ血性心不全、肝障害、高齢者、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人、産婦、授乳婦 、小児、乳幼児、低出生体重児、新生児厚生労働省



★主に肝薬物代謝酵素(CYP1A2)で代謝されるので併用で注意が必要なもの
○ほかのキサンチン系薬剤・中枢神経興奮薬・・・中枢神経が過度に興奮する。
○交感神経刺激剤・・・低カリウム血症や頻脈・不整脈などのβ-刺激剤の副作用症状を増強する。
○ハロタン・・・不整脈などの副作用が増強。また連続使用でテオフィリンの血中濃度が上昇する。
○シメチジン・塩酸メキシレチン・塩酸アミオダロン・エノキサシン・ピペミド酸三水和物・塩酸シプロフロキサシン・ノルフロキサシン・トシル酸トスフロキサシン・エリスロマイシン・クラリスロマイシン・ロキシスロマイシン・チアベンタゾール・塩酸チクロピジン・塩酸ベラパミル・塩酸ジルジアゼム・マレイン酸フルモキサミン・フルコナゾール・・・テオフィリンの中毒症状が発現。
セイヨウオトギリソウ含有食品・・・テオフィリンの血中濃度が低下する。
○タバコで禁煙(ニコチン製剤)・・・テオフィリンの中毒症状
○リファンピシン・フェノバルビタール・ランソプラゾール・リトナビル・・・テオフィリンの効果が減弱。




厚生労働省
他のキサンチン系薬剤・中枢神経興奮薬(過度の中枢神経刺激作用)、交感神経刺激剤(β刺激剤の副作用症状を増強)、ハロタン(不整脈等の副作用が増強)、塩酸ケタミン(痙攣)、シメチジン・塩酸メキシレチン・塩酸プロパフェノン・塩酸アミオダロン・エノキサシン・ピペミド酸三水和物・塩酸シプロフロキサシン・ノルフロキサシン・トシル酸トスフロキサシン・メシル酸パズフロキサシン・プルリフロキサシン・エリスロマイシン・クラリスロマイシン・ロキシスロマイシン・チアベンダゾール・塩酸チクロピジン・塩酸ベラパミル・塩酸ジルチアゼム・マレイン酸フルボキサミン・フルコナゾール・ジスルフィラム(テオフィリンの中毒症状)、アシクロビル・塩酸バラシクロビル・インターフェロン・イプリフラボン・シクロスポリン・アロプリノール(テオフィリンの中毒症状)、ザフィルルカスト(テオフィリンの中毒症状)、リファンピシン、フェノバルビタール、ランソプラゾール、リトナビル(テオフィリンの効果が減弱)、フェニトイン・カルバマゼピン(テオフィリン及び相手薬の効果が減弱)、ジピリダモール(ジピリダモールの作用を減弱)、ラマトロバン(ラマトロバンの血中濃度が上昇)、リルゾール(リルゾールの作用を増強(副作用発現))、タバコ(テオフィリンの中毒症状)、セイヨウオトギリソウ含有食品(血中濃度が低下)
重篤な
副作用
厚生労働省
(薬理・毒性に基づくもの)
痙攣・意識障害 、急性脳症 、横紋筋融解症 、消化管出血 、赤芽球癆 、肝機能障害・黄疸 、頻呼吸・高血糖症
(特異体質・アレルギー等によるもの)
アナフィラキシーショック




○治療有効濃度範囲:
トラフ値・・・・10〜20µg/ml
○中毒症状:
[消化器系症状]
[心拍増加]
[中枢症状]
[ケイレン]
[不整脈]
トラフ値・・・・
薬物を反復投与したときの定常状態における最低血中薬物の濃度。薬の血中濃度は、急襲後に最高濃度となり、平衡状態に達した後、時間の経過とともに代謝・排泄によって一定の速度で減少する。
従ってトラフ値は投与直前値となる。



妊婦へ
の影響
授乳を避ける
テオフィリンによる副作用の発現は血中濃度の上昇に起因することが多いので、血中濃度のモニタリングが必要


(薬理・毒性に基づくもの)
  • 0.1〜5%未満
  • {頭痛、不眠、めまい、振戦、動悸、不整脈(心室性期外収縮等)、悪心、嘔吐、食欲不振、腹痛、腹部膨満感、下痢、消化不良(胸やけ等)、血清尿酸値上昇、CK(CPK)上昇、蛋白尿、ALT(GPT)、Al-P、LDHの上昇、貧血}、
  • 0.1%未満
  • {しびれ、不随意運動、筋緊張亢進、頻脈、顔面潮紅、顔面蒼白、しゃっくり、AST(GOT)の上昇、けん怠感、むくみ、胸痛}、頻度不明(神経過敏、不安、耳鳴、頻尿γ-GTPの上昇、関節痛、四肢痛、発汗、低カリウム血症)
(特異体質・アレルギー等によるもの)
  • 0.1%未満(過敏症 )






テオドール副作用(五十音順)
  1. アナフィラキシーショック
  2. 意識障害
    意識障害 ケイレン
    譫妄
    昏睡
    →抗痙攣剤の投与
  3. ・.嘔吐
  4. 横紋筋融解症
    横紋筋融解症 脱力感
    筋肉痛
    CK値上昇に注意
    →発現時は中止
  5. ・肝機能障害
    GOT値上昇
    GPT値上昇
    →中止などの処置
  6. 関節痛
  7. 顔面紅潮
  8. ・顔面蒼白
  9. 急性脳症
    ケイレン・意識障害に続き急性脳症
    →抗痙攣剤の投与
  10. 胸痛
  11. ケイレン(過量投与で起きる)
  12. 血糖値が上がる
  13. 倦怠感
  14. 下痢
  15. ・興奮
  16. ・昏睡
  17. ・四肢の痛み
  18. ・消化管出血
    潰瘍などで吐血・下血 →中止し適切な処置
  19. 食欲不振
    消化器症状 悪心
    嘔吐
    食欲不振
    胸焼け
    腹痛
    腹部膨満感
    消化不良
    下痢
    シャックリ
  20. ・心悸亢進
  21. ・振戦
    精神神経症状 頭痛
    不眠
    イライラ感
    不安
    耳鳴り
    振戦
    しびれ感
    興奮
    不機嫌
    不随意運動
    筋緊張亢進
  22. 頭痛
  23. ・赤芽球癆・・・・中止などの処置
  24. ・譫妄
  25. ・タンパク尿
  26. ・低カリウム血症
  27. ・尿酸値が上昇。
  28. ・吐き気
  29. ・発汗
  30. 頻呼吸
  31. ・頻尿
  32. ・頻脈
    循環器 動悸
    頻脈
    顔面紅潮
    顔面蒼白
    心室性期外収縮
  33. 不安
  34. ・不眠
  35. ・腹痛
  36. ・発疹
    過敏症 発疹
    掻痒感
    ジンマシン
    固定薬疹
    多形滲出性紅斑
  37. ・むくみ
  38. ・.めまい



平成16年12/1〜平成17年3/31厚生労働省副作用情報
  1. 赤芽球癆2
    痙攣8
    意識レベルの低下1
    脳波異常1
    脳症4
    熱性痙攣2
    低カリウム血症1
    肝障害1
    悪心1
    急性膵炎1
    急性腎不全1
    横紋筋融解2
    頻脈1
    嘔吐1
平成17年4/1〜平成17年8/31厚生労働省副作用情報
  1. 不安1
    昏睡1
    痙攣7
    譫妄1
    意識レベルの低下6
    薬疹1
    薬物毒性2
    脳症2
    INR増加1
    肝障害1
    意識消失2
    横紋筋融解1
    洞性頻脈2
    傾眠1
    頻呼吸1
    心室性期外収縮1
    心室性頻脈1
    嘔吐2
    アレルギー性肉芽腫性血管炎2
平成18年4/1〜8/1厚生労働省副作用情報
  • 血圧低下1
    昏睡1
    痙攣14
    薬疹1
    薬物毒性1
    脳症2
    熱性痙攣2
    肝障害2
    てんかん重積状態1
    頻脈2
    間代性痙攣1
平成18年9/1〜12/31厚生労働省副作用情報
  1. アナフィラキシーショック1
    うっ血性心不全1
    胸痛1
    痙攣7
    播種性血管内凝固1
    薬物毒性1
    脳症1
    大発作痙攣1
    劇症肝炎1
    筋痛1
    動悸1
    急性腎不全1
    横紋筋融解1
    好酸球増加症候群





TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬